埼玉のおすすめソロキャンプ場TOP12!手軽に大自然を独り占めできちゃうのはココ!

埼玉のおすすめソロキャンプ場TOP12!手軽に大自然を独り占めできちゃうのはココ!

ソロキャンプを堪能するなら埼玉県のキャンプ場がおすすめです。初心者から経験者まで楽しめる魅力の施設が目白押しです。本記事では埼玉県内からセレクトしたソロキャンプにおすすめのキャンプ場を12ヶ所ご紹介します。ランキング形式にしましたのでぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.近年人気が高まるソロキャンプ
  2. 2.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング発表!
  3. 3.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第12位】
  4. 4.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第11位】
  5. 5.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第10位】
  6. 6.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第9位】
  7. 7.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第8位】
  8. 8.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第7位】
  9. 9.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第6位】
  10. 10.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第5位】
  11. 11.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第4位】
  12. 12.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第3位】
  13. 13.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第2位】
  14. 14.埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第1位】
  15. 15.ソロキャンプは埼玉に決まり!

近年人気が高まるソロキャンプ

キャンプ場探しからテント設営まで全て自分だけで行うソロキャンプが近年人気となっています。大自然の中に独り身を置くと心が洗われて日頃のストレスなどどこかに飛んで行ってしまいます。もちろん安全面には最新の注意を払う必要がありますが、一度はソロキャンプを体験する価値はあるでしょう。ソロキャンプ用のアイテムやグッズも各メーカーから続々と発売されており、誰でもソロキャンプにトライできる環境は整っています。

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング発表!

これからご覧いただくのはソロキャンプにおすすめな埼玉県のキャンプ場の情報です。埼玉県内には非常に多くのキャンプ場が整備されていますが、その中からソロキャンプ向けの施設を12ヶ所ピックアップします。それぞれのキャンプ場の特徴やおすすめポイントなどをわかりやすく解説します。ぜひご覧ください(記載の情報は2020年7月7日現在のものです)。

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第12位】

飯能河原

河原全体がキャンプやバーベキューを楽しめるフリースペースとなっている公共河川地です。正式なキャンプ場でないためシャワー設備や炊事場などはありませんが、空いているスペースに誰でも無料でテントを設営することができます。夏のトップシーズンは安いキャンプ場を求めて県内外から大勢のファミリーキャンパーが訪れますが、冬場などオフシーズンはキャンパーもまばらでソロキャンプにはもってこいの静かな環境が整います。

キャンプ場のおすすめポイントは?

川沿いには遊歩道がつくられており朝は清々しい空気に包まれながら散策が楽しめます。少し早起きをして川沿いに広がる自然を満喫しましょう。設備面は初心者のキャンパーにおすすめできるレベルに達していませんが、区画などない自然の河原にそのままテントを設営するワイルド感がこのキャンプ場の大きな特徴となっています。ソロキャンプの経験者であればこの無料のキャンプ場の魅力がわかるに違いありません。ぜひマナーを守って楽しみましょう。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県飯能市久下
【連絡先】042-980-5051
【アクセス】圏央道「狭山日高IC」より20分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第11位】

かわせみ河原

トップシーズンは川沿いにずらりとカラフルなテントが並ぶ無料の公共河川地です。寄居町を流れる荒川の流れがつくりだした川沿いの広いスペースで、区画もなく空きスペースに誰でも自由にテントを設営することできます。一部有料の区画サイトもあるもののソロキャンパーなら無料サイトが断然おすすめですね。増水時などは利用が限られる場合もありますが、無料の利用料金とワイルドなフィーリングがキャンパーに人気となっています。

キャンプ場のおすすめポイントは?

春夏秋冬ファミリーキャンパー多いのが特徴ですが、女性のソロキャンパーにとってはそれが安心感につながるでしょう。シャワー設備はないもののウォシュレット付きのきれいなトイレも設置されていて、初心者や女性のキャンパーでも快適に過ごせるのではないでしょうか。有料区画以外でのテント設営は無料ですが、車やバイクで訪れるキャンパーは環境協力金が必要です。車が一泊分1,000円、バイクが一泊分600円と安いので助かりますね。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県大里郡寄居町保田原
【連絡先】048-581-3012
【アクセス】関越自動車道「花園IC」より10分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第10位】

智光山キャンプ場

利便性のいい都市公園でソロキャンプが楽しめる初心者におすすめのキャンプ場です。キャンプ場が整備されている「智光山公園」は、市街地の中にありながらも自然が豊かなのが特徴で、動物園や植物園、アスレチック広場など子供から大人まで遊べるレジャー施設も整っています。テントサイトは8区画が用意され、テントが2つ設営できるほど広いスペースが確保されています。トイレも炊事場も清潔に管理されていて言うことなしです。

キャンプ場のおすすめポイントは?

安い利用料金が魅力的です。市内在住者や市内在勤者の場合には区画当たり400円という非常に安い料金設定となっており、それ以外でも区画あたり800円と安い利用料でキャンプを楽しむことができます。キャンプ場周辺には便利なスーパーマーケットやコンビニエンスストアー、安い入浴料の温浴施設などがあるので、初心者がソロキャンプデビューをするのにもストレスのない最適な環境が整っています。ただ冬はキャンプ場は利用不可となっています。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県狭山市柏原561
【連絡先】04-2953-5301
【アクセス】圏央道「狭山日高IC」より5分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第9位】

神川ゆ~ゆ~ランド自由広場

民間企業が運営するキャンプ場が隣接する町営の無料のキャンプスペースです。神川ゆ~ゆ~ランドは神流川の河川敷に安い料金で利用できる野球場やサッカー場、バードゴルフ場などが整備されたレクリエーション施設で、その敷地内の「自由広場」と呼ばれるエリアでキャンプができます。正式なキャンプ場ではないため充実した設備などは皆無ですが、春夏秋冬誰でも無料でキャンプが楽しめるので、隣の民間キャンプ場よりも混み合うこともあります。

キャンプ場のおすすめポイントは?

無料なだけに設備はトイレと炊事場のみというシンプルなものですが、車横付けのオートキャンプが楽しめるのが特徴となっています。区画はなく自由に空きスペースを見つけてテントを設営できるので、車やバイクでのソロキャンプには最適なキャンプ場といえるでしょう。トップシーズンはこの無料のスペースを巡って争奪戦が行われます。のんびりとソロキャンプを楽しみたいなら平日やシーズンオフに利用することをおすすめします。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県児玉郡神川町小浜
【連絡先】0495-77-0702
【アクセス】関越自動車道「本庄児玉IC」より20分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第8位】

大鳩園キャンプ場

豊かな自然が特徴の名栗村を流れる名栗川上流の川沿いにつくられたキャンプ場です。川の両岸に広い範囲で特徴の異なるいくつものテントサイトが整備されており、ソロキャンパーからファミリーキャンパーまであらゆるタイプのキャンパーに対応しています。キャンプ場内で変化に富んだ川の渓相を楽しめるのが特徴で、テントに宿泊しながら名栗川の自然を満喫することができます。テントサイトに近い場所に駐車場が整備されているのも魅力的ですね。

キャンプ場のおすすめポイントは?

温水シャワーやトイレ、炊事場や野外炉など設備が非常に充実しているのため、初心者でも安心してソロキャンプにチャレンジできます。レンタル品も充実しているので利用してみるのもいいですね。このキャンプ場には名栗川に注ぐ支流との合流点付近にソロキャンプ向きのスペースがあります。整備もされていないためプライベートにワイルドなキャンプが堪能できます。ソロキャンプ経験者なら一度トライしてみてはいかがでしょうか。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県飯能市上名栗2325-5
【連絡先】042-979-0041
【アクセス】圏央道「狭山日高IC」より55分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第7位】

月川荘キャンプ場

自然豊かな嵐山町にある旅館が管理するキャンプ場です。旅館の建物が受付をする管理棟になっているのが特徴で、館内には過去にこのキャンプ場を利用した著名人たちのサインが飾ってあります。テントサイトは全てがフリーサイトとなっており、川沿いのサイトや林間サイト、芝生サイトなどキャンパーの好みに合わせて選択できます。オートサイトも区画のないフリーのため、車やバイクを乗り入れてもワイルドにソロキャンプが楽しめます。

キャンプ場のおすすめポイントは?

旅館に近い芝生サイトは直火が許可されており、焚き火台を使わずに焚火をすることができます。焚火を見つめながら独り静かにのんびりとした時間が過ごせるのはいいですね。このキャンプ場は春夏秋冬キャンプが楽しめるので、真冬の冷え込む時期に焚火ができるのは大変魅力的です。車で10分ほどの場所には安い料金で温泉が楽しめる入浴施設があります。冬にソロキャンプを楽しむならこの温泉で体を温めるのもおすすめです。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県比企郡嵐山町鎌形2604
【連絡先】0493-62-2250
【アクセス】関越自動車道「東松山IC」より15分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第6位】

橋立川キャンプ場

電車でソロキャンプが楽しめるのが特徴の川沿いのキャンプ場です。秩父鉄道の浦山口駅が最寄りの駅となっており、歩いて5分ほどでキャンプ場にアクセスすることができます。テントサイトはキャンプ場内を流れる橋立川の川沿いに整備されていて全てフリーサイトになっています。入場料や施設利用料などは無料で、一泊1,000円の安いサイト利用料金のみでソロキャンプが楽しめます。トイレや炊事場は古くても清潔に管理されていて気持ちがいいですね。

キャンプ場のおすすめポイントは?

駅を出てすぐの場所に湧水が汲める場所があります。地元では不動名水として大切にされている湧き水で、水道施設の管理費200円を箱に入れれば誰でも自由に水を汲む事ができます。遠方から水を汲みに来る人も多い美味しい湧き水ですので、この水を汲んでからキャンプ場に向かうことをおすすめします。冬場はキャンプ場はクローズとなりますが、川のせせらぎを聞きながら独り静かにソロキャンプが堪能できるイチ押しのキャンプ場です。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県秩父市荒川久那3937
【連絡先】0494-24-1367
【アクセス】関越自動車道「花園IC」より55分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第5位】

CAZUキャンプ場

材木を扱う会社が運営するめずらしいキャンプ場です。キャンプ場は会社の敷地に隣接しており、会社で作業が行われている平日は機械の音が聞こえてきます。テントサイトは車横付けのオートサイトとソロキャンパーに人気のフリーサイトがあり、特に川沿いにつくられた自然いっぱいのフリーサイトはすぐに埋まってしまいます。簡素なシャワーときれいなトイレが設置されているので初心者キャンパーでも利用しやすいでしょう。

キャンプ場のおすすめポイントは?

キャンプ場の大きな特徴の一つが使い放題の薪です。材木の会社ならではのサービスで、ソロキャンプの場合には1,200円を支払うと滞在中好きなだけ薪が使えます。冬は薪ストーブを使うこともあるので使い放題は大きなメリットですね。春夏秋冬キャンプが楽しめますが、蛍が乱舞する初夏の時期は大勢のファミリーキャンパーが訪れます。誰にも邪魔されない静かな環境でソロキャンプを楽しみたいなら蛍の時期以外に宿泊するのがおすすめです。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県飯能市赤沢1072
【連絡先】042-978-8560
【アクセス】圏央道「狭山日高IC」より40分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第4位】

長瀞オートキャンプ場

荒川と自然豊かな森に囲まれた設備充実のオートキャンプ場です。川沿いや木立の中などに全部で80ものテントサイトがある比較的規模の大きなキャンプ場で、ソロキャンパーの数よりも圧倒的にファミリーキャンパーの数のほうが多くなっています。女性専用のシャワールームやベビーコーナー、遊びの広場などファミリーキャンパーに最適な設備が整っているのが特徴で、クローズとなる真冬以外はたくさんのファミリーがキャンプを楽しんでいます。

キャンプ場のおすすめポイントは?

ソロキャンプ初心者にピッタリな「おひとり様専用サイト」がおすすめです。ファミリー用の大きなテントでは少々狭いスペースなためソロキャンプなら広々とサイトを使用することができます。林間サイトでありながら景色もよく、設備をフルに利用すれば初心者キャンパーでも容易にソロキャンプにチャレンジできます。決して安いキャンプ場ではありませんが、初心者や女性のキャンパーでもストレスの少ないソロキャンプが楽しめるでしょう。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県秩父郡長瀞町井戸559-1
【連絡先】0494-66-0640
【アクセス】関越自動車道「花園IC」より車で25分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第3位】

武甲キャンプ場

秩父の名峰「武甲山」の麓につくられた川沿いのキャンプ場です。キャンプ場のすぐ近くには綺麗な横瀬川が流れており、夏は川遊びを目的にデイキャンプを楽しむファミリーもたくさんいます。秩父鉄道の横瀬駅から徒歩10分と近いため、電車でソロキャンプを楽しむことも可能です。ソロキャンプを想定した宿泊プランも用意されており、車の場合は一泊3,300円、バイクの場合は一泊2,000円という料金設定になっています。

キャンプ場のおすすめポイントは?

このキャンプ場の特徴は安い料金で利用できる温泉施設が隣接していることです。単純硫黄泉のお湯を広々とした内風呂と露天風呂で堪能することができます。特に開放的な露天風呂は気分爽快で、遊び疲れた体をゆっくりと癒すことができます。炭酸泉の浴場やサウナなどもあってつい長湯をしてしまいますね。キャンプ場にはシャワー施設がないため、温泉施設を利用すると快適にキャンプが楽しめます。初心者や女性のソロキャンパーには特におすすめです。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4627-2
【連絡先】0494-23-8229
【アクセス】関越自動車道「花園IC」より50分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第2位】

秩父 彩の国キャンプ村

空き缶でつくられた管理棟が特徴の人気キャンプ場です。敷地内には水のきれいな浦山川が流れており自然環境の良さは抜群です。受付けをするために管理棟に近づくとたくさんのウサギたちがお出迎えしてくれます。宿泊はテントサイトとバンガローで行うことができソロキャンプも楽しむことができます。バイクで訪れるソロキャンパーのためのプランがあるのが特徴で、一泊2,250円でサイトの中にバイクを乗り入れることができます。

キャンプ場のおすすめポイントは?

管理棟の2階には岩風呂があり大人500円という安い料金で入浴を楽しむことができます。すっきりと汗を流せるので初心者や女性キャンパーには嬉しいサービスですね。また、無料で利用できる五右衛門風呂もあるのでトライしてみてはいかがでしょうか。標高が600mと高いため夏は涼しく過ごすことができますが、冬は寒さが厳しいため1月と2月はクローズとなっています。ぜひ暖かい時期にソロキャンプを楽しみましょう。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県秩父郡浦山3236-10
【連絡先】0494-25-3148
【アクセス】関越自動車道「花園IC」より75分

埼玉のソロキャンプ場おすすめランキング【第1位】

白岩渓流園

埼玉県を流れる入間川の最上流部に位置する自然豊かなキャンプ場です。川の形相をいかしたキャンプサイトが特徴で、自然のフィールドでキャンプをしているようなワイルド感が魅力的です。以前の台風被害で川の形相が大きく変わってしまいましたが、地道な改修作業により再びキャンプが楽しめるようになっています。川沿いのあちらこちらにテントサイトが設けられているため、車やバイクの乗り入れは不可となっています。

キャンプ場のおすすめポイントは?

環境の保護のため直火が禁止となっていますが、それぞれのテントサイトに調理用の釜戸が設置されているため、これを利用すれば料理をこしらえるのにも苦労することはありません。温水シャワーやトイレなどサニタリー施設もきれいに管理されていて、特にトイレは女性専用のものも設置されていています。清潔さを気にする女性キャンパーもこれなら安心ですね。週末は新鮮野菜も販売されるので料理の食材に利用してみてはいかがでしょうか。

キャンプ場の詳細情報

【住所】埼玉県飯能市上名栗2305
【連絡先】042-979-0755
【アクセス】圏央道「狭山日高IC」より50分

ソロキャンプは埼玉に決まり!

Photo by thekeithhall

ここまでソロキャンプにおすすめな埼玉県のキャンプ場をご紹介してきましたがいかがでしたか?埼玉県にはたくさんのキャンプ場がありますが、選び方次第でソロキャンプが何倍にも楽しくなります。ぜひ本記事を参考にして埼玉県のキャンプ場でソロキャンプを満喫してみてください。

埼玉のソロキャンプ場が気になる方はこちらもチェック!

関西地方でもぜひソロキャンプを楽しんでください。自然豊かなキャンプ場が盛りだくさんです。こちらの記事から情報を得てみてください。

関西のおすすめソロキャンプ場13選!一人でゆったりと自然を満喫するならココ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
関西のおすすめソロキャンプ場13選!一人でゆったりと自然を満喫するならココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は一人でもゆっくりと自然を満喫する事ができる関西のおすすめソロキャンプ場を紹介していきます。都会の喧騒を離れて、ゆっくりとくつろげる関西地方のソロキャンプ場を多数紹介しているので、比較して行ってみたい場所を見つけてみてくださいね。
iiyudana
ライター

iiyudana

トラベルやキャンプ、ツーリングなど観光やお出かけに役立つ記事を執筆しています。マイカーで名所から穴場まであらゆるスポットを巡っており、一日400km以上のロングドライブも平気でこなします。旅先で実際に見て、聞いて、学んだことを盛り込みながら、読めばすぐにでも出かけてみたくなる魅力的な記事を作成していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking