Twitter
Facebook
LINE

【2020】モンベルのおすすめテントTOP8!初心者必見の選び方や口コミも!

海龍

【2020】モンベルのおすすめテントTOP8!初心者必見の選び方や口コミも!

海龍

アウトドア用のテント選びで迷っている人は「モンベル」のテントはいかがですか?モンベルは日本のアウトドアメーカーで使いやすいおすすめの商品ばかりを取り扱っています。この記事ではそんなモンベルのおすすめテントについてランキングで紹介します。



テント選びに迷ったらモンベルがおすすめ!

登山やキャンプで使えるテントですが、その種類は非常に多く、初心者の人は迷うことが多いかと思います。そんな人はモンベルのテントがおすすめです。この記事ではモンベルのおすすめテントをランキング形式で8商品紹介します。また、選び方やモンベルの最新商品も紹介するので是非参考にしてください。

おすすめのテントの選び方

テントは非常に多いため、初心者の人は選び方が分からない、という人もいるでしょう。何も考えずに購入すると、後悔してしまいます。そうならないためにも事前にどんなテントが欲しいのか決めておかなければなりません。ここからは選び方を解説します。

タイプで選ぶ選び方

テントには大きくドーム型、ツールーム型、ワンポール型があります。一日宿泊するようなキャンプでは主にこの中から選びます。ここからはそれぞれの特徴について簡単に解説します。

ドーム型テントの特徴



最も多くの種類があるドーム型テントは、設営時のシルエットがドーム型となっているテントです。設営と撤収が簡単な上、比較的風にも強いという特徴があり、初心者におすすめです。大きさの種類も多いため、ソロからファミリー用まで幅広く使えます。

ツールーム型テントの特徴

ツールームテントはその名の通り、テント内が寝室とリビングの2つの部屋に分かれているタイプです。比較的サイズが大きいタイプが多く複数人で使用する人におすすめの種類です。慣れるまでの設営は大変ですが、通気性が良く、広いため快適なキャンプを楽しめます。



ワンポール型テント

遊牧民が使用するような三角のシルエットが特徴のワンポール型テントはそのおしゃれなデザインから人気が高いテントです。設営の仕方も簡単で真ん中にポールを立てて、周りをペグダウンするだけなので、初心者でも簡単に設営ができます。しかし非自立式なので、ペグが刺さらない地面では設営ができません。

ワンタッチ・ポップアップテント

テントの中にはワンタッチテントとポップアップテントがあります。どちらも設営開始から10秒以内で設営ができるため、手軽にキャンプを行えます。しかし、耐水圧や強度が弱いため、テント泊を行うようなアウトドアには向いていません。

サイズでテントを選ぶ選び方

サイズに注目することも選び方では重要です。これはテント内に何人入るのかによって決まります。ソロキャンプの場合は大きなテントは必要ありませんし、ファミリーキャンプの際は、小型テントだと全員が入り切りません。

耐水圧で選ぶ選び方

耐水圧に注目するのも重要な選び方です。耐水圧とはテントの防水性を示す数値と考えて構いません。テント泊を行うなら、最低でも1500mmの耐水圧は必要です。初心者の人は耐水圧が高ければ高いほど良いテント、と考えがちですが、耐水圧が高ければ通気性が悪くなる上、値段も高くなります。

レビューや口コミを見て選ぶ選び方

レビューや口コミを見て購入するテントを決める、という選び方も有効な選び方です。レビューや口コミには実際に使用した人の感想などが記載されています。中には虚偽の口コミもありますが、多くの口コミを見ているうちに判断できるようになってきます。テントを購入する際には一度確認しましょう。

モンベルのテントの特徴

ここからはモンベルのテントの特徴を解説します。多くの人から高い人気を誇るモンベルのテントですが、その理由は何でしょうか。そんなモンベルのテントが高い人気を誇る理由を解説します。テント選びで迷っている人は是非参考にしてください。

モンベルのテントは軽量かつコンパクト

モンベルのテントは比較的軽量な上、コンパクトに収納できるテントばかりです。このことが、モンベルが高い人気を誇る理由です。また、強度が高いこと耐水圧も日本の気候に合わせてあるため、安心の数値だということもモンベルのテントの特徴となります。

日本の気候に合わせたテント

モンベルは日本のアウトドアメーカーのため、日本の温暖湿潤な気候に合わせて設計されています。そのため、通気性が抜群な上、防水性が高く、比較的テント内に結露が発生しにくくなっています。また、設営の仕方さえ把握すれば、短時間で設営できることも魅力です。

モンベルは他メーカーと比較するとリーズナブル

テントごとに値段の差はありますが、他のアウトドアメーカーのテントと比較すると、リーズナブルだという点も特徴の一つです。一見すると、高い、と感じるような値段でも、実際に使用してみると、この性能でこの値段か、と驚くことでしょう。

モンベルのおすすめテントランキング第8位

ジュピタードーム 4型

雪山用の3~4人用のテントで、耐風性に優れている上、テント内も広く高い居住性も確保できます。設営が簡単なため初心者の人でも強風の中で設営できます。大きなベンチレーションも備わっている上、テントの生地には難燃加工が施されているため、テント内でのストーブの使用も可能です。

別売りのレインフライで4シーズン対応

ジュピタードームは別売りのレインフライを使用することで、夏場でも使えるほどの通気性を確保することが出来ます。つまり4シーズンを通してキャンプで使用することが出来るわけです。元々雪山用のテントであるため、悪天候時でも問題なくキャンプを楽しむことが出来ます。

ジュピタードーム4型の口コミ

ジュピタードーム4型の口コミを調べてみると、「悪天候時でも簡単に設営することが出来る」「中が結構広い」といった口コミが見られました。一方で、「寒い季節以外で使用するには暑すぎる」といった口コミも見られました。別売りのフライシートを使用しても、真夏日に使用するには無理がありそうです。

モンベルのおすすめテントランキング第7位

サンダードーム2型

おすすめのテントランキング第7位はサンダードーム2型です。サンダードーム2型はフレームがショックコードでつながっているため、設営が非常に簡単です。撤収の際もポールを引っ張れば簡単に抜け、自然と束ねることが出来るため、コンパクトに収納することもできます。本体は全面がメッシュ素材なので通気性が抜群です。

H型フレームで快適な広さ

フレームを組み立てると、その形は独特なH型になることもサンダードームの特徴の一つです。このフレームの形状により、居住性が高いと評判があります。2人用のテントですが、大人1人だと荷物をテント内に置いておくこともできるほどの広さがある人気のテントです。

サンダードーム2型の口コミ

サンダードーム2型の口コミを調べると、「意外と中が広い」「暑い日でも快適」といった評価がある一方で「値段が高い」「少し重さがある」といった口コミも見られました。非常に快適に過ごせるテントですが、若干重さがあるため、オートキャンプ場で使用することをおすすめします。

モンベルのおすすめテントランキング第6位

U.L.ドームシェルター1型

U.L.ドームシェルター1型は一人用のテントで、ソロキャンプを行う人におすすめのテントです。ポールとシェルターの重量だけなら756g非常に軽量なため、持ち運びにも非常に便利です。またコンパクトに収納できる点も魅力の一つです。ポールがテント内でクロスしており、強度も高いため、多少の風の中でも問題なくキャンプを楽しめます。

徹底した軽量化とコンパクトな収納

U.L.ドームシェルター1型の魅力は何といっても軽量かつコンパクトな点です。非常に軽量で持ち運びに非常に便利な上、コンパクトに収納することが出来るため、自転車に荷物を積載したサイクリングキャンプも楽しめます。テント内が狭い、という欠点はありますが、大人一人なら横になれるため、ソロキャンプを行う人にはおすすめのテントです。

U.L.ドームシェルター1型の口コミ

U.L.ドームシェルター1型の口コミを調べると、「とにかく軽い」「コンパクトに収納できるから登山にも便利」といった高評価がある一方で「風が強いとテントそのものが横に倒れてしまう」「テント内の結露が酷い」といった口コミの見られました。軽量かつコンパクトなテントですが、結露対策のためにタオルなどを用意しておくことをおすすめします。

寒い時はシエルター内がタオル1本で足らないくらい水滴がつくのでたたむ前に水滴の除去が必要です。

モンベルのおすすめテントランキング第5位

X-TREK マイティドーム 1型

X-TREK マイティドーム 1型が一人用のテントで、快適な居住性と安定性が備わっているため、多くのキャンパーから高い人気を誇ります。設営の仕方にはコツが必要なため、慣れるまで、時間がかかりますが、慣れれば比較的短時間で設営できます。コンパクトに収納できる上、軽量なため持ち運びにも便利な点が魅力です。

入り口に取り付けるフライシートがおすすめ

X-TREK マイティドーム 1型はシングルウォーテントのため、前室が存在しません。つまり、入り口のファスナーを開けたらすぐに外に出られるのです。しかし、テント自体がドーム状になっているため、悪天候時に入り口を開けると、雨が入ってきてしまいます。別売りのフライシートを使用すれば前室を確保することが出来ます。

X-TREK マイティドーム 1型の口コミ

X-TREK マイティドーム 1型の口コミを調べると、「比較的軽く、コンパクトなため持ち運びに便利」といった口コミが多く見られた一方で、「値段が高い」「フライシートと一緒に使うとかさばる」といった口コミも見られました。値段が高いため、お財布と相談して購入することをおすすめします。

モンベルのおすすめテントランキング第4位

クロノスドーム1型

ランキング第4位はクロノスドーム1型です。クロノスドーム1型は一人用のテントで、テント内は大人一人でちょうど良いサイズとなっています。ポールをクロスさせることにより、非常に簡単に設営することができます。また、前室も広いため物置や料理に使用することもできます。

初心者でも設営撤収が容易

クロノスドームはポールをクロスさせるという独自の技術で設計されています。ポールをクロスさせるとテント全体の強度が増す上、テント内の広さも確保できます。また、ポールはすべてショックコードでつながっているため、説明書が無くても簡単に組み立てることができます。撤収の際も引っ張るだけでポールが外れるため非常に簡単です。

クロノスドーム1型の口コミ

クロノスドーム1型の口コミを調べると、「設営が非常に簡単」「雨が降ってきても雨漏りがしない」といった高評価の口コミが見られた一方で、「ペグは新しいものを購入した方が良い」「前室が狭い」といった口コミも見られました。購入の際にはペグもセットで購入しましょう。

晴れて風がなくて暖かければ、フライもペグもいらないので、10分で組めます。

モンベルのおすすめテントランキング第3位

ムーンライトテント 3型

ムーンライトテント3型はとある人気キャンプ漫画に登場したテントということもあり、非常に人気が高いテントです。もちろん人気の理由はそれだけではなく、設営や撤収の容易さ、快適性の高さ、前室の広さなど様々な理由があります。一人でも家族でも使える広さなので、数人でキャンプをする機会がある、という人にはおすすめのテントです。

月明りでも設営ができる容易さ

ムーンライトテントはその名の通り、月の明かりだけでも設営ができるほど簡単に設営ができます。そのため、キャンプ初心者でも慣れれば10分以内で設営出来ます。上級者にもなると目隠しをしてでも設営ができるようになります。

ムーンライトテント3型の口コミ

ムーンライトテント3型の口コミを調べると、「設営時間の速さが群を抜いている」「風通しがよく非常に快適に過ごせる」といった高評価が多く見られました。低評価は全体的に少なめでしたが、「3人も入れるスペースはない」といった評価がありました。使用する際は大人2人+子供1までがおすすめです。

初めてにもかかわらず簡単で10分程で設営できました。

モンベルのおすすめテントランキング第2位

ステラリッジ テント Ⅰ型

ステラリッジ テント1型は山岳用の一人用テントです。非常に軽くて軽量なため、持ち運びに非常に便利な上、設営と撤収も非常に簡単です。春から秋までの3シーズンに対応していますが、別売りのスノーフライを使用することで4シーズンの使用が可能となります。山岳用のテントということもあり、悪天候でも問題なく使えます。

快適性よりも安心を優先する人におすすめ

何度も説明しますが、ステラリッジテント1型は山岳用のテントです。そのため、悪天候にでも耐えられるように丈夫にできています。大雨や強風などが吹いてもテントが破損することはほとんどありません。しかし、その分快適性は損なわれてしまいます。テント内は比較的狭く、前室も広いとは言えません。そのため、快適性よりも安心を優先させたい人におすすめのテントです。

ステラリッジテント1型の口コミ

ステラリッジテント1型の口コミを調べると、「軽くて小さいから持ち運びに便利」「強風の中でも設営ができる」といった高評価が多く見られました。しかし、中には「夏は暑くて使えない」「ファスナーが噛みやすい」といった評価も見られました。4シーズンに対応しているものの、夏は暑さ対策冬は寒さ対策を万全にしておく必要があります。

軽い小さい設営しやすい。 夏は暑くて使えません。

モンベルのおすすめテントランキング第1位

クロノスドームⅡ型

モンベルのおすすめテントランキング第1位に輝いたテントはクロノスドームⅡ型です。前記でも紹介しましたが、クロノスドームは冬以外の3シーズンにしているテントで、非常に設営がしやすいことで、高い人気を誇ります。初心者でもなれれば10分以内に設営することが可能です。そんなクロノスドームの中でも特に高い人気を誇るテントが2型です。

Ⅰ型よりも快適な居住スペース

クロノスドームはⅠ型Ⅱ型Ⅳ型の3種類がありますが、Ⅱ型は2人用のテントです。そのため、Ⅰ型よりも広い居住スペースを確保できる上、ファミリー用のⅣ型よりもコンパクトかつ軽量です。前室も広く、簡単な調理を行える十分なスペースを確保することが出来ます。主にソロキャンプを楽しみたい、という人にはおすすめのテントです。

クロノスドームⅡ型の口コミ

クロノスドームⅡ型の口コミを調べると、「キャンプ初心者でも設営が非常に簡単」「前室が広く物置にはもちろん料理も行える」といった高評価の口コミが多く見られました。一方で、「持ち運びには少し重量が重い」「付属のペグが使い物にならない」という口コミも見られました。クロノスドームⅡ型の購入の際は丈夫なペグとセットで購入することをおすすめします。

前室が広くイメージ通りで最高!

モンベルの最新商品紹介.1

ルナドーム2型

ルナドームはモンベルの最新テントの一つで、他のテントにはないような最新技術が盛り込まれた人気のテントです。他のテントと比較しても居住スペースが非常に広く、前室も比較的広いため快適なキャンプを行うことが出来ます。入口が長辺にあることも特徴の一つで、出入りがしやすく前室も横長で物置として使用することが出来ます。

通気性抜群

最新テントであるルナドームの特徴の一つに天井付近に設置されている4つのベンチレーションです。三角形のベンチレーションが天井付近に設置されており、テント内から開閉が可能なため、環境に応じて臨機応変にベンチレーションを開閉することが出来ます。夏場での使用にもおすすめのテントです。

ルナドームの口コミ

ルナドームの口コミを調べると、「通気性が良く暑い日でも快適に過ごせる」「軽量な上にコンパクトなので持ち運びに便利」といった口コミが見られました。一方で「値段が高い」「フライシートなどが薄めなので破れやすい」といった口コミも見られました。最新テントというだけあり、値段は高めですが快適なキャンプを楽しめるおすすめのテントです。

とにかく通気性が良さそう!これは暑がりの自分には特に嬉しい仕様。

モンベルの最新商品紹介.2

シームレス ドライ ダウンハガー900

2020年から発売された最新マミー型シュラフ、シームレス ドライ ダウンハガー900を紹介します。ダウンハガー900最新モデルで、継ぎ目がないことが特徴です。一般的なシュラフには生地内の羽毛の偏りを防ぐために継ぎ目があります。しかしこのシームレスドライダウンハガー900には継ぎ目がないのです。継ぎ目をなくすことで、より高い保温性と軽量化を実現しています。

スパイダーバッフルシステム

シームレスドライダウンハガーにはスパイダーバッフルシステムという最新技術が使用されています。スパイダーバッフルシステムとはシュラフ内にスパイダーヤーンと呼ばれる特殊な糸を張り巡らせることで、羽毛をキャッチする最新技術です。この技術を採用することで、羽毛が散らばりにくくなりコールドスポットができにくく、高い保温効果を発揮します。

モンベルの最新商品紹介.3

ムーンライトテント

前記でも紹介したモンベルの人気テントであるムーンライトが2020年春にフルモデルチェンジいたします。旧ムーンライトは比較的重量があるモデルでしたが、今回のモデルチェンジで軽量化されています。それに伴い、3・5・7・9型が廃止され、新たに4型が追加、1・2型がモデルチェンジされました。

軽量化と安定性の向上

今回のフルモデルチェンジで最も目立ったのは、平均30%もの軽量化です。軽量化により、持ち運びが容易となったため、力が弱い女性の人でも簡単に持ち運ぶことが出来る上、設営も非常に簡単に行えます。また、ポールの構造に変わりはなくこれまでと同様に高い居住性が確保されていますが、吊り下げる箇所が増えることにより安定性が向上しています。

モンベルのテントは初心者にもおすすめ

モンベルのおすすめテントをランキングで紹介しました。気になったテントは見つかったでしょうか。モンベルのテントはどれも高い性能を持っているため、基本的にどのテントを購入しても用途さえ合っていれば快適なアウトドアを楽しめます。自分のアウトドアスタイルに合ったテントを購入し最大限アウトドアを楽しみましょう。

モンベルの商品について気になる人はこちらもチェック

モンベルではテント以外にも様々な魅力的な商品を販売しています。そんなモンベルの商品が気にある人はこちらの記事もチェックしてみてください。モンベルの商品の情報が具体的に掲載されています。是非参考にしてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...