スズキ・エブリイはキャンプ車に最適?車中泊や収納の視点から解説!のイメージ

スズキ・エブリイはキャンプ車に最適?車中泊や収納の視点から解説!

暖かくなってきたら行きたくなるのがキャンプですよね。実は、スズキが販売しているエブリイはキャンプ車として最適です。車中泊ができる上に収納もたくさんあって実用的なスズキ・エブリイについて紹介します。業界トップクラスの機能性をぜひ体験してください。

2020年04月03日更新

kabara282
kabara282
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 暖かくなったらキャンプへ行こう!
  2. エブリィがキャンプ車に最適な理由をご紹介!
  3. エブリイとエブリイワゴンの違いとは?
  4. スズキ・エブリイの機能性は?
  5. エブリイの機能性①
  6. エブリイの機能性②
  7. エブリイの機能性③
  8. エブリイがキャンプに最適な理由①
  9. エブリイがキャンプに最適な理由②
  10. 自分好みのカスタムでキャンプ仕様に!
  11. スズキ・エブリイでキャンプに行こう

暖かくなったらキャンプへ行こう!

アウトドアで心も身体もリフレッシュ

暖かくなったら外にでてアウトドアアクティビティを楽しみたいですよね。日々の仕事疲れを忘れて心も身体もリフレッシュしましょう。そこで今回は、アウトドアアクティビティのなかでも人気が高い、キャンプについてご紹介します。仲間と一緒にバーベキューを楽しんだり、子供を連れて大自然に触れたりして楽しみましょう。

ただし、キャンプする上で大変なのが荷物の準備です。宿泊用テントやバーベキューの用意をしてから全て車に詰め込むという作業がめんどくさいという方も多いのではないでしょうか。そんなとき、準備を簡単にしてくれる軽キャブバンタイプの車が役立ちます。収納力が高いうえにシートを倒してフラットにすることもできるスズキ・エブリイはアウトドア好きにぴったりの車です。

エブリィがキャンプ車に最適な理由をご紹介!

スズキが販売している軽キャブバンの「エブリイ」という車です。軽キャブバンなので車内が広く、シートを倒してフラットな状態にするとキャンプ時には車中泊ができます。軽キャブバンとしては国内トップクラスの広さを誇り、燃費や安全装備などの機能性も充実しています。

アウトドアに最適な理由は、車内空間が広く収納も多いためキャンプ用品をすっきりと積み込めるからです。また、カスタムアイテムを活用して自分好みにアレンジすることで、更に使いやすい車にすることも可能です。スズキ・エブリイがキャンプ車として最適な理由を車中泊や収納の観点からご紹介します。

エブリイとエブリイワゴンの違いとは?

スズキではエブリイを2種類展開で販売しています。1つ目は商用車としての利用を目的としたバンタイプの「エブリイ」、そして2つ目は乗用車としての利用を目的とした「エブリイワゴン」です。エブリイはワンボックス型の軽自動車としてとにかく機能性と使いやすさを重視しているのに対し、エブリイワゴンは通常の機能に加えて見た目にもこだわっています。5色のカラーバリエーションがあり、落ち着いた大人の色味がおしゃれでアクティブさを演出しています。

どちらも視界が広く、フラットにすることも可能です。車体サイズはほぼ同じで、室内空間も十分に確保しています。VVTターボエンジンを積んでいるエブリイワゴンのほうが燃費はいいです。エブリイは90万円~150万円、エブリイワゴンは140万円~180万円でエブリイワゴンのほうが少し費用がかかります。どちらもキャンプ用の車としてはトップクラスの性能ですが、エブリイワゴンのデザイン性は魅力的です。

スズキ・エブリイの機能性は?

エブリイは高い機能性が評価されており、商用車としても採用されている軽キャブバンです。最近では警察車両としても採用されているほか、車内が広いために車いすを積めるため、福祉車両としても活用されています。そこで、特にエブリイが優れている機能をご紹介します。

燃費が良い

スズキのエブリイは、2015年にモデルチェンジして今の形状となりました。それまでは燃費が悪い車と言われていたエブリイですが、車体の軽量化を図ったことと燃費効率のいいエンジンを採用したことで燃費が大幅に向上しました。そして、軽キャブバンとしては初めて「平成27年度燃費基準+20%」を達成しています。2015年にはグッドデザイン賞も受賞しています。燃費はJC08モードで19.4km/ℓで、お財布に優しい車と言えます。

キャンプ時でも安心装備満載の軽自動車

スズキ・エブリイは安心装備がたくさんついた軽キャブバンタイプの四輪自動車です。軽キャブバンは商用でも多く使われており、毎日多くの荷物を運ばなければならない弁当屋やクリーニング屋、花屋でよく社用車となっています。車の運転に慣れていない人でも操作できる機能が標準装備として搭載され、キャンプ時にも安心です。

エブリイの機能性①

エブリイにはデュアルカメラブレーキという安全機能があります。デュアルカメラブレーキとは、車の前方にいる人や障害物を感知して、ぶつかる前に自動でブレーキをかけてくれるものです。急な飛び出しの場合では、とっさにブレーキをかけることも難しくため事故になってしまうことが多々ありますが、突然の出来事にも自動で対応します。また、夜間の歩行者も感知可能ですので、一日中安全に運転することができます。

エブリイの機能性②

車の事故のなかで意外と多いのが、駐車場でのバック事故です。バックをしているときに人にぶつかってしまったり、後ろの障害物に気づかず衝突してしまったりするケースもあります。バック事故は運転者の過失割合が高くなる傾向にありますので、後退時ブレーキサポートを活用しましょう。スズキのセーフティサポートで事故を予防することができます。

エブリイの機能性③

最近は誤発進によって建物に突っ込んだり人を引いてしまう事故が多発しています。踏み間違いによる誤発進を感知した場合には自動で止まるようになっている誤発進抑制機能は、万が一に備えて装備したほうがよい機能の一つです。スズキの誤発進抑制機能には、前進のときだけではなくバックのときにも有効です。ギアの入れ間違いで突然バックするようなことも防いでくれます。

エブリイがキャンプに最適な理由①

テントを準備する必要なし!

キャンプの準備で一番大変なのが、テントですよね。出発前にはテントの備品が全て揃っているかチェックしてから積み込みをして、到着後は30分くらいかけてテントを立てる必要があります。特に女性の場合は力が足りず、一人で準備できない方も多いです。しかし、エブリイは軽自動車なのにキャンプ時には車中泊ができるのです!

大の大人が寝転んでも窮屈に感じないくらいの大きさで、エブリイワゴンの後部座性の長さは約170cmも確保可能です。足を延ばしても楽に寝れます。また、キャンプ時の車中泊のメリットとして車内なので内側から鍵ができることです。女性だけのキャンプだと少し危険な思いをすることがありますが、車内で宿泊できることは防犯という観点からも非常に優れています。

フラットにすると大人でもぐっすり眠れる広さ!

車中泊をするうえでエブリイがおすすめな理由は、フラットにしたときの段差が少ないことです。普通車のシートを倒してフラットにした場合、完全に段差がなくなるタイプの車はあまり多くないのです。段差がある状態で寝てしまうと身体が痛くなったり深く睡眠をとることができないため、車中泊を苦手に感じてしまいます。しかし、エブリイは段差が少ないことと身体を縮める必要がないほどの広さがあるため、キャンプ時の車中泊のデメリットを解消できます。

シートアレンジでさらに快適なキャンプを!

スズキ・エブリイユーザーの中ではシートをアレンジしてさらに快適な車中泊をすることがブームになっています。フラットにしたシートの上に専用マットを敷いて寝心地を更に改善したり、キャンプ車中泊用のカスタムベッドキットを設置したりすれば、従来のように辛い思いをすることなく爽やかな朝を迎えることができます。

エブリイがキャンプに最適な理由②

エブリイは車内空間がとても広く、アウトドアに必要な多くのモノを収納することができます。エブリイのサイズは(全長)3395mm×(全幅)1475mm×(全高)1895mmです。また、エブリイワゴンのサイズは(全長)3395mm×(全幅)1475mm×(全高)1815mmです。軽キャブバンの荷室サイズとしては国内トップクラスの広さで、快適なキャンプができます。

収納スペースがとにかく多い!

エブリイは、軽キャブバンのなかではNo.1の荷室サイズ(国土交通省審査値)を誇る大きさです。軽自動車の規格ギリギリのサイズになっているため縦横に大きいのはもちろんですが、高さも1475mmと十分にあります。収納スペースを多く確保しており、なくしやすい細かいグッズも安心して積み込めます。後部座席を起こした状態での積載スペースも広々としていますが、シートを倒した状態で荷物を積みこむと予想以上の荷物を積み込めます。収納スペースをカスタマイズすれば、更に使い勝手よくすることができます。

荷物を積むのも楽になる!

エブリイは商用車として使われている車なので、荷物の積み込みも楽になる設計がされています。高さを十分に生かせば段ボールも多く積み込めます。フルフラットにすることでデッドスペースを最小限に抑えられることから、効率的な空間利用ができます。

積み込み口の大きさも確保されているので、アウトドアに必要な道具の積み込み作業も楽に行えます。特に背の高い男性は車に荷物を積むときに屈まなければならず、腰に大きな負担がかかっていました。エブリイワゴンなら積み込み口が大きいため屈む回数が少なくなります。

自分好みのカスタムでキャンプ仕様に!

エブリイワゴンは特にデザイン性にも優れている乗用車としての利用を目的とした車ですが、もっと自分好みにカスタムして、更に利便性を上げることができます。DIYで自分好みのキャンプ空間に作り替えている方も多く、エブリイ用のカスタムパーツやアイテムを制作・販売している会社も多いです。カスタムパーツを活用することで更にエブリイの可能性が広がります。アウトドア専用の車としてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

内装のカスタムも自由自在です。フルフラットにしたシートにエアクッションを設置したり、ちょっとしたキャンプカーのように調理台を作ったり、広い車内を十分に活用してアウトドアを楽しめます。インスタグラムのハッシュタグに「#エブリイ女子」というものがあるほど、女性からも好評を得ています。ラグやタペストリー、ファブリックパネルを置いておしゃれなインテリアにすることも可能です。

スズキ・エブリイでキャンプに行こう

スズキ・エブリイは収納スペースが多くたくさんの荷物を積み込めることから社用車として使われる一方、シートを倒してフラットにすればキャンプにも活用することができる高機能な軽自動車です。安全性能も充実しており、燃費が良いため多くの場所にお出かけできます。エブリイと一緒にキャンプシーズンを楽しみましょう!

エブリイのアレンジが気になる方はこちらもチェック!

エブリイユーザーの多くの方がエブリイをアレンジして自分好みのキャンプ空間を作り出しています。カスタムパーツやDIYによるアレンジで更にエブリイの可能性が広がりますので、ぜひトライしてみてください。エブリイのアレンジ方法についてはこちらの記事で紹介しています。

Thumbエブリィワゴンを車中泊仕様に!DIYでできる快適な車内の自作方法を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
軽自動車No1のスズキが発売しているエブリィワゴンは、車中泊も可能な軽1BOXです。しかし、...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ