おいしいニラの栽培ガイド!家庭菜園でも失敗しないポイントやコツを徹底紹介!

おいしいニラの栽培ガイド!家庭菜園でも失敗しないポイントやコツを徹底紹介!

ニラの栽培は他の野菜と収穫までの方法が少し違います。家庭菜園で水やり・肥料の時期土の酸度調整などニラの種まき栽培方法をお探しですか。実はニラは種まきだけでなく再生栽培での1本の株で複数回の収穫も可能。少しお得なニラ栽培の失敗しないコツを解説しましょう。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.ニラについて
  3. 3.ニラの栽培時期
  4. 4.家庭菜園でのニラ栽培1.準備
  5. 5.家庭菜園でのニラ栽培2.日当たり
  6. 6.家庭菜園でのニラ栽培3.種まき
  7. 7.家庭菜園でのニラ栽培4.育苗
  8. 8.家庭菜園でのニラ栽培5.土
  9. 9.家庭菜園でのニラ栽培6.連作障害
  10. 10.家庭菜園でのニラ栽培7.肥料と水やり
  11. 11.家庭菜園でのニラ栽培8.植え付け
  12. 12.家庭菜園でのニラ栽培9.収穫
  13. 13.家庭菜園でのニラ栽培10.ニラの再生栽培
  14. 14.いろいろある!人気野菜にらの種類
  15. 15.まとめ

はじめに

土壌酸度に注意?簡単なニラの栽培方法

野菜を育てるには土の乾燥やまわりの気温・土の酸度に水やりや肥料と気をつけることがたくさんあります。栄養満点で他の作物にはないパンチのある香りがする野菜・ニラの栽培も多分に漏れません。その一方ニラは話題の1度で何度も収穫が楽しめる再生栽培野菜のひとつでもあります。種まきからの苗の育て方・水やり肥料やりの時期から何度も収穫できるニラの増やし方など家庭菜園に役立つ情報をご紹介しましょう。

ニラについて

まず最初はニラの基本的な情報と美味しい旬の時期(収穫時期)のお話から。コンパニオンプランツにもなるニラはどんな種類の作物なのか、そのコスパの良さから見ていきましょう。

基本情報

科・属:ユリ科ネギ属
原産地:中国
英語名/学名:Chinese leekまたはChinese chive/Allium tuberosum Rottler

美味しい旬の時期

ニラは旬の時期がながく真夏を除いて春から秋までずっと収穫できます。一度収穫した株からも下から新しいニラが生えてきてそれを継続していただけるので、1本あたりのコスパが安く一度育てたらスーパーなどで買うのがもったいなく感じるほどでしょう。

ニラの栽培時期

ニラは2年かけて収穫する

Photo by akikoyanagawa

ニラ栽培が他の作物と違う点は2年めに収穫できる植物であること。多くの野菜が数ヶ月から1年以内に採れるのと比べすこし時間がかかる野菜ですがその分収穫期間がながいという利点があります。

成長した株は何度も収穫可能な野菜

また収穫できる時期が長く続くだけでなく、一度収穫してもひとつの株から次から次へと新しい芽が出て成長していくので年に何度も採ることができるでしょう。水やりや肥料などをあげる期間が長い分それを取り戻せる収穫量が期待できる作物といえますね。

家庭菜園でのニラ栽培1.準備

それでは早速ニラの育て方を解説していきます。栽培に必要なものは他の野菜類と同様。種や苗の選び方は収穫時期や味・食感に関わる大切な要素なのでよくチェックして選んでください。

用意するもの

まず種まき用にプランターや育苗箱は必要です。畑をたがやすのにシャベルや鍬を用意しましょう。プランター栽培の方には不要ですがその代わりに鉢底石や培養土が要ります。その他水やりのためにジョウロやシャワー状に出る口がついたホースがあるといいでしょう。

種や苗

大葉ニラ 種 固定種 にら 野菜 種子 追跡可能メール便選択可

楽天275円

ニラは種でも売られていますし植え付け時期になれば苗が流通します。また多年草ですので株分けして自分で増やすことも簡単です。品種によって大きさや葉の形・葉を食べるか蕾や茎を食べるかなど違いがありますので好みや利用目的により栽培したいニラを選んでご用意ください。

家庭菜園でのニラ栽培2.日当たり

ニラの日当たり

ニラの日当たりは品種やその時期によって日当たりに工夫が必要になる場合があります。緑の葉ニラは日光のよくあたる日当たりの良い場所でずっと育てますが、黄ニラという色がしろっぽく柔らかい葉のものはある一定の期間を過ぎたら遮光をすることで完成します。基本は日当たり良い場所、種類によって遮光の時期や必要もあるということです。

育て方のコツとポイント

黃ニラの日当たりは新芽が出る直前から光があたらないよう工夫します。また葉ニラも土寄せをしながら数度に分け根元6-7センチくらいは土の中に埋めて日光に当てずに大きくしていきます。日当たりと遮光を上手に管理するのがニラを上手に育てるコツでしょう。

家庭菜園でのニラ栽培3.種まき

種まきの時期

ニラの種まきは春(3-4月)と秋(9-10月)の年2回の種まき時期があります。種まき時期によって収穫できる期間が大きく変わってきます。育苗完了までにかかる日数や定植時期が変わってくるためです。翌年の春から収穫したいのであれば、春まきに。株をしっかりと育てて2年後3年後を見越した株分けを考慮に入れるなら秋まきがおすすめ。

初心者でも簡単!ニラの種まき方法

種まきの方法はすじまきが一般的。これは棒などで1センチほどの溝をつくりそこにパラパラと種をまいて間引きしながら育てるやり方で、育苗箱での種まきに向いています。ポットにはじめから種まきする場合は点まきという3-4粒ずつ1つのポットにまく方法にしてください。

育て方のコツとポイント

プランターで栽培しようとする場合でも種まきには元肥は必要ありません。土の酸度(pH)に気をつければ再生土を使用することも可能。以前ニラを栽培していた土でも続けて新しい株の種まきをすることができるでしょう。

家庭菜園でのニラ栽培4.育苗

ニラの育苗時期とやり方

ニラは育苗までに2ヶ月程度かかるので、育苗中にも追肥をおこないながら大きくしていきましょう。ただし秋まきの場合は成長に適した気温になる翌年春まで植え付けはおこなえません。成長した苗もポットなどで冬越しさせて枯らさないよう育ててください。

育て方のコツとポイント

育苗は間引きと追肥をしながらおこないます。最初の間引きは本葉が2枚展開したとき。株間を2センチほどあくように健康そうなものを残すようにしておこなってください。間引きは1度のみ。その後育苗の間にも株は分けつして根元からいくつかの新しいものが出てきますが間引かずに、水やりと肥料をあたえつつそのまま植え付け時期まで苗として育てましょう。

家庭菜園でのニラ栽培5.土

畑の土作り時期

Photo by __U___

育苗をしながら植え付け時期が近づいたら畑の土壌酸度を中和するなど植物が大きくなるために向いている土づくりをしていきましょう。古い土は雨で固くしまっていて根を張ることが難しいだけでなく土の酸度があがっているので作物よは不向きです。時期目安は植え付けの2週間前です。

土壌酸度に注意

雨に長くさらされた土のpHは酸性に傾き土壌酸度があがっている状態。それを中和するまでにしばらくの時間がかかりその目安が2週間。畑の土をよく耕したあと苦土石灰をよく混ぜておくことで酸度が高まった土壌を時間をかけて下げる処理を行います。

畝立てと元肥

苦土石灰で土壌酸度を下げたあと1週間後堆肥と化成肥料で元肥すきこんでおきます。種まきのときとは違い、植え付け後根張りのために肥料が必要。少しでも早く根からしっかりと水分や養分を吸収できるようにしっかりと根付かせるための養分です。与える量の目安は1㎡あたり堆肥3kg・化成肥料3にぎり。

育て方のコツとポイント

ただしこの土壌酸度の調整が必要なのは古い再生土の場合。プランター栽培であれば野菜用培養土を使うことで、酸度が調整された元肥いりなので時間がない方もすぐに作業ができるのでおすすめ。

家庭菜園でのニラ栽培6.連作障害

野菜の連作障害とは

野菜には種類によって連作障害が出やすい出にくいが別れます。植物によっては成長が遅い・病気になりやすい・発芽や作物の数に大きく影響がでるなどがこの連作障害の種類です。

ニラは植えっぱなしOKの野菜

ニラは多年草でこの連作障害がほとんどないと考えられている作物です。ただし植えっぱなしにしておくと株がどんどん増えていき1箇所にいくつもの株が密集。栄養の取り合いとなりそれが連作障害と似たような状態になることも。2年で処分せず3年以上栽培・収穫を続ける場合は株分けをおこないましょう。

ニラはコンパニオンプランツになる

ニラにはナスやトマト・きゅうりなどの立ち枯れ病の病原菌の抗菌作用があります。ニラ自身には連作障害がなく、これらの作物の隣に植える・育てる前にニラを育てた土を使うことでコンパニオンプランツとして役立ってくれる野菜です。

育て方のコツとポイント

連作障害はないけれど、その分増えすぎて成長が悪くなるニラ。不要であれば掘り起こし株の数を調整・もっと広範囲にたくさんのニラを栽培したいのであれば株分けで再生するのが栽培のコツ。定期的におこなうことで、また元のような収穫量・葉の大きさを取り戻します。

家庭菜園でのニラ栽培7.肥料と水やり

野菜の水やり方法

ニラの水やりのコツはあげすぎ注意。乾燥させぎみにお世話してください。地植えであればよほど乾燥しない限り与える必要はありません。水が必要な時期は種まきから発芽までと植え付けから根付くまでの間。これらはある程度の土の水分が必要です。

肥料の時期とやり方

Photo by salchuiwt

固形肥料であれば月に1度を目安に。8-8-8などのバランスのよいものがおすすめ。水やりと同時に液体肥料を週に1度あたえてもかまいません。冬に地上部が枯れてしまうようであれば、お礼肥として堆肥を1㎡あたり3キロを目安に与えます。こうすることで春には新しい芽が出てくるでしょう。

育て方のコツとポイント

水やりのポイントは乾燥させぎみに。肥料は特に収穫時期には必ず忘れずに定期的にあげること。花ニラの採り忘れも株が消耗しますので、そのような理由で株が枯れてしまったら堆肥をお礼肥として与え来春以降の収穫を楽しみに管理してください。

家庭菜園でのニラ栽培8.植え付け

ニラの植え付け時期

ニラの植え付けは春まきであれば6-7月。秋まきで育てた苗なら翌年の3月いっぱいが適期。育成の適温である20-25度くらいの気温となったる時期が植え付け目安です。温かい地域では春まきの苗は植え付け気温に注意してください。

ニラの植え付けと土寄せ方法

種まきから追肥を与えて育てた苗は、植え付け時期ころには株が分けつして2-3本まで育っているはずです。掘り上げて1株ずつに分けて株間20センチくらいを目安に植え付けてください。はじめの覆土は5センチ程度と浅め。3週間ごとに3センチ程度の土寄せを3回おこない最終的に地中から9センチほど深く埋めることになるでしょう。

育て方のコツとポイント

植え付け時に地上に出ている葉は根元から3-4センチを目安にハサミでカットしてしまってください。株分け時の植え付けの場合は、まとめて3本程度を一箇所に植え付けてしまってかまいません。土寄せをしっかりしないと株が倒れて葉の収穫に差し支えが出るので必ず定期的に3度十分におこない分けつを制御しましょう。

家庭菜園でのニラ栽培9.収穫

ニラの収穫時期の目安

種まきから植え付けまでと比べて、一度植え付けまで進めば収穫には1ヶ月もかかりません。葉が大きくなりすぎて固くなる前に採るのがおすすめ。一般的な葉ニラの場合美味しい収穫時期は植え付けて古い葉をカットしてから20日後長さ20センチ程度。

収穫方法が特殊なニラ

黄ニラにするのであれば、植え付け後は光を遮断します。また花ニラは夏場にとう立ちしてきたものを茎ごと収穫して食べます。収穫ポイントは花を咲かせないこと。小さなつぼみのうちが収穫に適した時期であり、株の無駄な消耗も防げるためおすすめ。

育て方のコツとポイント

一度収穫した株からもまた20日もすれば同じように葉が再生します。収穫・栽培を繰り返すことができますが、採りすぎないよう年に4回程度を目安にそれ以降は休ませてあげてください。

家庭菜園でのニラ栽培10.ニラの再生栽培

ニラの増やし方

ニラは根っこの部分さえあれば再生栽培が可能です。種まきからでは時間がかかるとお悩みの方は、ご自宅でニラを育てている知人から増えすぎて破棄するような株があれば数本で良いので分けていただきましょう。そのあと分きゅうしたものを株分けするという方法でどんどん増えます。

再生栽培の時期ややり方

再生栽培時期は植え付け時期を目安に。ニラの成長適温20-25度の時期ならばまず失敗することのない、栽培が簡単な野菜です。やり方は土の上に株元が少しでる程度に植え付け、苗と同様3週間ごとの土寄せをおこないましょう。

育て方のコツとポイント

根だけ手に入れた株の植え方は苗とまったく同じです。最初は浅めにして、土寄せを繰り返ししっかりと土に固定し株が倒れるのを防ぎます。

いろいろある!人気野菜にらの種類

1.大葉ニラなどの葉ニラ

一般的な食用ニラで緑色の葉部分を収穫して食べます。大葉ニラなどたくさんの品種がありそれぞれに長さ・幅・食感の違いなどそれぞれ特徴があるので家庭菜園でニラを作る場合種や苗などお好みで選びましょう。

2.栽培法で作る黃ニラ

黃ニラは専用品種はなく葉ニラを日陰で育てることによって黄色く仕上げています。緑のものと比べるとにおいが控えめ・やわらかい歯ごたえなどが特徴。

3.テンダーポールなどの花ニラ

ニラのつぼみが出たものを花が咲く前に収穫して用いるのが花ニラですが、近年は花ニラ収穫用専用野菜の品種改良も進んでいます。その代表的なものがテンダーポール。中華料理の炒めものなどに使われるでしょう。

まとめ

土の酸度や水やりに気をつけニラを上手に栽培

ニラは苗の栽培期間が長いというだけで、水やりも乾燥しがちで良いですし肥料も固形肥料であれば月に一度パラパラとまいて土と混ぜておくだけ。一度収穫できるようになれば、株分けでどんどん増やすこともでき自宅で食べるだけでなくお友達におすそ分けするくらいはすぐに増えてくれるでしょう。ポイントは定期的な肥料やりと冬場のお礼肥。連作障害もなくコンパニオンプランツにも使えるニラづくりを楽しんでみませんか。

野菜が気になる方はこちらもチェック

暮らし~のではこの他にもいろいろな野菜についての解説記事をご用意しています。他人にはなかなか聞けない野菜のことから、土の酸度調整に使う苦土石灰の効果・種まきからの水やりや肥料にコツやポイントが必要な野菜の育て方などお役立てください。

わさび菜ってどんな野菜?品種や旬の時期などの基本情報と食べ方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
わさび菜ってどんな野菜?品種や旬の時期などの基本情報と食べ方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
わさび菜は愛彩菜という名前でも知られる葉物野菜です。この野菜の仲間の種類や品種・気になる美味しい旬の時期といった基本情報を解説します。葉物野菜の定番料理・おひたしにして食べられることが多いですがそれ以外のわさび菜食べ方レシピもあわせてご紹介しましょう。
冷凍保存してもいい野菜の種類まとめ!意外に知らない冷凍保存できない野菜も! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
冷凍保存してもいい野菜の種類まとめ!意外に知らない冷凍保存できない野菜も! | 暮らし~の[クラシーノ]
野菜の保存法として多くの人がやっている冷凍。冷蔵よりもずっと長く食べきれない野菜を保存しておけるから便利ですね。でもこの冷凍保存はどんな野菜でもできるものではないことをご存知ですか?冷凍してもいい野菜の種類やそのやり方と逆に冷凍できない野菜を紹介します。
トマトの水やりにコツはある?上手なやり方や最適な頻度、時間帯を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
トマトの水やりにコツはある?上手なやり方や最適な頻度、時間帯を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
トマトはプランターを使った家庭菜園でも人気の野菜。食卓に登ることも多い作物ですから甘くて美味しい育て方を知りたいという方も多いでしょう。トマト栽培は水やりがコツ。水やりの頻度やタイミングなどトマト栽培のポイントをご紹介します。
佐藤3
ライター

佐藤3

ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking