検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

那須高原「キャンプラビット」の魅力をご紹介!広い敷地で自然を満喫しよう!

大自然に触れながら快適なキャンプが楽しめると口コミで話題にキャンプラビット。栃木県の那須高原にあり、夏は涼しく川遊びもできる人気スポットです。今回はそんなキャンプラビットの魅力を伝えていきます。サイトマップ、グループサイトなど気になる情報も紹介。
2020年8月28日
sakakibara-tetuji

那須高原のキャンプラビットとは

日本有数の温泉地として有名な那須高原。その温泉街中心部から車で20分ほどの位置には、広大な広さと美しい自然が魅力のキャンプサイト「キャンプラビット」があります。高速道路を使用すれば、東京新宿から約2時間半で到着するアクセスの良い立地にありながら、南関東では再現できないサイトの広さと自然の豊かさが口コミでも人気です。

1994年から続く歴史あるキャンプサイト


相次ぐキャンプブームの影響で、国内キャンプ場の数は予約サイトに登録されてるだけでも4000以上にもなります。キャンプラビットもその中の1つになりますが、流行り廃りの激しい観光業(キャンプ場運営)で20年以上も経営が続くキャンプラビットは、信頼性が高く安心して利用できるキャンプ場だと言えるでしょう。今回は、そんなキャンプラビットの基本情報や魅力についてお伝えしていきます。※記事の情報は2020年8月4日時点のものになります。

那須高原のキャンプラビットは区間サイト

テントを設置するキャンプサイトでは、仕切りがなく開放感のあるフリーサイトと、1サイト(1利用者)ごとに仕切られている区間サイトの2種類があります。那須高原のキャンプラビットでは、後者の区間サイトでエリア全体が構築されています。区間サイトでは、他の利用者と一定の距離が取れたり、予約することで好きな場所を事前に確保できたりするメリットがあります。

様々な地形が楽しめる


平野に作ったシンプルな区間サイトは、ロープやコーンなどで簡易的にキャンプサイトを仕切るだけなので、どの区間を選んでも大きな違いはありません。一方那須高原のキャンプラビットでは、小川、丘、木々など自然の形を活用した区間サイト作りなので、予約したエリアによって景観はもちろん、川遊びなど出来るレジャーの種類まで変化が楽しめます。

那須高原のキャンプラビットの広さとは

キャンプ場選びで重要なことは、標高、景観、設備、周辺施設など様々な要素がありますが、日常を忘れて伸び伸びと自然を満喫するには広大な広さが必要条件です。那須高原キャンプラビットの広さはというと、土地価値の高い南関東のキャンプ場と比較すると、かなりゆとりのある広さ。具体的な広さは37,500平米になります。この広さは東京ディズニーシーくらいの面積なので、大自然を思う存分満喫できます。

散歩するだけでも1時間は要する広さ


キャンプサイトなのでアップダウンはほとんどありませんが、その広大な広さの敷地内を一周するには、大人の足でも1時間ほどかかるでしょう。平地とは違い、木々や川など区間ごとに全く異なる顔が楽しめるので、早朝の澄んだ空気を味わいながら、のんびり散歩するのも素敵な思い出になりそうですね。サイトマップを見ながら散歩すれば、無駄なく施設内を回れそう。

那須高原のキャンプラビットのサイトマップ

広さのあるキャンプラビットなので、迷わないよう事前にサイトマップを確認しておきましょう。電話予約をした際に郵送で送られてくるサイトマップには、キャンプ場内の設備の案内と、自身がチェックインする区間情報が記されています。またサイトマップには管理棟、シャワールーム、炊事場などの位置情報も載っているので、届いた紙のサイトマップをスマホで撮影して保存しておくことをおすすめします。

公式サイトのサイトマップは簡易版

運営元の公式サイトでもサイトマップを確認できますが、詳細な区間サイトの位置までは記されていないので、郵送で送られてくるサイトマップを持参するか、当日受付で詳細なサイトマップを受け取っておきましょう。

那須高原のキャンプラビットの魅力を紹介

首都圏内にあるキャンプ場には真似できない、広々とした広さと緑あふれるキャンプサイト「キャンプラビット」。魅力はそれだけではありません。小さな子供連れのファミリーはもちろん、カップルや友達同士でも楽しめる、様々な魅力が沢山あります。ここからは、キャンプラビットの魅力・楽しみ方についてご紹介していきます。

キャンプラビットの魅力①豊かな自然と快適設備

木々を切り倒したり、地面を平らに工事したりして作られたキャンプサイトは、クリーンなイメージで使い心地が快適です。しかしその反面、公園で寝泊まりしているかのような、人工的な景観がマイナスポイントになることもあります。キャンプラビットでは、自然環境を大きく変えることなく、生えている木や流れている川を多く残す形で設計されたので、緑豊かな風色を肌で感じることができます。

文句なしの設備内容

人工的な手を加えていない野営地の場合、ほとんど自然環境と同じ条件でキャンプを楽しめますが、電源がなかったり水回りが清掃されていなかったりするデメリットがあります。キャンプラビットでは、AC電源サイト、清掃の行き届いた各設備など、自然を楽しみながらも快適性を欠かさない工夫が口コミでも話題。充実したレンタル内容に、トレーラーハウスの利用など、プラスアルファの要素も盛りだくさんで口コミでも評価されています。

キャンプラビットの魅力②川遊び

キャンプラビットの敷地内には、幅1メートル前後、深さ10センチほどの小さな川が流れています。サイトマップをチェックしてみると分かるように、南エリアを中心に枝分かれした川が通っており、川の近くのサイトを予約しておけば目の前で川遊びが楽しめるでしょう。東エリアでは川遊びができるスポットが少ないので、川遊びを含めて満喫したい方は、予約時に川遊び可能なサイトを希望しておくと良いでしょう。

川遊び以外では人工池も人気の遊び場

天候や川の形状によっては、安全に川遊びができない日もあります。そんなとき子供の遊び場として人気なのが人工池。管理棟に近い人工池なら、子供がハイテンションで遊んでいても目が届きやすいので安心ですね。口コミでも触れられることが多い人工池なら、川遊びができない状況でも、暑い夏の遊び場として活用できます。

キャンプラビットの魅力③貸し切り露天風呂

口コミで多くの高評価を得ているのが、キャンプラビットの貸し切り露天風呂です。「キャンプ場のクオリティとは思えない」といった本格仕様の貸し切り露天風呂は、完全予約制で30分単位で借りることが出来ます。シャワーではなくお風呂に浸かりたいときや、川遊びで疲れ果てた子供を風呂に入れてあげたい場合に、ぜひ貸し切り風呂を利用してみてください。

お風呂が予約できないときは温泉街へ行こう

キャンプラビットの貸し切り風呂は、キャンプサイトの風呂とは思えないほど完成度の高い仕上がりなっていると、口コミでも話題です。しかし忘れてはいけないのが、ここは有名温泉地帯ということ。車を20分ほど走らせれば、疲労回復に効果的な那須温泉の日帰り貸し切り風呂に浸かれますよ。お風呂好きなら、サイト外の貸し切り風呂を利用するのもおすすめです。

キャンプラビットの魅力④トレーラーハウス

キャンプラビットでは、トレーラーハウスに宿泊できるサイトとして、口コミでも取り上げられています。トレーラーハウスとは、自動車のけん引で移動することができる、移動式の住居です。海外ではトレーラーハウスで旅をするキャンパーが多く存在しており、日本でも徐々に浸透してきています。そんな話題のトレーラーハウスに泊まれるので、以前からトレーラーハウスが気になっていた方は、実際に試してみるチャンスです。

トレーラーハウスの詳細情報

キャンプラビットで利用できるトレーラーハウスの台数は3台のみ。すべて事前の電話予約制なので、予定が決まり次第早めの予約をおすすめします。トレーラーハウス内は、4人分のベッド、ヒーター、扇風機、電源×2、ハンガーといった設備内容で、外に隣接したデッキ上に、イス、テーブル、ライトなどが置かれています。水回り関係は設置されていません。

キャンプラビットの魅力⑤林間サイト

キャンプラビットは沢山の木々に囲まれた林間サイトになります。林間サイトの良い所は、日陰が多くて涼しい、背の小さな植物はプライバシーを確保の目隠しに使える、紅葉シーズンには色彩豊かな景色を味わえる。このようなメリットがあり、休暇をのんびり過ごしたい方にぴったりなんです。口コミでも、その木々の癒し効果が凄いと話題に。

昆虫採集も大満足

那須高原はクワガタやカブトムシなど、子供が大好きな昆虫の分布地としても人気で、口コミではミヤマクワガタなど東京ではなかなかお目にかかれない種類もゲットできます。昆虫の種類の豊富さはもちろん、ビックサイズの昆虫を見られるので、子供にとっては大興奮の思い出が作れるでしょう。ただし、お目当ての昆虫が採れる季節は限られているの、事前に採集情報をチェックしておくことを忘れずに。

キャンプラビットの魅力⑥月明りとランタン

キャンプラビットは、夜はライトの明かりを最低限暗くしているといった特徴があります。なぜわざわざ足元が見えない、不便な照明にしているのでしょうか。その理由はキャンプとは非日常だからです。夜のキャンプ場が明るかったら、当たり前に電気が使える日常とあまり変わりないので、せっかくの非日常的な体験が損なわれてしまいます。

満月と新月で異なる夜の神秘さ

満月の夜は、月明りが強いので、平地なら電灯なしでも数十メートル先まで視界良好です。キャンプラビットのような木々に囲まれたエリアなら、木の隙間から優しい光が差し込み、幻想的な光景になるでしょう。新月では満点の星空を見ながら、静かな夜を過ごせるはずです。そんな神秘的な姿を、大切な人とシェアすれば、一生の思い出になること間違いないでしょう。

キャンプラビットの魅力⑦避暑地

キャンプラビットは標高600メートル以上の位置にあり、沢山の木々に囲まれているので夏でも涼しく快適に過ごせると、口コミで高評価を得ています。また人工池や小川の水蒸気によって、さらにサイト周辺の気温は下がるでしょう。排気ガスやコンクリートの熱拡散によって、猛暑になりがちな都市部の方は、避暑地としてキャンプラビットを選んでみてはいかがでしょうか。

エアコン不要!夏の夜でも快適睡眠

日中でも、日陰にいれば汗をダラダラかくような暑さにはなりませんが、夜はさらに気温が下がります。「エアコンなしでぐっすり眠りにつきたい」という方は、夜風が気持ちいキャンプラビットなら、夏でも涼しい夜を過ごせますよ。毎日エアコンをつけて寝ている方で、ジワジワと体力を消耗している自覚がある方におすすめの環境です。

キャンプラビットの魅力⑧ペットOK

トレーラーハウス、貸し切り風呂など一部の施設を除けば、広々としたサイト内で、ペットと一緒に過ごすことが可能。大自然の中でペット思い切り遊ばせてあげれるので、普段市街地に住んでいる方とそのペットにとって、癒しの時間をたっぷりシェアできますね。

暑い夏でもペットは元気よく遊べる

ペット可のキャンプサイトは多く存在しますが、平野に設置した野営地では、日陰も限られていますし気温が高い傾向にあります。そんな環境では、動物もすぐに夏バテしてしまうでしょう。キャンプラビットなら、林間サイトで日陰を十分確保できて、夏の最高気温も30度に達しない日が多いのでペットも元気よく遊べます。

キャンプラビットの魅力⑨グループサイト

壁と屋根があるホテルと違い、キャンプサイトでは利用者と利用者との距離感が近くなります。距離が近いと、グループの人数によっては、少人数で利用している人が肩身の狭い思いをすることも。そんなトラブルをなくすために、キャンプラビットでは大人数向けグループサイトと、少人数向けファミリーサイトの2種類のスペースに利用者を振り分けています。グループサイトを有効活用することによって、利用者間におけるトラブルを最小限に防げます。

利用人数は事前に必ず伝えよう

電話予約のときに、運営側に利用人数を伝えれば、グループサイトを振り分けられるかどうか判断してくれます。誤っても、大人数のグループが、予約を別の名前で複数回に分けて申し込むのは控えましょう。それだとグループサイトではなく、ファミリーサイトに大人数が入ることになるので、グループサイトの存在意義がなくなってしまいます。

グループサイトの利用制限

大人数なら何人でもグループサイトを使えるわけではありません。公式サイトのグループサイトに関する説明では、最大5名まで使える1区面を3つまで利用できると記載がありましたので、グループサイトを利用できる最大人数は15名ということになります。人数が大きくなる場合は、事前にグループサイトの注意事項を読んでおきましょう。

キャンプラビットの魅力⑩近隣施設

キャンプラビット内で、スローに過ぎる時間をじっくり味わうのも良い過ごし方ですが、外は人気観光地「那須高原」なので近隣の商業施設も見逃せません。連泊中の中日を使ってお出かけしたり、チェックアウト後の空いた時間に寄り道したりして、那須高原の魅力もたくさん堪能しちゃいましょう。

那須高原の主な観光スポット

キャンプラビット周辺の観光情報は、この記事だけでは挙げきれませんが、那須高原には沢山のおすすめ観光スポットがあります。藤城清治美術館、那須どうぶつ王国、那須高原展望台、南ヶ丘牧場などなど、どこもキャンプラビットから30分ほどでアクセス可能なので、時間に余裕があれば立ち寄ってみてください。

まとめ

都会からのアクセスが良好で、小人数でも大人数でも楽しめて、川遊びなど夏は涼しい自然環境があるキャンプラビット。貸し切り風呂やトレーラーハウスなど、口コミで話題のサービスも豊富で、夏の思い出を作る場所として最高のコンディションと言えるでしょう。大自然に囲まれて星空を見ながら就寝することで、家族、恋人、友達との関係をさらに深めていきたいですね。

キャンプが気になる方はこちらもチェック

那須高原のような山間部のキャンプは空気が澄んでいて身持ち良いですが、海が近いキャンプ場もまた、別の夏らしい味わいが楽しめておすすめです。関連記事では、全国の様々なキャンプ場の紹介をしています。夏キャンプを充実させたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。