ソロキャンプ初心者は読むべし!おすすめの場所〜必須道具までまるっと総まとめ!のイメージ

ソロキャンプ初心者は読むべし!おすすめの場所〜必須道具までまるっと総まとめ!

1人でキャンプを楽しむソロキャンプは自分だけしかいないため気軽にキャンプにいけますが、道具選び、設営場所の選定、テントなどの組み立て、撤収までできるようになっていないと初心者には少し難しいです。今回はそんなソロキャンプについて紹介します。

2020年02月18日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ソロキャンプとは
  2. ソロキャンプの魅力
  3. ソロキャンプの注意点について
  4. ソロキャンプ初心者向けの場所について
  5. ソロキャンプにおすすめのキャンプ場
  6. キャンプ場以外での宿泊について
  7. ソロキャンプ初心者の装備・道具について
  8. ソロキャンプのおすすめの道具・装備1
  9. ソロキャンプのおすすめの道具・装備2
  10. ソロキャンプのおすすめの道具・装備3
  11. ソロキャンプのおすすめの道具・装備4
  12. ソロキャンプのおすすめの道具・装備5
  13. ソロキャンプのおすすめの道具・装備6
  14. ソロキャンプのおすすめの道具・装備7
  15. ソロキャンプのまとめ

ソロキャンプとは

1人を楽しむスタイル

Photo byBen_Frieden

子どもと一緒に家族で楽しむファミリーキャンプ、友達などの仲間と楽しむグループキャンプ、そして1人でキャンプを楽しむスタイルがソロキャンプです。全て自分でしないといけないので、キャンプデビューがソロキャンプというのは大変と言われていますが、テントなどの基本の装備が揃っていると冬以外では初心者でも楽しめる人気のスタイルといえます。

道具と傾向

Photo byFree-Photos

特に決まりはなくファミリーやグループ向けの大型ツールームテントを使ってテントの中でくつろぐという方や、小さなテントを使いタープの下でくつろぐという方もいるでしょう。ソロキャンプの傾向としては少ない荷物で楽しむという方が多いと言われています。バックパックに収まるぐらい少ない道具、荷物にしたり、キャンプ用のテントではなく登山用のコンパクトな装備にしたりして、気がるに行けるところが人気です。

ソロキャンプの魅力

自由自在

Photo byStockSnap

ソロキャンプといえば制限がないところが一番の魅力です。設備が揃っているキャンプ場、自然の中で過ごす野営のように過ごし方から自由に決められますよ。また自分1人なのでソロキャンプの楽しみ方も好きなことをやりましょう。読書、釣り、ゲーム、写真撮影など好きなことを思う存分できますよ。キャンプのスタイルとしても道具を極限まで減らしたミニマムスタイル、ロースタイルやお座敷スタイルなど自在にレイアウトできます。

女子でもソロキャンプできる

女子キャンプというものも認知されてかなりしやすくなりました。また近年では女子ソロキャンプも増えてきて女性目線のテントや道具など各種ギアが発売され、写真映りがいいおしゃれなレイアウトができるように進化しています。ソロキャンプは自由度が高いキャンプスタイルということで性別関係なく突き詰めればきりがないほど自在に楽しめる魅力がりますよ。場所によっては犬を連れて行くこともできます。

好きなものを食べれる幸せ

ソロキャンプにしかない魅力というと家族や仲間がいない分、テントの設営などが大変ですが食事を好きなタイミングで、好きな食材を好きなように調理できる点です。お酒を飲む方なら好きな種類のお酒を自由に飲めるのはソロキャンプだけとなります。缶詰めを使った時短料理から、焚き火を使った本格的な料理まで調理器具にこだわればいろいろな料理ができますよ。

静かなキャンプスタイル

ソロキャンプは静かなスタイルでもあり、静けさを求める方には最も楽しめるスタイルになります。焚き火の音、薪ストーブの音、川のせせらぎ、虫の声などを聴きながら過ごしたいという方には自分一人のソロキャンプがおすすめです。

ソロキャンプの注意点について

1人で楽しむからこそ初心者は大変

Photo by hogeasdf

1人でキャンプをするということで設営から撤収まできちんとできないといけません。例えば大型テントは2人で設営するように作られているものが多いですが、それを1人で設営できないとソロキャンプでの利用は難しく、初心者だと設営だけで20分かかるという場合もありますよ。調理器具もきちんと使えるようになっておかないと事故の原因になったり、ケガをするかもしれません。焚き火も同様に1人で対処できるようになっておきましょう。

ギアが盗られる

Photo byPeggy_Marco

注意しないとギアは盗られやすいです。1人でもフライシートより少しだけ外に靴が見えるように出しておく、ファスナーに鍵をつける、ランタンなどの明かりは消さないようにする、就寝時は椅子などのかるい装備や道具は片付けたり、ロープなどでひとまとめにするなどして、サイトから離れたときでも、誰かいるように見える状態にしましょう。また盗まれやすい場所は過去に盗難が発生した場所、管理人が不在の場所などがありますよ。

ソロキャンプ初心者向けの場所について

1人がお得なキャンプ場もある

Photo by nidate

キャンプ場もソロなら自由に決められますが、ソロ向けのサービスが有ると利用しやすいです。例えばソロ用の料金設定(割引サービス)、ソロ向けの区画などソロキャンプだとより楽しめる場所もありますよ。また割引サービスなどがなくても、ソロキャンプで利用する方が多くなっていることもありファミリーキャンプで人気の場所でも1名で予約できる場所が多いです。

設備は大切

Photo by imgdive

キャンプデビューが1人という方でもしやすい環境は、設備が整っている場所となります。例えば管理人がいるだけではなく遠くまで行かなくても場内にお風呂や温泉がある場所、レンタル品が充実していてまだ持っていないギアは借りられたり、手ぶらでもいい場所がやりやすいです。専用の調理器具がない方はレンタルしてもいいでしょう。

ソロキャンプにおすすめのキャンプ場

みよりふるさと体験村

【住所】栃木県日光市中三依423
【連絡先】0288-79-0262
【アクセス】西那須野塩原ICから車で40分
【備考】予約はHPからとなります。ソロキャンプ向けの料金プランがありますよ。またキャンプをしながらキャンプ場の清掃などの活動をするという形でボランティアスタッフにもなれます。

【公式】 - 日光 中三依温泉 男鹿の湯 − みよりふるさと体験村

佐ヶ野オートキャンプ場

【住所】静岡県賀茂郡河津町川津筏場1585-5
【連絡先】0558-36-8160
【アクセス】 沼津ICより1時間30分
【備考】小川沿いのサイトでひっそりとしたキャンプ場。不便さを楽しむスタイルに向きます。バイク用の料金設定があります。公式HPはなし

水口スポーツの森

【住所】滋賀県甲賀市水口町北内貴230
【連絡先】0748-62-7529
【アクセス】 信楽ICから25分
【備考】公園にあるキャンプ場で格安で泊まれますよ。近くにスーパーや風呂もありソロキャンプデビューにおすすめです。

水口スポーツの森について - 甲賀市水口スポーツの森 | スポーツを通じ健全な地域と未来づくり

Woody & Riverキャンプ場

【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町宇津木303-1
【連絡先】0739-53-0517
【アクセス】 日置川ICより20分
【備考】料金設定に1人からの利用が明記されているのでソロでも行きやすい場所です。なくてもどんなキャンプ場も利用できますが書かれていると生きやすくなりますよね。

ウッディアンドリバーキャンプ場

キャンプ場以外での宿泊について

野営は難しい

Photo by km058

ソロだと初心者でも好きなようにキャンプができますが、河原などでする野営は避けましょう。初心者はキャンプ場でしたほうがいいです。野営だとトイレ、炊事場がない、野生動物と遭遇する可能性が高いことからきちんとキャンプ、アウトドアの知識、経験がないと危険です。どうしてもソロで野営をしてみたいという場合はまずは経験豊富な方と一緒に野営をしてみましょう。なお河原は河川法のもと自由に使えるようになっています。

野営は特に危ない所は避ける

フリーサイトでも同じですが、崖下やくぼんだ所、川辺や湖の近くに設営するのは避けましょう。雨が降ったときに影崩れが起きるかもしれません。またくぼんだ場所は水が溜まり、川辺は急激な増水、ダムからの放流などが考えられますよ。どこでも設営できますが、自分の身は自分で守らないといけない点は常に意識しましょう。

ソロキャンプ初心者の装備・道具について

これだけは揃えておきたい装備・道具

Photo byAnnaliseArt

1人でキャンプをするためには絶対に必要な道具があります。それは居住空間を確保するためのテントとタープ、屋外の寝具となるマットと寝袋(シュラフ)、場所によっては真っ暗ということもあるのでランタンやヘッドライトは必要になりますよ。残りは代用してゆっくり揃えてもいい道具となりますが、椅子はアウトドア用のほうが持ち運びに優れていてどんな場所でも持っていきやすいので早めに揃えておいてもいい道具です。

あると便利な装備・道具

Photo by imgdive

コンパクトテーブル、ガス器具や調理器具、耐火性のある革グローブや焚き火台やカトラリーなどがあるといいでしょう。ただし持ち運べるなら家にあるものでも代用できます。少しずつ揃えると初期投資が押さえられますよ。例えばアウトドア用のカトラリーは折りたたみ式でコンパクトですが、普通の箸やフォークでも代用できます。ガス器具やクッカーなどの調理器具もカセットコンロ、フライパンなどの普通の調理器具で大丈夫です。

初心者にありがちな失敗

初心者の頃は道具を揃えすぎるという失敗が多いです。たくさんあると快適に見えますがソロキャンプだと自分で運搬、設営、セッティングまでして撤収も1人でしないといけません。できるだけ大きな荷物にならないように考えながら用意しましょう。前述したもの以外であると便利なもの、必要なものもあります。

十徳ナイフ(刃物) 着替え
ファーストエイドキット ゴミ袋
虫除け対策(蚊取り線香など) 雨具・防寒着
石けんなど 本などキャンプ中に楽しむもの

ソロキャンプのおすすめの道具・装備1

テント

色々なタイプがありますがソロキャンプでも1人ではなく、2人用のテントがおすすめです。ソロでも使用人数に余裕をもたせることで、雨のときやサイトから離れるときに大切な装備などを中に収納でき隠せます。ファミリー向けのテントだと前室が広いツールームとなりますが、ソロ用では前室が小さいことが多く、荷物を置き場を確保する意味もこめて少し大きめのテントを使うようにしましょう。ソロ用のツールームテントもありますよ。

テンゲルスタンダード

tent-Mark DESIGNS テンゲル スタンダード ヤマブキ
楽天で詳細を見る

ツーリング用のテントでコンパクトですが前室が広めになっていて初心者でも使いやすいスタンダードな形状です。ドーム型ですが高さも最大150cmもあり、高さを評価する声が多いテントですよ。高いと中で着替えるときなども楽になります。テントはいろいろなタイプがありますが、耐水圧が1500mm以上あれば雨の日でも安心できますよ。

カマボコテントソロ

テント DOD カマボコテントソロUL T2-605-BK
楽天で詳細を見る

ツールームテントですが高さは120cmと小型で収納サイズも47×20×高さ20cm、5.4kgとコンパクトにまとまりますよ。前室が広いのでお座敷スタイルならソロ用でもツールームテントとして利用できます。重たいですが、ツーリングにもおすすめです。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備2

タープ

いろいろな大きさがある幕(シート)です。主に日除けとして使いますが、雨でも水が染み込まない高い耐水圧があるので、テントの上に張り屋根として使うこともあります。四角いレクタタープ、五角形のヘキサタープなど形状にも種類がありますがソロキャンプなら持ち運びしやすい小型のものがおすすめです。耐水圧は高いものがいいでしょう。

スクエアタープ

1年保証 タープ テント タープテント ヘキサタープ スクエアタープ 280 x 280cm
楽天で詳細を見る

四角いレクタタープのことをスクエアタープといいます。ソロで使いやすいサイズで張り方をアレンジしやすいスクエア型です。前室があまり広くないソロテントはリビングスペースとしてタープの影を活用するので必ず用意しておきましょう。キャンプ場は意外と影が少ないです。アルミなどのコーティングが施されていて、単なる日除けだけではなくUVカットなどの機能があるとより便利になります。

【送料無料!】BUNDOK ミニヘキサゴンタープUV
楽天で詳細を見る

5角形のヘキサタープです。ソロ用の小型のタイプで張り姿が美しいため人気があります。一般的にタープは化学繊維でできているので火の粉には弱く、リビングスペースとはいえ近くで焚き火をしないように注意してくださいね。タープの下にテントを張る場合大きめのものを用意しないと入り切りません。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備3

寝袋とマット

マットは寝やすくするための道具となり寝袋はアウトドアでの布団となります。寝袋だけでは地面が固く、体が痛くなるので必ずマットと一緒に使うようにしましょう。マットの厚みは5cmほどあれば大丈夫です。寝袋は季節や気温に合った性能のものを用意するというのが基本となり、冬にキャンプをしないのであれば3シーズン用、夏用などになります。

化繊シュラフ

【White Seek 最低使用温度 0℃ 封筒型 寝袋】寝袋 シュラフ
楽天で詳細を見る

寝袋を選ぶときに注意してほしいのは最低使用温度です。紹介した寝袋は0度となっていますが。最低使用温度は使ってはいけない温度となるので実際は5~10度ほどまでしか使えません。最低使用温度に5~10度ほど足して考えるようにしてくださいね。また中綿がダウンだと高価ですが、暖かくコンパクトになります。

マット

インフレーティング ごろ寝マット
楽天で詳細を見る

マットには自分で膨らませるエアーマット、自動膨張式のインフレータブル、発泡樹脂を使ったEVAフォームマットがあります。好きなものを用意するといいでしょう。一番コンパクトになるエアーマット、価格が安いのはEVA、インフレータブルマットはウレタンのマットが入っていて自動膨張式のマットとなります。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備4

ランタン・ヘドライト

家にあるもので代用するとなると懐中電灯となりますが、懐中電灯はライトを向けている方角しか明るくなく周囲を照らせない道具です。ランタンは光量が落ちますが、周囲を照らせられるのでアウトドアに向いています。ヘッドライトは頭に装着することで両手が塞がらず常に、視界を照らしてくれるので便利です。吊り下げるとランタンのようにも使えます。

LEDランタン

LED ランタン 2個セット LEDランタン 充電 充電式
楽天で詳細を見る

初心者の方は熱くならないLEDランタンのほうが使いやすいでしょう。ガスなどの燃料を使うランタンと比べると暗いものが多いので複数用意しておくと安心です。LEDランタンをソロでメインに使用する場合は400ルーメンほどあるといいでしょう。光量が小さくても複数複数使うという方法もあります。また暖色だと雰囲気がよくなりますよ。

ヘッドライト

送料無料 ヘッドライト ヘッドランプ+多機能収納ボックス
楽天で詳細を見る

懐中電灯のように照らせられる方向は決まっていますが、手が塞がらないのでキャンプでは非常に使いやすくなります。テントの照明はランタン、夜にトイレなどに行くときはヘッドライトのように使い分けるといいでしょう。照明は外でも使うので防水になっていると使いやすいですよ。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備5

机・椅子

地面にシートなどを敷いてそのまま座るお座敷スタイル以外のキャンプでは椅子も必要な道具となります。アウトドア用の椅子でも折りたたみ式や組み立て式、高さの違いなどがあります。基本的に机と椅子の高さは合わせましょう。低い椅子なら低い机にしないと使い勝手が悪いです。

チェア

1年保証 アウトドア チェア
楽天で詳細を見る

いろいろな大きさの椅子がありますが、コンパクトなものは非常に小さくなります。座面が高い椅子は高めの机と合わせるようにするといいでしょう。また背もたれの大きな椅子はコンパクトにはなりませんが、体を完全に預けられリラックスできます。また火の粉に強いコットンとの混紡素材のT/Cを使用した椅子もあり、焚き火を楽しむならT/Cがおすすめです。

ロールテーブル

ロールテーブル 専用バッグ付き
楽天で詳細を見る

高さが46cmのアルミの机です。アルミということで軽くロールテーブルはコンパクトになり持ち運びやすくおすすめです。椅子と同じ高さも大切ですが調理器具などをどれくらい載せられるかという耐荷重も大切になりますよ。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備6

調理器具

野外で料理をするために必要なクッカーなどの調理道具は家にあるもので代用できますがかさばりやすいのでアウトドア専用の調理器具があると便利です。またガス器具もカセットコンロで代用できますが風に弱いので、調理器具と同様に専用のバーナーがあると快適ですよ。

クッカー

DUG/ダグ (DG-0206)POT-S ポットS 鍋
楽天で詳細を見る

アウトドア用の調理器具は重ねて収納できるようになっているので、車を使うオートキャンプ以外でも持ち運びやすい特徴があります。チタンを使った高価なものからアルミの安価なものまで色々ありますよ。取っ手が金属のものは熱くなるので注意してください。大小セットのクッカーはフライパンと鍋として使えます。箸などのカトラリーも忘れないよにしましょう。

ガス器具

新富士バーナー(SOTO) レギュレーターストーブ(ガスボンベ1本/点火アシストレバー付きお買い得スタートセット)
楽天で詳細を見る

外で火を使うときにあると便利なアイテムがバーナーです。カセットボンベを使用するタイプの方が便利ですよ。カセットコンロよりコンパクトで持ち運びやすく、簡単に使えるので初心者にもおすすめです。レギュレーターストーブはオプションのシリコンチューブを使うとさらに扱いやすくなりますよ。

ソロキャンプのおすすめの道具・装備7

焚き火台

キャンプグリーブ 焚き火台 たき火台 3分割 ファイアスタンド
楽天で詳細を見る

焚き火台とは焚き火をするときに使う台のことでキャンプ場で焚き火をする場合殆どの場所で必要になる道具です。直火は地面にダメージを与え芝生などが枯れたり火災の原因となります。焚き火を楽しみたいという方は小さな焚き火でもいいので用意しておきましょう。グリルにもなるとソロバーベキューもできます。メッシュタイプだとコンパクトで運びやすくなり便利ですよ。

耐火グローブ

Dellepico 耐火グローブ 耐熱グローブ
楽天で詳細を見る

焚き火をするときや、熱いものを持つときなどに役立つアイテムです。焚き火をするなら用意しておいたほうがいいでしょう。素手でやらないようにするとケガの防止になります。焚き火をするためには薪を忘れないようにしてくださいね。

ソロキャンプのまとめ

初心者でもできるスタイル

ソロキャンプに必要な道具は小さなものが多く、コンパクトにまとめるというのが基本スタイルです。しかしファミリーキャンプもできそうな大きなテントを使ったり、必ず椅子を使うのではなくお座敷のように地面すわったりといろいろなスタイルがありますよ。コンパクトで軽いものが多いのでテントから離れる際は調理器具などの小物を盗られないように注意してくださいね。テントの設営ができるようになってキャンプに行きましょう。

キャンプスタイルが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプスタイルに関する記事があります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumbおしゃれなキャンプスタイル9選!人気&流行りスタイルのポイントも解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプにはその時代によって流行りのスタイルがあります。今話題の一人キャンプ、さらに日帰りの...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ