【完全解決】テントの結露対策方法8つ!おすすめグッズや結露しにくいテントもご紹介!

【完全解決】テントの結露対策方法8つ!おすすめグッズや結露しにくいテントもご紹介!

キャンプをしているといつの間にかテントの内側がびしょ濡れになっていることがあります。雨が浸透したわけでもないのにびしょ濡れなるのは結露が原因。どうしたらテントが濡れなくなるのか結露を軽減する方法やおすすめグッズ、テントも紹介します。

記事の目次

  1. 1.春や冬はテントがびしょびしょになる
  2. 2.テントが濡れる理由1
  3. 3.テントが濡れる理由2
  4. 4.テントが濡れることで発生する不具合1
  5. 5.テントが濡れることで発生する不具合2
  6. 6.テントの結露対策方法1
  7. 7.テントの結露対策方法2
  8. 8.テントの結露対策方法3
  9. 9.テントの結露対策方法4
  10. 10.テントの結露対策方法5
  11. 11.テントの結露対策方法6
  12. 12.テントの結露対策方法7
  13. 13.テントの結露対策方法8
  14. 14.おすすめグッズを紹介
  15. 15.おすすめテントを紹介
  16. 16.テントの結露対策方法まとめ

春や冬はテントがびしょびしょになる

外だけではなく内側も濡れる

春や冬のように朝と晩の気温が低い時期のキャンプでは、雨が降っていないのにテントの内側が濡れることが多くなります。また初夏から初秋までの朝晩を通して気温差が少なく、暖かな時期でも濡れることがありますが、すぐに乾くため気づかないことも多いです。夏は気温が高く、日差しも強くすぐに乾くのであまり気になりませんが、冬はびしょぬれになると気温が低く、日差しも弱いため撤収のときに困ることが多くなります。

濡れままでの撤収はできるだけ避けたい

キャンプではテントが家となるので大切にしたいですよね。テントは乾いた状態で撤収、保管するように心がけましょう。ポリエステルやナイロンなどの化学繊維を使ったテントには、水が染み込まないようにコーティングが施されていますが、濡れたままだとコーティングが悪くなる理由となります。ポリコットンのテントだとカビが発生する理由となり、濡れたままだとポリエステルでもポリコットンでもテントの寿命を短くしてしまいますよ。

テントが濡れる理由1

結露

Photo by mxmstryo

雨以外で最もテントを濡らしやすい理由の一つが結露です。結露とは冷たいビールを注いだグラスの表面に付く水分、冬の窓に付く水分のことです。テントがグラスや窓のようになりテントに水分が付着するため、雨が降っていないのに濡れてしまいます。テントの内側で発生するものが多いです。自然現象により水分が付着するため完全に防ぐのは難しいですよ。

結露が発生する理由1

Photo by iyoupapa

簡単にいうと温度が発生する理由となります。夏に冷たい飲み物を注いだグラスにできるのは、「暖かな」空気が「冷たい」グラスに触れることで空気が冷やされて空気中の水分が水滴として付着します。冬の窓は家の中の「暖かな」空気が外の「冷たい」空気に冷やされ付着します。キャンプで冬などの寒い時期は同じようにテント内の暖かい空気が冷たいフライシートにふれることで水滴が付着しますよ。

結露が発生する理由2

温度差がある程度ある場合でも、湿度が低いと空気中の水分が少ないためテントが濡れにくいです。テントは家屋のように天井が広く、高い換気能力がないため、人間の呼吸だけで湿度が高くなっていきます。湿度が高くなるとやはり結露が発生しやすくなりますよ。湿度と温度差が結露が発生する理由です。呼吸だけではなく地面から蒸発する水分も湿度が上昇する理由となります。

テントが濡れる理由2

夜露

Photo byFree-Photos

雨が降っていないのに外側がびっしょり濡れているということも多いです。結露は暖かい空気がある方にできるためテントだと内側にできることが多いです。外側が濡れている場合は夜露となります。夜露は霧のようなものとなり、空気中の水分がテントや車などの物体に付着する現象です。朝晩の気温差が大きい場合発生しやすくなり、チェアやテーブルなどの外に出しているキャンプ用品すべてびしょ濡れになりますよ。

夜露ができる理由

Photo by5598375

霧は空気が冷えることで水蒸気が小さな水の粒となって空中に集まっている状態です。夜露は空気が冷えることでできた水分が物体に付くことです。空気は気温が高いほどたくさん水分を含めます。気温が下がると空気に含める水分量が減り、限界を超えた水分が夜露となります。人に例えると温かい時は大きなバケツに水を入れて抱えることができますが、気温が下がると小さなバケツしか持てなくなり、水があふれてしまうということです。

夜露は防ぐのは難しい

夜露の発生する理由はテント内と外気温の温度差ではなく天候に影響されるものなので、個人で防ぐ方法というのはありません。夜露対策としては大切なギアを濡らさないように、椅子やテーブル、ランタンなどは片付けておきましょう。

テントが濡れることで発生する不具合1

いろいなものが濡れる

前述した撤収が遅れたり、水分が残ったまま片付けてしまうことでコーティングが劣化する、ポリコットンにカビが生えるという不具合だけではなく、テントの内側で発生するものなのでいろいろなものが濡れる可能性があります。雨漏りしたかのように水滴が落ちてくることもあり、カメラやタブレットなどの電子機器は水濡れ厳禁です。顔に水滴がかかり目覚めることもあります。ひどい時は水たまりができると言われていますよ。

ダウンシュラフを使っている方は注意

Photo byOpenClipart-Vectors

コンパクトで化繊シュラフと比べると暖かいことから、結露が発生しやすい冬キャンプで利用されやすいダウンシュラフは水が染み込んでしまうとロフト(厚み)が失われて空気の層がなくなり、保温性が大きく低下してしまいます。ダウンシュラフを使っている方は特に結露に注意しましょう。夜露の場合はフライシートに水分が付くだけで撥水、防水機能が十分あるテントなら中まで染み込んでくることはありません。

テントが濡れることで発生する不具合2

凍る

Photo byHuskyherz

結露が発生しやすい時期は冬が多いです。冬は結露が発生した後に気温が下がると凍ってしまいますよ。凍るとさらに撤収が遅れてしまいます。またキャンプ場に滞在している間に乾かすことが難しくなり、家で乾かす必要がありますが、ツールームテントなどの大型テントだと広大なスペースが必要になることから家庭で大きなテントを乾かすのは並大抵のことではありません。できるだけ結露を防ぐようにしましょう。

ツールームテントだと結露対策必須

ツールームテント(大型トンネル型テントやロッジ型)だとタープを張らなくても広いリビングが確保できるため人気があります。しかし結露に対して弱いです。リビング部分は構造上フライシートしかなく、内側と外気温の差が起きやすくなり、フライシートがないシングルウォールテントと同じ状態になっています。インナー部分よりも結露が発生しやすくなりますよ。冬にツールームテントを使用する時は注意してくださいね。

テントの結露対策方法1

キャンプ場を選ぶ

Photo byBrahmsee

前述したように湿度が高いときも結露が起きると言われています。また湿度が高い状態で昼と夜の気温差が大きいと夜露が発生する原因になります。キャンプ場を選ぶだけでテントが濡れることを完全に防ぐことはできませんが、湿度の高い場所、日中と夜の気温差が大きなキャンプ場を避けることである程度防ぐ事ができます。夜露はキャンプ日和の雲がなくよく晴れているときほど発生しやすくなるため特に注意しましょう。

注意したい場所

Photo by12019

霧やもやがよく発生する場所は湿度が高い場所になるため、避けましょう。川の近く、海の近く、湖の近くは湿度がある場所です。突然ですが、ゴアテックスなどの湿度を逃がす素材の仕組みを知っていますか?無数の小さな穴から湿気が排出されます。空気は湿気を帯びていると、乾いた空気の方に流れるという特徴があるからです。テントの外側の湿度が、内側より高い湖畔などではテント内に湿気が入り込み結露が発生しやすくなります。

ロケーションと地面の状態にも注意

結露は完全に防ぐことはできないものなので、撤収時の乾かしやすさに配慮した場所選びも大切です。朝日が登る東側に木や建物がないか確認して設営しましょう。また地面が濡れている、湿っている場所は避けましょう。地面から水分が蒸発し湿気が増えます。

電源付きサイトがおすすめ

冬キャンプでは電源付きサイトがおすすめです。実は電源付きサイトだと電気ストーブやセラミックファンヒーターなどが利用でき暖房だけではなく結露対策としても電気は役立ちますよ。電源サイトの利用に関しては後述します。

テントの結露対策方法2

結露しにくいテントを選ぶ

自然現象が原因のため完全に結露を防ぐことはできませんが、結露しにくいテントを選ぶという対策方法があります。結露しにくいテントとはコットンやポリエステルとコットンの混紡とあるポリコットン(テクニカルコットン)です。ポリコットンは通気性が高く、生地が分厚いという特徴があります。ポリコットンを使うと結露が少なくなるため撤収時に苦労しなくてすみますよ。

ポリコットンの特徴

Photo by12019

ポリコットンは結露しにくいだけではありません。水を吸う素材のため水滴となって落下してくるということも少なく、便利グッズを使ったり、拭いたりしなくても床がびちょびちょになりにくいです。またコットンが火に強いことから、混紡のポリコットンでも近くで焚き火しても火の粉で穴が開きにくいですよ。結露しにくい部分以外でも機能的な素材となり、これからテントを買う場合は、ポリコットンが 結露しにくいためすすめです。

テントの結露対策方法3

ベンチレーションのあるテントがおすすめ

Photo by imgdive

小型のテントにはベンチレーションがついていないものもありますが、できるだけベンチレーションがあるテントがおすすめになります。前述したように人間の呼吸だけでも湿度は高くなっていくことから、適度にテント内の空気を排出しないと蒸れてきますよ。ベンチレーションと同じようにインナーも出入り口がメッシュになるタイプが風通しがよくなるためおすすめです。通気性がいいポリコットンもベンチレーションは必要です。

ダブルウォールテントがおすすめ

Photo by km058

登山用のテントや徒歩でも使いやすいウルトラライトモデルのテントにはフライシートを必要としないシングルウォールテントがあります。シングルウォールは前述したように結露に弱い作りなので結露を少しでも防ぐという場合はフライシートがあるテントがおすすめです。フライシートがあるだけでシングルウォールと比べると結露しにくいですよ。シングルウォールでもオプションにフライシートがある場合必ず用意するといいでしょう。

ツールームテントはタープを上に張る

テントの高さにもよりますが、可能ならリビング部分の上にタープを張るといいでしょう。簡易的ですが、リビング部分がシングルウォールから、結露しにくいダブルウォールテントの構造となります。トンネル型テントはルーフフライが付属していたり、オプションにあるので装着するといいでしょう。ルーフフライがあることでタープを張ったようになりますよ。

テントの結露対策方法4

きちんと張る

Photo byBen_Frieden

テントの張り方も結露を防ぐときの大切なポイントです。ダブルウォールテントが結露しにくい理由はインナーとフライシートの間に隙間ができるためです。隙間には空気の層があり気温差が発生しにくくなるため結露が軽減できます。フライシートがピンと張っていなかったり、何らかの理由でインナーとフライシートがくっついていると結露が発生しやすくなりますよ。きちんと張るのは基本ですが、改めて確認してくださいね。

Photo byFachdozent

ロープも活用

風がある時はロープをきちんと張りますが、ない時は省略する方も多いではないでしょうか?実はロープを省略せず、正しく使うことでフライシートがピンと張れるようにインナーとフライシートの間に隙間ができやすくなります。ロープを使って引っ張らないと、雨などで濡れたフライシートがたるみインナーにくっつこともあるのできちんとロープを使いましょう。

テントの結露対策方法5

換気する

なぜ換気するのかというと結露が発生しやすい冬は、石油ストーブや薪ストーブ、ファンヒーターなどの暖房器具を使うことが多いですよね。テント内が暖かくなり過ごしやすいですが、フライシートに暖かい空気があると外の冷たい空気で冷やされ結露ができてしまいます。そこでしっかり換気することでテントの内側と外気温の差を減らし結露しにくい状態を作るというわけです。寝るときも換気するようにしましょう。

サーキュレーターなどのグッズを活用

風がない日にベンチレーションを開く、入り口をメッシュにしておくだけでは空気の流れがとどこおり適切に換気できないことも多いです。そこでサーキュレーターや小型のファンを使ってスムーズに換気できるようにしましょう。ポリコットンでも完全に結露を防ぐことはできないため同様にさまざまなグッズを活用して換気するといいでしょう。結露対策にはいろいろなグッズがりますが、サーキュレーターは必須です。

テントの結露対策方法6

グランドシートを敷く

グランドシートは水に対して強い素材が多いです。中にはポリエチレンのように傷や劣化がなければ全く通さないものもあります。グランドシートをきちんと活用することで地面から湿気がテント内に広がらないようにできると言われていますよ。前室部分、リビング部分を土間のままにするのではなく長座敷スタイルのようにグランドシートなどのキャンプグッズで覆うといいでしょう。完全に防止はできませんが簡単できておすすめです。

新聞紙を敷く

新聞紙を床部分に敷いておくというのも有効な方法です。湿度を吸うグッズのように空気中の水分を減らしてくれる効果が期待できます。新聞という身近にあるものが役立つのでおすすめですよ。利用しない場合でも着火剤の代わりとして使えるので持っていったほうがいいでしょう。ダンボールでも同じように湿度を吸う効果が期待できます。

テントの結露対策方法7

マスクの着用

Photo byhatice97erol

人間が呼吸するだけでテント内の湿度が高くなるため、できるだけテントの中で過ごさないという方法もありますが、寒い時期はやはりテントの中で過ごしたいものです。そこで呼吸による湿度の増加を軽減するためにマスクを着用するという方法もあります。少し息苦しいかもしれませんが寝るときにマスクを着用して寝てみましょう。湿度が上がりにくくなり結露防止に役立ちますよ。ポケットがあるタイプは乾燥剤を入れてもいいでしょう。

テントの結露対策方法8

冷えないようにする

暖かい空気が冷えることで水が付着します。寝るときも暖房を使って暖かくしておくと空気が冷えることなく結露が発生しにくいとも言われています。しかし結露は温度差でできやすくなるためこの方法は賛否両論があります。冷えないように電源付きサイトを利用しましょう。前述したように電源付き選ぶというのも立派な結露対策です。使用する暖房器具は電気だけを使う電気ストーブかセラミックファンヒーターにしてくださいね。

電気は一酸化炭素を発生させない

石油ストーブなど何かが燃えているストーブは空気が少ないと一酸化炭素を発生させ非常に危険です。電気だけで暖かくなる電気ストーブとセラミックファンヒーターは水蒸気も一酸化炭素も排出しないため、湿度が高くならず、恐ろしい一酸化炭素中毒にもならず安心して利用できます。一晩中暖房を入れること自体は危険性があるので可燃物の近くに置かないようにするなど、必ず安全対策をしてくださいね。

おすすめグッズを紹介

マイクロファイバータオル

おトクな5枚セット  超吸水 マイクロファイバー タオル 40cm×40cm

楽天

最後にできたしまった結露についてどうするか紹介します。フライシートにできた結露はテントを揺らすと水滴となり落ちてきます。量が多いなら揺らして落としてみましょう。表面についている水分はマイクロファイバータオルなど吸水性のいいタオルで拭くようにしましょう。あとはキャノピーなどか開閉できるところは開き風通しを良くして乾かします。電気ストーブなどの暖房器具で乾かすことも可能ですよ。

テイジン:快適ドライ

【2枚組】除湿剤 繰り返し使える

楽天

家庭のクローゼットや押し入れのための除湿グッズもテント内の湿度を下げる効果がある対策方法となります。いろいろな除湿グッズがありますが、吊るすだけで湿度を吸ってくれるシート状のグッズは使いやすくおすすめですよ。クローゼットや押し入れ用の除湿シートは吊りやすいサイズ感で、一目で交換時が分かり、使い捨てではなく天日干しで何度も使えるものが多いので経済的です。撤収時にテントと一緒に干しておくといいでしょう。

エステー:ドライペットスキット

ドライペットスキット  【420ml×3個パック】(エステー)【除湿剤/乾燥剤】

楽天

シートタイプのクッズだけではなく置くタイプのグッズもおすすめです。完全に防ぐことはできませんが、湿度を下げることで空気中の水分が少なくなり結露しにくい状態を作りますよ。置くだけなのでキャンプでも簡単にできます。石油ストーブなどを使っていると暖かく乾燥しそうですが、石油ストーブは石油が使われるときに水蒸気が発生しするため湿度が意外と下がらず乾燥気味になることは少ないです。

おすすめテントを紹介

ノルディスク:アスガルド

NORDISK ノルディスク Legacy Tents Basic Asgard 12.6

楽天

北欧ブランドは丈夫なコットンを使ったテントが多く、ノルディスクのアスガルドは定番のテントです。結露が発生しにくい通気性のいい素材が使われていますよ。ワンポールテントと同じ形なので初心者でも設営しやすく、デッドスペースがない広いテントです。グランドシートを買い揃えるとより便利に使え、インナーを使用するとダブルウォールテントと同じ構造になります。

ユージャック:ワンポールテント

UJack(ユージャック) テント ワンポールテント Desert300 1〜4人用 コットンインナー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

ユージャックは日本のブランドです。フライシートは雨に強いポリエステルですが、インナーは結露しにくいポリコットンのワンポールテントです。入口部分を跳ね上げてメッシュにしておくと風が吹き抜けますよ。設営はワンポールテントなので簡単で、耐水圧は2000mmと高く夜露が染み込んでくることも少ないでしょう。YKKのファスナーが使われていてファスナーを滑らかに動かせますよ。

テントの結露対策方法まとめ

通気性がポイント

Photo byrkit

自然現象のため完全に防ぐことは難しいです。温度差や湿度と行った発生条件があるためできるだけ条件がそろわないように換気をして湿度を下げたり、テントの内側と外気温の温度差を減らすようにしましょう。夏はタープの下に設営するようにすることで結露が防げるようになります。除湿グッズの持ち込みも有効的な手段となりますよ。新しくテントを買う場合は通気性のいいポリコットンがおすすめです。

結露が気になる方こちらもチェック!

暮らし~のには結露に関する記事があります。よかったらチェックしてくださいね。

結露対策におすすめのグッズ15選!防止&予防効果バツグンの人気製品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
結露対策におすすめのグッズ15選!防止&予防効果バツグンの人気製品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は結露対策におすすめのグッズを紹介します。結露対策におすすめグッズの中には結露の防ぎ方が簡単な物が多く、誰でも使いやすいです。最近ではスプレー型やシート型の物もあり、すぐに窓から結露を無くす事ができて、より快適な生活を行えるようになります。
夜露とは?その意味や発生条件を解説!屋根やテントを守る対策術は? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
夜露とは?その意味や発生条件を解説!屋根やテントを守る対策術は? | 暮らし~の[クラシーノ]
夜露とは寒い季節に多く見られる自然現象。車や外に干しっぱなしの洗濯物などについて困るという意見も。夜露とはいったいどのような条件で発生するのでしょうか。また、その対策は?今回はキャンプ時のテントにつく夜露や結露といった湿気に対するお悩みを解決していきます。
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking