ソロキャンプで人気のおすすめギア13選!必需品から便利なアイテムを一挙大公開!

ソロキャンプで人気のおすすめギア13選!必需品から便利なアイテムを一挙大公開!

ソロキャンプでも必要な道具はたくさんあります。いろいろギアが必要になりますが、ソロキャンプのスタイルによっては不要になるギアもあるので今回は、必要なギアを紹介します。便利でアウトドアでも使いやすいアイテムも一緒に紹介しますね。

記事の目次

  1. 1.ソロキャンプの必需品とは
  2. 2.ソロキャンプおすすめギア1:テント
  3. 3.ソロキャンプおすすめギア2:グランドシート
  4. 4.ソロキャンプおすすめギア3:ペグ
  5. 5.ソロキャンプおすすめギア4:寝袋
  6. 6.ソロキャンプおすすめギア5:マット
  7. 7.ソロキャンプおすすめギア6:照明
  8. 8.ソロキャンプおすすめギア7:クッカー
  9. 9.ソロキャンプおすすめギア8:燃焼器具
  10. 10.ソロキャンプおすすめギア9:カトラリー
  11. 11.ソロキャンプおすすめギア10:テーブル・机
  12. 12.ソロキャンプおすすめギア11:焚き火用品
  13. 13.ソロキャンプおすすめギア12:刃物
  14. 14.ソロキャンプおすすめギア13:その他の持ち物
  15. 15.キャンプギアのまとめ

ソロキャンプの必需品とは

必要になる道具・装備は多い

Photo byAnnaliseArt

キャンプは必要な装備が多いです。また楽しみ方によっているもの、いらないものもあり一概に特定の持ち物を必需品とは言えません。キャンプで必需品となる道具は大きく分けるといくつかのカテゴリーに分類できます。1つ目はテントなどの居住空間関にするものです。2つ目は寝袋などの就寝に関するもの、3つ目はクッカーなど料理に関するもの、4つ目は焚き火に関するものです。カテゴリーに分けてリストアップするとわかりやすいですよ。

費用も意外とかかる

Photo by Japanexperterna.se

有名ブランドで統一すると費用も高くなります。例えば人気のスノーピークで必需品を一式揃えると10万近くはいくでしょう。特にブランドにこだわりが無い方は、家にあるもので代用したり、いろいろな製品を取り入れることで必需品にかかる費用が抑えられますよ。費用を抑えつつ品質のいいものを見つけるといいでしょう。

ソロキャンプおすすめギア1:テント

必需品の装備「テント」

テントかタープは必需品です。上級者ではテントの変わりにタープだけで寝るタープ泊を楽しむ方もいるためテントが不要になります。逆に初心者はテントが必需品となりタープがあると便利です。しかしソロキャンプではタープを張るのが面倒という方もいるため必要かどうか考えてリストアップしておくといいでしょう。少なくともどちらかは必要な装備となるので忘れないようにしてくださいね。ポールも忘れないようにしましょう。

アメニティドームS

アメニティドームS

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS 3人用 SDE-002RH

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

ソロキャンプからファミリーキャンプまで大人気テント。キャンプに行くと必ず見かけるような人気装備です。初期費用がかかりますが初心者も安心して使えるハイスペックなテントとなり持ち物が多くても前室やインナーに片付けられます。持ち物が多いスタイルのソロキャンプにおすすめです。

テンゲルスタンダード

テンマクデザイン テンゲル スタンダード

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

ツーリング愛好家が考えたバイクツーリング用のコンパクトなテントです。持ち物が多くても1人分の持ち物なら一式すべて片付けられる広めの前室があります。テントは必需品のため信頼できるものを選びましょう。インナーも広さに余裕がありいろいろな装備を雨からきちんと守れますよ。

ソロキャンプおすすめギア2:グランドシート

便利アイテムの「グランドシート」

テントを設営するときにあると便利なアイテムがグランドシートです。グランドシートとはテントの下に敷いてテントの底を異物や汚れ、浸水から保護する道具となります。必需品ではありませんがテントを長く使うには必要になる道具です。テントと同じメーカーの純正のものでもいいですが、社外製で代用でき費用もやすくなるケースが多いです。

テントシート

【全品ポイント10倍★6/24まで】テントシート XXXLサイズ 1〜4人用 グランドシート 軽量 防水 PU8000MM 両面シリコナイジング キャンプ 登山 ピクニック グランド マット アウトドア オールシーズン コンパクト GEERTOP ギアトップ

楽天

グランドシートとして使えるマルチシートです。高い耐水圧が魅力的ですが、価格が安いので初期費用を抑えられます。いろいろなサイズがあるのでテントに合ったものがおすすめですよ。レジャーシートのようにも使え、薄いですがしっかりしていると大人気アイテムです。グランドシートを買うときは耐水圧の高いものがおすすめとなります。テントを大切に使うための装備なので評価の高いものを選びましょう。

ソロキャンプおすすめギア3:ペグ

必需品の「ペグ」

ペグはテントを固定するための杭(くい)です。テント付属のペグは高価なものでも最低限のものが多く交換したほうがいい道具ですよ。ハンマーはペグを打ち込む道具となりますが、慣れている人なら石などで代用できます。ソロキャンプは装備をできるだけで減らして楽しむというスタイルもあります。ペグの交換とテントは一式で考えたほうがいいでしょう。きちんとペグをリストアップしてペグを忘れないようにしてくださいね。

エリッゼステーク

【頑張って送料無料!】鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm/8本セット◆黒カチオン電着塗装<MK-280K×8>タープやテント、フラワーアーチの固定にも。S55Cの1本物!IDS賞、おもてなしセレクション賞受賞

楽天

ペグは鍛造ペグが好まれている傾向にあります。鍛造ペグは非常に固く曲がってもハンマーで叩き直して真っ直ぐにする荒業もでき、小石があっても砕きながら打ち込めるため非常に人気です。ソロキャンプでも愛用している方が多いですが、重たいので注意してくださいね。ペグはテント設営に必須となる持ち物です。地面によって種類を変える必要もあるので徐々に種類を増やしていってもいいでしょう。

ソロキャンプおすすめギア4:寝袋

必需品の「寝袋(シュラフ)」

キャンプで布団の代わりになる装備です。真夏の平地のキャンプではなくても大丈夫ですが、標高が高かったり、秋や春だと必需品となります。化繊とダウンがありダウンがコンパクトになり暖かい分費用が多くかかりますよ。重要な装備となるのでできるだけ費用を掛けましょう。真夏以外はテントと一式でリストアップして絶対に忘れないようにしてくださいね。忘れた場合はキャンプを中止したほうがいいぐらい重要な装備です。

夏用寝袋

封筒型 シュラフ 寝袋 軽い 軽量 子供 格安 小さい コンパクト 連結可能 バイクツーリング キャンプ 災害 車中泊 防水 5カラー NatureHike

楽天

夏期用の20度程度まで使える薄い寝袋です。夏の寝袋はコンパクトになるものが多くあまり費用を掛けなくても使いやすいものが多いですよ。季節に合った寝袋が必要になるため冬には冬キャンプ用のリストを作り、夏には夏キャンプ用のリストを作るといいでしょう。

冬用寝袋

【sahara】 寝袋 シュラフ 封筒型 コンパクト収納 丸洗い 抗菌仕様 最低使用温度-15℃ 1800g (ブラック×グレー)

楽天

冬用寝袋です。化繊を中綿にしているため大きいですが、その分コスパに優れていますよ。-5度程度まで使用可能となるので冬キャンプ用の持ち物リストとしてリストアップしておいてもいいでしょう。口コミでは生地が厚く暖かいと好評です。費用を倍以上掛けてもいい場合は冬にはダウンシュラフおすすめになります。

ソロキャンプおすすめギア5:マット

便利なアイテム「マット」

マットとは地面の凹凸、硬さをやわらげるものとなり高いものでは1万円近くしますが、安いものでは2000円程度と価格差が大きいです。冬には寝心地をよくするだけではなく、断熱効果もあり冬キャンプでは忘れるわけにはいかない持ち物となります。マットは忘れないように寝袋と一式でリストアップしておくといいでしょう。どのタイプも厚みがあるほどクッション性、断熱性がよくなります。

キャンピングマット

エア-マット キャンピングマット テントマット KOOLSEN エアーベッド 超軽量型 耐水加工 アウトドア 寝袋 キャンプ キャンプマット 枕が付き 防災用品 山登り テント泊 車中泊

楽天

空気を入れて膨らませるタイプのマットです。空気を抜くと非常にコンパクトになり500mlペットボトルより少し大きい程度です。価格も安く軽いので荷物の積載量が少ないバイクでのキャンプにもおすすめです。軽いですがパンクすると使えなくなるため、高所で連泊等の場合は別のタイプのマットがおすすめとなります。

キャンプマット5cm(インフレータブル)

【Bears Rock】 枕まで心地よい キャンプマット 5cm シングルサイズ 自動膨張式 寝袋マット エアーマット マットレス インフレータブル 軽量 弾力 コンパクト キャンプ用品 キャンピング レジャー キャンプ 車中泊 防災 テント 用 マット ぴたリッチ

楽天

自動膨張式のマットで5cmの厚みがります。このタイプのマットはベッドで使う薄いマットと同じで中にウレタンが入っているため重たいですがしっかりしたクッション性があります。ピロー(枕)もついていて一式買わなくてもマットだけで過ごしやすくなりますよ。

ソロキャンプおすすめギア6:照明

照らすための道具「ランタン」

ランタンはテント内でも外でも使えるLEDランタンがソロキャンプにはおすすめですが、好みで燃料を使うランタンとLEDランタンを持っていってもいいでしょう。テント内で使えるのはLEDランタンだけです。LEDランタンはコンパクトで暖色のものがいいでしょう。初期費用が少し高くなりますが、ランタン以外にヘッドライトもあると便利ですよ。外でLEDランタンを使う場合複数あると光量が弱くても大丈夫です。

Superway LEDランタン

Superway LEDランタン 充電式 昼白色 昼光色 電球色 赤色点灯 SOS 光色/輝度記憶機 モバイルバッテリー 数字型電気量 輝度表示 三脚接続可能 13400mAh 100調光モード アウトドア 防災 強力磁石内蔵 【1200ルーメン/連続点灯1500時間/PSE取得済】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

信頼できるメーカーの電池を使った明るくコンパクトなLEDランタンです。最大の明るさは燃料を使うランタンのようにサイトを明るく照らせられるほどですが、明るさを無段階で調整できソロキャンプで使いやすい明るさにもできますよ。バッテリー残量や明るさがデジタルメーターとなり非常にわかりやすく操作性も抜群のおすすめアイテムとなります。

フュアーハンドランタン

ET B300 4−1mフュアーハンドランタン【送料無料(北海道沖縄県九州は別途ご負担金あり)】替え芯1m付き正規輸入・銀シルバー・ハリケーンランタン天然ハーブアロマ防虫オイルセットドイツ製EEL750-BOS-300【RCP】【asu】

楽天

テーブルを照らすだけの明るさがあるオイルランタンです。必要な道具が一式揃っているセットになっていてこれからオイルランタンのアイテムを揃えるという方におすすめですよ。オイルランタンは雰囲気がよくなるランタンで強い明るさはありませんが炎のゆらぎが見える本格的ランプとなり、防虫効果がある燃料あり便利アイテムとなります。

ソロキャンプおすすめギア7:クッカー

料理を楽しむための持ち物「クッカー」

料理をするなら必要になる道具です。家にあるものでも代用できますが、フライパンや鍋など調理道具一式がコンパクトに収納できますよ。アルミ、ステンレス、チタンといろいろな種類がありアルミが一番費用がかかりません。丸いものが多いですが四角いものなどいろいろな形状があります。

山善のメスティン

山善 キャンパーズコレクション メスティン MESS-1

楽天

メスティンというとトランギアが有名ですが、トランギアのメスティンはバリ取りが必要になり初心者には少し大変です。山善(キャンパーズコレクション)のメスティンはバリ取り不要ですぐに使えますよ。評価も高く価格も安定していることからおすすめのアイテムです。バリ取りは不要ですが、シーズニングは必要となります。

DUG(ダグ) BANQUET-2

DUG(ダグ) BANQUET-II(ツー) DG-0205

楽天

大小の鍋とフライパンがセットになったアルミクッカーです。クッカーのフライパンは平らなものが多いですが、このクッカーのフライパンは波型になっていて余分な油が落ちるようになっていますよ。ハードアノダイズド加工により傷や腐食などにも強いです。

ソロキャンプおすすめギア8:燃焼器具

持っておきたい装備品「燃焼器具」

シングルバーナー、ツーバーナーとキャンプで使うバーナーは種類が豊富です。ソロなら火口が一つだけのシングルバーナーで大丈夫です。コンパクトで持ち運びやすいですよ。カセットコンロでもいいですが、外で料理を作るならバーナーは必要なアイテムとなります。またガスを使うバーナーだけではなく、アルコールバーナー、固形ストーブなどソロキャンプは使える燃焼器具が多いです。料理をするならどれか一つは必需品となります。

エスビットポケットストーブ

【送料無料】ESBIT エスビット ポケットストーブ スタンダード ES20920000▽▼

楽天

ソロキャンプでは愛用している方が多い人気の固形燃料と専用のストーブです。メスティンとの相性がよくほったらかしで料理が作れる便利アイテムとなります。非常にコンパクトですが火力があり炊飯もできますよ。固形燃料とストーブは一式で用意しておくといいでしょう。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ ST-941 ST-941

ソト(SOTO) 焚火ストーブ・ネイチャーストーブ ミニ焚き火台 テトラ ST-941 st-941 バーナー ストーブ ヒーター キャンプ アウトドア

楽天1,100円

小枝を燃やして小さな焚き火台にしたり、ダイソーなどの100均などで手に入る固形の燃料のゴトクとしても使える便利な小型ストーブです。前述したエスビットポケットストーブよりもコンパクトになりますよ。

ソロキャンプおすすめギア9:カトラリー

料理を食べるための道具「カトラリー」

箸やフォーク、スプーンなどのカトラリーが一式セットになったものだと忘れ物が少ないですよ。持ち物リストを作るときも一式セットなら書き忘れがありません。必需品ではなく家にあるものや割り箸などでも代用できますが、アウトドア用のカトラリー一式はコンパクトになるものが多いです。100均でも手に入るので初期費用を抑えながらコンパクトな折りたたみ式カトラリーが揃えられます。

折畳式シングルカトラリー

シングル カトラリー 折畳式 メッシュタイプ 収納袋 フォーク スプーン ナイフ つなぎ箸 カラビナ 6点セット MAGNA(マグナ)

楽天

低価格ですが評価の高い一品です。メッシュの収納袋、フォーク、スプーン、ナイフ、箸がセットになっていて人気ですよ。箸も金属なので熱いものに使うときは注意が必要ですがコンパクトで持ち運びやすいカトラリーセットです。

スプンばしII

工房緑林舎 はさめる洋食器 スプンばしII

楽天1,695円

不思議な新感覚のカトラリー。トングのように掴んだり、はしのように挟んだり、スプーンのようにすくったりできます。一本あると便利なアイテムになります。少し高いですが安心安全の日本製です。

ソロキャンプおすすめギア10:テーブル・机

「椅子」と「机」は一式セットでリストアップ

机と椅子は初心者には必需品となる道具です。いろいろな種類がありますが机と椅子の高さは合わせたほうが使いやすいです。高い机には座面が高い椅子、低い椅子には低いテーブルと合わせることで使いやすくなりますよ。お座敷スタイルなら不要となりますがテーブルは合ったほうが便利です。

アウトドアテーブル

【ロールテーブル・キャンプ用品】 Linkax アルミ製 アウトドアテーブル 耐荷重30kg 専用収納袋付き (折畳テーブル)

楽天

少し背があるコンパクトなテーブルです。ソロキャンプ定番の小型テーブルと一緒に使うと非常に使いやすくなりますよ。ソロキャンプでもメインとサブのテーブルがあると一気に使いやすくなります。お座敷スタイルだと高くなるのでスタイルに合わせて用意してくださいね。

チェアワン

ヘリノックス アウトドアチェア チェアワン 1822221 Helinox

楽天

軽くて座り心地がいい大人気チェアです。いろいろなチェアがあるので好きなものでいいですが、軽さ、耐久性を求めるならヘリノックスがおすすめとなります。座面高は35cmです。

ソロキャンプおすすめギア11:焚き火用品

焚き火台・火ばさみ・トング・耐火グローブ

焚き火を楽しむなら絶対に必要な装備、道具です。火ばさみやドングは薪や炭を動かしたり崩したりするときに必要です。焚き火台は、ソロならコンパクトになりグリルとしても使えるものがおすすめです。耐火性グローブは安全に焚き火をするためのアイテムです。革が使われているため軍手と比べると費用がかかりますが、軍手よりも耐久力がありおすすめです。焚き火道具と一緒にリストアップしておきましょう。

B-6君

笑's コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セット (B-6君本体・グリルプレート・ハードロストル) SHO-0004+SHO-0010+SHO-0025

楽天

小型の焚き火台、グリルとしてソロキャンプの定番アイテムとなっているのがB6君です。1人で焼き肉したり、小さな焚き火をするときに便利です。オプションには熱燗専用のパーツもあり楽しみ方に合わせた使い方ができおすすめです。一回り大きいB-GO(B5)もありますよ。

マイクロトーチ ACTIVE

【13時までのご注文で即日発送】ソト バーナー トーチ ガストーチ SOTO マイクロトーチ ACTIVE アクティブ ST-486 ガストーチ ブラック ブルー オレンジ 小型 ヨコ型 モデル 充てん式 CB缶 アウトドア キャンプ 炙り料理 ターボライター ライター 注入式 新富士バーナー

楽天

焚き火をするときに便利なアイテムがガストーチです。手のひらに収まるコンパクトなボディから1300度にもなる高温の炎がでてしっかり点火できますよ。カセットボンベから再充填でき繰り返し何度も使えます。

フルジップコットンパーカー

ワークマンのフルジップコットンパーカーは焚き火のときに便利なアイテムです。フルジップで着脱しやすく火の粉に強いためソロキャンプでも焚き火をするなら役立つアイテムとなります。服に穴を開けないための装備としておすすめします。

ソロキャンプおすすめギア12:刃物

薪・ナタ、ナイフなど

薪は焚き火の燃料。キャンプ場でも売っているところが多いです。ナタや斧は大きな薪を切るときに便利です。一式揃えたほうがいいですが初期費用が高くなることからどちらか一本でも持っておくと便利です。ただしソロキャンプでは重たくなるのでナイフで代用して持っていかないことも多いですよ。絶対に必要な持ち物ではありませんがソロ用のコンパクトな焚き火台に合うように薪を切るときに必要になる道具です。

コンパニオンヘビーデューティ

Morakniv Companion Heavy Dutyモーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティ【正規品】

楽天2,640円

ナイフとしては価格が安いですが、切れ味がよく、切るだけではなく薪を割ることもできる入門用ナイフとして大人気商品です。燃えやすいようにフェザースティックを作るときにも便利ですよ。価格が安いため初期費用を抑えられます。

替刃式フィールドノコギリ

OLFA WORKS(オルファワークス) 替刃式フィールドノコギリ FS1 OW-FS1

楽天

カッターで有名なオルファがアウトドア用品に本格参戦したことで話題になったオルファのアウトドアブランド「オルファワークス」の替刃式のこぎりも便利な持ち物です。カッタータイプののこぎりですが、枝をしっかり切れりと評価が高いです。

ソロキャンプおすすめギア13:その他の持ち物

100均アイテム

近年100均でもアウトドア用品が充実してきています。100円商品ではありませんがトーチ(バーナー)、風防十徳ナイフなどがありますよ。費用を抑えたいときに非常に便利です。炭や固形燃料、着火剤なども少量ですが、安く揃うためソロキャンプでは使いやすいです。

シュプアグラス

shupua (シュプア) グラス クリアーブルー SPA-003-CB

出典: Amazon
Amazon
楽天

一見するときれいなグラスですが、実はシリコンでできていて割れることがないグラスとして人気のアイテムです。冷たいものもあたたかいものも使えシリコンのため適当にパッキングしても大丈夫です。ソロキャンプだけではなくファミリーキャンプにも便利なアイテムです。

救急セット

【楽天1位】OHKEY 救急 セット 124点 ファーストエイド キット ポイズンリムーバー 登山 アウトドア 防災 救急箱 防災

楽天

アウトドアはケガしやすいためソロキャンプでも念の為に救急セットを用意しておきましょう。自分で揃えても大丈夫ですが、面倒という方は最初からセットになったものを持っていってもいいでしょう。収納ケース付きが便利です。

ココシザー

まな板付きキッチンハサミ ココシザー オレンジ 6179

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

調理に使えるキッチンばさみですが小さなまな板がついているため非常に使いやすいです。ソロキャンプならハサミだけでも料理できますよ。キッチンバサミなのでハサミだけではなくピーラー、栓抜き、ナイフといろいろな使い方ができます。

森林香

富士錦 森林香30巻き & プロ用携帯防虫器 セット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

虫除け対策もキャンプでは必要です。森林香は蚊取り線香とよく似たものですが、蚊取り線香よりも強力でアウトドアに向く便利アイテムです。少し太いので着火させにくいですがトーチを使うと楽ですよ。

キャンプギアのまとめ

役立つアイテムが豊富

Photo byAnnaliseArt

キャンプはテントなどの必需品だけではなくあると便利なアイテムもたくさんあります。いろいろな道具を使うので必要な物リストを作っておくと忘れないようになりますよ。またキャンプ道具だけではなくシリコングラスなど家でも使えるアイテムなどもあります。いろいろなアイテムから自分のスタイルに合うものを用意しましょう。

キャンプ用品が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプ用品に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

【連載】キャンジョのおすすめキャンプグッズ特集!こだわりアイテムで快適に過ごそう! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【連載】キャンジョのおすすめキャンプグッズ特集!こだわりアイテムで快適に過ごそう! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は思わず真似をしたくなるおしゃれなキャンプ道具を特集!快適にキャンプライフを過ごしたい時に、ぜひおすすめしたいアイテムを場所別にご紹介します!モノが散らばりがちなキッチン周りにおすすめな収納アイテムもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
【連載】キャンジョのおすすめおうちキャンプ特集!おうちキャンプでテントやハンモックを使ってみよう! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【連載】キャンジョのおすすめおうちキャンプ特集!おうちキャンプでテントやハンモックを使ってみよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
おうちキャンプでもテントやハンモックを置いて遊びたい!と思いませんか?今回は、室内やお庭で使うのにぴったりなテント、ハンモックと、おうちキャンプでのおすすめ設置場所をご紹介します!どこに設置をしようか迷っている方は必見です!
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking