ブルースターの花言葉は?言葉の意味や由来と見頃の季節などの基本情報を解説!

ブルースターの花言葉は?言葉の意味や由来と見頃の季節などの基本情報を解説!

ブルースターは小さな星型の可愛らしい花です。そんなブルースターは素敵な花言葉を持っていることでも知られており、お祝いの際などの花束としてもよく用いられます。今回はそんなブルースターの花の魅力や花言葉について紹介して行きます。

記事の目次

  1. 1.ブルースターとは
  2. 2.ブルースターの見頃は?
  3. 3.ブルースターの花言葉を知ろう
  4. 4.青いブルースターの花言葉
  5. 5.ブルースターの持つ悲しいの花言葉
  6. 6.ピンクや白のブルースターの花言葉
  7. 7.ブルースターの育て方①
  8. 8.ブルースターの育て方②
  9. 9.ブルースターの花言葉と一緒に贈るおすすめ花言葉①
  10. 10.ブルースターの花言葉と一緒に贈るおすすめ花言葉②
  11. 11.まとめ

ブルースターとは

ブルースターとは、その名の通り小さな星の形をした青い花のことです。しかしブルースターの中には青色ではなく、ピンクや白いブルースターもあります。もともとブルースターはガガイモ科に属しており、南米が原産の花です。英語ではsouthernster、tweediaと表記します。暑い南米原産の花なので、暑さに強いのが特徴です。ブルースターの花は大きさが3㎝ほどと小さいですが、鮮やかな青と小さな花がいくつも咲くことから、花束などのプレゼントとしいて贈る人も多いです。また、ブルースターの特徴は花の色が最初は水色なのが咲き続けることで濃い青色に変化します。だんだんに色が濃くなっていくのもブルースターの特徴と言えるでしょう。また、ブルースターは青い花以外にもピンクや白などの種類もあるので、合わせてチェックしてみて下さい。今回は、そんな鮮やかで可愛らしいブルースターの花についてや花言葉について紹介して行きます。

ブルースターの見頃は?

ブルースターの開花時期は5月から10月と長い期見頃を楽しむことが出来ます。もともと南米原産の花なので、暑い夏の時期でも花の開花を楽しめるのです。また、ブルースターは比較的強い花なので、温暖な地域では冬越しをすることも可能です。ガーデニングや寄せ植えなどでブルースターを楽しみたい場合は、寒さをあまり気にせず栽培できることでしょう。ブルースターはもともと多年草なので、何年も開花時期を楽しむことが出来ます。そんなブルースターはガーデニングなどの屋外でも栽培の他に、切り花などとしても人気です。切り花でブルースターを楽しむことで、プレゼントとして贈るのも良いでしょう。ブルースターは比較的開花時期や見頃が長いので長期間花を楽しみたい人にもおすすめです。

ブルースターの花言葉を知ろう

ブルースターの花は素敵な花言葉を持っていることでも有名です。可愛らしい青い星型の花は、西洋などではベビーブルーとも追われています。その由来は男の子のラッキーカラーであると言われ、男の子の赤ちゃんの誕生の際のプレゼントとして贈るのが由来になっています。他にもブルースターの花はサムシングブルーとも呼ばれ、結婚式のブーケとしても人気です。このブルースターの花の色がキリスト教のマリアを連想させることから結婚式など祝いの際に贈るのにふさわしい花とされて来たのです。そんなブルースターは青以外にピンクや白といった花の種類があります。また誕生花としては3月8日と4月14日に指定されています。

青いブルースターの花言葉

ブルースターの中でも定番の青の花言葉の意味は親愛、幸福な愛、信じあう心と言った意味を持っています。幸せをイメージする花言葉の為、男の子の誕生や結婚式のブーケなどにもピッタリなのです。また海外では、マザーグースの詩が由来とあって結婚式に花嫁がサムシングフォーを身につけると良いとされています。サムシングフォーとは、何か新しいもの、何は古いもの、何か借りたもの、何か青いものとなっています。この中の何か青いものと言う部分にこのブルースターが用いられることがあるのです。ブルースターの花言葉は、基本的にお祝いなどの際にピッタリな花言葉なので、花束を作る際に用いてみるのも良いでしょう。小さな花にはいくつもの幸せが詰まっているのかも知れません。

ブルースターの持つ悲しいの花言葉

青いブルースターの花言葉は主にプラスのイメージを持つ、親愛や幸福な愛などの意味が主に使われていますが、悲しい花言葉の意味も持ち合わせています。その花言葉の意味は早すぎた恋、身を切る思いと言う悲しい恋愛を意味するような花言葉です。もともとの花言葉の意味と正反対の悲しさや切なさをイメージする意味を持っているのです。ブルーはもともと、寂しさや悲しさを表現する色にも使われているので、切なさを表現する花言葉の意味に由来するのかも知れません。結婚式や男の子の誕生など祝いの際に使われることの多い、ブルースターですが逆に失恋など実らない愛などの意味合いも持っているのです。花言葉の意味は使う人の気持ちで変わってくるものなので、ブルースターを選ぶ際に使う花言葉は自分の気持ち次第なのかも知れません。

ピンクや白のブルースターの花言葉

ブルースターは青いものだけではなく、花の色の種類がピンクや白のブルースターもあります。花がピンクの種類のブルースターはローズスターと呼ばれ、白い花の種類のブルースターはホワイトスターと呼ばれています。同じブルースターでも色の種類が違うだけで、見た目の印象が変わって来ます。そんなピンクや白のブルースターの花言葉も青いブルースターと同じで幸福な愛や信じあう心と言う意味があります。可愛らしいブルースターは、愛に満ちた意味に由来しているのです。色の違うブルースターを組み合わせえるだけでも華やかで違った印象の花束などになると思います。色の違う種類のブルースターも開花時期や見頃な同じなので、自宅で栽培する際などは色の違いで寄せ植えなどをしてみるのもおすすめです。どの色の種類も可愛らしいので、自分好みのブルースターを選んでみて下さい。

ブルースターの育て方①

ブルースターに適した環境

ブルースターの花は花束にしてプレゼントにして贈るのも良いですが、自宅で鉢植えや寄せ植えなどとして育てることも出来ます。もともと見頃も長く暑い時期でも強い花なので、育てやすいのでガーデニングなどにもおすすめです。自宅でブルースターを栽培する際は、水はけのよい場所が良いでしょう。もともとブラジルなどを原産にしているので、湿度の高い時期などは苦手です。その為。水はけのよい鉢などを使って栽培するのがおすすめなのです。長く開花時期を楽しみたい人は、まずブルースターを育てる際の水はけに気をつけて栽培してみて下さい。

ブルースターの種まき

ブルースターは種から栽培するのがおすすめです。種まきをする時期は4月から6月か、9月から10月の時期に行うのが良いでしょう。最初からいきなりガーデニングの場所に撒くのではなく、生苗ポットなどに種を入れて、発芽して草の丈が5㎝ほどになってから、鉢や地植えをしてあげるのがおすすめです。いきなり種を撒くのではなく、発芽をさせて間引いてから植え付けを行う方がよく育ちます。種まきから始めるとたくさんの芽が一気に出てしまうので、ある程度間引くことで、それぞれのブルースターに栄養が行き、元気よく育つことができると思います。

ブルースターの育て方②

植え付け時期

ブルースターは色の種類に関係なく同じ時期に植え付けを行うことが出来ます。どの種類のブルースターも植え付けは4月の中旬から7月上旬の時期に行うのが良いでしょう。もともとブルースターは開花時期も5月から10月頃と長く、暑い時期にいも強いので長い期間植え付け作業を行うことが出来ます。また、水やりはたっぷり行うのが良いでしょう。湿度は苦手な花なので、花に水をかけるのではなく、土にだけ水をかけてあげるのがおすすめです。ブルースターの花や葉に直接水がかかってしまうとで、傷んでしまう原因にもなって枯れてしまうこともあるので出来るだけ低位置で、土にだけ水がかかるような水やりのやり方を心がけて下さい。

肥料と害虫

ブルースターを自宅で栽培する際には肥料を与えてあげるのも良いでしょう。おすすめの肥料は緩効性の肥料です。事前に植え付けを行う前に用土に混ぜておくと良いでしょう。さらに開花時期などは栄養を多く必要とするので液肥などを与えてあげるのもおすすめです。また、ブルースターを栽培する際に注意したい害虫がアブラムシです。アブラムシを見つけたらすぐに駆除するようにして下さい。このようにちょっとしたお手入れを加えてあげることで、長い期間見頃を楽しめるようになると思います。ぜひ自宅で可愛らしいブルースターの開花を迎えてみて下さい。

ブルースターの花言葉と一緒に贈るおすすめ花言葉①

白いバラとユリ

花束としてブルースターを贈る際に一緒にプレゼントしたいのが白いバラやユリです。ブルースターはもともと結婚式のブーケなどに使うのに人気の花です。花言葉にも由来する使い方で、白いバラやユリも結婚式のブーケとして人気があります。その理由は白いユリやバラの花言葉が純潔だからです。その為、ブルースターの花に白いバラやユリを加えた花束を贈ることで、結婚式などにピッタリのブーケになるのです。結婚式などお祝いの際の花束を作るのなら、ぜひブルースターやユリを組み合わせてみてはいかがでしょうか?

ブルースターの花言葉と一緒に贈るおすすめ花言葉②

ピンクのバラとガーベラ

青いブルースターの花には同じような淡い色合いの花がよく合います。花束などを贈る送る際に一緒に合わせてプレゼントしたいのがバラやガーベラです。特にピンクのバラはブルースターの花言葉とよく合う花言葉を持っています。ピンクのバラは幸福と言う花言葉を持っています。さらにガーベラは花言葉が希望や感謝、親しみやすさです。どちらの花言葉もブルースターの花言葉を組み合わせることで、より素敵な意味合いを持ちます。ぜひブルースターの花言葉に他の花の花言葉を組み合わせて素敵なメッセージをプレゼントしてみて下さい。

まとめ

ブルースターの花の育て方や花言葉はいかがでしたでしょうか?小さく星の形をしたブルースターの花は、花束などにするのもおすすめです。花言葉も愛情深い前向きなものが多いので、結婚式などお祝いの際に用いられることも多い花です。さらに他の花と合わせて花束などを作れば華やかで素敵な花言葉を持ったプレゼントを作ることができることでしょう。また、ブルースターは暑い季節にも強く見頃も長いことから自宅で栽培するのにも適しています。環境さえ整えて揚げれば、比較的育てやすい花と言えるのです。ブルースターは青以外にもピンクや白の花もあるので、自分好みのブルースターを探してみて下さい。

花言葉が気になる方はこちらの記事もチェック!

ブルースター以外の花も素敵な花言葉をたくさん持っています。それぞれの花言葉の意味を知って、メッセージを込めてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ハルジオンの花言葉・名前の由来は?花の特徴や咲く時期・季節もまるごと解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
ハルジオンの花言葉・名前の由来は?花の特徴や咲く時期・季節もまるごと解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ハルジオンと言う花を知っているいますか?道端や空き地などで見かけることが多い花です。小さくけ健気で可愛らしい見た目は春の訪れを知らせてうれる花でもあるのです。今回はそんなハルジオンの花言葉や特徴などを紹介して行きます。ハルジオンの魅力を再認識してみて下さい。
タネツケバナの特徴についてご紹介!花期はいつ?どんな種類があるの? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
タネツケバナの特徴についてご紹介!花期はいつ?どんな種類があるの? | 暮らし~の[クラシーノ]
タネツケバナと言う花を知っていますか?田んぼなどの横でよく見かける野草の一種で、小さく可憐な花が特徴です。タネツケバナの特徴を知れば、似ているような他の花との違いを発見することで出来ることでしょう。ぜひタネツケバナについて理解を深めてみて下さい。
bambi
ライター

bambi

2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking