ヒルバーグのおすすめテントTOP10!特徴や口コミを比較!新作も見逃せない!

ヒルバーグのおすすめテントTOP10!特徴や口コミを比較!新作も見逃せない!

スウェーデン生まれの高品質なテントを販売する人気ブランド「ヒルバーグ」。ヒルバーグには高山植物しか生えないよう過酷な場所からキャンプ場のような低地まで使いやすいテントがたくさんあります。そんな人気ブランドからおすすめのテントを紹介します。

記事の目次

  1. 1.ヒルバーグとは
  2. 2.ヒルバーグのテントの特徴
  3. 3.ヒルバーグのテントの選び方1:種類について
  4. 4.ヒルバーグのテントの選び方2:テント選びの基本
  5. 5.ヒルバーグのおすすめテント10:待望の新作
  6. 6.ヒルバーグのおすすめテント9:軽量なソロ用
  7. 7.ヒルバーグのおすすめテント8:軽量で2ドア
  8. 8.ヒルバーグのおすすめテント7:広く軽い
  9. 9.ヒルバーグのおすすめテント6:万能なテント
  10. 10.ヒルバーグのおすすめテント5:冬でも使えるソロ用
  11. 11.ヒルバーグのおすすめテント4:万能テント
  12. 12.ヒルバーグのおすすめテント3:出入りしやすい
  13. 13.ヒルバーグのおすすめテント2:ベースキャンプに
  14. 14.ヒルバーグのおすすめテント1:低地高地に対応
  15. 15.ヒルバーグの人気テントのまとめ

ヒルバーグとは

北欧のハイエンドなテントを展開するブランド

ヒルバーグはスウェーデン生まれのハイエンドなテントを展開するメーカーです。スウェーデンの厳しい自然の中で使えるテントを発売しどの種類でも高スペックになります。フラグシップモデルだと日本のキャンプ場では間違いなくオーバースペックになるモデルもありますが人気です。オーバースペックとは湿度や気温などの理由により高木が生えなくなる森林限界地の山岳や氷と雪に覆われた場所で活躍するプロ向けのテントのことです。

高品質で長く使える

流行りの2ルームテントのように快適で大きいというわけではなく、シンプルに前室と寝床だけの小型のテントが多いです。さらに価格面では、大型テントと同等の価格になります。値段だけで判断すると非常に高価なテントですが、ヒルバーグのテントには独自素材が使われていて他社のテントと比較してもずば抜けて強度が高いです。初期費用は非常にかかりますが、末長く使えることを考えるとコスパも悪くありません。

ヒルバーグのテントの特徴

生地がすごい

Photo by yhy_jp

ヒルバーグのアウター(フライシート)にはポリウレタン(PU加工)ではなくシリコン加工が採用されています。これだけでも珍しいのですが、シリコン加工を施した特殊な生地「ケルロン」を採用していて、一般的なテントよりも強度が最大で6~7倍にもなると言われていますよ。強度が異なるケルロンがヒルバーグのテント全種類に採用されています。独自素材で強度があるところが口コミでも評価されていて日本でも人気です。

口コミで加水分解しないところが人気

Photo by zunsanzunsan

オーバースペックになる高性能なテントだけならあまり人気が出なかったかもしれません。というのもヒルバーグのテントは非常に高価です。それでも口コミがたくさんあったり、人気たったりするのは一般的なテントで採用されているポリウレタンではなくシリコンを使った防水加工だからです。ポリウレタンは水分により劣化しますが、シリコンは水と反応して劣化しにくい素材です。強度の面でも、経年劣化の面でも独自素材が役立ちます。

口コミで人気の独自の構造

素材だけではなく独自の構造も人気の理由の一つです。小型テントでもドアバンドとグラウンドストラップがついていてしっかりポールが弧を描くように張力をキープし出入り口の形が崩れなくなります。これによりスムーズにアクセスできます。ポールはスリーブに通すようになっていて設営しやすくフライシートとインナーの間にしっかり空間ができ結露に強いです。このような細かなところまで作り込まれていてるところが人気です

ヒルバーグのテントの選び方1:種類について

種類で選ぶ

ヒルバーグのテントは外見だけでは似たテントが多く、違いが分かりにくいです。そこでレーベルを確認してみましょう。レーベルによりテントの種類や素材が分けられていて、すぐに特徴が把握できますよ。口コミでもブラックレーベルのテントやレッドレーベルのテントというふうにレーベルで選ばれています。レーベルの種類は人気の軽量特化モデルから4シーズン使える安定性のあるモデル、ハイエンドなモデルなど全部で4種類あります。

種類の紹介

ブラックはどんな場所でも使える全天候型テントです。最も強度の高い素材が使われている種類となります。レッドは軽量な作りですが、強度もある素材が使われている種類です。イエローは軽量で持ち運びやすいことを重視した種類です。その分強度が少し落ちる素材が使われていますよ。ブルーは大型シェルターや大型テントなど少し用途が限られるものになり、「スタロンXL」は14人も利用できる超巨大テントです。

ヒルバーグのテントの選び方2:テント選びの基本

人数で選ぶ

Photo by onohiroki

どのレーベルでも使用人数が異なるテントがたくさんあります。人数での選び方とはソロキャンプなら2人用でゆったり使うか、持ち運びやすさや軽量な点を重視してソロ用を選ぶかということです。ヒルバーグのテントも他のテントと同じように荷物を格納することを考えて使用人数より1人分多く考えたほうが快適ですよ。例えば2人でキャンプに行く場合は3人用を利用する、ソロでも前述したように1~2人用を利用するといいでしょう。

素材で選ぶ

一般的なテントの選び方としては耐水圧や生地の厚み、素材などからも選びますがヒルバーグは前述したようにレーベルで素材が分けられています。全種類で共通しているのは、韓国のDAC社製の金属ポールを採用し、設営が簡単になる工夫が施されています。また防水加工コーティングの種類も大切になり、前述したように加水分解で劣化していくポリウレタンではなく加水分解に強いシリコン加工が使わているところも評価が高いです。

ヒルバーグのおすすめテント10:待望の新作

新作「アナリス」

出典: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/aandfjp/hilleberg/web/2016ss/product/1600/Hilleberg-AnarisRed.jpg

2020年の新作テントとして「アナリス」が発売されます。ヒルバーグのテントは製品として完成されたものが多く新作が発表されること自体珍しいですよ。新作のアナリスはイエローレーベルということで軽量で通気性のいい暖かい時期におすすめのテントになります。設営はトレッキングポールを使うことから通常のキャンプではなく登山やトレッキングを楽しむ方に向いている特徴があります。

非常に軽い

Photo bySponchia

新作のアナリスは2人用のテントですが、重さはわずか1.4kgしかありません。他社の2人用テントと比較すると非常に軽量です。新作ということでランキングにはまだ入っていませんが、軽量なテントランキングがあると間違いなくランキング上位に入る軽さです。ランキング同様に口コミもまだありませんが、人気ブランドの待望の新作ということで心待ちにしている方も多いです。

通気性抜群

新作の特徴はインナーがフルメッシュにできフライシートも完全に広げられ、風通しが抜群にいいです。まさに日本の夏におすすめの製品です。夜はフライシートをフルクローズすると他社のフルメッシュインナーのテントと同じ特に寒いということもありません。またインナーを外しフライシートだけで使うと小型のシェルター(タープ)としても利用でき、インナーを使わない分さらに軽量化できます。

ヒルバーグのおすすめテント9:軽量なソロ用

ニアック

ヒルバーグ ニアック テント 2人用(Hilleberg Niak) 本体 - サンド [在庫有:5月19日頃お届け]

楽天

軽さと通気性を重視したモデルのイエローレーベルから発売されているソロキャンプにおすすめのシンプルなテントがニアックです。新作はトレッキングポールで設営しますが、ニアックはアルミポールを使うオーソドックスなタイプです。サイズは二人用ですが、他の二人用のテントと比較すると、出入り口が一箇所のため複数で使うと使い勝手がやや悪くなると公式HPでも書かれています。そのためソロキャンプにおすすめです。

初心者でも設営しやすい

軽いだけではなくニアックには、シンプルな構造のため設営方法がわかりやすく、すばやく設営できるという特徴があります。またインナーとフライシートが一体化されているため設営がさらに簡単です。バックパックに収納でき登山などでも利用しやすいテントはすばやく簡単に設営できる点も大切です。

口コミ紹介

ベーシックなドームテントと同じような形状をしているため扱いやすいテントです。ソロ用テントランキングにランクインしてもいいぐらい快適ですよ。軽さと強度を評価する口コミ、レビューが多いです。軽量なモデルでも引き裂きに強い特殊素材のKerlon1000ファブリックが使われていて一般的なテントとより丈夫です。

こちらは前室付きで軽量。しかも広くなって2人でも使用できます。軽量モデルでも生地はケルロンを使用し耐久性に抜かりはありません。インナーとフライが一体化しているので悪天候の設営、撤収が本当に楽ちん。

ヒルバーグのおすすめテント8:軽量で2ドア

ルーガン

ヒルバーグ ルーガン2.0 HILLBERG ROGEN 2.0 テント 2人用テント 3シーズンテント ドーム型テント 宿泊 テント泊アウトドア

楽天

軽量で風通しがいいという特徴があるイエローレーベルから発売されているルーガンは2人用テントです。ニアックと比較すると出入り口が2箇所あり前室も2箇所あり非常に使い勝手のいい構造をしています。その分少し重いです。フルメッシュではなく、標準的なインナーを装備していて春~秋までの3シーズン使える人気テントですよ。出入りしやすいことからソロではなくデュオでのキャンプにおすすめです。

フルメッシュインナーがある

付属の標準インナーでも、フライシートを巻き上げることで出入り口から風が通り抜けるデザインになっていて、熱がこもる夏期でも使いやすいですが、さらに使いやすくなるオプションとしてフルメッシュインナーも発売されていますよ。標準インナーと比較すると出入り口以外の部分からも風が通り抜けるため熱がこもりにくく、メッシュなので軽量です。

ヒルバーグのおすすめテント7:広く軽い

アンヤン3GT2.0

ヒルバーグ アンヤン3GT 2.0 HILLBERG Anjan 3GT 2.0 テント 3シーズンテント 宿泊 キャンプ泊 イエローレーベル アウトドア <2020 春夏>

楽天118,800円

アンヤンはイエローレーベルの中で大きいテントなります。通常モデルと比較するとGTモデルは3人用のアンヤンよりもフライシートが大きくなり、前室が広く使いやすくなった種類です。通常モデルより前室が広いため3人分の荷物を収納しやすいです。前室が大きいですが、構造自体は近年流行りのトンネル型と同じようになっているため初心者でも簡単に設営できます。

特徴が多いテント

出典: https://image.rakuten.co.jp/canpanera/cabinet/item25/item_h17022_3.jpg

アンヤン3GT2.0は3人用と比較的大きく、全室が拡張された構造です。前室の広さは190cm×160cmもあります。また出入り口は横だけではなく、正面をまくりあげられ荷物の入れ方によって使い分け可能です。設営がしやすいトンネル型のような構造をしていて初心者にもおすすめですよ。軽量なイエローレーベルということで重さは2.3㎏しかありません。

ヒルバーグのおすすめテント6:万能なテント

アラック3

ヒルバーグ アラック3 HILLEBERG ALLAK 3 12770199 テント キャンプ アウトドア <2020 春夏>

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天162,800円

レッドレーベルの特徴は平地などの穏やかな気候だと冬でも対応できる特徴があります。アラック3は比較的軽く、自立式のためどんな場所でも使いやすいです。フライシートにスカートはありませんが、積雪時でもフィールドでの家としてしっかり役目を果たしてくれますよ。前後に出入り口があり換気しやすく、インナーの丈夫にはベンチレーションもあり、冬期に発生しやすい結露対策もきちんとしています。

工夫が豊富

出典: https://image.rakuten.co.jp/canpanera/cabinet/item50/item_h17032_4.jpg

日本のブランドはフライシートと地面の間に隙間がありますが、アラックは隙間がないためスカートが不要です。またベンチレーションから外の様子を伺えるようになっていたり、ベンチレーションの上に小さいフライシートがあり結露がベンチレーションからインナー内部に侵入しない工夫がありますよ。一見するとドームテントですがポールを3本使用しているため2本のポールを交差させて設営するテントと比較すると頑丈です。

ヒルバーグのおすすめテント5:冬でも使えるソロ用

アクト

ヒルバーグ アクト テント 1人用(Hilleberg Akto) 本体 - グリーン(013811) [在庫有:5月19日頃お届け]

楽天69,800円

寝るスペースとわずかに荷物置き場があるソロ用テントです。広くゆったり使えるテントではなく必要最低限のスペースがあればいいという方におすすめです。ビビィバッグよりも快適に過ごせますよ。イエローレーベルのように軽さに特化していますが、レッドレーベルから発売されているためオールシーズン使え強度も高いです。軽量なテントランキングがあると新作と同様にランキングに入るような極めて軽いテントです。

イエローレーベルのように軽い

軽量特化のイエローレーベルと比較すると少し重たくなりますが、雪上キャンプもできる4シーズン用で1.7kgしかありません。ヒルバーグの品質で作られたビビィバッグのようなもので信頼性が高いですよ。4シーズン使えなおかつ非常にコンパクトに収納でき、持ち運びしやすいテントです。

口コミ紹介

小さいですが、空間を無駄なく有効活用した構造です。口コミでも形状に対して高く評価されていますよ。インナー内部にも少しだけですが、荷物を置くスペースがあります。

ヒルバーグのおすすめテント4:万能テント

カイタム4GT

ヒルバーグ カイタム4 GT HILLEBERG KAITUM 4 GT テント 4人用 アウトドア <2020 春夏>

楽天

大型のトンネル型テントのように広い前室と4シーズン使える強度を兼ね備えつつ軽めのテントがカイタムシリーズです。前後にベンチレーションがあり出入り口を閉めていても風通しを確保できますよ。また出入り口、ベンチレーションは前後あるため風通しも非常にいいです。また夏の暑い日は前室部分を巻き上げると、さらに通気性が増します。4人用ですが、トンネル型のためどこでもすばやく設営可能です。

汎用性の高いテント

出典: https://image.rakuten.co.jp/canpanera/cabinet/item25/item_h17013_3.jpg

南極のような厳しい環境で利用しないという方はレッドレーベルのほうが、買いやすく使いやすい汎用性の高いテントとなります。一般的なテントと比較すると高さは低めですが、3~4人で使いやすいサイズ感となり前室の広さは2ルームテントのように広く、ファミリーキャンプにもおすすめです。高さが低いことはデメリットのように思えますが、風に対する強度が期待できます。

ヒルバーグのおすすめテント3:出入りしやすい

ナロ

送料無料ヒルバーグHILLEBERG Nallo4ナロ4 Tent テント 4人用 日よけ てんと イベント アウトドア キャンプ キャンプ用品 キャンプ バーベキュー タープテント テント 並行輸入品

楽天

ナロはレッドレーベルから発売されている2本のポールで設営するテントです。ヒルバーグのテントは出入り口が下がっているものが多いですが、高いポールが正面に来るため出入りしやすくなります。全室も確保されていて荷物置き場、悪天候のときには前室で調理も可能です。ヒルバーグのテントの中では珍しい形状をしていますが、ドアバンドとグラウンドストラップなど細かな所までヒルバーグの他のテントと同じように作り込まれています。

空気の流れがある

前方にベンチレーション、後部はフライシートを張り方を調整することで地面とフライシートの間に隙間ができ換気できるようになります。雪上など寒い時期は隙間を閉じて設営もでき4シーズンきちんと使えるマルチなテントです。オプションにはフルメッシュインナーもあります。

口コミ紹介

ナロは入り口部分が高いため出入りしやすい、作業しやすいという魅力があります。ヒルバーグの他のテントは入り口が低くなるデザインになるため高さが気になるという方はナロがおすすめです。全室が拡張されているGTモデルは低くなっているので注意してくださいね。

ヒルバーグのおすすめテント2:ベースキャンプに

サイタリス

送料無料 HILLEBERG Saitaris サイタリス 並行輸入品 Tent テント 4人用 日よけ てんと イベント アウトドア キャンプ キャンプ用品 キャンプ バーベキュー タープテント テント

楽天

ヒルバーグのフラグシップモデルのブラックレーベルとなり、日本の単なるキャンプではオーバースペックになるような高品質なテントです。素材も他のレーベルよりも頑丈なものが使われています。もし頑丈なテントランキングがあるとするとブラックレーベルのテントはランキング上位に入ってくるでしょう。ブラックレーベルの中でもサイタリスは居住スペース部分のポール交差箇所が多いため非常に強度が高く前室も広いです。

ベースキャンプにおすすめのテント

ファミリーキャンプ用のテントだけではなく極地、森林限界地になる高所の登山などのベースキャンプ用テントとしてもおすすめです。ポールが多いと設営が難しく思えるかもしれませんね。しかしブラックレーベルは厳しい環境で設営することも多く、悪天候でもすばやく設営できるように工夫が施されている特徴があります。またペグが打てない場所でも簡単に設営できる自立式です。

ヒルバーグのおすすめテント1:低地高地に対応

ナマッジ3GT

【20日は楽天カードでポイント14倍】ヒルバーグ ナマッジ3GT サンド 12770017116003

楽天

ナマッジもフラグシップモデルとなる頑丈なテントです。サイタリスと同じように頑丈なテントランキングがあると上位に入り込むようなテントです。またヒルバーグの人気テントランキングだと3人用テントの中ではナマッジが1位になると言われています。特徴は一般的なキャンプ場から、高山でベースにしたりと低地から高地まで対応するテントです。総重量は3人用で広い前室がありますが、4.1kgと軽めです。

重さと強度のバランスがいい

簡単に設営できる構造、強い引き裂きに対する強度を保持したまま登山でも使える重さです。これによりバックカントリースキーや高地でのベースキャンプでも使いやすくなっていますよ。ナマッジは車や飛行機で行けない「極地」の探検隊などが愛用するテントのため強度とともに持ち運びやすさも重視されています。前室が拡張されているGTモデルでも通常モデルと同じように、持ち運びやすさと強度のバランスがいいです。

ヒルバーグの人気テントのまとめ

高機能なテントばかり

出典: https://image.rakuten.co.jp/canpanera/cabinet/item25/item_h17015_4.jpg

ヒルバーグのテントは人気テントランキングにランクインしそうな高機能なテントばかりです。シリコン加工で加水分解しない点も高く評価されていますよ。種類が変わりやすくさまざまな環境で使えるテントですが、日本の一般的なブランドと比較するとテントの価格が高いです。しっかりメンテナンスして長く使わないとコスパが悪くなりますよ。逆にしっかりメンテナンスして使うと末長く使えるテントとなりコスパがよくなります。

テントが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはテントに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

マウンテンハードウェアのおすすめテント16選!世界レベルのクオリティを体感せよ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
マウンテンハードウェアのおすすめテント16選!世界レベルのクオリティを体感せよ! | 暮らし~の[クラシーノ]
マウンテンハードウェアのテントをご存じですか。こちらの記事では、軽量で便利なマウンテンハードウェアのテントを多数ご紹介しています。種類ごとの違いや自身の用途に合うグッズは何か調べたい方はぜひご覧になって、どんな特徴が評判なのかチェックしてみてください。
コスパ抜群!ケシュアのおすすめテント12選!気になる特徴や口コミをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
コスパ抜群!ケシュアのおすすめテント12選!気になる特徴や口コミをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
コスパ抜群のケシュアのテントは人気があります。種類によって特徴や形・素材なども変わってきますのでケシュアテントの特徴を比較しながらおすすめテントをご紹介していきますね。おしゃれで人気のある新作やおすすめの安いテントなどもご紹介します。
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking