【連載】サーフ実釣で痛恨の2バラシ!春のサーフは海藻に注意!

【連載】サーフ実釣で痛恨の2バラシ!春のサーフは海藻に注意!

連載第17回!今回もサーフ釣行記、痛恨の2バラシ釣行と春のベイトパターンについてご紹介します。気温、水温とも上がってベイトの気配があり、マゴチやヒラメも狙いやすいタイミング!失敗談も紹介しているので、早春のサーフにお出かけになる方はぜひ参考にしてみてください!

記事の目次

  1. 1.サーフゲーム実釣の模様をお届け!
  2. 2.今週の遠州灘サーフ
  3. 3.ヒットルアーは「オフベイト」
  4. 4.痛恨の2バラシ!
  5. 5.本番は6月中旬!
  6. 6.釣りに出かけてリフレッシュ!

サーフゲーム実釣の模様をお届け!

今週はサーフゲーム!

サーフ

連載第17回!今回はサーフ実釣の釣行記をお届けします。5月もあともう少し、暗い時間は寒さがありますが、明るくなればナイロンウェーダーでもいいかな、という気温になってきました。本当は梅雨前にキス釣りでも、と考えていたのですが、釣行エリア内はまだまだ開放が進んでおらず、自信のあるポイントで釣るにはもう少し掛かりそうな気配。沖側の影響を受けやすいという懸念点があったものの、スムーズに入れるポイントでヒラメ、マゴチをやることにしました。内容としては2バラシと振るわない結果でしたが、サーフの調子自体は上昇傾向!そろそろどこかで釣りを、とお考えの方はぜひチェックしてみてください!

今週の遠州灘サーフ

季節の進行で調子はよさそう!

サーフ

ライトゲーム系のポイントには入れず、小鯖、アジカマスの動向がわかりませんが、気温の上昇でキスの釣果は上昇中。遠州灘をはじめ、静岡県の沿岸はとにかく横に長く、地域によって調子に大きな差がありますが、イワシや小型青物の気配が出てきているエリアもあるようです。キスが釣れてシラスについた小さな青物が釣れて、というのが初夏のパターンなので、季節は確実に進行しているようです。キスの接岸が期待できるだけでも、サーフゲームに出かける動機に!キス釣りをやってもよし、ヒラメマゴチをやってもよしで、遊びやすいシーズンがすぐそこまでやってきています!

うねりがあって釣りにくい

釣行当日はやや波高、翌日以降風が出るような予報で、うねりを感じる海模様でした。釣りは十分できる範囲ながら、引き気味に立って重めのルアーを入れて、という状況。また、今の時期は常に付きまとう問題ですが、千切れた海藻が頻繁にルアーに絡んできます。釣り始めは取るのが面倒だな、程度にしか考えていなかったんですが、この海藻とうねりが合わさって形成された、大きな海藻ボールが魚を掛けた後問題になる、ということに、この時は気が付いていませんでした。

ヒットルアーは「オフベイト」

ラフコンディションでも使いやすい!

サーフ

気が付いたらオフカラーに…

波があって釣りにくい状況だったので、ルアーは重めのシンペンや巻き系のジグからチョイス。当日は周りが少し明るくなり始めたあたりから「オフベイト」を使用していました。飛距離も十分出るし、操作感、適度な引き抵抗も確保できて使いやすい!釣り始める前はマイクロベイト対策にブレード、と考えていましたが、エリアでキスが釣れていればこのサイズのルアーも選びやすいです。よく飛ぶ、ゆっくり引ける、引き抵抗はそれなりと使いやすいのでおすすめですよ!

遠投+ボトムを意識!

やや荒れなら深いところをやりたい、と考えて、遠投+ボトムの釣りからスタート。まわりでは既にヒラメをあげている方がいて、気配は十分です。横に歩き続けながら釣るのは難しい状況だったので、サーフを歩いて入れそうな場所で少し投げて状況をチェック。少し引き抵抗が強いと感じる場所を見つけ、今回はその場所で粘ってみることにしました。

痛恨の2バラシ!

明るくなったあたりでヒット!

サーフ

5月末ともなれば日が出る時間は4:30前後、5時前の段階であたりが明るくなり始めます。このタイミングでフラッシングの効果が出てきたのか、魚がちょうど動き出したのか、巻き途中に違和感を感じてアワセると魚の手ごたえ!穂先がグングンと引き込まれる感覚、アワセた時の重みからこれはヒラメかなーと期待感に胸を膨らませましたが、回収途中でグっと巻きが停止。これが冒頭でご紹介した、海藻ボールへのスタックでした。薄暗く存在を確認しにくかった、というのはありますが、実はこの引っ掛かり方は初体験。こういうことが起きる、という意識が希薄で、警戒していなかったんです。沖側の波にもまれた海藻ボールが道糸に乗ってきた、というような引っ掛かり方で、おそらくヒラメは宙づり状態。ジワジワテンションを掛けたりしてみますが、なんともならず、ルアーは回収できたんですが、戻ってきたのは千切れた海藻だけでした。残念!余裕をもって海藻ボールを確認できれば、回収コースをずらすなど工夫で回避できた可能性もありました。連載のこともあってかなりがっくり、リーダーを触ったりしながら少し休憩です。

2発目はフックアウト・・・

2発目も同じ場所、同じルアー「オフベイト」でのヒットです。これもボトムをタダ巻き中にガッときてアワセ!今度はティップをガンガン叩くような感触、これはマゴチかな、と頭に浮かんだあたりでフッとテンションが抜けて、フックアウトしてしまいました。フックが掛かりにくい位置にバイトしたのか、フッキングパワーが足りなかったのか、これはときどき経験していたことですが、1回目のバラシがあっただけにこれもかなりがっくり。アワセは入れていたつもりでも、もっと思いっきりやればよかったと後悔だけが残ります。遠投するし釣れる魚は口が硬いしで、フッキングはワンテンポ遅れてもしっかりやる方がいい!ヒラメもマゴチもすぐ離すタイプの魚ではないので、後悔の無いようにアワセたい、と思っているんですが、分かっていても咄嗟にやって失敗する、というのが難しい。悔しさをバネに夏のサーフに再挑戦決定です!

本番は6月中旬!

シラスが入れば大チャンス

サーフ

今回出かけた釣り場は、昨年からときどき釣りに出かけているポイント。昨年はシラスを追いかけてきた小型の青物に交じって、いいサイズのアジを狙えるパターンがありました。ルアーはブレード系、サーフロッドでギリギリ投げられる範囲のマイクロジグを使用。シラスもアジもヒラメやマゴチのベイトになるので、このタイミングのサーフは非常に釣りやすいです。梅雨時期でどの程度できるかわかりませんが、今回のリベンジを兼ねて出かけてみたいと思います!

地域ごとのパターンは要チェック!

前項でご紹介したパターンは本州中部、サーフベイトパターンのごく一部です。年によって時期にずれがあるのはもちろん、地域によってもタイミング、接岸するベイトには違いがあります。イワシが打ち上げられているような状況はわかりやすいですが、海を目で見てシラスを確認するのはほぼ不可能で、釣ってあとから答え合わせとなるケースがほとんど。青物やアジ、小鯖、カマスなど、小型のフィッシュイーターがいればチャンスなので、小さなルアーも混ぜながら遊んでみるのがおすすめです。確認できれば戦略に幅が出て釣果アップ!知っていれば翌年からは確認せずに試せる点も大きいです。キスサイズのルアーとローテーションして、春のサーフを攻略しましょう!

釣りに出かけてリフレッシュ!

サーフで遊ぶと気分が晴れる!

サーフ

晴天で波も穏やか、という日は選べませんでしたが、サーフでロッドを振るだけでも気分は晴れやか。釣り場が選べず釣果も伴わずという内容でも、砂浜を歩いたり引き波を受けて、少し疲れた身体で帰るのは気分がいいです。釣りに行けない日々が続いてストレスが溜まっている方はぜひサーフへ!まだまだ入りにくいところが多いので、いくつかポイントを回って、気持ちよく遊べる場所で釣りを楽しんでください!

連載が気になる方はこちらもチェック!

連載が気になる方は、下記のリンクをチェック!今季おすすめのサーフ系アイテムインプレまとめ、春の釣りにおすすめのブレードルアー「ブレードベイト ネクストスピン」の記事をご紹介します。「ブレードベイト ネクストスピン」は引き抵抗が少々重め、ラフコンディション続きで出番がうまく作れていませんが、シラスが入れば活躍間違いナシ!小型青物、マゴチに対しても効果のあるルアーなので、こちらもぜひ合わせてチェックしてみてください!

【連載】久々のサーフ!釣りライターが今季選んだ釣り具のインプレをまとめてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【連載】久々のサーフ!釣りライターが今季選んだ釣り具のインプレをまとめてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
連載第15回!今回は今季投入の気になるリール、サーフルアーのファーストインプレッションをまとめてご紹介します。「20 ツインパワー」も実践投入!晩春に向けて準備万端!気になるサーフアイテムのインプレをまとめてチェックしましょう!
【連載】春のヒラメ釣りにブレード!某テスターに教えてもらったおすすめルアーをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【連載】春のヒラメ釣りにブレード!某テスターに教えてもらったおすすめルアーをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
連載第4回!今回は釣りフェスティバルでテスターさんに教えてもらった春のヒラメ釣り向けルアーをご紹介します。マイクロベイト対策なら、ヒラメにもスピンテール!ワームボディの個性派スピンテールで、春のヒラメをゲットしましょう!
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking