【2020】日本が誇る小川テントのおすすめテントランキング11!口コミもご紹介!のイメージ

【2020】日本が誇る小川テントのおすすめテントランキング11!口コミもご紹介!

信頼と実績のある小川テント(キャンパルジャパン)から発売されているテントは種類が豊富です。さらにそれぞれ個性的なテントが多く高品質なため迷いやすいと言われています。そんな小川テントの人気テントをランキング形式で紹介します。

2020年04月22日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 小川テント(キャンパルジャパン)とは
  2. 小川テント(キャンパルジャパン)の魅力
  3. 小川テント(キャンパルジャパン)の選び方
  4. 小川テントの人気おすすめテントランキング11
  5. 小川テントの人気おすすめテントランキング10
  6. 小川テントの人気おすすめテントランキング9
  7. 小川テントの人気おすすめテントランキング8
  8. 小川テントの人気おすすめテントランキング7
  9. 小川テントの人気おすすめテントランキング6
  10. 小川テントの人気おすすめテントランキング5
  11. 小川テントの人気おすすめテントランキング4
  12. 小川テントの人気おすすめテントランキング3
  13. 小川テントの人気おすすめテントランキング2
  14. 小川テントの人気おすすめテントランキング1
  15. 小川テント(キャンパルジャパン)のまとめ

小川テント(キャンパルジャパン)とは

日本の老舗テントメーカー

小川テントは「ogawa」ブランドのテントを発売していた会社。創業は1914年となる老舗ですが、現在は倒産してしまい、子会社の小川キャンパルによって同社のテントが2015年まで発売されてきました。2015年からは新たに設立されたキャンパルジャパンが引き継いで、現在はキャンパルジャパンからogawaブランドのテントが発売されています。会社名は変わっていますが、ずっと引き継がれている人気ブランドです。

取扱店多数

小川テント(キャンパルジャパン)のテントは公式通販やその他のネット通販だけではなく多数のアウトドア用品店でも購入できます。WILD-1やスポーツオーソリティのようなアウトドア用品店を取り扱っている店以外でも購入でき、ヨドバシカメラには小川テントの直営店がありますよ。実店舗は実際に生地の色や質感などが確かめたり、アウトレットなどで安く買えたり、スタッフに使い方をレクチャーしてもらえるなどの魅力があります。

小川テント(キャンパルジャパン)の魅力

長く使うと安い

安いといっても小型のソロ用テントが2万円で買えないことから安いとは言えないかもしれません。しかし価格に対して品質が高く、長い目で見るとランニングコストが安いと言われていますよ。つまりキャンプをあまりしないユーザーだと安いという魅力はあまり体感できませんが、長く使ったり頻繁にキャンプをする中上級者なら安いと感じるでしょう。最新モデルだけではなく旧製品も長く使うと安いです。

高品質

小川テント(キャンパルジャパン)は災害用のテント(避難生活向けテント)、集会テントなどの業務用テントなども手掛けているブランドです。小川テント自体から自衛隊などにも納入をしていた実績もあり高品質な作りなっています。一目で安いと飛びつきたくなるような価格ではありませんが、信頼と実績のあるブランドで長く使えます。

アフターサービス

アフターサービスもしっかりしていて廃版となった旧製品でもできる限り修理対応してくれる魅力があります。修理だけではなくパーツ単位のでの交換もできるため長く使えますよ。修理は近くの取扱店で申し込めます。

小川テント(キャンパルジャパン)の選び方

サイズ

小川テント(キャンパルジャパン)が発売するテントはサイズが小さいものから大きいものまで一通り揃っていてソロキャンプからファミリーキャンプ向けのテントまで揃います。大は小を兼ねますが、重さが大きく異なってくるためサイズで選ぶことも大切です。最新版や最新モデルと旧製品とでは見た目だけが異なるという場合もありますよ。使用人が1人なら2人用の小型のもので大丈夫ですが、キャンパルジャパンは大型のテントが多いです。

ワンポールテントか他のテントか

小川テント(キャンパルジャパン)が発売するテントは大きく分けると2種類となります。ワンポールテントかツールームテントとなり、細かく分けるとA型フレームなどもありますが、テントの形で簡単にわけられることからテント選びの参考になりますよ。最新モデルだとワンポールテントはありませんが、ランキングにはワンポールテントもたくさん入ってきて人気です。

価格

前述したように長く使うと安いですが、短期的に見ると決して安いとは言えない価格となります。品質がいいので導入コストはたかくなります。使用人数が同じでも値段が変わってくるので予算に合ったものを買うといいでしょう。古いモデルだとアウトレット価格で購入できる可能性があります。

小川テントの人気おすすめテントランキング11

トレス

CAMPAL JAPAN/キャンパルジャパン TRES/トレス
楽天で詳細を見る

最新モデルではなく廃版が決まったため、場所によってはアウトレット価格で安いトレスは現在注目されているワンポールテントです。サブポールを使うため完全な三角形にならず広く使えるようになっていて独特な形状をしています。インナーは付属していませんが、グランドシートは付属しているのでダブルウォールテントではなくシングルウォールテントとして利用できグランピングにもおすすめです。

ポイント

ワンポールテントなので設営が簡単です。また最新モデルではなく古いということでオプションのハーフインナーやフルインナーを含めアウトレット価格で安い可能性が高いです。スカート付きで4シーズン対応となり4人用のちょうどいい大きさとなっています。耐水圧1500mm、サブポールを含めすべて強度のある金属製です。

口コミ・評判

長く使える高品質な作りと特徴的なフォルムが評価されています。設営がしやすいので初心者から上級者まで楽しめますよ。

なんといっても、他の人とかぶりにくい!見た目、広さ建てやすさグッドですねーカッコイイ!!
唯一無二の存在に張り綱など、カスタマイズしたりして楽しんでます。
一生もんの買い物でした。

小川テントの人気おすすめテントランキング10

ティエラ5EX

オガワキャンパル ( ogawa ) ロッジドームテント ティエラ5EX (ブラウン×サンド×レッド) 2766 Tierra 5-EX
楽天で詳細を見る

廃版のためアウトレット価格で安い可能性があることから、注目されている少し古いモデルのティエラ5EXです。小川テントの代表的なティエラシリーズのフラグシップモデルとなります。生地は厚めのポリエステルが使われ1800mmの高い耐水圧がります。大きいツールームテントですが、設営が簡単になるように作られていて1人でも設営できると言われています。フラグシップモデルとなるため高価ですが廃版のため狙い目です。

ポイント

見た目に対して設営が意外とと簡単で1人でも設営でき、4シーズンに対応している過ごしやすいツールームです。厚い生地のおかげで遮光率が一般的なテントよりも高く過ごしやすいですよ。最新モデルではなく古いモデルのため新しいテントがほしいという方は気をつけてくださいね。最新モデルはEX-2です。

口コミ・評判

大人数で使える5人用テントとなり、入り口を跳ね上げるとリビングを拡張できる作りになっていて広いと人気です。大型ですが設営はしやすく1人でも慣れると簡単と評判になっています。

小川テントの人気おすすめテントランキング9

アイレ

取寄 2658 AIRE/アイレ 6人用ドームテント
楽天で詳細を見る

最新モデルではなく廃版になったモデルのためアウトレットで安い価格で手に入れる事ができる狙い目テントの一つです。構造としては大きなドームテントに広めの前室があるタイプとなり設営が見た目以上に簡単です。シンプルな形状ですがメッシュ窓が前後左右にあり風通しが抜群によく夏でも快適に過ごせますよ。フルクローズ状態でもベンチレーションがあるので換気はでき、スカート付きで冬でも暖かく過ごせる6人用テントです。

ポイント

シンプルな形状なので設営が簡単ですが、広くて使いやすく4シーズンに対応しているテントということでこれからキャンプを始める方にもおすすめできます。アウトレットで安く手に入る可能性もあることから現在注目されていますよ。耐水圧1800mmと少し古いモデルでも雨に対して強く快適に過ごせます。

口コミ・評判

小川テントの中では決してハイエンドモデル、フラグシップモデルというわけではありませんが高品質な作りとなっていて性能を高く評価する口コミが多いです。メッシュ窓が多いところが評判になっています。

他のメーカーにも多々ドームテントがありますが、換気や防水など機能面はハイスペックなテントです。安くキャンプ済ませたいファミリーには不要でしょうが、お金に余裕があって快適なキャンプを過ごしたい人にはよいと思います。

小川テントの人気おすすめテントランキング8

ピルツ19

ピルツ19 10人用 ブラウン/サン
楽天で詳細を見る

同社を代表するワンポールテント「ピルツ」シリーズの中で一番大きいサイズとなります。大きくてもワンポールテントなので設営が簡単です。さらにピルツ19は廃版が決まったモデルとなり、アウトレット価格で入手できる可能性が高く、注目されていますよ。最新モデルと比較すると従来かあるポリエステルですが、厚めの上質な生地が使われていて耐水圧は1800mmと丈夫です。

ポイント

ワンポールテントは設営が簡単な分端になると高さがなくデッドスペースができやすい作りです。しかしピルツ19はベルテントのように少し立ち上がっているため見た目と同等に広く使える魅力がありますよ。高さもあり過ごしやすく、ロープで天頂部分のベンチレーションを自由に開閉できる機能もあります。

口コミ・評判

大きいため半分だけグランドシートをめくったり、ハーフインナーでツールーム仕様にしたりといろいろな張り方も可能です。また簡単に設営できるだけではなく形がおしゃれなところも評判になっていますよ。

小川テントの人気おすすめテントランキング7

ファシル

ファシル 4人用テント
楽天で詳細を見る

ファシルは小川テントの最新モデルの一つです。完全な左右対称の形状をしていて、交差箇所が多くなるため風に対して強くなっています。ツールームタイプはリビング部分がシングルウォールになり結露を起こしやすいのですが、上部にフライシートとは別にルーフフライがあり結露防止、遮光率がアップしていますよ。大きさに対して設営のしやすさは飛び抜けていて非常に簡単という口コミが多いです。

ポイント

左右対称の線対称(シンメトリー)ということで、ポールの長さは4本全て同じです。全く同じポールをスリーブに通していくだけとなり迷わず、誰でも簡単に設営できますよ。またメッシュ窓が多く通気性が非常によく夏でも快適に過ごせ、冬キャンプでも対応できるスカート付きです。最新モデルということで注目度の高いテントとなります。

小川テントの人気おすすめテントランキング6

ティエラリンド

○○CAMPALJAPAN/キャンパルジャパン 2761・ティエラ リンド
楽天で詳細を見る

評判のいいティエラシリーズで最も小型のモデルです。ソロキャンプで贅沢に使えるツールームとなり大きさとしては3人用のテントです。小型ですが、ツールームテントとしてきちんとしていて大きなメッシュ窓、スカートがついています。小さいことで持ち運びやすく、設営も簡単です。バイクでは持ち運びにくいですが、車を使う場合は選択肢に必ず入ってくるような高機能な小型ツールームとなります。

ポイント

人気のあるティエラシリーズをそのまま少人数で扱いやすくしたモデルということで1800mmの高い耐水圧があり、小さくてもツールームテントなので前室(リビング部分)の広さは2×2mを遥かに超えています。インナーも2~3人用の広さがあり小さいですが、きちんとツールーム仕様です。

口コミ・評判

広さだけではなく設営が簡単なところも口コミで評判になっています。ティエラリンドは子どもが設営を手伝えるような楮になっていて初心者でも分かりやすいですよ。年間を通して使えることから初めてのテントとしてもおすすめです。

小川テントの人気おすすめテントランキング5

ピルツ15T/C

オガワ ピルツ15 T/C
楽天で詳細を見る

人気ワンポールテントシリーズの近年特に人気なっているT/C(綿と化繊の混紡)タイプの8人用ワンポールテントです。T/Cだと通気性がよく焚き火の火の粉では穴が開きにくいメリットがあり人気です。ポリエステルなどの化繊と比べると少し重たくなり設営が大変ですが、設営方法自体はワンポールテントなので悩むことなく簡単ですよ。冬はキャンプを楽しみたいという方に特におすすめのテントとなります。

ポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

燃えにくい素材ということで薪ストーブのインストールがしやすくなっていて天井には煙突を通す専用の穴が空いていて自分で加工しなくても簡単に排煙できます。天頂部分のベンチレーションは中から開閉できる構造になっていて通気性をコントロールできますよ。耐水圧はT/Cということで350mmしかありませんが、T/Cだと平均的な数値で雨でも大丈夫です。

口コミ・評判

8人用のワンポールテントということで非常に大きいので区画サイトでの扱いに注意が必要ですが、それでも簡単に設営できますよ。広くて使い勝手がいいという口コミがあります。

テントはバカでかく、非常に重いですが、設営は楽アンド楽です。慣れれば一人で15分で完了します。
15分の内訳(ペグ打ち13分+設営2分)
寝るのは寝袋ゆったり6人分+荷物置き場程度です。
初めてのテントなので、生地のこととかは分かりませんが、春夏秋冬、これで乗り切りました。

小川テントの人気おすすめテントランキング4

ピスタ5

9月入荷 【送料無料】【小川テント】ピスタ5 PISTA5ドーム型テント
楽天で詳細を見る

シンプルな大型ドームテントとなります。シンプルな大型ドームテントですがスカートがしっかり付属しているので冬キャンプでも対応しています。前後に出入り口がある作りでメッシュすると通気性抜群です。サブポールを使って前室を広く作るデザインのため5人で使っても荷物が置きやすいですよ。最新モデルではありませんが、大人気のモデルとなり売り切れになっている店も多いです。

ポイント

高品質な小川テント(キャンパルジャパン)が作るベーシックな5人用のドームテントということで注目されています。ドームテントは他のメーカーからもたくさん発売されていて格安のものや、もう少し大きなものもありますが、「ogawa」ブランドのテントと言うことで信頼性が高いです。

口コミ・評判

シンプルなドームテントということで設営のしやすさがあります。また高品質な小川テントのベーシックなテントということで雨でも安心して過ごせるなど評価が高いです。

大きさの割に設営しやすく、女子2人で出来ます。ほぼ初心者で1時間くらいでした。
慣れたらもっと早く設営できると思います。
大雨でのキャンプも余裕でした。
しっかりしたものを購入して良かったと思います。

小川テントの人気おすすめテントランキング3

ピスタ34

前述したモデルの一回り小さいサイズがピスタ34です。3~4人用のファミリー向けテントとなっていて5人用よりも人気がありますよ。基本的な構造は5人用と変わらず、冬でも使えるスカート、120cmもの奥行きがある広い前室、ベンチレーション、1800mmの耐水圧、金属製ポールという使いやすいテントです。少人数のファミリーキャンプにおすすめのモデルです。

ポイント

インナーサイズは220×220cmとなり大人3人のキャンプ、大人2人、子供二人のキャンプでちょうどいい大きさとなります。ツールームテントではないのでタープが必須になりますが、タープを立てて過ごすというスタイルが好きな方にはベーシックで高品質なテントとなるので使いやすいです。

口コミ・評判

設営のしやすさにも定評がある小川テントのベーシックなドームテントということで女性でも簡単に設営できると評価されています。

大きさが小さくて楽というのもありますし、ボールが細くてしなやかで取扱いが楽で
女性でも楽にポールを刺せるくらいのテンションしかかかりません。
そこにインナーテントを吊り下げて、フライをかぶせるだけなので今までの苦労はなんだったのかと。。。
このテントを購入してからは、昔のテントを出すことはなくなりました。。。

小川テントの人気おすすめテントランキング2

ステイシーST2

ドーム型テント ステイシー ST-2 2〜3人用テント
楽天で詳細を見る

小川テントの定番のモデルで自転車でのキャンプ、バイクツーリングで人気のある小型テントの最新モデルです。大きな変化はありませんが、色使いが旧来のモデルから一新されサンドベージュとカーキーになりました。上位モデルで軽量なステイシーネストは従来のカラーバリエーションのままとなります。色が変わった以外に大きな変更点はなく自転車でのキャンプやバイクツーリングにおすすめのロングセラーテントです。

ポイント

約4kgのテントで収納サイズは52×Φ19cmです。ツーリング向けテントとしては巨大で重たいですが、前室の広さは110×220cmとなります。台形となるので実際に使える広さは減りますが大きい前室がついているためタープがなくても簡単な料理ができますよ。1~2人用となっていてインナーも広めで150×220cmです。小川テントの中ではコンパクトで珍しいテントとなります。

口コミ・評判

設営しやすく前室が広いことから使い勝手が非常にいいテントとして人気です。前述したように最新モデルとは色が違うだけで大きな変化なく、動画のように快適に過ごせますよ。スタンディングテープがあるので初心者でも設営が簡単です。

小川テントの人気おすすめテントランキング1

グロッケ8

ogawa(小川キャンパル) グロッケ8 サンドベージュ×ダークブラウン 2786
楽天で詳細を見る

人気のピルツシリーズとはまた違うワンポールテントです。小川テントの中では非常に人気がある2019年の最新モデルです。ピルツシリーズは端が立ち上がっていますが、ピラミッド型なので端は高さが低いのは変わりません。グロッケはベルテントと呼ばれる形になっていて隅が高くデッドスペースがないため広く利用できます。おしゃれな形から簡単なグランピングにもおすすめです。高さは小さくコンパクトなてんととなります。

ポイント

大きいようで小型でもあるので小さめの区画サイトでも入りやすいです。サイズは5角形になりおよそ215×335cmなります。有効面積は8㎡となりますが、デッドスペースがなく高さは一番高いところで225cmです。また大きなメッシュ窓があり通気性が非常によく夏でも過ごしやすくなっています。ベルテントもワンポールテントと同じように設営することから、初心者でも迷うことなく設営可能です。

口コミ・評判

機能だけではなくデザインも高く飄香されているテントです。タープとのセットが美しいという口コミが多いですよ。

小川テント(キャンパルジャパン)のまとめ

品質の高いテントがたくさん

必ずしも最新モデルが人気というわけではなく見た目や使い勝手などによって古いモデルも人気があります。古いモデルでも品質が高いためアウトレット価格で手に入れられると非常にコスパが良くなりますよ。初めてのテントとしては高いかもしれませんが、長く使えるため初心者にもおすすめです。

テントが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはテントに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb2020最新!DODの人気テント13選!デザイン・コスパ・使いやすいのはコレだ! | 暮らし~の[クラシーノ]
DODのおしゃれで機能的なおすすめテントをたくさん紹介します。安いお値段でも便利な機能が豊富...
Thumb【2020最新】コールマンの人気テントおすすめ11選!タイプ別に比較して厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマンのテントはスペックと居住性のバランスが良好なのがおすすめポイントです。廉価モデルか...
ThumbロゴスのテントおすすめTOP13!特徴や口コミを比較!欲しい一台が必ず見つかる! | 暮らし~の[クラシーノ]
人気のアウトドアブランド・LOGOSのテントをランキング紹介しています。おすすめなロゴスのテ...

あなたへのおすすめ