がまかつ「イージー エックス」!軽さにこだわった新作ハイエンドエギングロッド!のイメージ

がまかつ「イージー エックス」!軽さにこだわった新作ハイエンドエギングロッド!

「イージー エックス」は、がまかつの2020年新作エギングロッドです。ラグゼエギングロッドではハイエンドとなるアイテムで、軽快な使用感が最大の魅力。ソリッドモデルは特に魅力的です。「イージー エックス」で今年もエギングを満喫しましょう!

2020年07月13日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「イージー エックス」でエギング!
  2. 「イージー エックス」とは
  3. 「イージー エックス」は軽量&シャープ!
  4. 「イージー エックス」は感度も抜群!
  5. 「イージー エックス」全6本をご紹介!
  6. 1.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86ML」
  7. 2.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86ML-solid」
  8. 3.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86M」
  9. 4.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86M-solid」
  10. 5.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S89M-solid」
  11. 6.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86MH」
  12. 「イージー エックス」でアオリイカを攻略!

「イージー エックス」でエギング!

がまかつの新作エギングロッドをチェック!

がまかつのハイエンドエギングロッド!2020年の新製品「イージー エックス」をチェックしてみましょう!自重だけではない、使用感についても軽さや軽快なフィーリングにこだわって仕上げたシリーズで、それぞれ明確にコンセプトが与えられたチューブラーティップ、ソリッドティップモデルをラインナップ。手元に伝わる感度だけでなく、荷重変化察知能力も抜群のロッドに仕上がっています!

「イージー エックス」とは

がまかつのハイエンドエギングロッド

出典: https://www.photo-ac.com

「ラグゼ イージー エックス」は、がまかつの2020年新作ハイエンドエギングロッドです。自重はもちろん、軽快なシャクリ、気持ちよく飛ぶキャストにもこだわったロッドで、コンセプトは軽量革新的。感度をプラスするオリジナルグリップ、ソリッド、チューブラーとバランスよく用意されたラインナップが、ハイレベルなエギンガーの要求に答えてくれます。一歩踏み込んで、自分の釣りに合う性格を持った1本を見つけたい方におすすめです!

自重は85gから!

最も軽量な「S86ML」はなんと自重85g。一番重い「S86MH」でも91gと、ハイエンドエギングロッドの中でも自重はトップクラスに軽量です。シャープなフィーリングも魅力的なロッドですが、基本スペックである自重の面でも妥協ナシ!もちろん違和感も感じやすく、潮流の変化、アオリイカの触りを伝達する感度にも要注目です!

「イージー エックス」は軽量&シャープ!

メインマテリアルは「トレカT1100G」+ナノアロイ!

「イージー エックス」の軽さとシャープなフィーリングを生み出す、メインマテリアルの「トレカT1100G」+ナノアロイ。各メーカーのハイエンドロッドで普及が進む、新世代の素材が採用されています。高弾性かつ高強度、軽く作っても強さを確保できるというのが新素材の強み!「イージー エックス」はここからさらに高弾性の素材をハイブリッドして、軽量かつシャープな「軽量革新的」を表現しています!

ティップ部はチタンガイド!

ティップ部をチタンガイドを採用。スタンダードなものよりも、軽く感度に優れるガイドを搭載しています。自重自体が軽くなる、という影響もありますが、先側に重さを感じない持ち感、キャスト時の振り感と、数字以上にフィーリングを軽やかにしてくれるセッティングです。チタンガイド自体が高額なので、採用されているのはハイエンドモデルのみ!エギングの時間がもっと楽しくなります!

「イージー エックス」は感度も抜群!

リザウンドグリップで感度アップ!

リールシート部は中空構造のリザウンドグリップ!がまかつオリジナルの構造で、ロッドの軽量化と感度をアップさせる構造です。タッチを感じる反響感度はもちろん、エギが受けている抵抗の変化で、粘るべきところを探れるのがハイエンドなエギングロッド!潮を狙いたいデイゲーム、情報を見つけにくくなるナイトゲーム、どちらの釣りでも活躍してくれそうです。感度についてのインプレ、特にソリッドティップモデルについてのレビューが楽しみです!

「イージー エックス」全6本をご紹介!

個性的なラインナップは要チェック!

「イージー エックス」のラインナップ全6本をそれぞれご紹介。軽快な使用感が魅力のチューブラーティップと、感度に優れるソリッドティップ、MLからMHまで3つのパワーが用意されています。ソリッドティップはモデルによって味付けが異なるこだわりの使用!シャクリのスタイル、自分の釣り方をイメージしながらじっくりチェックしてみてください!

1.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86ML」

軽量+チューブラーティップで軽快!

シリーズ中最軽量、最も軽いブランクスに、キャストとシャクリをサポートしてくれるチューブラーティップをプラスしたモデルです。ハイスペックな仕様かつ取り回し、扱いやすさにこだわったこのモデルは、アクティブに動きながら長時間釣るエギングにピッタリ!集中力を維持しつつ、快適なエギングが楽しめます!

S86MLのスペックをチェック!

MLパワーはチューブラー、ソリッドと2つのモデルが用意されており、どちらも自重85g。適正なエギの範囲は1.8号から3.5号で、春から秋まで、サイズを問わずアオリイカを狙っていけるスペックです。対応ラインPE0.4号からPE1号のセッティングもエギングロッドのど真ん中!ややライトに、快適性重視でロッドを選びたい方におすすめです!

2.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86ML-solid」

しなやかなソリッドティップモデル!

こちらはMLのソリッドティップモデル。穂先の仕上げは繊細さを重視したしなやかな調子で、強いシャクリではなく、ラインテンションを掛けた状態でのアクションを重視したセッティングです。ライトゲームで絶大な評価を得ている、荷重変化の察知能力が最大の魅力!潮を感じながら探るナイトエギングはもちろん、ツツイカ系の釣りに使っても面白そうです!

S86ML-solidのスペックをチェック!

エギは1.8号から3.5号、自重85gとスペック的には「S86ML」とほぼ同一。適合ラインがPE0.3号から、となったことで、小型のエギを使う繊細なゲームへの適性がアップしています。マルチにどの時期でも、どの釣り場でも、というタイプのモデルではありませんが、ライトゲーム的に攻略していきたい方にはおすすめ!高い感度を活かした新しい戦略で、難易度が上がってきた釣り場を攻略です!

3.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86M」

ど真ん中の王道スペック!

定番のチューブラーティップにMパワー、オールラウンダーを目指したど真ん中の1本です。小型のエギからディープタイプまで、アオリイカのサイズを問わず通年使えるバーサタイルスペック。春秋どちらも1タックルで、いろいろな釣り場に出かけるスタイルにガッチリハマりそうです。こなせるアクションの幅も多彩!定価48,500円と高額なモデルなので、1本でやりきれるこのモデルは特に人気が出そうです!

S86Mのスペックをチェック!

自重は88gとまだまだ軽量。エギは2号から3.5号まで、ラインはPE0.4号からPE1.2号とMLからワンランクパワーアップしたスペックになっていますが、まだまだマルチに使っていけるバーサタイルな内容です。チューブラーなので、もちろん投げやすさ、飛距離とも抜群!遠投性能が必要な方は、このモデルをチェックしてみてください!

4.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86M-solid」

Mパワーのソリッドモデル!

出番の多いMパワーのブランクスに、繊細なソリッドティップをプラスしたモデルです。後述する「S89M-solid」との違いはティップの構成で、86Mはしなやかなタイプ、86Mはハードソリッドという性格の違いで展開されます。しなやかな「S86M-solid」は、荷重変化が分かりやすいモデル!エギを落ち着かせるしなやかなティップで、ドリフト系のアクションも得意としています!

S86M-solidのスペックをチェック!

エギは3.5号までを気持ちよく扱える設定で、Mパワー全3本はこの部分が共通。ソリッドモデルのみ対応できるPEラインが1号までとなっています。しなやかなティップがあれば、小型のエギまで使いこなせそう!柔らかいシャクリ、潮流を認識できる能力、ドリフトの多様など、Mパワー+ソリッドティップが活かせるスタイルでアオリイカを狙いましょう!

5.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S89M-solid」

ハードソリッドでバーサタイルに!

レングス以上に性格が違う、ハードソリッドティップ採用!チューブラーの「S86M」と、しなやかな「S86M」の中間的に使える新バーサタイルコンセプトモデルです。このハードなティップを搭載しているのはこのモデルのみで、「ラグゼ イージー エックス」の目玉とも言える次世代型の1本。柔らかく誘えるシャクりと感度、扱いやすさのバランスを取った、魅力的なコンセプトを持っています。ビシバシシャクらない、新しいフィーリングを試してみたい、そんな方におすすめのモデルです!

S89M-solidのスペックをチェック!

「S86M-solid」との比較では、自重が89gと1gのアップ、長くなった分だけ仕舞寸法も若干長くなった、というのがスペック上の違い。チューブラー、ソフトソリッド、ハードソリッドとMパワーはラインナップが非常に充実しているので、自分のやりたい釣りに近いものを見つけられそうです。エギングに力を入れている釣具店に出かけて、3本のフィーリングをそれぞれチェックしてみましょう!

6.がまかつ「ラグゼ イージー エックス:S86MH」

ディープを攻めるパワーモデル!

繊細さが目立つ「イージー エックス」ですが、パワフルなモデルもしっかりラインナップ。最後の1本は、ディープタイプのエギをガンガンシャクれるMHパワーのモデルです。ティップはキャストと操作性のチューブラーで、高負荷な状況でのアクションをサポート。深みを探る春の大型アオリイカゲームにマッチします。堤防外側、磯と流れの強い場所にも、この1本です!

S86MHのスペックをチェック!

適合エギのサイズは、このモデルのみ2.5号から4号の設定。スタンダードな3.5号はもちろん、重いディープタイプ、大型の4号エギもしっかりシャクれる設定です。ラインも最大でPE1.2号まで使用できるので、釣り場のシチュエーションや、釣れるアオリイカのサイズに合わせたセッティングで楽しみましょう。シリーズを通してのコンセプトである軽さはMHパワーにももちろん反映、強めの1本ですが、自重は91gと非常に軽量です!

「イージー エックス」でアオリイカを攻略!

流れを感じて釣果アップ!

アクションの切れ味だけでなく、ハードなアクションとソフトなアクションの分類、潮流を感じる荷重変化察知と、一歩踏み込んだコンセプトで仕上げてきた「イージー エックス」。特に潮を感じる感度に関しては絶大な評価を得ているメーカーなので、エギングロッドでもこの部分はかなりの威力を発揮しそうです。自分のスタイルにハマる方は要チェック!「イージー エックス」で、ワンランク上のエギングを楽しみましょう!

がまかつが気になる方はこちらもチェック!

がまかつが気になる方は、下記のリンクをチェック!アオリイカオフシーズンを遊べる新作のタコグッズ「オクトライズ&タコエギ」と、ライトショアジギングのスタートにおすすめの「コヨーテ S」をご紹介します。「コヨーテ S」は初心者向け、という価格のロッドではありませんが、エギングで「イージー エックス」クラスを使っている方の要求に答えることができる、ハイスペックなスタンダードグレードモデル。ラグゼらしいデザイン、ロッドアクションもバッチリ楽しめます。エギング以外の道具も検討してみたい方は、ぜひチェックしてください!

Thumbがまかつ「オクトライズ&タコエギ」!堤防オクトパッシングもラグゼで楽しもう! | 暮らし~の[クラシーノ]
「オクトライズ&タコエギ」をまとめてチェック!がまかつの2020年の新作となるオクトパッシン...
Thumbがまかつ「コヨーテ S」!人気のライトショアジギング向けロッドがお手頃価格で新登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
「コヨーテ S」は、がまかつの2020年新作ライトショアジギングロッドです。既に展開されてい...
関連するまとめ
おすすめの記事