検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

脱初心者!サーフィンテイクオフが上達する14つのコツと練習方法を大公開!

サーフィンテイクオフとは、サファーが波に乗るタイミングのことを言います。サーフィンをやっている人の間の中に、テイクオフを制する者は、サーフィンを制すると言われているほどであります。テイクオフは、基本でありコツがあります。テイクオフのコツなど練習法を紹介します。
2020年8月28日
MINTO

サーフィンのテイクオフとは、一体何?

テイクオフとは?

テイクオフとは、サファーが波に乗る瞬間のことを言います。正確にいうと、寝そべった姿勢で、パドリングしながら勢いをつけていき、その波の勢いに乗って立ち上がった時がテイクオフと言います。テイクオフとは、パドリングに次ぐの基本的なことで、サファーは、波に乗る乗り方が非常に難しいと言われております。まず、ここでは、サーフィン初心者の方でも、わかりやすく、練習方法を紹介していきます。テイクオフを上達し、楽しい波乗りを楽しめるようになるはずです。


パドリングとは何か?

パドリングとは、動かすや漕ぐというサファー界の業界で言われております。サーフィンのパドリングは、通常の歩行と同じで、ショートボードやロングボードなどは、腹ばいになって手でパドルをしていきます。サファーが海上での移動は全てパドリングをしていきます。サーフィンをするにあたり、波を追いかけたり、波の勢いにあわせたりして、速度アップしたり、しなくてはならない練習が必要です。人間が歩くのと同じで、サファーが波の乗り方をトレーニングするのが、パドリングです。

サーフィンのテイクオフの必要性は?

波が自分の前にきたら、力一杯パドリングをして、ボードが滑り出すその瞬間を逃さずに、ボードの上に立ち上がり、ボードの上に立つだけであれば、回数を重ねていけば、個人差はありますが、ある程度はできるようになるはずです。しかしながら、もっと上を目指すとなると、ライティングなどを全体的なことを考えた場合は、ボードの上に立つだけでは、レベルアップが難しいはずです。レベルの高いライティングなどをするためには、当然質の高いテイクオフを必要なはずです。テイクオフの基本的な上達、練習法を紹介していきます。


サーフィンのテイクオフの上達のコツ1

目線を意識する

テイクオフを成功するには、まずは目線を意識するのが、上達の秘訣であります。波を捕まえるためには、パドリングするときには、顔を上げて、波の先を見ていきます。目線を下にしてしまうと、フラつきの原因となり、速力が落ちてしまいます。進みたい方向へ目線を意識し、なるべく遠くを見ます。テイクオフだけではなく、サーフインをするあらゆる場面で、応用利きますので、目線の意識は、注意するようにすることをおすすめします。

サーフィンのテイクオフの上達のコツ2


サーフボードに手を添える

テイクオフで、手の付き方も重要と言われております。レールを手で握ると、体が力んでしまい、ボードの余分な力が掛かってバランスが崩れてしまいます。手は、デッキのレール側に添える姿勢が良いはずです。手は、胸と腰の間あたりに置き、前過ぎても、後ろ過ぎても良くなくて、手の理想の位置は、胸の少し下の方がよろしいはずです。バランスをとる動きにも、臨機応援な対応が可能となります。うまく手をつければ、上体が程よく置き、足を出しやすい姿勢にもなります。

サーフィンのテイクオフの上達のコツ3

立ち方のタイミング

立ち上がるタイミングは、サーフボードが滑ってからとなります。特にサーフィン初心者によくあるのですが、立ち方だけに意識をとられる方が多く、サーフボードが滑り出す前に立ち上がる人も、少なくないはずです。まずは、落ち着いて、波にスピードとウネリを意識します。徐々に波からののパドリングを続けることが大切となります。焦ってテイクオフするのではなく、パドリングしなくても、サーフボードが滑っている状態になったタイミングで、テイクオフをするのが良いタイミングとなります。

サーフィンのテイクオフの上達のコツ4

前足を胸に引きつけるタイミング

サーフボードがうまく滑り出しになったら、テイクオフの準備となります。大切なのが、寝そべっている姿勢から、スタンディングへのスムースな重心への移動であります。パドリングしている状態で、みぞおちにある重心は、手に移動した後で、足に映ります。サーフボードに手を添える、腕を伸ばす、前足を胸に引きつけておきます。すぐに立ち上がるのではなく、前足を胸に引きつけるようにすることが1番のポイントであります。

サーフィンのテイクオフの練習のコツ5

膝は軽く曲げたままの姿勢に

サーフィンは、テイクオフを完成させてからが、始まりと言われております。波の上を綺麗に乗る乗り方は、美しく、周りのサーファからも注目の的になるはずです。変化をする波に合わせて、行動を繰り出し、膝を曲げ、保っていきましょう。立ち上がるより、中腰でいるくらいの感覚となります。棒立ちになってしまうと、ターンが上手くいきません。波の変化に対応して、波の乗り方は、難しく、ひっくり返ることもあるくらいです。

サーフィンのテイクオフの上達のコツ6

パドルで波のスピードに合わせる

テイクオフを成功させるためには、パドル力をなどをトレーニングする必要があります。テイクオフを上達にするには、波のスピードに板が進むようにスピードを合わせる、トレーニングが必要とされております。例を挙げると、波が100の速さで迫ってきているのに、パドル力の力が弱く、進む速さが20だとすれば、波のに置いていかれるため、テイクオフがうまくできないのです。初心者の方は、パドル力をトレーニングし、パドルして板のスピードを上げることが重要なのです。

サーフィンのテイクオフの上達のコツ7

ピーク時に波を待つ

テイクオフするには、パドル力もトレーニングする必要もありますが、パドル力が、レベル上がってきて、上達しても、波を待つ場所が悪ければ、テイクオフは成功できないと言われております。波の力が発生しない場所で波を待っていても、テイクオフのトレーニングには繋がらないのです。波のピーク付近では、サーフィン初心者が待っていても、波の乗り方の練習はできないです。波のパワーポイントに近い場所で、波を待つことが、初心者サーファーのテイクオフがトレーニングできる秘訣であります。

サーフィンのサーフボードの種類と選び方

3種類のサーフボードのタイプ

サーフボードには、ショートボード、ロングボード、ファンボードの3種類のボードがあります。ショートボードは、中級者〜上級者向けのサーフボードとなります。コントールもしやすいボードとなりますので、立ち方もや技に自信がある方におすすめです。ロングボードは、初心者〜上級者まで、幅広い方に使用されており、初心者で波の乗り方の練習にもおすすめです。ファンボードは、ショートボードとロングボードの中間の長さのサイズです。ここでは、ロングボードとショートボードでのテイクオフの上達法を記載していきます。

ロングボードのテイクオフ上達のコツ1

陸で立ち方の練習をしよう

初心者の方で、ロングボードを抱えながら、急に海に入る方もいて、サーファーなら海で波の乗り方の練習をしたいというのもわかりますが、まずは基本姿勢などを見直したり、陸で何回か立ち方の姿勢を練習するだけでも、上達が早いと思われます。陸なら海のように水面が揺れていないので、バランスの練習にもなるかと思われます。陸なら、自分のタイミングで行われるので、立ち方の練習におすすめです。海に入る前に、動画を見ながら家で、やってみるのもおすすめであります。

手を付く場所は、胸からお尻に

ボードに手をつく場所は、胸の横からお尻の間位が丁度良いと言われております。初心者の方で、手に置く場所が上すぎる人もいるので、注意が必要です。手を置く場所を胸より下に手をつくのがおすすめです。キレイに上体が起こせることが、自分で自分でもわかるはずです。

ロングボードの上に手をつく

上達する前の方で、よく見かけられるのが、ロングボードのレールを掴んでしまう方がいますが、掴んでしまうと、手がうまく動かなく、うまく立てなかったりします。ロングボードの上に立つことを意識するようにすることがいいはずです。

ロングボードのテイクオフ上達のコツ2

上体を起こす時は、胸を反らす

手をついたら腕を伸ばしながら、胸を反らして上体を起こし、胸を反らして、上体を起こすと、頭が上がり周りも見えやすくなります。お尻が上がってしまうと、頭が下がってしまい、視界も悪く、立ちづらくなってしまいます。つまり正しい姿勢は、胸を反らすと、頭が上がるので、周りも見えるので怖く無いはずです。

後ろ足から先に出す

胸を反らし、しっかりとお尻を上げたら、足を出すためのスペースを作っていきます。自分のスタンスの後ろ足から、先に出して行きます。前足から、先に出すと、体の姿勢が前に言ってしまい、後ろ足が出しづらくなります。後ろ足から出すと、更に上体が起きたら、立ち上がりやすくなるのです。

立ち上がったら膝を入れる

サーフィンは、ロングボードの横に立ち、横乗りスポーツと言われております。実際は、サーフィンは、体の姿勢は、進行方向を前に向いて前を向いて行く必要があります。後ろ足の膝を中に入れて、両膝とも前向けの姿勢にします。真横向きに立って、ガニ股だと立ってから、動きにくくなります。膝を入れて、前を向くことを意識して動きましょう。

ロングボードのテイクオフ上達のコツ3

立ち上がったら姿勢を低くする

出来るだけ、姿勢を低く維持していきます。姿勢を低く保つ乗り方は、ロングボードの上での安定感が高くなります。姿勢を低く保つことで、ロングボード上での安定感が強くなります。姿勢を低く保つことを意識しながら、しゃがみこみをするくらいのイメージを保つことを意識しながら、トレーニングしてみることをおすすめします。

ロングボードのテイクオフ上達のコツ4

スープのテイクオフ

スープのテイクオフというのが、おすすめのトレーニング方法でもあります。スープとは、崩れた後の白波と言われております。スープでのトレーニング方法は、特に初心者の方におすすめな練習方法です。水が浅く、足が届く場所で、小さくなったタイミングの波で、可能であり、スープはロングボードさえ勝手に押してくれます。サーフィン初心者にとっては、ロングボードに寝そべるのも難しいはずですので、足が届く場所なら、安心して練習することができるはずです。スープのメリットを簡単にまとめておきます。

スープのメリット

初心者にとって、足が届く場所なら溺れる必要もなく安心してトレーニングができたり、スープの練習なら、波が小さくなった場所、つまり怖くない場所でトレーニングも可能となります。スープに押されるだけなら、ロングボードに寝ている乗り方でも、波に乗ることが可能となります。スープで、サーフボードが波に押された乗り方を覚え、体で覚えるやり方がおすすめです。

無理してでもやる必要はないスープ

サーフィン初心者にとって、スープのテイクオフは、立ち方や乗り方のトレーニング方法が、非常におすすめですが、必ず初心者が必要かというと、そういうわけでないです。スープでのテイクオフの練習方法は、足が届く場所で、安心してテイクオフが出来るトレーニングの一つだと覚えておけば良いはずです。

ショートボードのテイクオフ上達のコツ1

ショートボードの立ち方のスタンス

ショートボードで、テイクオフする方法を解説していきます。テイクオフの際のショートボードの立ち方ですが、後ろ足は、テールに残すようなイメージを忘れないようにすることが大事です。波に乗ろうという気持ちが強く出てしまい、本来置くべき足の位置より、前に置いているサーファーも多くいますが、立ち方の姿勢は重要ですので、後ろ足は、テールに残すようにすることが大切です。

ショートボードのテイクオフ上達のコツ2

ショートボードでは、前膝を胸で抱える

前足は、立ち上がるより、胸に膝を素早く引き付けるような姿勢にします。パドリングのタイミング時に、重心を取って、みぞおちあたりの位置へ、前足をスムーズに移すことが出来ます。膝を曲げている立ち方を、維持をしていくの大切と言われております。

ショートボードのテイクオフ上達のコツ3

波待ちのタイミング

ショートボードは、スピードの加速が速いので、ピークの周辺で波待ちをすることをおすすめします。いい波が来たら、ピークのタイミングに向かって、パドルをしていきます。パドルをしながら、テールを波に押し上げてもらうことが大切であります。ご自身のこれだという波での立ち方のタイミングは、テールに持ち上がった瞬間に、サーフボードに立ち上がり、前足に体重をかけて、一気に波に乗る乗り方です。

サーフィンのテイクオフをマスターしよう

テイクオフを成功をさせよう

サーフィンをやり始めは、わからず、大変かもしれませんが、最初は誰でも初心者なはずです。ですが、ここでお伝えした基本的なことをしていけば、テイクオフは上達していき、プロのサーファーとしても仲間入りも夢ではないはずです。練習を継続をしていけば、個人差はありますが、テイクオフのコツをマスターできるはずです。ご自身の愛用のロングボードもしくは、ショートボードを持って、楽しいサーフィン生活を満喫しましょう。

サーフィンのテイクオフを練習する場所が気になる方は、こちらをチェック

日本国内には、おすすめのサーフィンスポットがありますので、これを機会に色々な海に行って波を楽しんで、自分のあう海で波の乗り方を練習をするのもありなはずです。ショートボード、ロングボードを持って、色々な場所でも波の乗り方のトレーニングをして、経験値やレベルアップをして、サーフィンを楽しむことをおすすめします。