体に優しい除草剤の作り方をご紹介!簡単手作りでしぶとい雑草を対策しよう!のイメージ

体に優しい除草剤の作り方をご紹介!簡単手作りでしぶとい雑草を対策しよう!

除草剤と言うとどうしても薬剤が気になって使えないという人もいます。そんな人におすすめなのが手作りの除草剤です。除草剤を手作りすることで、無害で安全な除草剤を作れるので小さいお子さんやペットにも安心です。今回はそんな手作りの除草剤について紹介して行きます。

2020年06月25日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 除草剤って手作りできるの?
  2. 安全な除草剤とは
  3. お湯を使ってお手軽に除草
  4. お湯を使った除草が効果的な場所
  5. お酢を使った手作り除草剤
  6. お酢を使った除草剤が効果的な場所
  7. 重曹を使った手作り除草剤
  8. 重曹を使った除草剤が効果的な場所
  9. 塩を使った手作り除草剤
  10. 塩を使った手作り除草剤が効果的な場所
  11. クエン酸を使った手作り除草剤
  12. クエン酸を使った手作り除草剤が効果的な場所
  13. 手作り除草剤のコスパについて考えてみよう
  14. 手作り除草剤のメリットとデメリット
  15. 手作り除草剤でかしこく除草

除草剤って手作りできるの?

花壇や庭などに雑草が多く生えているので、除草剤を使いたいが無害で安全な除草剤を使いたいと言う人も多いと思います。小さいお子さんやペットなどを飼っていると市販の薬剤による除草剤を使うのを躊躇してしまう人もいます。だからと言って、雑草などをひいていくのも大変な作業です。そんな時にぜひおすすめしたいのが、手作りの除草剤です。手作り除草剤の場合は、自宅にある材料などから作れることも多く、天然素材などを代用して作ることができるので、安全で無害です。雑草などが気になりだした時に手軽に安全に手作りできる除草剤について紹介して行きます。

安全な除草剤とは

安全な除草剤とは、ほとんどの場合は人間が口にしても無害なものが使われることが多いです。その為、台所などによく置いてある調味料などを用いることも多いので、雑草などが気になった際に、自宅にあるもので手軽に除草剤として使えるというメリットがあります。その一方で気になるのが、除草剤としての効果だと思います。ホームセンターや園芸店などで販売している専用の除草剤と比べると効果が気になるでしょう。使う材料によっても除草剤としての効果は異なりますが、使う場所などに合わせて材料を選ぶことで、効率よく雑草を枯らすことができます。それぞれの手作り除草剤のメリットやデメリットを理解した上で、使用すると納得した効果が得られると思います。

お湯を使ってお手軽に除草

必ず自宅にある材料が水ですが、そんな水もお湯にすることで除草剤としての役目をすることができます。通常花などに水やりをする際はお湯などは決して使いませんが、雑草などを除去するにはお湯がとても効果的です。作り方は、いたって簡単で、お湯を沸かして雑草に直接かけるだけです。お湯で雑草が枯れるのは、熱によって雑草が枯れる為です。熱湯を使うことで、火で雑草を燃やすような効果が期待できます。お湯を使った除草を行う際には、しっかりと根までお湯が染み渡るように多くの量のお湯をまくのがおすすめです。

お湯を使った除草が効果的な場所

お湯を使った手作り除草剤は、とにかく安全で手軽に使えるのが魅力です。その一方で広範囲の場所に使用する際は、大量のお湯を用意する必要があるので、あまり向いていません。お湯を使った除草剤の場合は、コンクリートの隙間から生えてきた雑草など狭い範囲の特定しいた場所の除草剤として使用するのがおすすめです。コンクリートの隙間から生えた雑草は意外にも抜けにくくて困ることも多いですが、お湯を使えば安全に効果を期待することができるでしょう。お湯を使う場合は、根本までしっかり熱が伝わるようにお湯をまく必要があるので、広範囲だとそれだけ多くのお湯を用意する必要があります。その為、広範囲ではなく狭い範囲の除草剤として使うのがおすすめです。

お酢を使った手作り除草剤

無害で安全な除草剤として注目なのがお酢です。お酢は台所にもよくある定番の調味料の1つです。その為、手軽に使えると言うメリットがあります。お酢を手作り除草剤と使う際は、食器用の洗剤と混ぜて使用するとより効果が期待出来ます。しかしその一方でどうしてもお酢の臭いが残ってしまうので、お酢の臭いが嫌な人には適していません。作り方は、水に少量のお酢を入れてさらに少量の食器用洗剤を混ぜて作り、雑草にかけるだけです。お酢は酸性なので、根まで浸透すると雑草をしっかり枯れさせてくれます。また、お酢と水の割合によって濃度が異なるので、よりしっかり除草したい場合はお酢を多めに使うと良いでしょう。

お酢を使った除草剤が効果的な場所

お酢は独特な臭いもするので、屋外に散布しても直後はお酢の臭いが残るので、臭いが気になる人は散布するのをおすすめしません。そしてお酢は酸性なので金属などを錆びさせてしまうことがあります。その為、お酢を手作り除草剤として散布する場合は、周りに金属の場所などがないか確認してから使うのがおすすめです。もしも金属部分が近くにある雑草に散布した場合、金属を錆びさせてしまう可能性があるので、散布する場所をしっかり確認してからお酢の除草剤は使ってみて下さい。お酢を使った除草剤はホームセンターなどで市販でも販売されています。その分効果が期待できる手作り除草剤と言えるでしょう。

重曹を使った手作り除草剤

重曹は、最近安全な掃除用洗剤としても注目されています。そんな無害で安全な重曹も手作り除草剤として使うことができます。重曹は掃除などにも使われることから殺菌効果もあるので、除草剤としても効果を発揮してくれるのです。作り方は、水に重曹を溶かして雑草に散布するというシンプルなものです。しかしこの重曹を使った除草剤の場合は、強力な効果は期待できない上に、カマなどを使った1度雑草を傷つけてから除草剤として振りかけると効果があると言われています。その為、事前に雑草を軽く刈っておく必要があるのです。重曹を使った除草剤はまくだけではなく、事前に雑草を刈り込む作業が加わるので、他の手作り除草剤よりは少し手間がかかります。

重曹を使った除草剤が効果的な場所

重曹を使った除草剤はひと手間かかってしまいますが、殺菌効果がプラスされるので、虫などの臭い除去などの効果も期待出来ます。その為、手間はかかりますが除草と共に殺菌効果をしたい場所に使ってみるのはおすすめです。自宅に掃除などに使った重曹が余っている場合などは試してみてはいかがでしょうか?また、重曹の殺菌効果は農作物を困らせるうどんこ病やかび病などにも効果があると言われています。その為、除草剤としてだけではなく農作物の病気予防に使用してみるのもおすすめです。

塩を使った手作り除草剤

手軽な材料で無害あのに強力な効果のある除草剤を手作りしたいのなら塩を使ってみるのがおすすめです。塩を使った除草剤は半永久的に効果があると言われており、他の手作り除草剤よりも強力な効果が期待出来ます。作り方は塩水を作って雑草に散布するだけとシンプルです。なぜ塩を使った除草剤あ強力な効果があるかと言うと、塩は土壌で分解されないので、効果が永久的に続くからです。逆にその分散布する場所をよく確認するのが大切です。例えば、住宅の基礎や配管がある場所にまいてしまうとコンクリートなどにダメージを与えてしまうこともあります。その為、塩を使った除草剤を使う場合は場所をよく確認してから使ってみて下さい。

塩を使った手作り除草剤が効果的な場所

塩を使った除草剤の場合は効果が強力なので、使う場所をよく見極めてから使うのがおすすめです。塩は雨が降ることで周りの土などに混ざってしまうことがあり、上層したくない周りの畑や花壇などに流れてしまう危険があります。その為、周りに塩の除草剤の効果が流れてしまっても問題のない場所で使用するのがおすすめです。人間には無害な塩ですが、強力な除草効果があると言うことが必要な農作物などまで枯らしてしまう危険も伴っているので、使う場所をよく確認してから使用してみて下さい。塩を使った除草剤はだいたい10日前後で雑草がしっかり枯れて行きます。使ってすぐは効果を実感できないかも知れませんが、徐々に枯れていくので気長に待ってみて下さい。

クエン酸を使った手作り除草剤

クエン酸を使用した手作り除草剤も酢を使った除草剤と同じような効果が得られます。クエン際は酢と同じく、酸性なので水などで溶かして使うことで、安全に雑草を除草してくれます。最近ではクエン酸も重曹と合わせて掃除などに使われることも多く、自宅にある人もいるかと思います。その場合は、クエン酸に水を混ぜて雑草などに吹きかけてみるのがおすすめです。クエン酸もお酢と同様酸っぱい臭いがするので、香りが気になる人などにはおすすめできません。クエン酸も重曹と同じく最近では掃除などにも使われることが多いので、自宅に余っている場合は除草剤として活用してみるのも良いでしょう。

クエン酸を使った手作り除草剤が効果的な場所

クエン酸を使う場合は、お酢と同じく金属の場所などに散布する際は注意が必要です。また、コンクリートの上などに巻くとコンクリートが浸食してしまう可能性もあるので、注意して下さい。もし、誤って周りの草花など除草したくない場所にまでクエン酸が飛び散ってしまうと葉を枯らしてしまう危険性がありますので、注意して下さい。クエン酸を使った除草剤は人に無害ですが、強力な効果が期待でき、早いと散布してから1日で枯れてしまいます。除草剤としての早い効果を実感したい場合は、クエン酸を使用してみるのがおすすめです。

手作り除草剤のコスパについて考えてみよう

手作り除草剤な使う材料や作り方によってコストパフォーマンスはさまざまなだ。お湯などを使う場合は、コストパフォーマンスはあまり気にならないが、その他の材料を使う場合は、市販の除草剤よりもコストがかかってしまう場合もあります。除草剤を使用したい範囲によっても使う材料の量も変わってくるが、お酢やクエン酸など酸性で雑草を枯らして除草する場合は、安全で無害な分多く使用しないと効果が期待できない場合があるのです。その為、大量のクエン酸などを用意する必要があり市販の除草剤よりもお金がかかる場合があります。その一方で市販の除草剤と比べて安全性は高いので、人やペットに無害な除草剤を使いたい場合は手作りに限ります。

手作り除草剤は使う範囲によって手間とコスパは変わる

お湯は手作りの除草剤の中でもよりコストがかからないように感じますが、広範囲に使用するとなると大量のお湯が必要になって来て、意外と手間がかかります。その為、お湯を使った除草の仕方は広範囲の雑草よりも気になるポイントに使うのがおすすめです。お湯は温かい内に散布しないと意味がないので、できるだけ範囲が限られた場所での使用がおすすめです。また、重曹やお酢などを使う方法も広範囲の場合は意外と多くの量を使用します。しっかりと除草する為には濃い目で使うのがおすすめなのでその分コストはかかります。ぜひ使う範囲などを加味して使う材料選びをしてみて下さい。

手作り除草剤のメリットとデメリット

手作り除草剤を使う際のメリットとデメリットは、とにかく人に無害な材料を使うことが1番のメリットです。さらに自宅にあるもので作れることが多いので、わざわざホームセンターや園芸店まで買いに行かなくてもすぐに除草剤を使えると言うメリットがあげられます。そしてデメリットは、使う場所や材料によって効果が異なることです。場所によっては、周りの植物や金属などを傷めてしまうこともあります。特に効果が強力な塩の場合は、周りに流れ出して農作物や草花に影響を与えないようにするのが良いでしょう。手作りの除草剤はそれぞれ特徴や使う際のメリット、デメリットがあるので理解した上で使う材料を選んでみましょう。

手作りの分量を工夫しよう

手作りの除草剤は、基本の作り方を行う際に洗剤をプラスしてみたりするだけでもより強力な効果を得ることができます。さらに分量を変えることでより強力な効果になる場合もあるので、様子を見ながら材料の組合わせや分量を調整してみるのもおすすめです。あまり材料の多い作り方をするとクエン酸などは臭いが気になる場合が出て来るので、注意して下さい。手作りの除草剤の場合は、作り方を自分次第で変えられるのも魅力です。場所や雑草の種類によって効果が強力なものとそうでない物が出てくるので、いろいろな種類を試してみるのもおすすめです。また、手作り除草剤は効果が出るまで、時間がかかる場合もありますので散布してからしばらく様子を見てみるのもおすすめです。ぜひ自宅にある材料で無害で安全な除草剤を作ってみて下さい。

手作り除草剤でかしこく除草

除草剤は、雑草などのお手入れにとても便利ですが、その一方でさまざまな薬剤が使われているので、安全面などが心配だと言う人もいます。そんな時に便利なのが、手作りの除草剤です。手作りの除草剤は作り方も簡単で、自宅にある塩や重曹、お酢などの材料から作ることができます。手作りの除草剤はどうしても市販のものと比べると強力ではない場合がありますが、小さいお子さんがいたりペットを飼っている人は安心して使用することができると思います。手作りの除草剤の作り方はさまざまなので、使う場所などに合わせて使う材料を調整してみるのもおすすめです。体に優しい除草剤の作り方をぜひ試してみて、気になる雑草のお手入れをしてみて下さい。

除草剤が気になる方はこちらもチェック!

手作りの除草剤や市販の除草など自分に合った使い方ができるものを知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

Thumb芝生の除草剤の効果的な使い方や時期をご紹介!ペットへの影響など注意点は? | 暮らし~の[クラシーノ]
芝生の手入れは気を抜くとあっという間に雑草だらけになってしまう、ガーデニングの要注意ポイント...
Thumbよく効く除草剤おすすめ11選!種類ごとの効果や選び方を比較しながら解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ここではよく効く除草剤のおすすめと選び方を紹介します。除草剤にも強力な効果を持っている物が多...

あなたへのおすすめ