メガバス「ソコッパ&マキノタネ」!人気のマキッパに底向けの新モデルが追加!

メガバス「ソコッパ&マキノタネ」!人気のマキッパに底向けの新モデルが追加!

「ソコッパ&マキノタネ」は、メガバスの2020年新作ルアーです。「マキッパ」の続編となるルアーで、ソコッパはブレード、マキノタネはタコベイトを搭載。どちらもボトムに強く、扱いやすいルアーに仕上がっています。マゴチや根魚をメインに狙ってみましょう!

記事の目次

  1. 1.「ソコッパ&マキノタネ」でボトムを攻略!
  2. 2.「ソコッパ&マキノタネ」とは
  3. 3.「ソコッパ&マキノタネ」のターゲット
  4. 4.「ソコッパ」はボトム重視のブレードルアー!
  5. 5.「ソコッパ」のスペックをチェック!
  6. 6.「マキノタネ」はタコベイトが効く!
  7. 7.「マキノタネ」のスペックをチェック!
  8. 8.「ソコッパ&マキノタネ」の価格と発売日
  9. 9.「ソコッパ&マキノタネ」の使い方!
  10. 10.「ソコッパ&マキノタネ」を試してみよう!

「ソコッパ&マキノタネ」でボトムを攻略!

「マキッパ」の派生モデルが2アイテム登場!

発売直後から高い評価を獲得したメガバス「マキッパ」の続編!マゴチや根魚に強い2020年の新作、「ソコッパ&マキノタネ」をチェックしてみましょう。ブレード、タコベイトがついて初心者でも釣りやすい!使い方も簡単なので、今年の夏からルアーデビューという方も要チェックです!

「ソコッパ&マキノタネ」とは

メガバスの新作ルアー!

ソコッパ出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GXsR6XYlL._AC_SL1000_.jpg

「ソコッパ」、「マキノタネ」は、メガバスの2020年新作ルアーです。人気のブレードルアー「マキッパ」の派生モデルとなるアイテムで、「ソコッパ」はボトムを重視したコンセプト。同時に展開される「マキノタネ」は、ブレードではなくタコベイトでアピールするタイプのルアーです。どちらもメタルボディで飛距離抜群!対応する魚種の幅が広く、さまざまなスタイルの釣りで効果を発揮してくれます!

暮らし~の動画で「ソコッパ&マキノタネ」をチェック!

暮らし~のYoutubeチャンネルから、「ソコッパ&マキノタネ」解説動画をご紹介!どんなルアーなのか、特徴など、概要をまとめてチェックできます。ブレード付きの「ソコッパ」は、オリジナルのフックシステムでブレードバイトに対応する独特な構成。「マキノタネ」もフックの存在感を消すようなコンセプトで、キャスティングのタイラバ的に使えそうです。どちらも発売日が8月下旬頃に変更されているので、この部分も合わせてチェックしておきましょう!

「ソコッパ&マキノタネ」のターゲット

狙える魚を3魚種ご紹介!

「ソコッパ&マキノタネ」が効くターゲットについてです。人気のある魚種をメインに紹介していますが、なんでも釣れるのが「ソコッパ&マキノタネ」のいいところ!クロダイ、真鯛、シーバスと混ざる魚も楽しみなルアーです。まずはメタルジグを使う釣りにプラスするルアーとしてチェックしてみましょう!

①ヒラメ・マゴチ

ブレードとタコベイト、どちらもヒラメやマゴチといったフラットフィッシュに効果抜群!飛距離が出てボトムレンジをトレースできるタイプのルアーなので、マズメ終わりのサーフで活躍してくれそうです。プラグがイマイチ、ワームは飛距離が足りない、という時のローテーションルアーにおすすめ!ブレードはもちろん、ラバースカート、タコベイト的なアプローチのルアーもサーフでも実績抜群です!

②根魚

フラットフィッシュと並んで、メインターゲットとしてチェックしておきたいのが根魚類。ブレードはスイミングが効くハタに、タコベイトはカサゴやソイに対して非常に効果的です。特に「ソコッパ」は、「マキッパ」からブレードが抵抗の大きいコロラドに変更されたことで、スピードを落としてのアプローチが楽しめるようになりました。ジグが速すぎるようなシチュエーションの攻略に、ブレードルアーを試してみましょう!

③青物

最後はメタルルアーの定番ターゲット、青物についてです。積極的にバイトしてくるようなシチュエーションであればジグ、プラグが効果的ですが、ボトムに沈んだ活性イマイチな状況では、底をスローにトレースできるルアーが活躍。タイラバで青物が釣れた、というのはよくある話で、岸からの釣りでも、「マキノタネ」のスローなアプローチが効く瞬間がありそうです。フラットフィッシュ狙いと兼用、ライトショアジギングのお供としても検討してみてください!

「ソコッパ」はボトム重視のブレードルアー!

コロラドブレードでボトムトレース!

ソコッパ出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xS9MvFKZL._AC_SL1000_.jpg

ここからはそれぞれの特徴をチェック!まずはブレード付きの「ソコッパ」をチェックしてみましょう。ボディ上部、ヒレのような部分に接続されたブレードが特徴的なルアーで、ボディ下部にフックを接続できますが、標準の状態はブレードと一体になったシングルフックのみ。ボトムと接触する部分にはフックが無く、根掛かり回避性能に優れた構造です。岩場を引いても根掛かりしにくい!コロラドブレードが生み出す抵抗、低重心なボディで、底をゆっくり引ける点も見逃せません!

フックシステムに注目!

根掛かり回避性能を重視した、トレブルフック無しのセッティング。上部のシングルフックはブレードと一体の構造で、ブレードに対してのバイトを捉える構成です。根掛かりが気にならないサーフならトレブルフック、ロックフィッシュゲームにはシングルフックと、シチュエーションに合わせた使い分けで、釣果アップを目指しましょう!

「ソコッパ」のスペックをチェック!

「ソコッパ」のウェイトラインナップについて

ウェイトは10gから40gまでの全4種類。軽めが用意されているので、ライトに楽しむ浅場のロックフィッシュゲームにもバッチリ使えます。ヘビーウェイトの30g、40gはサーフや堤防ライトショアジギングで活躍!タックルや釣り場の状況に合わせて、使いやすいウェイトを選びましょう。岸からの釣りであれば、幅広くマッチします!

おまかせアイでチューニング!

SOKOPPA(ソコッパ) 30g ピンクキャンディー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

全モデル、ボディ下部におまかせアイを搭載。スプリットリングでフックを追加できる構造です。根掛かり回避性能とフッキング性能を両立したい場合はダブルフック、フッキング重視ならトレブルフックと好みのセッティングで楽しめる!フロントに近い部分のアイをどう使うのか、発売後のインプレが楽しみです!

「マキノタネ」はタコベイトが効く!

タネ型ヘッドでタコベイトがアクション!

マキノタネ出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NhkgJdUQL._AC_SL1000_.jpg

こちらはブレードではなくタコベイト、同じくボトム系の釣りを得意とする、「マキノタネ」をご紹介します。ルアーの構造はメタル製のヘッド+フックユニットにタコベイトの定番構成で、フックはトレブルフックを搭載。ヘッドはタネのようにカーブがついた形で、ルアー全体に浮き上がりとアクションを与えます。このタイプのルアーに触れたことが無い方は使い方がイメージしにくい形状ですが、アクションはセミオートマチック!巻いて止めるの繰り返しだけでも遊べます!

フックを隠すタコベイト

生命感たっぷりに揺れる泳ぎが魅力のタコベイトですが、フックを隠す、という部分の効果も絶大。ワーム+フックのように、セレクティブな魚にプレッシャーを掛けにくい効果があります。人気の釣り場やアングラーが多い土日の釣り場におすすめ!メタルジグとは全く違う動きを持っているので、アクションの変化を目的にローテーションするルアーとしても使えます!

「マキノタネ」のスペックをチェック!

オリジナルユニットでフック交換が簡単!

タコベイトの中はスイベル+スプリットリングで長さを出したオリジナルのフックユニット。タコベイトの長さに合わせた調整、フックやタコベイトの交換が簡単です。タコベイトは細かな足が劣化してくパーツなので、動きや視覚的効果に影響を与えるようなダメージを受けたら、積極的に交換していきましょう。フックのサイズ交換も手軽に楽しめます!

「マキノタネ」のウェイトラインナップについて

【ご予約商品/8月下旬入荷予定】メガバス(Megabass) マキノタネ 40g 【ネコポス配送可】

楽天

ウェイトラインナップは20g、30g、40gの3モデル。「ソコッパ」とは異なり、10gのラインナップがありません。サーフゲーム、ライトショアジギングをメインに検討してみてください。20gはライトロック、チニングやマゴチ狙いの河口、大規模河川ゲームで活躍できるウェイトです!

「ソコッパ&マキノタネ」の価格と発売日

発売日は2020年8月下旬頃に変更

「ソコッパ&マキノタネ」の発売日は2020年8月下旬頃。発表当初は7月頃の予定でしたが、一か月程度の遅れが出ています。夏のハタ、小型青物開幕には間に合いませんが、秋のシーズン本番には何とか間に合うスケージュール!オリジナルの「マキッパ」はインプレ数も多く非常に好評、続編の「ソコッパ&マキノタネ」を楽しみに待ちましょう!

価格は定価740円から定価1,000円

価格は「ソコッパ」が定価740円から定価860円、「マキノタネ」は定価900円から定価1,000円。「ソコッパ」はブレード+メタルのルアーとしては割安感のある価格設定で、発売直後から高い評価を獲得しそうです。「マキノタネ」はラバーネクタイをプラスしたタコベイトが付いて、スタンダードな価格設定!コストパフォーマンスの面でも期待ができそうです!

「ソコッパ&マキノタネ」の使い方!

使い方を3つに分けてご紹介!

「ソコッパ&マキノタネ」の使い方についてです。マゴチ、ロックフィッシュといった、ボトム系の魚を狙う時の使い方をメインに紹介しています。どちらのルアーも自発的にアクションするパーツが付いているので、使い方は「マキッパ」同様に簡単!「マキッパ」未体験の方でもすぐに使えるようになります。ルアーゲーム初心者の方は、ぜひ検討してみてください!

①使い方:基本は投げて巻くだけ!

「ソコッパ」、「マキノタネ」とも使い方の基本はタダ巻き!ボトムに強いルアーなので、底まで沈めて巻く、というのが基本的な使い方になります。ブレード、タコベイトと勝手に動くパーツが付いているのが、2つのルアーの強み!メタルジグのようなジャーク、リフト&フォールを必要とせず、初心者の方でも簡単な使い方だけで遊べるルアーに仕上がっています!

②使い方:「ソコッパ」はボトムトレースを意識しよう!

「ソコッパ」は底付近をゆっくり巻ける、というのが最大の強み。ボディ構造とコロラドブレードが、ルアーの浮き上がりを抑えてくれます。根掛かりしにくいフックセッティングなので、しっかり底を取って、ボトムレンジをトレースしましょう。ルアーの浮き上がり加減が分からない、ボトムの起伏が激しい、こんな時は、巻きを止めて底を取りなおしてから巻き始めればOKです!

③使い方:「マキノタネ」はフォールも入れてみよう!

「マキノタネ」は「ソコッパ」と違い、しっかり沈んで浮き上がるタイプ。底まで沈めたら敢えて少し早めに巻いて、リフト&フォール的な動きを入れるのが使い方のポイントです。ロッドアクションを使わなくても、早巻き、止める、着底の繰り返しだけでOK!マゴチを狙う場合は浮き上がりの高さが抑えられるように、ハイテンポにこの動作を繰り返しましょう!

「ソコッパ&マキノタネ」を試してみよう!

なんでも釣れて遊びやすい!

対象魚が広く扱いやすい、ブレード、タコベイトのコンセプトをさらに煮詰めた「ソコッパ&マキノタネ」。得意なレンジをボトムと設定することで、対象魚がハマればもっと使いやすい、専門性の高さを手に入れました。1つのルアーで全部やるなら「マキッパ」、マゴチ、根魚と浮かない魚を狙うなら「ソコッパ&マキノタネ」!初心者の方は要チェックです!

メガバスが気になる方はこちらもチェック!

メガバスが気になる方は、下記のリンクをチェック!オリジナルとなる大人気ルアー「マキッパ」と、メバリング向けの2020年新作ルアーまとめをご紹介します。「マキッパ」はブレードを搭載したハイバランスな巻くだけルアー!ボトムのマゴチはもちろん、浮かせて青物を狙うブレードルアーとしても扱いやすいです。こちらもぜひ合わせてチェックしてみてください!

メガバス「マキッパ」!新作ブレードジグで魚種限定解除! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
メガバス「マキッパ」!新作ブレードジグで魚種限定解除! | 暮らし~の[クラシーノ]
メガバス「マキッパ」が登場!魚種限定解除をコンセプトにしたブレードルアーで、巻くだけで使える使いやすさも魅力。10gから40gまでのラインナップで、幅広い釣りで活躍できます。メガバス「マキッパ」で、ブレードルアーの釣りを始めましょう!
メガバスメバリングプラグまとめ!2020年にメガバスモデル5アイテムが登場予定! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
メガバスメバリングプラグまとめ!2020年にメガバスモデル5アイテムが登場予定! | 暮らし~の[クラシーノ]
メガバスの新作メバリングプラグ!nadarから展開されている実績抜群のルアー達が、メガバスデザインで登場します。5アイテムの同時展開で必要なルアータイプが一気に揃う!20年春からハードルアーのメバリングを始める方は要チェックです!
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking