アウトドア飯が加速するおすすめクッカーTOP10!初心者も迷わない選び方も解説!

アウトドア飯が加速するおすすめクッカーTOP10!初心者も迷わない選び方も解説!

アウトドアで料理を作るときに必要となるクッカーは、国内外のさまざまなブランドからさまざまな種類のものが発売されています。アウトドアで必須ということはキャンプでも需要なアイテムとなりますよ。今回はクッカーの選び方とおすすめクッカーを紹介します。

記事の目次

  1. 1.アウトドア飯の必需品「クッカー」とは
  2. 2.アウトドアで役立つクッカーの選び方1:材質
  3. 3.アウトドアで役立つクッカーの選び方2:サイズ
  4. 4.アウトドアで役立つクッカーの選び方3:機能
  5. 5.おすすめアウトドアクッカー10:焚火向け
  6. 6.おすすめアウトドアクッカー9: ツーリング向け
  7. 7.おすすめアウトドアクッカー8: 炊飯向け
  8. 8.おすすめアウトドアクッカー7:軽さ重視
  9. 9.おすすめアウトドアクッカー6:ラーメン向け
  10. 10.おすすめアウトドアクッカー5:シンプルクッカー
  11. 11.おすすめアウトドアクッカー4:コスパ重視
  12. 12.おすすめアウトドアクッカー3:一番安い
  13. 13.おすすめアウトドアクッカー2:メスティン
  14. 14.おすすめアウトドアクッカー1:定番のクッカー
  15. 15.紹介したクッカーの比較表
  16. 16.クッカーのまとめ

アウトドア飯の必需品「クッカー」とは

アウトドアにおける便利な調理道具

クッカーとはアウトドアにおける便利な調理道具です。鍋やフライパンになり飯盒にもなります。またお皿としてそのまま食べたり、分け合うときにも使いますよ。車を使うと家にある鍋や皿を用意してもいいですが、登山のように軽く、コンパクトに荷物をまとめたいというときはクッカーが必須になります。アウトドアとは切っても切れない関係にあることからアウトドア用品を手掛ける国内外のさまざまなブランドから発売されていますよ。

クッカーは種類が豊富

さまざまなブランドから発売されているということは、ブランド数に比例して種類も多くなります。形状が丸いもの、四角いもの、材質が異なるもの、深さが異なるものなどがあるため選び方が大切ですよ。ランキングなどを見て人気のクッカーを探したり、口コミなどを確認したりして比較しながら選びましょう。クッカーはソロキャンプ、登山では特に大切な道具となるため人気ランキングを調べたり、適切な選び方をするのは特に大切です。

アウトドアで役立つクッカーの選び方1:材質

素材について

クッカーの選び方の要点となるのはクッカーの素材です。主にアルミとチタン、ステンレスがあります。ランキングに入りやすいのはアルミとなります。素材によって熱の伝わり方、傷つきやすさ、価格が変わってきますよ。そのためまずは素材を選んで、絞り込んでいくという方法がおすすめの選び方です。

素材比較1:アルミ

Photo byrkit

アルミとはアルミニウムのことです。安い、軽い、腐食(サビ)に強い、熱伝導が高いという特徴がありクッカーの素材として人気です。しかし他の金属と比較すると柔らかく、特有の味(臭い)が発生してします。柔らかいということはぶつけたときに凹みができやすいということになり、熱伝導が高いと調理しやすいですが、熱いものを入れるとクッカーもすぐに熱くなるためお皿として使うときには火傷に注意です。しかし冷めるのも早いです。

素材比較2:チタン

Photo byPexels

チタンとはチタニウムのことです。アルミよりも軽量ですが、強度が高く簡単に凹まない、やや黄色みがある色合いをしている特徴があります。しかし他の金属と比較すると熱伝導が悪いため、熱くなるまで時間がかかり、焦げ付きやすいです。しかし、お皿として使うと熱いものを入れても火傷するほど急激に熱くなりません。登山など少しでも荷物を軽くしたいという方におすすめです。

素材比較3:ステンレス

Photo byartbaggage

ステンレスはキッチンの水回りでもよく使われている素材です。腐食に強く清潔な金属として知られています。他の金属と比較すると、非常に頑丈、ゴシゴシ洗っても大丈夫です。熱伝導に関してはチタンと同じような性質があり、焦げ付きやすいですが熱くなりにくいです。チタンと比較すると重たいですが安いです。

アウトドアで役立つクッカーの選び方2:サイズ

大人数ならセットがおすすめ

サイズは前述したように丸い形、四角い形、深型、浅型があります。また複数のクッカーがセットになったものもありますよ。大人数で利用するなら大きいクッカーだけではなく、複数セットになっているほうが使いやすいです。

サイズの選び方:丸形

クッカーは丸いものが多いです。丸いと過程用の鍋やフライパンと同じように扱え、角がないため洗いやすい特徴がります。コンパクトに収納しやすくスタンダードな形状となるためおすすめです。

サイズの選び方:四角

お弁当箱のような四角いタイプです。丸型と比較すると一部の四角いインスタントラーメンがそのまま入るというメリットがあり山頂でラーメンを食べたいという方に人気です。また大人気のメスティンもブランド問わず四角いクッカーです。

サイズの選び方:深型

鍋のようなタイプのクッカーです。火に当たる面積が狭いため大量の炒めものを作るときには向いていませんが、お湯をたくさんわかす、スープを作るときなどに活躍しますよ。セットのものでも深型だとコンパクトに収納できます。

サイズの選び方:浅型

フライパンのようなもので、お湯をわかしたり、焼いたり、炒めたりいろいろなことができますが、コンパクトに収納しにくいです。セットになっているものは、浅型クッカーが蓋を兼ねていることもあります。

アウトドアで役立つクッカーの選び方3:機能

機能とは

シンプルな調理道具ですが人気ランキングに入るようなクッカーには何らかの理由があります。その一つが機能です。無垢の素材のままだと焦げ付いて洗いにくい場合がありますが、フッ素やテフロン加工などで簡単に洗えるようになっていたり、傷つき、摩耗に強い加工が施されていると多少ラフに扱っても傷ができにくいという安心感があります。一部クッカーには専用のバーナーと使うことで素早く調理できるものもありますよ。

焚き火調理するには

一部クッカーは手で持ったときに熱くならないようにシリコンなどの耐熱性樹脂の取っ手があります。焚き火調理するには耐熱性樹脂が使われていないクッカーを用意しましょう。用途に合わせた選び方が大切になります。焚き火調理した場合クッカーが非常に熱くなっているためどんなブランドのクッカーでも革グローブや鍋つかみを用意しておきましょう。鍋つかみがセットになっていることは少ないです。

おすすめアウトドアクッカー10:焚火向け

人気ブランド「ダグ」の焚火缶

DUG(ダグ) 焚火缶S/Mセット シルバー DG-0101

出典: 楽天
出典: 楽天
10
楽天2,220円
素材アルミ
総重量416g

人気ブランド「ダグ」の焚き火調理向けのクッカーのSサイズとMサイズのセットです。ソロキャンプならSだけ持っていく、デュオならセットで使うなど人数や状況に応じた使い分けができます。なんの加工もないシンプルなクッカーですが、ランキングでも名前を見かけるダグの代表的なクッカーです。シンプルだからこそ焚き火の中で使いやすく、安いから煤(すす)で黒くなっても使い倒せますよ。焚き火調理は煤で絶対に汚れます。

口コミ紹介

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rrjf0W6gL._AC_SL1000_.jpg

安いということで品質が気になる方もいるかもしれませんね。きちんとクッカーとして使えるようになっていますよ。軽くて2サイズのセットのため便利で使い方が豊富になることから、ランキングインした人気商品です。凹みなどがなければ重ねてコンパクトに収納できます。品質だけではなく焚き火で調理しやすいことや、安さを求める方におすすめです。

レビューでやれ薄いだのペラペラだのという意見が多かったので少し不安でしたが 実際届いたら全く問題ないですね。 これより厚かったら重くて源流釣りには向かないです。 この値段でこの品質ならコスパ最高だと思いますよ。

おすすめアウトドアクッカー9: ツーリング向け

人気ブランド「ロゴス」のツーリングクッカー

ロゴス(LOGOS) ツーリングクッカーセット 81280300

出典: 楽天
出典: 楽天
9
楽天3,960円
素材ステンレス
総重量500g

主にファミリー層に人気のあるブランド「ロゴス」からも便利なクッカーが発売されています。大きさが異なる5種類のクッカーがセットになっていて、丈夫なステンレスで作られていますが比較的軽いです。ツーリングでも持ち運びやすいようにコンパクトに収納できますよ。アルミよりも強度が高く変形しづらいため持ち運びやすいです。セット内容ポット大(1L)、ポット小(515ml)マグ、フライパン、トレイの5点セットになります。

口コミ紹介

出典: https://shop.r10s.jp/auc-odyamakei/cabinet/000728/9999990466273_3.jpg

ステンレスということでアルミと比較すると強度が抜群にあります。軽さよりも強度を優先する方に特に評価が高いですよ。バイクでのキャンプにおすすめです。ランキング上位には食い込まなくても人気のあるおすすめクッカーです。コンパクトに持ち運べますが、専用のスタッフバッグはついていないので注意してくださいね。

4年使いましたが、未だに変形やガタつきは無し。 そして小鍋で米1合のほったらかし炊飯に成功。ダイソーのパック燃料1つ使用。焦げ付き無し。 大鍋はインスタント麺を割らずに茹でられる し、ケトルとしても活躍。

おすすめアウトドアクッカー8: 炊飯向け

人気ブランド「ユニフレーム」のクッカー

◇UNIFLAME(ユニフレーム)667613・ごはんクッカープラス

8
楽天
素材アルミ・黒皮鉄
総重量770g

日本の人気ブランド「ユニフレーム」のクッカーのセットです。セット内容は、ライスクッカーと呼ばれる飯盒(はんごう)のように炊飯に特化したクッカーと一般的なクッカー、フライパンとなっていますよ。クッカーは扱いやすいアルミ、強い火力で食材を焼いたり、炒めたりするフライパンは黒皮鉄板です。野菜くずなどでシーズニングするとより美味しく調理できますよ。炊飯専用のクッカーがあるため初心者でも調理しやすい魅力があります。

口コミ紹介

出典: https://image.rakuten.co.jp/sakaiya/cabinet/uniflame/667613_main_2.jpg

初心者が飯盒などできれいにご飯を炊くのは意外と難しいです。ユニフレームのごはんクッカープラスはキャンプでもご飯が簡単に炊けるため人気です。さらにフライパンがアルミではなく本格的な鉄を使用したフライパンということでフライパンも評価が高いですよ。決して安いものではありませんが、評価がいいためランキングインしたおすすめ商品です。

今まではインスタントご飯だったのが、簡単にご飯が美味しく炊けるようになったので、キャンプ飯が美味しくなりました。飯盒は炊くのが難しいですが、これはカタカタ音を立てて火加減を教えてくれるのでとっても楽です。

おすすめアウトドアクッカー7:軽さ重視

人気ブランド「スノーピーク」のチタンクッカー

スノーピーク チタンパーソナルクッカーセット snow peak SCS-020T ソロキャンプ 一人用 チタン製 フライパン 調理 アウトドア 春夏

7
楽天
素材チタン
総重量330g

人気クッカーのチタンバージョンということでランキングイン。セット内容はクッカーL(1000ml)、クッカーS(780ml)、フタL(500ml)、フタS(350ml)の4点セットですがチタンのため重さはわずか330gしかありません。 扱い安さで比較するとアルミのほうに軍配が上がりますが、丈夫さ、軽さ、器としての使いやすさはチタンタイプとなります。重ねてきれいに収納でき登山だけではなく、キャンプでもおすすめできます。

口コミ紹介

出典: https://image.rakuten.co.jp/canpanera/cabinet/03139666/s06090_detail_01.jpg

チタンということで焦げ付きやすいという弱点がありますが、それ以上に非常に頑丈で軽いです。口コミの中では20年近く使い続けている方もいるぐらいです。クッカーの特性を理解したうえで使ったほうがいいためランキングインしましたが、初心者には少し扱いが難しく感じるかもしれませんね。バーナーパッドなどの道具を使ってうまく火力調整しながら使える中上級者向きのクッカーとなります。

丈夫で壊れる気配はありません。底が焦げ付いても掃除しやすいですが、煮込むときとかはバーナーパッドを敷いた方がいいと思います。 フタの持ち手は気を抜くと折れ曲がるので、皿代わりにするときは注意しましょう。 フライパンとしては使わない方が無難です。

※バーナーパッドとはシングルバーナーの火を拡散させ、均等に鍋底に当たるようにする網のことです。

おすすめアウトドアクッカー6:ラーメン向け

ユニフレームの「四角い」クッカー

UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3 No.667705

出典: Amazon
出典: Amazon
6
Amazon
楽天
素材アルミ
総重量449g

丸いクッカーが多い中一部のブランドからは四角いクッカーも発売されていますよ。また他の四角いクッカーと比較すると四角いクッカーにフライパンが付く点も珍しいです。キャンプではラーメンだけではなく朝ごはんに目玉焼きを作ったり、コーヒーを飲んだりします。鍋だけではなくフライパンがセットになっているため便利ですよ。すべて重ねて収納できコンパクトになりキャンプから登山までおすすめできます。

口コミ紹介

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZSAqArHfL._AC_SL1440_.jpg

四角いだけで他のクッカーと同じようにいろいろな使い方ができます。フライパンはフッ素加工になっていますよ。ソロキャンプにおすすめのクッカーです。ユニフレームの製品は安くはありませんが高い精度で作られていて人気があります。四角いためデッドスペースが生まれずコンパクトに収納できます。

炊飯、湯沸かしどちらも行けますね。 蓋はフライパンにも(落し蓋みたいになるが)使えるので、炒め物で野菜をしんなりさせたい時にも使えて個人的には高評価。 一人暮らしですが、最近はインスタントラーメンやスープ用に室内でも常用してます。

おすすめアウトドアクッカー5:シンプルクッカー

人気ブランド「コールマン」のシンプルクッカー

コールマン パッカアウェイクッカーセット 2000010530

5
楽天
素材アルミ
総重量480g

キャンプ用品の定番ブランドがコールマンです。テントやランタンなどを発売している人気ブランドです。ソロキャンプ向けのシンプルなセットで鍋とフライパンになります。一見するとただのクッカーに見えますが表面は傷がつきにくいハードアノダイズド加工が施されていて、調理に使う内側はノンスティック加工がほどこされていて焦げ付きにくいですよ。底面は滑り止めのような形状になり安心してアウトドア用バーナーで使えます。

口コミ紹介

出典: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sdrokinawa/cabinet/07201214/imgrc0084354353.jpg

同社のケトルがきれいに収まるためコンパクトにパッキングでき、ソロキャンプにおすすめのクッカーですが大きいので、デュオでも重宝すると言われています。加工により焼き物も簡単にでき、価格も安いというわけではありませんが、さまざまな加工と二人分調理できる大きさがあることを考えるとコスパがいいです。ランキング上位に入ってもおかしくないクッカーです。

このクラスのクッカーの中では容器の径が少し大きいため、調理の幅が広がります。 2人までのキャンプで重宝しています。 内側のフッ素加工のおかげで調理も片付けも楽ですが、コーティングが薄いようなので、永く使用するには火加減に注意した方が良いです。

おすすめアウトドアクッカー4:コスパ重視

人気ブランド「キャプテンスタッグ」のクッカー

『送料無料』キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 鍋 セット ラグナステンレスクッカー [代引選択不可]

4
楽天5,163円
素材ステンレス
総重量1.4kg

安いことで有名なキャプテンスタッグの深い鍋とフライパンがセットになったモデルです。セット内容は18cm鍋、16cm鍋、フライパン20cmになります。さらにケトルがついたモデルもありますよ。シンプルでスタンダードなステンレスクッカーとして人気です。丈夫なステンレス製ということで焚き火で使うという方もイますよ。安いですが、値段にたいして品質や評価が高かく、初めてのクッカーとしてもおすすめされている人気商品です。

口コミ紹介

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KmlvfAi0L._AC_.jpg

安いですが、日本製で価格以上の製品と評価されていてコスパがいいです。鍋の容量は2L、3.1Lにもなるため4人分の料理もギリギリですが作れる大きさとして評価されていますよ。普段はソロでも時々家族でキャンプをするという方にもおすすめです。ステンレスのため少し焦げ付きやすい点だけ注意してくださいね。収納袋もセットになっています。

お値段の割に品質は高く、ステンレス製ですが厚みもそれなりにあり歪みにも強いと思います。 構成としては大小の鍋と蓋兼フライパンの3点セット。ベーシックな構成ですが堅実でどれも使用頻度が高い。

おすすめアウトドアクッカー3:一番安い

Haibeiのクッカー

Haibei アルミ クッカーセット キャンプクッカー 全部13点 防災キャンプ 登山用鍋 小型 軽量 収納袋付き 2-3人に適応

3
Amazon
楽天
素材アルミ
総重量904g

紹介してきた中では一番安いクッカーセットになります。ソロ用ではなく複数人の料理が作れますよ。セット内容は鍋、フライパン、ケトル、しゃもじ、おわん、カトラリー、レードル、収納袋です。カトラリーには箸はありませんが、フォーク、スプーン、ナイフがセットになっていますよ。クッカーの材質はアルミとなりノンスティック加工により焦げ付きにくく扱いやすいです。安いですがきちんと重ねて収納できコンパクトになりますよ。

口コミ紹介

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2BYj1PG5ML._AC_SL1001_.jpg

有名なブランドではありませんが、充分使えると評価されているクッカーです。キャンプの人気ブランドランキングだとランクインすることはありませんが、クッカーランキングだと上位に食い込むほど好評ですよ。安いだけではなく、ノンスティック加工になっているところもポイントとなり、他社と比較するとカトラリー、おわんなどがセットになっている点も大きいです。参考価格が一番安いですが、非常に充実した製品となります。

バイクでのキャンプツーリングに使うため購入。 ケトルがセットになっていたのが決め手ですが、価格を考えたらとても良い買い物でした。 収納性に関してはしゃもじが入ると蓋がしまらないですが、袋もあるので大丈夫です。 取っ手が貧弱に感じますが使用上は問題になることなく使えそうです。

おすすめアウトドアクッカー2:メスティン

キャンパーズコレクション(山善)のメスティン

山善 キャンパーズコレクション メスティン MESS-1

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
2
Amazon
楽天
素材アルミ
総重量160g

メスティンといえばトランギアという方も多いでしょう。そもそもメスティンとは四角いクッカー、飯盒のことでトランギア以外からもさまざまなブランドから発売されています。おすすめの商品はキャンパーズコレクションのメスティンです。人気ブランド「トランギア」と比較するとバリがなく、シーズニング不要ですぐに使え、価格が安定していて安い点が挙げられます。家具でおなじみのニトリでも同社のメスティンを販売しています。

口コミ紹介

トランギアと比較する口コミが多く、バリ取りが不要ですぐに使えるところが好評です。また価格が安く通販でも2020年6月4日の時点では適正価格と安定しているところも評価できます。ニトリではオリジナルブランドとしてメスティンを発売していますがOEM先がキャンパーズコレクションとなります。ニトリ店頭でもニトリの通販、そしてキャンパーズコレクションのメスティンとしてアマゾンや楽天でも買えるため買いやすいですよ。

メスティンについて

炊飯用のクッカーですが、工夫次第でいろいろな使い方ができる万能なクッカーとして人気があります。底上げ網を使うと燻製や蒸料理もできますよ。

おすすめアウトドアクッカー1:定番のクッカー

スノーピークの「アルミ」クッカー

【送料無料】スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

1
楽天
素材アルミ
総重量485g

前述したスノーピークのチタン製クッカーをそのまま材質だけアルミにしたモデルです。価格と軽さ、熱伝導に優れていて初心者から上級者まで愛用している方が多いです。人気ブランドのクッカーということで、きちんとコンパクトに収納できるようになっていますよ。セット内容はクッカーL、クッカーS、フタL、フタS、メッシュケースです。これさえあれば他のクッカーはいらないという評価もあるぐらい人気ですよ。

口コミ紹介

出典: https://shop.r10s.jp/mrpostman/cabinet/item/967/13005896966_4.jpg

定番のクッカーとして人気の理由は使いやすい大きさ、マルチに使えるクッカー、そしてスノーピークの高い品質の三拍子が揃っているからです。全体的に高く評価されていますよ。傷が気になる、チタン特有の色や熱くならない特性がいいという方はチタンモデルにして、スタンダードで扱いやすいほうがいいという方はアルミモデルにするといいでしょう。

YouTubeで動画ソロキャンプ:tent:️で使用してる方多いですよね… で、試しに使ってみた…深型クッカーより調理しやすい! 鍋、蓋付きで焼き、煮込み、炊飯とマルチにこなすクッカー…調理する方には、悔しいがsnow peak製良くできてる 参りましたm(._.)m

紹介したクッカーの比較表

材質と重さに注目

スクロールできます

商品
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
商品名DUG(ダグ) 焚火缶S/Mセット シルバー DG-0101ロゴス(LOGOS) ツーリングクッカーセット 81280300◇UNIFLAME(ユニフレーム)667613・ごはんクッカープラススノーピーク チタンパーソナルクッカーセット snow peak SCS-020T ソロキャンプ 一人用 チタン製 フライパン 調理 アウトドア 春夏UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3 No.667705コールマン パッカアウェイクッカーセット 2000010530『送料無料』キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 鍋 セット ラグナステンレスクッカー [代引選択不可]Haibei アルミ クッカーセット キャンプクッカー 全部13点 防災キャンプ 登山用鍋 小型 軽量 収納袋付き 2-3人に適応山善 キャンパーズコレクション メスティン MESS-1【送料無料】スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020
素材アルミステンレスアルミ・黒皮鉄チタンアルミアルミステンレスアルミアルミアルミ
総重量416g500g770g330g449g480g1.4kg904g160g485g
商品リンク
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

紹介してきたクッカーの比較表です。比較表にすると改めてチタンの軽さ、アルミの安さなどの特徴がわかりやすくなると思います。クッカーの大きさはソロ、デュオなどで変わってくるため単純にどんな素材のクッカーなのか、総重量はいくらなのかを比較表にしています。クッカーを選ぶときは材質や重さに注目して選ぶといいでしょう。安くて使いやすいアルミクッカーが多いです。

紹介したのはほんの一部

今回紹介したクッカーは人気ブランドの人気商品を中心にほんの一部になります。いろいろなクッカーがあるので自分の使い方、キャンプスタイルに合ったものを選ぶとより使い勝手がよくなりますよ。

クッカーのまとめ

アウトドアでご飯をつくるときの必需品

クッカーとはアウトドアでご飯を作るときの必需品です。そのためいろいろなブランドから材質、形状、大きさやセット内容が異なるクッカーがたくさん発売されているため自分の使い方にあったものをしっかり選びましょう。また通販サイトでは人気ブランドだけではなく有名ではありませんが価格が非常に安いブランドもあり初期費用を押さえたいという方は格安のセットもおすすめです。加工の有無なども見て選ぶとなおいいでしょう。

キャンプのご飯が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプのご飯に関する記事がたくさんあります。いろいろな料理に関する記事があるのでよかったらチェックしてくださいね。

キャンプ飯の人気レシピ12選!初心者向けの簡単料理や絶対美味しい定番メニューも! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
キャンプ飯の人気レシピ12選!初心者向けの簡単料理や絶対美味しい定番メニューも! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプでの楽しみはキャンプ飯でしょう。キャンプ飯のレシピは、同じようで作る人によって微妙に違います。根本的なレシピは同じで、こだわりの味付けがあるのです。初心者が作っても絶対美味しい人気定番メニューの基本レシピを紹介しています。
缶詰でサッと作れる簡単キャンプ飯12選!缶はそのままちょい足しアレンジで激ウマ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
缶詰でサッと作れる簡単キャンプ飯12選!缶はそのままちょい足しアレンジで激ウマ! | 暮らし~の[クラシーノ]
缶詰で作る簡単キャンプ飯は、キャンプの雰囲気をより華やかに楽しく盛り上げてくれる人気アイテムです。ここでは、缶詰に少しアレンジを加えるだけで美味しいキャンプ飯に仕上がるレシピ12選をご紹介します。大人数のキャンプでもソロキャンプでも、是非試してみてください。
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking