Twitter
Facebook
LINE

室内アスレチック「平和島トンデミ」をご紹介!持ち物や混み具合はどうなの?

室内アスレチック「平和島トンデミ」をご紹介!持ち物や混み具合はどうなの?

今回は平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」をご紹介します!施設の説明から施設内のエリアの紹介と楽しみ方、必要な持ち物や混雑情報までこれを読めば室内アスレチック「平和島トンデミ」を楽しめること間違いなしです。ぜひこの記事を読んで休日に行ってみてください。



平和島の室内アスレチックトンデミ

平和島の室内アスレチックで遊ぼう!

今回は平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」をご紹介します!「平和島トンデミ」は最寄駅の平和島、大森海岸、大森からアクセスできる室内アスレチック施設で駅からはバスで施設まで行くことが可能です。また駐車場があるので車でもアクセスが可能です。8つのエリアに分かれてそれぞれのアクティビティを楽しむことができ、年齢関係なくたくさんの楽しみ方ができるため人気のある室内アスレチックとなっています。体を動かしたい人には最適な施設なので、体を動かすのが好きな方はぜひ平和島のアスレチック「平和島トンデミ」に行ってみてください!(当記事は2020年3月5日時点の情報をもとに作成されています。)

利用する値段

平和島のアスレチック「平和島トンデミ」はスポーツエンタメエリア内で遊べるフリーパス、キッズエリアで遊べる120分の値段のプラン、付き添いの保護者の120分の値段に分かれています。フリーパスは3000円プラス初回会員登録料が500円でスポーツエンタメエリアで遊ぶことができます。またweb予約限定プランで3人利用の場合7800円プラス初回会員登録料500円で遊ぶことができ、1200円お得になります。キッズエリアは120分850円で遊ぶことができ、付き添いの保護者で遊ばない方は120分600円で入場が可能です。0~1歳は入場する値段は無料ですが遊ぶことはできません。

施設情報

【住所】東京都大田区平和島1丁目1-1
【アクセス】大森からバス10分、大森海岸からバス5分、平和島からバス5分
【営業時間】10:00~21:00(受付は9:00~)

平和島店 | スペースアスレチック トンデミ (TONDEMI) | キッズ向け施設 | バンダイナムコアミューズメント「夢・遊び・感動」を。
平和島に、『トンデミ』が登場!「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ “ヘイワジマ”)」は、「TONDEMI」の初の東京都内出店となり、3階建て敷地面積約1200坪、新規遊具の導入で、圧倒的なスケール感と新奇性を兼ね備えたフラッグシップ施設です。


平和島アスレチックの持ち物は?

持ち物は何が必要?

平和島のアスレチック「平和島トンデミ」の持ち物は動きやすい服装の持ち物や室内履きのスニーカーなどの靴の持ち物です。スニーカーは貸出もありますが数に限りがあるので自分で持ち物として持って行った方が確実です。靴づれしないようある程度履き慣れたスニーカーで行きましょう。また服装は後で着替えることもできますので、着て行っても持ち物として持って行っても大丈夫です。他にも自分で体を動かすのに必要だと思ったものがあれば持ち物に入れてください。駅からバスでアクセスできるので多少荷物は増えても大丈夫です。

着替えができる場所



施設内には更衣室がありそちらで着替えることが可能です。更衣室は男性専用、女性専用に分かれていて各更衣室内や更衣室の外にロッカーがあるのでそちらに荷物を預けることが可能となっています。女性専用更衣室内には授乳室やオムツの交換ができるスペースもあるため、子供連れでも安心して利用することができます。シャワーは完備されていません。

WEB予約の方法

スマホ、PCからできる予約の方法

「平和島トンデミ」の利用予約はスマホやPCからインターネット予約ができます。予約方法は公式サイトの予約ページから営業時間内の予約が可能となっています。またフリーパスで入場したい方は事前会員登録が必要になり、事前会員登録もネット上から可能なのでそちらで登録しておくとスムーズに入場することができます。値段は事前払いもできるので当日はサイトにアクセスして確認画面を提示するだけで入場可能です。

延長したい場合は?

延長は営業時間内の次の枠に空きがあれば延長することが可能です。混雑していて営業時間内に空きがない場合は延長できないので注意してください。混雑していなくて営業時間内に空きがある場合は再入場手続きをして追加の値段を払うことで延長が可能となっています。自動的に延長になるわけではないので必ず再入場手続きを行ってください。web予約で事前に営業時間内の2枠を予約することもできるので事前に延長することが決まっている場合は営業時間内の2枠を予約して値段を払ってから行くことをお勧めします。

楽しめる年齢層

利用できる年齢層

平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」では利用できる年齢層が広いのが特徴です。公式サイトには子供向け施設と書いてありますが大人だけの年齢のグループで利用することも可能です。実際に大学生や社会人の年齢の人たちのグループで利用していることも多いので保護者として子供と行く場合でなくても大人が利用することもできます。大人だけで行くのはどうなの?と思っている方も楽しみ方がたくさんあり安心して利用することができます。

利用対象

利用対象は110cm、20kg以上の子供から120kg以内の大人まで幅広く利用することができます。子供を連れて行ったついでに一緒に遊ぶのもよし、大人同士で行って童心に返って遊ぶのもよしと幅広く体を動かしてはしゃげる室内アスレチックとなっています。大人も多く遊んでいるので大人だからと言って恥ずかしがらずに年齢関係なく目一杯遊ぶことができますよ。

利用する際の注意点

注意事項

利用する際にはいくつか注意点があります。まずは利用対象をしっかりと守ることです。利用対象を満たしていない子供を遊ばせると怪我や事故につながるのでしっかり守ってください。また時間の延長をする場合は必ず再入場の手続きをして値段を払いましょう。大人が遊ぶ場合は子供に十分注意して遊んでください。団体で利用する場合はアクセスする前に事前に電話予約してから行くようにしましょう。

飲食は決められた場所で

施設内で飲食は可能ですがどこでも飲食ができるわけではありません。施設内には飲食スペースが設けられているので必ずそちらで飲食をするようにしてください。たくさん体を動かすので水分補給や休憩はこまめに取ってください。子供とアクティビティをする場合は子供の体調に気遣って遊ぶようにしましょう。

平和島アスレチックトンデミのエリア1

デジタルスポーツエリア

ここからは平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」の室内にあるエリアを紹介していきます。まずはデジタルスポーツエリアです。このエリアは新しく登場したエリアで最新のデジタルを採用したアクティビティができるエリアでスポーツとデジタルの融合を楽しめるエリアとなっています。フィンランドのデジタルゲームを導入するなど最先端のスポーツをすることができます。

デジタルスポーツエリアの楽しみ方

このエリアではデジタルスポーツが楽しめるのでゲーム感覚で体を動かすことができます。フィンランドから日本に初登場したiWallというプレイヤーの動きに合わせてキャラクターが動くゲームや人気のどうぶつタワーバトルの人間バージョンのにんげんタワーバトルというゲームを楽しめたりします。最先端のゲームを体を動かしながら楽しむことができます。

平和島アスレチックトンデミのエリア2

アミューズメントエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはアミューズメントエリアです。このエリアはスポーツ系のゲームを楽しめるエリアで、フリーパスを持っている方のみ入れるエリアとなっています。人気のエリアのためフリーパス終了1時間前から終了までという時間制限がありますが、1時間でも十分楽しめるエリアとなっています。

アミューズメントエリアの楽しみ方

アミューズメントエリアはスポーツ系のゲームを楽しむことができるのでスポーツが好きな方や体を動かすのに自信があるという方向けのエリアとなっています。スポーツのアクティビティがしたい方はぜひアミューズメントエリアで遊んでみてください。

平和島アスレチックトンデミのエリア3

ロープウォークエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはロープウォークエリアです。このエリアは高い位置に張り巡らされたロープの上を進んで行くアクティビティで、難易度ごとに12種類のコースがあります。アメリカ社製のアクティビティを日本の屋内アスレチック施設で初導入したここでしかできないアクティビティを楽しむことができます。

ロープウォークエリアの楽しみ方

高いところにあるロープを渡って行くスリリングなアクティビティを楽しめるエリアでコースの最後はジップラインで一気に降りてくるので難しいアクティビティに挑戦したい方や高いところでスリルを味わいながらアクティビティを楽しみたい方向けのエリアです。体を思う存分動かして難しいコースに挑戦してみてください。

平和島アスレチックトンデミのエリア4

クライミングウォールエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはクライミングウォールエリアです。このエリアはクライミングができるエリアで子供でも登れるよう、難易度別に14種類19コースが設置されています。原則装置がついた安全ロープを装着してクライミングをするためどの年齢の人も安心してクライミングを楽しめるエリアとなっています。

クライミングウォールエリアの楽しみ方

このエリアは2人で競い合って登ることができるクライミングがあるなど国内でも最多のコースが楽しめるクライミングエリアになっています。腕をかなり使うアクティビティなので腕に自信がある方やハードなアクティビティを楽しみたい方にお勧めです。

平和島アスレチックトンデミのエリア5

ペダルカートエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはペダルカートエリアです。このエリアはペアダルカートに乗りコース内を走ることができるエリアです。子供に大人気のエリアとなっているため多少混雑する可能性があります。簡単なハンドル操作で走れるためどの年齢の子供でも遊びやすいアクティビティで親子や仲間でも盛り上がれます。

ペダルカートエリアの楽しみ方

このエリアは子供に人気なエリアとなっていて子供でも簡単にアクティビティを楽しめるので多少混雑しますがとても楽しめるエリアです。ペダルカートを漕ぎながらハンドル操作で運転できるので親子や仲間内でレースして楽しむこともできます。

平和島アスレチックトンデミのエリア6

キッズエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはキッズエリアです。このエリアは子供専用のエリアで利用制限があって他のエリアで遊べない子供が遊べるエリアです。身長110cm~190cm、体重20kg~120kgに当てはまらない子供のエリアで、他のアクティビティのキッズ版を楽しめるエリアとなっています。

キッズエリアの楽しみ方

他のエリアのアクティビティを小さくしたエリアがこのエリアなので子供を安心して遊ばせることができます。子供だけのエリアなので安全にも考慮されていて子供が楽しみつつ親も安心できるアクティビティが揃っています。親子で行って子供が他のアクティビティの条件に当てはまらない際は是非利用してみてください。

平和島アスレチックトンデミのエリア7

トランポリンエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはトランポリンエリアです。このエリアはトンデミで一番人気のエリアとなっています。54面200坪の広いエリアが全面トランポリンとなっていてトランポリンで遊びながら体を動かすことができるエリアです。トランポリンでたくさん飛ぶことで体も温まって燃焼できます。

トランポリンエリアの楽しみ方

トランポリンエリアではトランポリンで飛んで遊ぶだけでなくトランポリンの上でドッジボールやバレーボールをすることも可能です。トランポリンでバランス感覚を保ちながら球技をすることでバランス感覚を養いながら体を動かすことができ、体をより燃焼させることができます。

平和島アスレチックトンデミのエリア8

エアーランエリア

次にご紹介する平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」のエリアはエアーランエリアです。このエリアは障害物をかわしながら進むエアーアスレチックです。潜る、避ける、登る、飛び越えるなど様々な動きが加えられたエリアなので色々な方法で体を動かすことができて普段運動不足な方でもかなり運動になるのでお勧めです。

エアーランエリアの楽しみ方

このエリアは40.7mあり長いコースを障害物を避けながら進むので、子供だけでなく大人も楽しめるエリアとなっています。エアーアスレチックなので怪我をする心配もなく安心して遊ぶことができます。大人も子供も関係なくはしゃげるエリアとなっています。

平和島アスレチックの子供の利用対象は?

子供はいつから楽しめるの?

ここでは平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」の利用対象をご説明します。利用対象はスポーツエンタメエリアの利用が年齢関係なく身長110cm以上、体重20kg~120kgまでです。小学生未満の子供には必ず保護者の付き添いが必要なので注意してください。またキッズエリアは年齢関係なく身長120cm以下の子供が利用対象となっています。大人の方は保護者としての入場になり一緒に遊ぶことはできません。0~1歳の子供は値段は無料で入場できますがアクティビティをすることはできません。

保護者1人につき子供何人?

平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」では小学生以下の子供は保護者の付き添いが必要となります。保護者1人につき3人~5人の子供の対応をすることを推奨されています。子供がたくさん利用する場合は大人も1人ではなく数人で行きましょう。また施設にアクセスする際や施設を利用する際は子供からは目を離さないように注意してください。

平和島アスレチックの混雑情報

平日と休日の混雑情報

平和島の屋内アスレチック「平和島トンデミ」はテレビでも紹介されている人気施設のため平日休日共に混雑します。平日は混雑しても比較的営業時間内の枠に空きがありますが休日に行く場合は大変混雑しているため営業時間内の枠に空きがない場合があります。予約をして行く方が確実に入場することができるので休日は特に予約して行くことをお勧めします。また予約も埋まることがあるので早めに予約をして値段を払っておきましょう。

予約なしで行く場合

予約をしないで行く場合は混雑していて枠に空きがないと希望時間に入場することができないことがあります。予約なしで行くときは入場時間の枠が決まっているのでその時間に合わせて行くと案内をしてもらえます。ただし混雑時は行った時間に入場できないこともあるので予約なしで行く場合は時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

平和島アスレチックトンデミの周辺施設

平和島アスレチックトンデミの後は

平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」がある場所の周辺にはショッピング施設やカラオケ施設、温泉施設などがあります。中でもおすすめなのがアクセスしやすい温泉施設の「天然温泉平和島」です。平和島トンデミにはシャワー設備がないので室内アスレチックで遊んで汗をかいた後には温泉で汗を流して帰るというプランがおすすめです。温泉に行く場合は着替えなども持ち物に入れておきましょう。

温泉で疲れを癒して帰ろう

「平和島トンデミ」で体を動かした後は汗を流すだけでなくゆっくりお湯に浸かって疲れを癒しましょう。運動した後はお湯にゆっくり浸かって足や腕などを軽くマッサージしておくと疲れが残りにくく筋肉痛などの緩和になります。運動をたくさんした後は是非アクセスしやすい温泉でゆっくり疲れを癒してから帰ってください。

平和島アスレチックトンデミのまとめ

雨の日でも遊べる平和島のアスレチックトンデミ

今回は平和島の室内アスレチック「平和島トンデミ」について詳しくご紹介していきましたがいかがでしたか?室内アスレチックなので雨の日でも心配することなく遊べますよ。たくさんの楽しみ方ができるアクティビティがあるので是非色々なエリアで遊んでみてください。年齢関係なくアクティビティを楽しめる施設となっています。営業時間や値段は変更になる可能性があるので行く前に営業時間や値段を調べてから行ってください。持ち物もしっかり忘れないようにしてください。3つの最寄り駅からアクセスしやすいので自分がアクセスしやすい駅から行くことをお勧めします。

平和島を楽しもう!

平和島には平和島トンデミ以外にも温泉やショッピング施設、カラオケなどの施設があるので待ち時間や平和島トンデミの営業時間後などに行ってみてください。平和島は海辺にもアクセスしやすいので平和島トンデミとともに平和島を満喫してみてください。

アスレチックが気になる方はこちらをチェック!

今回は平和島の屋内アスレチック「平和島トンデミ」についてご紹介しましたが他のアスレチックの情報が気になる方はこちらが参考になります。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...