検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ゴルフ初心者必見!素振りの効果とおすすめの練習方法!これなら毎日自宅でできる!

ゴルフ上達のポイントは、素振り練習を繰り返し行うことがポイントです。素振りではクラブを使いますが、クラグを使わない素振りもあります。正しいゴルフスイングをイメージして行うシャドースイングで、この練習なら自宅でもどこでも行うことができるため手軽に上達できます。
2020年8月28日
おわっシー

はじめに

ゴルフ上達の方法は種々ありますが、今回は素振りに特化したゴルフ上達方法を解説します。素振りは単なる練習前の準備運動ではなく、スイング動作に集中できる凄い上達方で初心者でも効果があります。そして素振りのメリットは、ゴルフ場や練習場、自宅や室内でも手軽にでき、コストがかからない利点があり、繰り返し行う事で練習場とラウンドのスイングを同じにする事ができます。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法①


準備完了パーフェクト素振り

素振り練習の本来の目的は、ゴルフラウンドをスタートする前に「準備完了」が万全なものとする為に行います。そのため素振り練習をしっかり行う事で、スタート前に30球の練習をしただけで、150球のボールを打ったくらい体がほぐれてきます。つまり、初心者でも素振りをきちっと行う事で、短い時間で体のピークが作れます。

メニューとチェックポイント


ポイントは、バックスイングでの捻点差を大きく作ることから始まり、トップの位置で動きを止め4~5回ほど体を「グッグッ」と上下の少し揺する動作を行い、右の股関節に張りを感じるようにします。初心者が自宅でできる練習で、ポイントは右股関節の上に体を乗せるような感じで、この時に少し上下に揺さぶってやることです。
 

コツと効果そして注意点

動作を繰り返し練習することで、刺激を与え同時にスイングの理想形がインプットできる為、グッドショットの予感が起きます。トップでのスイング回転量より大きく行い、トップの位置を上げた位置で一旦止める動作を練習します。スタート前に2~3回行うだけで十分体がほぐれてくれます。
 

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法②


片手素振り右手

片手素振りには、右手で行う場合と、左手で行う練習方法があります。右手でのスイングする方法は腕や手を使わないで行う方法で、右腕を右手首を固定して、そのうえで体の回転を大きく使いスウイングする方法です。初心者がよくやりがちな、単に右手でひょいとクラブを振り上げ、右手をこねる動作のスイングはいけません。

メニューとチェックポイント

「バックスイングでは右ひじをたたむ」とか、または「右わきを締めてスイングする」とか言われますが、右手でのスイング練習では、バックスイング時に体を大きく開いて、必要以上の体の可動域を作ることです。
 

コツと効果そして注意点

右手スイングでのコツは、バックスイングで右胸を大きく開いて行います。効果はスイングを安定させる強い体幹ができる事と、インパクトのパワー効果がアップし、ドライバーの飛距離がアップするので初心者は繰り返し練習しましょう。アイアンのひっかけが解消され、打球の方向が安定できます。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法③

片手素振り左手

左手での素振り練習でも、体幹を使って大きくスイングします。大事なことはバックスイングを行うとき、左腕をできるだけ伸ばしておくことが大切です。インパクトの瞬間ではアドレス時に左肩とクラブヘッドの距離を保ち、フィニッシュの瞬間、左腕をしっかりと振り抜く事です。
 

メニューとチェックポイント

この素振りの注意点は、左肩の付け根を支点として意識してスイングする事と、左の肩甲骨を稼働させる感覚で左腕を大きく振る事です。通常、ダウンスイングからインパクト、そしてフォロースルーは左脇を締めて、左腕をターンさせて行いますが、左脇は締めっぱなしではいけません。

コツと効果そして注意点

この素振りの効果は、強い体幹が得られスイングが安定します。右手素振りで得た感覚と、左手素振りで得た感覚を生かす事で、左右のバランスが良くなりスイング自体がパーフェクトの近づきます。この素振りの効果は、ドライバーのスライスの解決、そしてフォロースルーが大きくなったことで飛距離アップと、アイアンでのダフリやトップが解消される為、初心者におすすめの練習です。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法④

水平素振り

直立姿勢で立ち、胸の前でクラブを構え水平に振って素振りを行う方法で、バックスイングで左の肩甲骨を伸ばし、フォロースルーでは逆の右の肩甲骨を伸ばします。肩の可動域を広げるためストレッチ効果がある素振りで、この素振りの目的は腕を「横に振る」感覚と、インパクトエリアでの自然な「アームローテーション」をマスターすることです。

メニューとチェックポイント

ポイントは、インパクトの位置でハンドファーストの形を意識することです。できているかの確認は鏡の前でチェックしてください。アドレスした時、両手及びクラブヘッドが体の前にあっても、ダウンスイングからインパクトにかけては両手が先行し、クラブヘッドが正面に来たときは、両方の手は目標寄りになっていることが肝心です。

コツと効果そして注意点

水平素振りを行うときは、両手でスムーズにターンしながら、ハンドファーストインパクトになる動きをマスターすることです。つまり両手が先に体の左手に方向になっている状態で、クラブヘッドは遅れて正面に来るような動きになることです。この素振の効果は、ドライバーのスライス防止と、フェアウエイウッドショットのミート率が上がり、アイアンショットのダフリやトップの悩みが解消されるため、初心者には必須の素振り練習です。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑤

コック&ローテーション素振り

コック&ローテーション素振りは、正しくバックスイングする体の動きがマスターできる素振りで、この動作には「コック」という手首の屈曲と、「ローテーション」という腕の回旋という2つの動きがリンクして、タイミングよく行われるのが理想ですが、この2つの動作がバラバラになると、正しいバックスイングができません。うまくできない場合は、コックとローテーションを分けて覚える事です。

メニューとチェックポイント

方法は通常のアドレスから、手首を親指側に折るコック動作のままテークバックします。左手の甲を少し上に向けて、両腕を右側に回旋し、その状態から右の肩甲骨をを後ろに引きながらクラブをトップまで上げて行き、トップの位置からフィニッシュまでクラブを振り抜きます。

コツと効果そして注意点

ポイントは、両腕を右側に回旋する動作の時と、トップ位置までクラブを上げていくときに、上体の前傾姿勢が変わったりしてはダメな事と、腕を上げる動作でトップ位置に持って行っては駄目です。必ず肩甲骨を動かしてトップ位置に持っていく動作を覚えましょう。素振りの効果はテークバックの感覚が掴め、結果、バックスイングがスムーズになります。結果アイアンショットの方向性の安定、ダフリやトップの防止になるため、自宅でもできる初心者には特におすすめの練習です。
 

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑥

クローズスタンス素振り

クローズスタンスで行う素振り練習は、前傾角度をキープしたままの姿勢で、バックスイングを体感することが目的です。まずスクエアスタンスに構えてから、右足を後ろに引いたクローズスタンスに構えて素振りを行う練習方法です。この構えの場合、右足のつま先と左足のかかとが同じラインになるくらいまで後ろに引きますが、肩や腰はスクエアになるように構えます。

メニューとチェックポイント

この姿勢のままで、バックスイングは腕や手を使わないで、みぞおちを目標と反対側に向ける、そんなイメージで体幹を動かします。この時体をインサイド側に引きすぎても駄目です。アドレスしたらテークバックでは左足のつま先ラインに沿って真っすぐに引き、この結果、クローズスタンスなのに、クラブが通る軌道は体から遠ざかる感覚のバックスイングとなります。

コツと効果そして注意点

注意するポイントは、アドレスの前傾角度をしっかりとキープし、左肩を落とすイメージでバックスウイングを行う事です。クローズスタンスの姿勢を極端に行うと、バックスウイングした場合、腕や手を主に使わないで体を回す感覚が掴めます。素振り練習の効果は、体が固く肩が回りにくい人のストレッチ効果と、バックスイングの動きや軌道が簡単に修正できること、そして初心者でも強い捻転が作れるので飛距離がアップする効果が期待できます。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑦

オープンスタンス素振り

オープンスタンス素振りは、肩を縦回転させて行う為、フォースルーがマスターできます。スタンスはスクエアに構えて右足を1足分前に出し、右かかととつま先のラインが真っすぐになるように構えます。このオープンスタンスの構えでは体が回りにくくなりますが、腕や手に頼らずにみぞおちをしっかり右に回してバックスウイングします、この練習は自宅でも行えます。

メニューとチェックポイント

チェックポイントはフォロースルー時に、インパクト後は飛球線に沿ってクラブは真っすぐ出していき、その後はフィニッシュへの振り抜いてください。オープンスタンスに構えていても、フォロースルーでは両手は体から離れるような軌道を描きます。右肩を下げる感覚で行うと状態の前傾角度が保たれます。

コツと効果そして注意点

コースでダフリやトップが出る原因は、肩を横に回そうとするからで、肩を縦に回転するイメージを持ってスイングすれば前傾線を保つことができ結果、ボールが正確に捉えられる事となります。この素振りの結果は、スウイング中に体が上下動してしまう悪癖が徹底的に解消され、ドライバーのスライス防止に大きな効果が期待できます。また、アイアンのダフリやトップなどが完全に防止できます。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑧

クラブみぞおち固定素振り

この素振りの目的は腕や手に頼りがちなスイングを、体幹主体でスイングする方法です。多くのゴルファーは手や腕に頼るスイングに意識が行きますが、腕が主体のスイングになってしまうと、クラブヘッドは安定した軌道を描かず、パワー効率が低下してしまいます。そこで体幹主体のスイングが身に付く「クラブみぞおち固定素振り」が大切になります。

メニューとチェックポイント

素振りの方法は、グリップエンドを鳩尾に固定してバックスイングではみぞおちを右に向くように回転させ、ダウンスイング以降はみぞおちが目標に向くように、体幹を左右にターンさせることがポイントで、自宅でもできる練習です。

コツと効果そして注意点

体幹を主体とした動きで、手や腕が自然についてくるスイングが正しいスイングです。クラブの握りは柔らかくクラブを支える感覚で、みぞおちや腰つまり体幹を左右に動かし、しっかり回すことが重要です。これによって手打ちのクセが治り、体の回転を利用してスイングができ、ダフリやトップのクセが治ってアイアンの方向が安定します。
 

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑨

1分間全力素振り

ここからは飛距離アップとスコアアップを実現する素振りを解説します。ゴルフでの醍醐味はいかに遠くまでボールを飛ばせるかにあります。その練習方法として「1分間全力素振り」が有効で。早いスピードを数多く経験することで、飛ばしの基礎スイングがマスターでき自宅でも行える練習です。

メニューとチェックポイント

やり方はクラブを普通に握らず、逆にして持ってスイングします。1回振るごとにアドレスして、ありったけのスピードでフィニッシュまで一気に振り抜く練習です。つまり一回一回アドレスを取りながら素振りをします。

コツと効果そして注意点

連続して素振りを行うのではなく、スイングごとのアドレスを取り全力でスイングする。このことを1分間だけ集中して行います。早くクラブが振れる感覚に慣れたら、今度は正常のグリップに持ち替えて、同じように1分間だけ全力素振りを行います。インパクトの後は、クラブヘッドは手元より先になる感覚でスイングして、体幹を中心としたパワフルなスイングが身に付き、ドライバーの飛距離がアップします。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑩

ステップ素振り

この素振り練習方法は、実践に近いスイングを目指した練習方法で、実践と同じリズムとタイミングを安定させる練習方法に「ステップ素振り」があります。ステップ素振りは「バックスイングしたときは左足を軽く浮かせ、左足の踏み込みを合図にダウンスイングし、フィニッシュに持っていきます。

メニューとチェックポイント

この素振りの目的は、スイングのリズムそしてタイミングを安定させる狙いがあります。切り返しで体重が左足に移動、腰の回転のリードで肩、腕、手そしてクラブヘッドの順で動きます、スイングのフィニッシュでは右足が浮くような感じで体をフルターンさせます。

コツと効果そして注意点

スイングのリードを下半身で行うことにより、インパクトの瞬間にクラブをリリースする感覚が把握でき、その結果ヘッドスピードがアップする事と、力を特に込めなくてもドライバーの飛距離が伸びる効果があります。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑪

連続素振り

「連続素振り」とは、お祭りなどでよく見かけるデンデン太鼓のイメージで、トップとフィニッシュの間を何度も往復させる素振りで、体がクラブに振られる感覚をつかむと同時に、手打ちのクセが解消されため自宅でも練習できます。

メニューとチェックポイント

連続素振りを行う場合は、クラブ1本ではなく2本を使って行い、クラブの重みのよる遠心力を感じながら行うのがベストです。ただクラブ2本を同時に持つのは難しいので、実際に行う場合は両手は少し離して行うと良いです。

コツと効果そして注意点

重いクラブを左右に振ると自然と体が動きます。この結果トップやフィニッシュでのポジションが安定してきます。またドライバーの飛距離がアップする事と、体幹が強化できる為アイアンの方向性が安定します、また当然ですが2本のクラブを振ることで筋力アップにつながります。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑫

腰の位置からマックス素振り

「腰の位置からマックス素振り」を行うと、腰を素早く左にターンすることで、飛びの変化が実感できます。バックスイングでクラブが腰の位置の高さになった時、ハーフウエイバックの位置でいったん体を止め、その位置からフルスイングするという素振りです。

メニューとチェックポイント

「腰の位置からマックス素振り」は、クラブの位置は右腰の高さにしたまま、下半身をしっかり踏ん張って早いスピードで振りましょう。切り返しで左足を踏み込み、腰を左に素早くターンするのが大切なポイントです。

コツと効果そして注意点

トップの位置がコンパクトな時も、体をどこも緩ませずにスウイングすると、飛距離はそれほど落ちない事が分かります。この素振りではスムーズなフットワークや、下半身主導の動きが掴めることと、切り返しのタイミングが整いダウンスイングの軌道が安定します。

素振り効果とおすすめのゴルフ練習方法⑬

インパクト右手放し素振り

「インパクト右手放し素振り」は、ミスショットの原因となる右手の力み過ぎが解消できます。通常のアドレスから始め、バックスイングからトップそしてダウンスイングまで普通にスイングを行い、インパクトの時点では右手をグリップから離し、そこからは左手一本でフィニッシュに持って行きます。

メニューとチェックポイント

ゴルフ初心者は遠くに飛ばそうとし、右手に力が入ります。右手に力が入りすぎるとスイング制御が出来ず、多くのミスを発生する原因になります。この素振りは自宅でも練習でき結果、左腕の正しい使い方がマスターできます。

コツと効果そして注意点

この素振りのコツは、左脇は無理に締めないで、クラブヘッドで大きく円を描く、そんなイメージを行う事が大事です。効果は右手の力みが取れ、効率よく飛ばす感覚が掴め、大きなフォロースルーでフィニッシュまでしっかり振り切ることが出来ます。

まとめ

ゴルフの素振り練習について、いろいろ解説しました。参考になったことと思います。自宅でも練習可能なので初心者は、参考にして飛距離アップやスコアアップにつなげてください。

ゴルフの素振り練習が気になる方はこちらをチェック!

ゴルフ素振り練習方法が気になる方は、是非ともこちらの記事もでチェックしましょう。