メジャークラフト「富士山てんや」!ゆっくり落ちるテンヤで真鯛とマゴチを攻略!のイメージ

メジャークラフト「富士山てんや」!ゆっくり落ちるテンヤで真鯛とマゴチを攻略!

「富士山てんや」は、メジャークラフトの2020年新作一つテンヤです。固定式でシンプルな構造、出番の多いウェイトに絞ったラインナップで、価格、性能と性能を両立させたハイコスパなバランスが魅力。「富士山てんや」で真鯛を狙ってみましょう!

2020年07月18日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 富士山てんやで真鯛ゲームに挑戦!
  2. 富士山てんやとは
  3. 富士山てんやのターゲット
  4. 富士山てんやはヒラヒラスローフォールタイプ!
  5. 富士山てんやの孫針について
  6. 富士山てんやのウェイトラインナップ
  7. 富士山てんやのおすすめカラーをご紹介!
  8. 富士山てんやの価格と発売日
  9. 富士山てんやの釣りを動画でチェック!
  10. 富士山てんやで一つテンヤを始めよう!

富士山てんやで真鯛ゲームに挑戦!

メジャークラフトの一つテンヤ!

今度の鯛乃実新作は一つテンヤ!扱いやすい固定式、真鯛をメインにいろいろ狙えるハイコスパな「富士山てんや」をご紹介します。真鯛ゲーム挑戦を検討中の方は、ぜひチェックしてみてください!

富士山てんやとは

メジャークラフトの2020年新製品!

富士山てんや

出典: https://www.naturum.co.jp

「富士山てんや」は、メジャークラフトの2020年新作テンヤです。形状はオーソドックスな底広で、親針、孫針と付いた扱いやすいスタンダードタイプ。真鯛ゲームの発展でいろいろな形状のテンヤが登場してきましたが、普通の形で安価、コスパ重視で選びたかった方にはピッタリの製品です。タイラバ「鯛乃実」のヒットで、オフショアでも存在感を増すメジャークラフトの新作!コスパ合重視なら、船釣り仕掛けもメジャクラです!

遊動式ではなく固定式!

近年大流行中の遊動式ではなく、固定式となっている点も「富士山てんや」の大きな特徴。遊動式には食い込みと誘いに優れる、というメリットがありますが、固定式にもダイレクトな操作感とフォール時のフッキング性能といった長所があります。流行より入門向け、初心者向けの扱いやすい構造を選択したメジャークラフトらしい製品!固定式の新作は近年あまりリリースされてこなかったので、乗り換え先を探していたベテランの方も要チェックです!

富士山てんやのターゲット

おすすめの釣りモノを3つご紹介!

「富士山てんや」で狙える魚、おすすめの釣りを3つご紹介!少し前まではテンヤ=真鯛でしたが、近年は近い構成のタックルや仕掛けで、マゴチ、キジハタを狙う釣りも登場しています。マゴチ、キジハタを専門に狙うなら、より相性のよいものもありますが、真鯛メインで他の釣りにも、という場合は「富士山てんや」が活躍!価格が手ごろなので、入門用のテンヤにおすすめです!

①一つテンヤ真鯛

まずは定番の真鯛!一つテンヤが漁具から釣り仕掛けへと変わるきっかけになった、オフショア人気の釣りモノです。現在は釣り方がシンプルなタイラバが流行していますが、浅場の食わせ能力なら一つテンヤ!ゆっくり落ちる動きを演出できる独特な構造、繊細な誘いと鋭いアワセは、一つテンヤならではのポイントと言えます。真鯛に口を使わせるまでの駆け引き、釣り味の部分も一つテンヤはルアー的!ゲーム性が高い釣りをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください!

②一つテンヤマゴチ

数年前から関東地方で流行している、比較的新しいスタイルの釣りモノです。仕掛けの構成は真鯛狙い同様、メインラインにリーダー、一つテンヤとシンプルで、タックルも同じものから始めてOK。ボトムを集中的に狙う、ズル引きが効くタイミングがある、とマゴチ特有のテクニックが必要になりますが、夏場は味がよく、数、型とも安定しているのが魅力的なポイントです。エビ餌ではなくワームを使うのも面白いところ!ワームを使う場合も「富士山てんや」を使えばOKです!

③一つテンヤアコウ

こちらは九州で流行中のスタイル。アコウ、つまりキジハタを一つテンヤで狙います。タックルは根魚狙いらしく強めの構成が好まれており、リレー的に真鯛をそのまま狙えるのも魅力的なポイント。先ほどご紹介した「一つテンヤマゴチ」に比べると関東、中部での流行はまだまだ、遊漁船を見つけるのは難しい状況ですが、ポイントをご存じのボートアングラーは要チェック!エサはエビを使って、真鯛とハタ両対応で狙うのがおすすめです!

富士山てんやはヒラヒラスローフォールタイプ!

ゆっくりフォールでヒラヒラアピール!

「富士山てんや」は富士山型で、底面が抵抗を受けるスローフォールタイプ。テンヤとかぶらを比較した場合に違いが出る、使い分けのポイントでもあります。形状自体は非常にオーソドックスなので、一つテンヤ定番の使い方、リフトとカーブフォールを中心に、フォールで食わせるイメージの釣りから始めてみましょう。エビを真鯛にしっかり見せて、口を使わせるテンヤらしいコンセプトです!

シャクリから落とすスタイルが人気!

リフト時は巻き上げ、スローな持ち上げではなく、シャクるように鋭くリフトさせるのが近年流行中のスタイル。リアクションを誘える動きを入れて、寄せてからスローなフォールを見せる流れで真鯛に口を使わせます。数回シャクってカーブフォール、使い方はこの繰り返しだけでOK!フォールのアタリを掛けにいくのは慣れが必要ですが、誘いまでは初心者の方でも簡単に遊べます!

富士山てんやの孫針について

接続はフロロカーボン

フックの重要度が高い真鯛ゲーム。「富士山てんや」の孫針には、チメイトではなくフロロカーボンを使った、シンプルな接続方法が採用されています。交換方法は非常にシンプルで、糸を切って結びなおすだけ。親針に結ぶタイプではなく専用のアイがあるので、船上でも手軽にフック交換ができます。不安定な真鯛のフッキングを支えるアシストフックの役割、口以外の部分に刺さることもあるので、頻繁に交換しながら、釣果アップを狙ってみてください!

付属のフックはフッ素コート済み!

付属しているフックのクオリティが高い、というのも、メジャークラフト製品の魅力!「富士山てんや」の孫針には、フッ素コートが施された、貫通力の高いフックが採用されています。孫針が口に入ればフッキングはバッチリ!価格を抑えたテンヤですが、標準フックのままでもバッチリ楽しめるクオリティです!

富士山てんやのウェイトラインナップ

ラインナップは6号から12号!

ウェイトラインナップは全4種で、6号・8号・10号・12号と出番の多いところを揃えてきた構成。扱いに慣れが必要な超軽量ウェイト、専門性の高いヘビーウェイトをカットして、コスパアップを図った構成と言えそうです。浅いところでも6号から、深いところはタイラバ、とコンセプトが明確なので、釣りをするエリア、シーズンをチェックしながら検討してみましょう!

一通り揃えておくのがおすすめ

底を取れる範囲で軽く、というのが1つテンヤのウェイト選び。セオリー通りにいかないシチュエーションももちろんありますが、ローテーション用に重さを複数用意しておくのが釣果アップのポイントになります。当日の潮、遊魚船が回るポイントによって扱いやすいと感じる重さはさまざまなので、まずは一通り重さを揃えておきましょう。暖かい時期の一つテンヤ真鯛向けには、全4種を揃えておくとバッチリです!

富士山てんやのおすすめカラーをご紹介!

定番カラーを3色ご紹介!

「富士山てんや」のカラーは全7色、真鯛向けの定番カラーは一通り揃っています。タイラバと同じイメージで選べばOKなので、真鯛ゲームに慣れている方は、いつものカラーを揃えておきましょう。「富士山てんや」から真鯛ゲームを始める方は、ぜひおすすめカラーを参考にしてみてください!

①ケイムラオレンジゴールド

真鯛と言えばオレンジとゴールド、最もおすすめのカラーは、超定番のケイムラオレンジゴールドです。メジャークラフトルアーに多く見られるケイムラをプラスしたデザインで、明るい時間はゴールドのフラッシング、暗い時間はケイムラが効く万能系のカラー。オレンジはいつでも使える万能色という位置づけです。1色で2軸をフォローできる、コスパ重視の構成は、後述する「ケイムラ赤金」とのローテーションで、多くのシチュエーションをフォロー可能!ウェイトを揃えておきたいタイプの仕掛けなので、色は定番ドコロから抑えていきましょう!

②ケイムラ赤金

こちらも真鯛ゲームでは外せない、定番のカラーです。ハイコスパなケイムラ+ゴールドに、ややナチュラルな赤をプラス。オレンジよりも少しだけアピール力を抑えてアプローチしたい時におすすめです。ハイアピールな色ならオレンジ、少し抑えたい時は赤のイメージで、ローテーションを試してみましょう!

③スーパーグロー

最後は全カラー中、最もハイアピールなスーパーグローをご紹介。フラッシング系のカラーではありませんが、暗い中でケイムラよりもさらに強くアピールできるグローをヘッド全体に入れたカラーデザイン。まだ暗い朝イチの一投目、とにかく仕掛けを目立たせたいというシチュエーションには特におすすめです。定番ローテーションに何か一色、という方は、ぜひ試してみてください!

富士山てんやの価格と発売日

2020年7月発売予定で定価560円から

「富士山てんや」の発売日は2020年7月中を予定。価格はウェイトごとに違いがあり、定価560円から定価660円の設定です。マゴチ、アコウと何でも遊べるシーズンからスタート!秋の船釣り最盛期に向けて、「富士山てんや」でいろいろな釣りを試しておきましょう!

かぶらも同時展開!

「富士山てんや」と同じタイミングでリリースされる「げんこつかぶら」は、テンヤよりも沈降スピードを重視したカブラタイプ。2つの形状を使い分けて、当日釣りやすいセッティングを船上で探せる構成です。同メーカーの製品で、仕掛けをバッチリ揃えたい方も満足できるラインナップ!どちらもコスパ抜群で、タックル、グッズ、仕掛けと一気に揃える方におすすめです!

富士山てんやの釣りを動画でチェック!

「富士山てんや」動画を2本ご紹介!

「富士山てんや」を使った一つテンヤ真鯛の動画を2本ご紹介!ご紹介する動画はパート1、パート2構成の続きモノで、1本目がエビの付け方や誘い方、2本目は実釣メインという内容です。どちらもメジャークラフトらしい入門向けの内容!テンヤ初心者必見です!

①「富士山てんや」で真鯛ゲーム入門その1!

「富士山てんや」の紹介、エビの付け方に仕掛けの動かし方と、一つテンヤ真鯛の基本的なところからチェックできる動画です。エビは尾を取る、フックの付け方を工夫してエビを真っすぐ見せる、この2点を抑えておけば、大きなエビ餌の扱いはバッチリ!誘い方は複数のパターンが紹介されています!

②「富士山てんや」で真鯛ゲーム入門その2!

後編は実釣メイン、一つテンヤ真鯛の面白さをチェックできる動画です。冬のディープは我慢勝負な真鯛ゲームですが、高水温期の浅場狙いは比較的釣果が安定。真鯛の調子が悪くても、マゴチや根魚が混じって、テンヤゲームを盛り上げてくれます。バシっと入れるアワせ、ドラグを使ったやり取りと、一つテンヤの醍醐味が詰まった動画です!

富士山てんやで一つテンヤを始めよう!

コスパ重視のメジャクラで船釣りデビュー!

テンヤでも魅力的でハイコスパな製品作りが光るメジャークラフト。PEライン、リーダーにロッドと一式手ごろな価格で揃うメーカーなので、今年の夏から船釣りデビューという方には特におすすめしやすいメーカーです。「富士山てんや」をゲットして、夏のテンヤゲームを楽しみましょう!

メジャークラフトが気になる方はこちらもチェック!

メジャークラフトが気になる方は、下記のリンクをチェック!2020年新作の「ジグパラバーチカル TG」、人気のタイラバ「鯛乃実」のタングステンモデルをご紹介します。高価なタングステン素材の仕掛けも、メジャクラならハイコスパ!船釣り入門向けに、人気の仕掛けをチェックしてみましょう!

Thumbメジャークラフト「ジグパラバーチカル TG」!鯛ジギ、SLJもジグパラ! | 暮らし~の[クラシーノ]
「ジグパラバーチカル TG」は、メジャークラフトの2020年新作メタルジグです。高比重なタン...
Thumbメジャークラフト「鯛乃実 TG」!タングステンヘッドもメジャクラ! | 暮らし~の[クラシーノ]
「鯛乃実 TG」は、メジャークラフトの2019年新作タイラバです。ヘッド素材をタングステンに...
関連するまとめ
おすすめの記事