実は簡単!バーベキューで使った炭の処理方法!水をかけて燃えるゴミにポイでOK?

実は簡単!バーベキューで使った炭の処理方法!水をかけて燃えるゴミにポイでOK?

バーベキューをした後の炭はどのように処理していますか?実は水をかけて燃えるゴミとして捨てることには問題があるのです。この記事ではそんなバーベキューをした後の残った炭や灰などの処理方法について紹介します。炭や灰の処理方法について気になる人は参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.バーベキュー後の木炭の処理方法を紹介
  2. 2.バーベキューの炭を処理する際の注意点
  3. 3.炭の再利用方法について
  4. 4.おすすめのバーベキュー場
  5. 5.バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.1
  6. 6.バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.2
  7. 7.バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.3
  8. 8.バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.4
  9. 9.炭の処理は火消し壺がおすすめ!
  10. 10.最終的な炭の処分方法
  11. 11.簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.1
  12. 12.簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.2
  13. 13.簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.3
  14. 14.簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.4
  15. 15.炭を適切に処理しないと大変な事態に

バーベキュー後の木炭の処理方法を紹介

キャンプやバーベキューはみんなが楽しめる上、いつも以上に美味しい食材が食べられることでも非常に人気が高いイベントです。そんなバーベキューをした後に必ず後片付けを行う必要があります。そんな後片付けで特に苦労することは熱い炭の処理ではないでしょうか。この記事ではそんなバーベキューに使用した炭の処理方法や処分方法を紹介します。

バーベキューの炭を処理する際の注意点

炭を処理する際には決して行ってはいけない注意点があります。この注意点を守らなければ、自分の身に危険が及ぶだけでなく取り返しのつかない事態にもなる危険性があります。ここからはそんな、バーベキュー後の炭を処分する際の注意点について紹介します。バーベキュー初心者の人は是非参考にしてください。

バーベキューの炭を熱いまま放置しない

バーベキューに使用した炭を熱いまま放置してはいけません。バーベキュー場によっては山火事などの災害が発生する危険性があります。また、子供と一緒にバーベキューを行った際にはやけどしてしまう可能性もあります。そのため、バーベキューに使用した炭を熱いまま放置しないようにしましょう。

バーベキューの炭を埋めない

初心者によくあることですが、炭は自然のものだから、埋めれば自然に還る、と思っている人も中にはいることでしょう。炭はもともとは木材ですが、炭となったら自然の力では分解できない別の物質となります。そのため、土の中に埋めたとしてもバクテリアなどで分解されることはなく、半永久的に残るのです。したがってバーベキューに使用した炭を埋めることは絶対にやめましょう。

グリルに直接水をかけない

水をかければ炭は冷えますが、直接グリル上の炭に対してバケツの水をかけるようなことはしてはいけません。確かに炭の温度は下がりますが、温度変化の影響で、グリルが変形したり、破損してしまう可能性があります。また、勢いよく、水蒸気や灰などが舞い上がり、周りの人にも迷惑が掛かります。そのため、決して直接水をかけたりしてはいけません。

炭の再利用方法について

バーベキューで使用した炭は再利用できる、ということをご存じでしょうか。実は炭は再利用しながら使うことができます。ここからはそんな炭の再利用方法について紹介します。何度もバーベキューで炭を使用する人は非常に経済的なので是非参考にしてください。

再利用できる炭と再利用できない炭がある

炭には様々な種類があり、再利用に適している炭と再利用に適していない炭があります。一般的に使用される安価な黒炭は一度使用するとボロボロに砕けてしまい、粉々の灰になってしまうため、再利用できなくはありませんが、適した炭とはいえません。一方で備長炭などの燃えても形が残るような炭は再利用に適した炭といえます。

バーベキュー用の炭として再利用

一度バーベキューに使用した炭を消し炭として再利用することができます。特に備長炭を再利用した場合は、備長炭最大の欠点である着火の難しさが改善され、着火が容易となる、というメリットもあり、非常に使いやすくなります。また、新たに炭を購入する必要もないため、非常に経済的なおすすめの再利用方法です。

消臭剤として再利用

消し炭や余った炭を消臭剤として再利用することもできます。炭には細かい穴がたくさん開いており、臭いが吸着されやすいのです。そのため、臭いが気になる下駄箱の中やトイレなどに置いておくだけで、消臭効果を発揮します。消臭剤と比較すると性能は劣りますが、興味がある人は是非試してみてください。

肥料として再利用

ゴミとして捨ててしまうような細かい炭や灰は粉々にして土に混ぜることで肥料として再利用することが出来ます。ゴミとしかならないような炭も肥料として使用できるため、非常に経済的である上、ゴミの処理にもなるため一石二鳥のおすすめの方法です。自分で畑作業をしていない人は近所の人に渡してあげましょう。

おすすめのバーベキュー場

お住まいの場所によってそれぞれバーベキューを行う場所が異なると思います。また、初心者の人は、近くにバーベキュー場がない場合どこで行えばよいのかわからない人もいるのではないでしょうか。ここではそんなバーベキューができる場所について紹介します。是非参考にしてください。

キャンプ場やバーベキュー場

基本的に多くのキャンプ場にはバーベキュー場がありますし、キャンプ場以外にもバーベキュー場はあります。そんなバーベキュー場はまさにバーベキューを行うために場所なので、初心者の人でも気軽にバーベキューを行うことができます。中には、食材なども用意してくれるバーベキュー場もあるため、初心者の人はまずバーベキュー場から始めてみましょう。

河原

河原の中にはバーベキューが行える河原もあります。川の水を利用することもできるため、安全性も高く、初心者でも比較的バーベキューが行いやすい場所といえます。また、ほとんどのバーベキューが可能な河原にはトイレやゴミ箱などの設備が整備されています。しかし、バーベキューが禁止されている河原も少なくないため、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

禁止されている河原で行うと処罰されることも

バーベキューが禁止されている河原でバーベキューを行うと、自治体が定めた迷惑防止条例に違反する可能性もあります。そのため、バーベキューが禁止されている河原でバーベキューは絶対に行ってはいけません。

悪天候時や増水時には河原では行わないこと

河原でのバーベキューは河川の近くで行うことになります。そのため、川が増水しているときや悪天候時に河原でのバーベキューは非常に危険です。そのため、河原でバーベキューを行う際には天気が良く川の流れも落ち着いているときにのみ行いましょう。

自宅の庭

バーベキューを行えるだけの広さがあれば、自宅の庭でも行えます。自宅でバーベキューを行うことで後始末も簡単です。しかし、もちろん火事には注意しなければならない上、近隣の人にも迷惑が掛からないようにも配慮しなければなりません。

バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.1

燃え尽きるまで置いておく

燃えている炭をそのまま目が届く位置で放置する、という方法は最も簡単に炭を冷ませる方法の1つです。ただ放置すればよいだけなので非常に簡単です。しかし、非常に時間がかかってしまう上、目を離すと非常に危険なため、時間に余裕がある場合や自宅でバーベキューを行った場合などに限られます。

必ず目が届く位置に置いておく

炭が冷めるまで放置しておく際は事故防止のために必ず目が届く場所に置いておかなければなりません。また、芝生の上でグリルがひっくり返ってしまった場合、施設にも迷惑をかけてしまいます。そのため、炭を放置して冷ます場合には必ず誰かが監視しましょう

バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.2

火消し壺を使用する

火消し壺とは、炭を容器に入れ蓋を閉めると、酸欠で消火できるグッズです。この道具を使って消火すると消し炭として再利用することもできます。もちろんそれなりの価格がするグッズなので、頻繁にバーベキューを行う人にはおすすめです。

火消し壺で消火した炭は再利用できる

このグッズを使って消火した炭は乾燥させずに再利用が可能です。前記で紹介したような様々な方法で再利用できるため、火消し壺を使った消火は、経済的にもお得なおすすめの方法の一つです。

バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.3

水の中に炭を入れる

初心者の人はよく逆のパターンとして、炭に水をかけてしまいがちですが、これは絶対に行ってはいけません。勢いよく灰や水蒸気が舞い上がり、周りの人に迷惑をかけてしまいます。そのため、水を使って炭を消火する際には水の中に炭を入れましょう。この方法なら、一瞬「ジュッ」と音がするだけで、ほとんど周りに迷惑もかけません。

大きい炭は一個ずつ小さい炭はまとめて

水の中に炭をまとめて入れてしまうと、水が急に沸騰してやけどする危険性があります。そのため、大きい炭は一個ずつゆっくりと入れていきましょう。大きい炭を処理した後に残った小さい炭はまとめてグリルごと傾けて水の中に入れましょう。

バーベキュー後の簡単な炭の処理方法.4

缶を使用する

煎餅などのお菓子が入っていた缶でも炭を消化が可能です。これは火消し壺と同じように酸欠により炭を消火します。そのため、缶の中に炭を入れた後に蓋を閉めて密閉する必要があります。また、炭を中に入れると、缶自体が非常に高温となるため、やけどには注意しましょう。

地面が燃える可能性も

缶で炭を消火する際には缶が高温となります。そのため、近くに燃える物を置いておかないようにしましょう。また、地面が芝生などの燃える可能性がある場所で缶の中に炭を入れると焦げてしまい、施設に迷惑をかけてしまうため、注意が必要です。

炭の処理は火消し壺がおすすめ!

前記にて炭の消火方法について紹介しましたが、火消し壺は最も簡単かつ短時間で片付けができるグッズです。そのため、火消し壺は炭の処理方法の中でも最もおすすめの方法なのです。ここからはそんな火消し壺を使うメリットについて紹介します。

安全かつ短時間で片付けができる

火消し壺を使った炭の処理の仕方は壺の中に炭を入れて蓋を閉めるだけです。そのため、簡単に炭の片付けができます。壺自体が高温となるため、やけどしないように注意が必要ですが、壺の表面が熱くなりにくいタイプの壺も販売されています。

炭の再利用が可能

火消し壺は炭を酸欠により消火するため、燃え尽きる前に消火できます。水で消火するわけでもないため、乾燥させる手間もありません。また、消し炭としてバーべキューに再利用する際には着火がしやすいメリットがあるため、備長炭などでも簡単に扱えます。新たに炭を購入しなくても良いため、経済的にもおすすめです。

炭の保管も可能

密閉ができる火消し壺は、消火した後の炭の保管もできます。灰が外に出てくる心配もなく、湿気なども通さないため、乾燥させる必要もありません。火消し壺は炭の処理と保管にも使える万能グッズなのです。

最終的な炭の処分方法

炭を再利用する人は処分する必要はありませんが、再利用が不可能な細かい炭は処分しなければなりません。ここではそんな使用済みの炭の処分方法を紹介します。炭の処分について困っている人は是非参考にしてください。

キャンプ場やバーベキュー場で処分

キャンプ場やバーベキュー場の中には余った炭や燃えた後の灰を入れるための入れ物が用意されている場所もあります。そういった場所でも炭を処分できます。この方法はわざわざ自宅へ持って帰る必要もないため、最も簡単な方法の一つです。しかし、自宅などで出た炭や灰の持ち込みはできないため自宅で出たゴミは自宅で処分しましょう。

燃えるゴミとして処分

バーベキューで余ってしまった炭の中で、再利用する予定もない人は自宅で処分する必要があります。基本的な炭の処分方法はまとめて燃えるゴミとして処分できます。しかし、自治体や地域ごとに処分方法が異なるため、必ずしも燃えるゴミとして処分できるわけではありません。気になった人は地域の役場や市役所に問い合わせてみましょう。

炭が燃えた後の灰の処理方法

実は炭と灰の処分方法が異なる地域もあります。炭は燃えるゴミとして処分できますが、灰は燃えないゴミとして処分する場所もあるのです。具体的に知りたい、という人は地域の役場や市役所に相談してみましょう。また、灰は畑などの肥料として再利用することができるため、近所で農作業を行っている人がいるのなら、声をかけてみましょう。

簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.1

パール金属 大型火消しつぼ 火起し器セット

野外 便利 グッズ 便利グッズ アウトドア キャンプ キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット バーベキュー用 M-6625

楽天

火消し壺と火おこし器がセットになっている商品で非常に使いやすく、これ一つで着火から消火、炭の保管まで行えます。火消し壺には足がついており、地面が芝生などでも熱が伝わりにくい作りとなっています。炭を中に入れて自宅で保管しておけば、次のバーベキューですぐに使えます。

商品の口コミ

商品の口コミを調べると、「非常に便利」「バケツとしても使える」といった高評価の口コミが多くありました。しかし、「高さがいまいち」「蓋がロックできないから不便」といった評価もありました。火おこし器や火消し壺としては非常に優秀ですが、長めの炭の消火には不向きといえます。

片付けも、火消しツボに戻すだけで、とてもシンプルでした!

簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.2

火おこし兼用火消しつぼ バーベキュー 火起こし 火消し壺

楽天

こちらの商品も火おこし器と火消し壺がセットとなっている商品です。容器の上下に蓋がついており、両方外せば火おこし器、両方閉めれば火消し壺として使えます。また、持ち手がついているため、消火中の炭が入った容器を安全な場所まで運べます。炭を壺の中で保管も可能なので自宅などの保管場所にも困りません。

商品の口コミ

商品の口コミを調べると、「一つで三役果たしとても便利」「着火も消火も運搬も非常に簡単」といった多くの高評価が多くありました。一方で「サイズが大きくてソロキャンプに向いていない」「蓋のロックが固いため、指を切る可能性がある」といった評価もありました。少人数で行うキャンプよりも大人数でのキャンプの際に使うことをおすすめします。

炭を消したら、そのまま保管して次に火起こしとして使えるので、手間も場所も取らずキャンプやバーベキューに欠かせません!

簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.3

アルスター火消しつぼ M CAPTAIN STAG 木炭 バーベキュー パール金属 【RCP】【M-7570】【キャッシュレス 還元 対象店】

楽天

この商品はキャンプなどで使える火消し壺です。底にスタンドがついているため、熱が地面に伝わりにくく芝生が燃えることもありません。しかし、安定性には劣るため、倒れないように注意する必要があります。また、完全密閉ではないため、運搬の際には灰や炭が出てこないように注意しなければなりません。

商品の口コミ

商品の口コミを調べると「値段の割にしっかりとしている」「片付けが楽になった」といった口コミが多くありました。しかし「大きすぎる」「密閉できないため運搬には不向き」といった口コミもありました。使う際には火消し壺として使い、運搬する際には灰などがこぼれないように袋に入れましょう。

処理後蓋もロックできるし、安心して持ち帰りできます。ただし、炭を使ってのBBQ後の消し炭用などではせいぜいお一人様でギリギリないし容量不足だと思います。

簡単に炭が処理できるおすすめグッズ.4

ロゴス 火消しつぼ LOGOS マイティー火消し壷 81063129 バーベキュー 送料無料

楽天

有名なアウトドアメーカーであるロゴスの商品です。壺の中に炭を入れて蓋を閉めることで、酸欠状態を作りだし、炭を短時間で消火できます。密封できるため炭の保管もでき、消し炭として再利用できます。デザインもおしゃれなので人気の商品となっています。

商品の口コミ

商品の口コミを調べると、「気軽にバーベキューの片付けができる」「炭の扱いが非常に楽」といった高評価が多くありました。しかし、「蓋が開けづらい」「持ち手が取れる」といった評価もありました。使用中は蓋を完全に閉めるのではなく若干開けておき運搬の際も持ち手が取れないように慎重に運ぶようにしましょう。

入れて蓋をすれば火は直ぐに消えますが、外側は1時間ほど熱いままなので注意。

炭を適切に処理しないと大変な事態に

キャンプやバーベキューで使った炭の片付け方などについて紹介しました。炭の片付け方は基本的に冷まして、燃えるゴミとして処分するか、再利用します。バーベキュー場の中には炭や灰を片付けられる入れ物が用意されている場所もありますが、自宅や河原などで行う際には、自分で片付けなければならない場合もあります。バーベキュー後の片付けを適切に行い、キャンプやバーベキューを最大限楽しみましょう。

バーベキューの便利グッズが知りたい人はこちらもチェック

バーベキューを行う際に役立つ便利グッズもあります。どれも痒いところに手が届くような便利なグッズばかりです。そんなバーベキューで使える便利グッズについて興味がある人はこちらの記事もチェックしてみてください。バーベキューの便利グッズが具体的に掲載されています。

100均のおすすめバーベキュー便利グッズ12選!1コインでここまで充実! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
100均のおすすめバーベキュー便利グッズ12選!1コインでここまで充実! | 暮らし~の[クラシーノ]
100均のバーベキューグッズが豊富なのをご存知ですか。便利に使える上、おしゃれなものもたくさん!今回は100均のバーベキューグッズを挙げていきます。川辺でみんなでバーベキューを楽しむのも良し!庭でバーベキューを楽しむのも良し!ぜひ参考にしてください。
【初心者・女子必見】バーベキューの持ち物リスト!必需品/あると便利な物をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【初心者・女子必見】バーベキューの持ち物リスト!必需品/あると便利な物をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
「バーベキューをしたい」と思い立ったときに必要な持ち物・道具を紹介します。おすすめのバーベキュー・キャンプの持ち物を「必需品」と「あると便利なもの」に分けて紹介しますのでリストアップして事前準備・用意に役立ててみてください!
海龍
ライター

海龍

旅行好き、キャンプ好き、ウィンタースポーツが大好きでお役に立てる情報を発信いたします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking