検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】カヤック向けPFD(ライフジャケット)8選!専用設計でパドリングが快適!

カヤック向けPFDのおすすめ8選です。国内で人気のアイテムを中心に、入門向け、ハイエンドと幅広く紹介しています。インプレも合わせてご紹介!カヤックデビューを検討中、PFDの乗り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!
2020年8月28日
sim0223

カヤック向けPFDで快適パドリング!

おすすめPFD8選!

カヤック向けのPFD(ライフジャケット)おすすめ8選!国内カヤックフィッシングシーンで人気のアイテムから、おすすめを8つご紹介します。

入門向けからハイエンドまで、さまざまな価格帯のアイテムが登場!流用から専用製品への乗り換えを検討中の方は、ぜひチェックしてみてください!


カヤック向けPFDとは

カヤック向けPFDの特徴を3つに分けてご紹介!

カヤック向けPFD出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71RflJJOH2L._AC_SL1500_.jpg

まずはカヤック向けPFDを3つに分けてご紹介。ライフジャケットとの呼び分け、カヤック向けの特徴についてご紹介します。

カヤック用の設計&釣り向けに+αというのがライフジャケットとの違いです!カヤック向けにライフジャケットを用意するなら、専用設計のPFDがおすすめです!

①PFDはライフジャケット!


PFDは「Personal Floatation Device」の略、救命胴衣を指す言葉です。国内ではライフジャケットと同じ意味合いで使われている言葉です。

釣りに関連するシーン、特にカヤックフィッシングシーンでは、カヤック向けの構造を持ったライフジャケットを「PFD」、カヤック向けでないスタンダードなものを「ライフジャケット」と呼び分けているケースが多く、救命胴衣メーカーでは、浮力設定や承認関連を基準に呼び分けているケースもあります。

PFDを岸釣りで、ライフジャケットをカヤックフィッシングで、としても楽しめますが、専門性が高い方がもちろん快適!身体を動かすカヤックフィッシングでは、専門性の高さが特に活きてきます!

②違いはココ!パドリングが快適!

PFDの特徴は、ライフジャケットよりも軽く機動性を重視した構造。肩まわりから腕にかけて、オープンでパドリングの動きを邪魔しないデザインとしているものが多いです。

また、ライフジャケットよりも長く用意されたフロントジッパー、シンプルな構造とアジャスターの組み合わせで、フィット感も高め!陸っぱり向けのライフジャケットよりもスポーティー、救命胴衣のダブつきを気にせず、気持ちよく身体を動かせます!

③違いはココ!再乗艇しやすい!


これは比較する製品同士によりますが、カヤック向けのPDFは再乗艇を考慮して設計されているケースがほとんどです。再乗艇時に引っかかって動きの邪魔をすることがないよう、浮力体の配置がフラットだったり背面重視だったり、専門性に優れるデザインはPFDならでは。

座りやすさとのバランスをとるため、背面上部に浮力体、背面下部はメッシュという構造が人気です。パドリングと再乗艇を重視した構造がカヤック向けPFDの魅力!動きやすさ重視で、快適なカヤックフィッシングを楽しみましょう!

カヤック向けPFDのおすすめ8選!

人気のアイテムをまとめてチェックしよう!

カヤック向けのおすすめPFD8選!釣り向けのものから、人気のアイテムをまとめてご紹介します。手ごろな価格の入門向けから、ハイエンドな上位モデルまで幅広く紹介!今年の夏からカヤックを始める方は、ぜひ参考にしてみてください!

1.Palm「パーム」

ハイコスパな入門向けPFD!

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

パーム(Palm)は、1979年に英国で誕生したカヌーやカヤックなどのパドルスポーツのブランドで、ライフジャケットをはじめ、アパレルやアクセサリーを販売するマリンスポーツグッズの老舗です。

パームが販売するライフジャケットは、パドルスポーツの邪魔にならず安全を確保するように設計されており、デザインもスマートでありながらファッション性も高く、多くのファンから愛され続けています。

Palm「パーム」のインプレをチェック!

Palm フローティンベスト 12641

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
素材420Dナイロン
浮力記載なし(体重:40 ~ 70 kg向け)
レッド、マンゴー、ブルー

アマゾンなどでは、国土交通省が承認したものだけを「ライフジャケット」と記載し、パームのライフジャケットも国土交通省からの商品がないためフローティングベストの表記となっています。他の海外ブランドにも多く見られますが、口コミやインプレからも安心して使える、よい商品との声が多く見られ、全く心配はありません。

ただし、小型のパドルスポーツに焦点を当てているため、適応体重は40~70kgと幅が狭く大柄な方は使えないため注意が必要です。簡単に着れてポケットも装備されており、「使いやすい」と評判は上々です。

2.MTI「ディーバ」

通気性アップ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは国内カヤックシーンで人気の、釣り用ライフジャケットなどでお馴染みの「MTI」が製造販売する、シットオントップカヤック向けの商品です。

国内でフィッシングカヤックと言えば、オープンなタイプのシットオントップカヤックが人気で、こちらはサイズ調整機能が簡単で通気性がよいため人気となっています。

「ディーバ」は座ってのパドリングを重視しており、コーデュラシェルにフリースのハンドウォーマーやメッシュ素材を採用することで、女性でも快適に着用できるデザインに仕上がっています。

「ディーバ」のインプレをチェック!

MTI ライフジャケット ディーバ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
素材500D コーデュラ
浮力15.5ポンド以上

インプレは着心地について。陸っぱり向けのライフジャケットは収納力重視、着心地はすぐに体感できる程度の違いがある、とコメントされています。身体を動かしやすい、というのも非常に大きなメリットで、移動距離が長い、釣行時間が長い、という方には特におすすめ。

体力の無駄な消耗を避けて、効率よく釣りが楽しめます!

とても軽く圧迫感がなく装着感がとても良いです。 カヌー用だからなんでしょうが、とにかく体を動かしやすい。 釣り具メーカーのライフジャケットはどうしてもゴテゴテして動きにくいんですよね。

3.モンベル「ビッグウェイブ」

モンベル製品も人気!

こちらも国内で人気のアウトドアメーカー!モンベルのPFDも価格が手ごろで検討しやすいです。1つ目にご紹介するのは「ビッグウェイブ」というPFDで、背面がスタンダードなツーリング仕様。

長時間気持ちよく使用できる着心地、フラッシュライトホルダー付きというのが構造的な特徴です。価格は定価11,500円+税、Amazonや楽天では品薄気味ですが、カヤックショップ、モンベル公式のオンラインショップであれば購入可能です!

「ビッグウェイブ」のインプレをチェック!

ビッグウェイブ出典: https://r.r10s.jp/ran/img/1001/0004/943/161/930/426/10010004943161930426_1.jpg

安価なPFDの弱点、厚みやゴワゴワ感はあるようですが、作りのよさとコスパで評価はバッチリ。ツーリング向けということで特別大きなポケットではありませんが、行動食やカメラを収納するには十分なサイズのポケットが付いています。

釣り具はあまり持ち込まないからポケットが小さいものを、という方は、このモデルをチェックです!

作りもしっかりしていて、胸のポケットも大きくてよい感じです。少し、分厚い感じはありますが。

4.モンベル「アングラー」

モンベルの釣り向けPFD!

こちらもモンベル製、先ほどご紹介した「ビッグウェイブ」よりも釣り向けの特徴を多く備えたPFDです。違いは背面構造とポケットのセッティングで、シットオントップカヤック向けの上部浮力体+下部メッシュのデザイン。

ポケットはDカン+プライヤールームに変更されています。浮力は同一、重量は若干「ビッグウェイブ」よりも重め、というスペック上の違いもあるので、スタイルに合うモデルを検討してみてください!

「アングラー」のインプレをチェック!

アングラー出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41mx-E1ww9L._AC_.jpg

価格は「ビッグウェイブ」と同じ11,500円+税。こちらもモンベル公式のオンラインショップから購入するとスムーズです。インプレでは、陸っぱり向けとは異なるタイトな着心地とショートな着丈が確認できます。

安価かつカヤックフィッシング向けの構造でハイコスパ!「ビッグウェイブ」との比較はポケットまわりのデザインをチェックです!

5.リトルオーシャン「カヤックフィッシング PFD III」

おなじみのリトルプレゼンツもPFDを展開中!

ウェーダー、アパレルと人気のフィッシングギアを多数展開しているリトルプレゼンツ。カヤック向けのPFDは、「リトルオーシャン」というブランドで展開しています。「カヤックフィッシングPFD Ⅲ」は、浮力材を取り外し可能とした構造が特徴のアイテムです。

洗濯機で洗えるので、帰宅後、保管中の整備が非常にスマートです。フロントポケットのサイズがメイホウ「3010」基準、背面も上部に浮力体を寄せたデザインというのが嬉しいところ!デザインに優れるブラックと、海面で目立つマンゴーの2色から選べます!

「カヤックフィッシング PFD III」のインプレをチェック!

リトルオーシャン PF-06 カヤックフィッシング

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
サイズフリー
ブラック、マンゴー

インプレはコンセプトと使用感について。浮力の設定は5.5kgで、落水の頻度が高いカヤックフィッシングの性質を考慮し、浮きと泳ぎやすさの両立を目指したバランスセッティング。

生地の厚さも耐久性を感じさせる、満足度の高い内容です。デザインもバッチリなので、ショート丈を活かせるウェーディングやサーフの釣りでも出番を作れます!

浮力体が必要最低のものなのでかさばらず快適です。また釣りが前提なのでポケット容量も十分です。 浮力体を全部取り出せるのも◎。また生地もぶ厚くかなりしっかりしてます。 左のメッシュポケットはチャック付きの普通のポケットなら尚良かったかな。 モンベルのと迷いましたが、カヤックだけでなく普通の釣りにも全然使えそうなデザインで買ってよかったです。

6.ブルーストーム「カレント」

ブルーストームブランドのPFD!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「高階救命器具」のフィッシングブランド、ブルーストームから展開されているPFDです。「TYPE F」ですが、国土交通省型式承認品の安心感が魅力。もちろん「高階救命器具」が培ってきた信頼性の高さも非常に魅力があります。

ポケットサイズや、浮力9.0kgというスペック、デザインを考慮に入れながら「カヤックフィッシング PFD III」と比較検討してみましょう!

ブルーストーム「カレント」のインプレをチェック!

ブルーストーム 固型式ライフジャケット CURRENT

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
素材ポリエステル310D,ポリエステル210D
浮力9.0kg
ブラック、ネイビー、レッド

インプレはデザインと色合いが好印象で、収納もまあまあと合格点のようです。両サイドが大きく空いているため、ライフジャケットを着ていても自由に動くことができるのも魅力となっています。

デザインもカッコよく、浮力も9.0kgと十分にあり、釣り以外のレジャーにも使えます。固定式ですが、動きを妨げるようなことがなく収納もできるため、人気の商品となっているコスパの高い商品です。

有名メーカーのOEM元である高階救命器具さんの製品なので安心して使えます。お手頃な価格で最低限必要な機能を備えています。

7.ストールクイスト「フィッシャーマン」

海外メーカーの人気アイテムもチェック!

国内カヤックフィッシングシーンでも人気、海外製PFD「フィッシャーマン」をチェックしてみましょう。デザインは非常にショートかつタイトで、シットオントップカヤックでのパドリングを重視した専門性の高い構成。

薄く動きやすいデザインながら、浮力は7.6kgと高く、フィッシング向けのポケットもバッチリ用意されています。ハードカバー付きのポケットだから、最乗艇がスムーズ!国内での流通価格は17,000円程度と、国内製品に少しプラスする程度で手が届く設定です!

「フィッシャーマン」のインプレをチェック!

インプレは海外のレビュー動画をご紹介。ショートな着丈、タイトな着心地と、専門性の高さをバッチリチェックできます。ポケット以外にもナイフホルダー、接続パーツと釣りに必要なアイテムが勢ぞろい。背面はもちろんシートへの着席を考慮したデザインです!

8.コーカタット「リヴァイアサン」

ハイエンドならコレ!

最後は海外メーカーのハイエンド系アイテム、コーカタットの「リヴァイアサン」をご紹介。定価で27,500円と「フィッシャーマン」に比べて高価ですが、利便性を追求したポケットデザイン、蒸れにくいメッシュ生地の採用と豪華な仕様です。

こちらも最乗艇を考慮したデザイン、シートに座りやすい背面設計です。できるだけ着心地、使い勝手がよいものを、という方はぜひ検討してみてください!

「リヴァイアサン」のインプレをチェック!

「リヴァイアサン」も海外の動画をご紹介します。デザインは「フィッシャーマン」と同じく、海外製PFDらしいショートでハイなデザイン。ポケットは全面をハード素材としていないことで、多重構造による全14ポケットを実現しています。

ルックスにもこだわりを感じるデザイン!機能的でかっこいいものが欲しい、という方には特におすすめです!

カヤック向けPFDでカヤックフィッシングを楽しもう!

専用アイテムで快適釣行!

フィット感から収納部のデザインまで、陸っぱり向けとの違いが、カヤック上での釣りをより快適なものにしてくれるカヤック向けのPFD。

スタート直後はタックルに魚探に、とお金が掛かかり、陸っぱり向けの流用で済ませたくなりますが、沖まで出るなら、パドリングでの体力消費や最乗艇時のスムーズさを考慮して、専用のPFDを用意するのがおすすめです。カヤック向けPFDをゲットして、青物、真鯛を狙ってみましょう!

ルアーが気になる方はこちらもチェック!

カヤック向けのルアーが気になる方は、下記のリンクをチェック!特に人気の高い青物、真鯛向けに、ハイコスパな「ジグパラバーチカル TG」、「鯛乃実 TG」をご紹介します。

「ジグパラバーチカル TG」はちょっと重め、60gからのラインナップですが、メジャクラらしい手ごろな価格設定でカヤックにもおすすめ!真鯛ジギング、青物狙いに、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください!