【登山×キャンプ】初心者にもおすすめ!テント泊に最適な山のテント場13選!のイメージ

【登山×キャンプ】初心者にもおすすめ!テント泊に最適な山のテント場13選!

名だたる名峰の迫力の景色と登山魅力な、山岳でのテント泊が人々を虜にしています。各山々には高原のテント場があり、初心者や子連れでも登山とキャンプがしやすい場所や、お風呂付きの居心地良い名所も。春も夏も登山で気軽に訪れたい、おすすめの山のキャンプ場情報です。

2020年02月08日更新

はぐれ猫
はぐれ猫
都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 登山とテント泊の組み合わせの魅力
  2. 登山で訪れるおすすめキャンプ①(福島)
  3. 登山で訪れるおすすめキャンプ②(群馬)
  4. 登山で訪れるおすすめキャンプ③(埼玉)
  5. 登山で訪れるおすすめキャンプ④(新潟)
  6. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑤(長野)
  7. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑥(長野)
  8. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑦(長野)
  9. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑧(長野)
  10. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑨(山梨)
  11. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑩(山梨)
  12. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑪(奈良)
  13. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑫(徳島)
  14. 登山で訪れるおすすめキャンプ⑬(大分)
  15. 初心者から登山×キャンプで楽しもう

登山とテント泊の組み合わせの魅力

山岳の絶景の中でテント泊

新鮮な空気と雄大な景色に包まれている山岳での登山とキャンプは、日常から離れて訪れる人の心を満たしてくれる過ごし方です。山では周囲の自然と夜空の星々の絶景に囲まれるので、気分転換やストレス解消にもうってつけ。いろんな山の施設で、テント泊できるおすすめテント場を用意しています。

温泉や食堂など設備充実な場所も

数々の名だたるテント場の中には、施設の面で充実する場所が珍しくありません。登山の後にはお風呂の入浴ができたり、キャンプ中に美味しいごはんを味わえる施設までも見つかります。関東や日本アルプスなどでたどり着いたテント場が、過ごしやすさ抜群だったりしたらもう帰りたくなくなるかもしれません。

子連れや初心者が訪れやすい場所も

かなり標高ところまで登山を決行した末、到着するキャンプがあります。その反面、初心者や子連れで難なく訪れられるテント場も各地には出揃っています。夏山の気軽な登山とテント泊は苦労が少なく、今後の本格アウトドアの練習にもぴったり。子供の登山・キャンプの練習目的にも最適です。

登山で訪れるおすすめキャンプ①(福島)

尾瀬燧(ひうち)小屋 見晴キャンプ場

夏が来れば思い出してしまう尾瀬ヶ原で、テント泊を楽しみたいのが燧小屋の見晴キャンプ場。ここは福島南西部の尾瀬国定公園にあり、燧ヶ岳のふもとで湿地に接する場所。至仏山近くの鳩待峠から登山すれば、谷あいの道と湿原の木道を歩く絶景コースとなり、わずか2時間で到着するので初心者向きです。

見晴キャンプ場のテント泊

高原の見晴キャンプ場は標高1,400m地点で、周囲をブナ林に囲まれた環境です。春の新緑の頃からテント泊ができ、初夏のミズバショウの咲く頃になると登山者も多くなります。燧小屋はヒノキのお風呂があるのも人気の秘密で、舞茸ご飯や檜枝岐(ひのえまた)そばなど名物料理を食べるのも楽しみです。

基本情報

【所在地】福島県南会津郡檜枝岐村字燧ケ岳
【電話】090-9749-1319
【期間】4月下旬~10月末
【アクセス】群馬側:尾瀬各地の駐車場から関越交通乗り合いバスで鳩待峠ヘ向かい登山(上り2時間)。福島側:会津高原尾瀬口駅から会津バスで沼山峠へ向かい登山(上り2時間)。

尾瀬燧小屋

登山で訪れるおすすめキャンプ②(群馬)

山ノ鼻キャンプ場

もし尾瀬ヶ原に初心者や子連れが登山を決行するなら、山ノ鼻キャンプ場も選びたい場所。こちらは至仏山を望む尾瀬ヶ原の西にある施設で、キャンプ中に使える施設が整っていることも魅力的です。鳩待峠からは谷あいをわずか1時間だけ登山してたどり着くので、子供の登山の練習にも良さそうです。

山ノ鼻キャンプ場のテント泊

最大50張の広さがある山ノ鼻キャンプ場は、春から秋にかけて装いを変えるブナ林も綺麗な場所です。隣接している至仏山荘でお風呂に入ることもできるし、cafe & Bar至仏で豚汁を食べたり、夏はアイスを味わうなどのグルメの楽しみも。目の前の木道を歩けば尾瀬ヶ原もすぐで、登山の苦労もありません。

基本情報

【所在地】群馬県利根郡片品村大字戸倉898‐9
【電話】080-3737-4583
【期間】‐
【アクセス】尾瀬各地の駐車場から関越交通乗り合いバスで鳩待峠へ向かい登山(上り1時間)。

環境省 尾瀬国立公園

登山で訪れるおすすめキャンプ③(埼玉)

雲取山荘

もし都心方面から登山×キャンプを行うなら、手っ取り早いのが雲取山です。富士山や関東平野も眺望できる標高2,017mの山頂近くには雲取山荘があり、50張のテント場を備えています。登山は埼玉、東京など関東の多方向から可能ですが、5時間を超えるロングコースになるので初心者も体力が必要です。

雲取山荘のテント泊

尾根道に沿って地面が砂利なテント場は細長く伸びた形で、関東で降雪のある冬に登山してもキャンプできるのが魅力。山頂から離れた場所は樹木が覆って夏はテントから眺望が期待できませんが、雲取山荘では朝から夜まで料理を提供していて、山頂での食事も格別です。

基本情報

【所在地】埼玉県秩父市野坂町2丁目13‐3
【電話】0494-23-3338
【期間】
【アクセス】東京:奥多摩駅からバスで鴨沢バス停向かい登山(上り5時間半)。埼玉:西武秩父駅からバスで三峯神社バス停へ向かい登山(上り5時間20分)。

雲取山荘ホームページ

登山で訪れるおすすめキャンプ④(新潟)

蓬(よもぎ)ヒュッテ

冬は雪深くなる谷川連邦も、春から秋には関東からの初心登山者も多い絶景の地。主峰の谷川岳の近くには蓬ヒュッテがあります。近年に新築されたばかりの真新しい施設は標高1,529mにあり、初心者のキャンプにも良い場所です。最短の登山は、近くの土合駅から湯檜曽川をさかのぼってたどり着きます。

蓬ヒュッテのテント泊

樹木のない独特なはげ山風景の中に蓬ヒュッテのキャンプ地があり、遠方までの山岳風景は見事です。テントを張れる場所は高山植物の隙間の限られたスペースですが、登山シーズンにはかなりの人気です。お風呂はないですが、バイオトイレ、蚕棚ベッドなど新しい設備が使えます。

基本情報

【所在地】〒949-6103 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽
【電話】025-787-3268
【期間】春~秋
【アクセス】JR上越線の土合駅から登山。

登山情報 湯沢町

登山で訪れるおすすめキャンプ⑤(長野)

高見石小屋

白駒の池や天狗岳などの名勝が出揃う北八ヶ岳では、高見石小屋がキャンプの注目どころ。関東からも間近な標高2,300mの小屋からは中央アルプスの絶景が見られ、真冬の山岳スキーの中心地にもなります。麦草峠のバス停で降りたら高見石小屋まで120分の登山なので、初心者にも子連れにもおすすめです。

高見石小屋のテント泊

手ぶら宿泊できる屋内空間も魅力な高見石小屋では、10張のテント泊スペースを用意しています。小屋の近くのサイトは冬も利用可能で、丸太のテーブルや椅子もお供にできます。キャンプ中には山菜ラーメンや揚げパンなど名物グルメを味わい、天狗岳までの登山や天体望遠鏡の星空観測など魅力だらけです。

基本情報

【所在地】長野県南佐久郡小海町
【電話】0467-87-0549
【期間】通年(冬季は不定休)
【アクセス】JR茅野駅からバスで麦草峠へ向かい登山(上り120分)。

高見石小屋

登山で訪れるおすすめキャンプ⑥(長野)

白馬鑓(はくばやり)温泉小屋

天上の絶景露天風呂があるとして密かに話題なのが、白馬鑓温泉小屋。北アルプス鑓ヶ岳の標高2,100m地点にあって人里から隔絶された場所には、見事な風景と温泉を求めて関東からも登山客がやって来ます。テント場では、戸隠連峰や関東山地を眺めながらの清々しいキャンプが始まります。

白馬鑓のテント泊

斜面のテント場は公式では15張程度と言いますが、春から夏の休日には30張以上のテントと登山客でごった返します。白馬鑓温泉と名のある絶景露天風呂は、天然湧出量日本一の源泉かけ流しで心も洗われるよう。キャンプ中には朝食や夕食のほか、カフェをいただけるので初心者も納得します。

基本情報

【所在地】長野県北安曇郡白馬村大字北城 山国有林121ル林小班
【電話】0261-72-2002
【期間】‐
【アクセス】JR大糸線の白馬駅から登山(上り4時間)。

白馬鑓温泉小屋

登山で訪れるおすすめキャンプ⑦(長野)

森のリゾート小梨

いまや北アルプスの象徴にもなった上高地では、色んな楽しみが集まった森のリゾート小梨が見逃せないところ。穂高岳の絶景が見事な河童橋の近くのキャンプ場は、お風呂やお食事処にも恵まれています。バス停からの登山道はわずか700m程度で負担がなく、子連れでキャンプの練習にも良いところです。

森のリゾート小梨のテント泊

リゾートの一角をなすキャンプ場には、おしゃれ感いっぱいなケビンの施設も並んでいます。常設テントは春から夏に限定の施設で、キャンプ練習にもぴったり。テント場はかなりの広さで、レンタルギアも充実します。登山者も立ち寄るショップでは、和菓子からBBQ食材までも入手できるのも魅力です。

基本情報

【所在地】長野県松本市安曇上高地
【電話】0263-95-2321
【期間】通年
【アクセス】上高地バスターミナルから登山(15分)。

森のリゾート小梨

登山で訪れるおすすめキャンプ⑧(長野)

西穂山荘

峻険な山岳が続く北アルプスの西穂山荘は、近隣のエリアでも数少ない通年営業の山小屋です。標高2,367mにも達する山小屋ながら、新穂高ロープウェイで登山ができるから初心者向きです。夏休みも関東から子連れでも行きたい、キャンプと絶景とお食事の楽しみが揃っています。

西穂高山荘のテント泊

山荘前に広がるテント場は30張ほどの広さがあって、キャンプしてみれば常に北アルプスの雄大な景色に満ちています。穂高岳の登山をするなら、春から冬まで営業するレストハウスでの腹ごしらえが大切です。名物の西穂ラーメンが一番人気で、喫茶店としての利用もできます。
 

基本情報

【所在地】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂字獄715
【電話】0263-95-2506
【期間】通年
【アクセス】新穂高ロープウェイの西穂高口駅から登山(上り1時間30分)。

西穂山荘

登山で訪れるおすすめキャンプ⑨(山梨)

富士見平小屋

まるで古代遺跡だと形容される五丈岩を目指すなら、富士見平小屋もおすすめ。関東に近い山梨の奥秩父山塊の山小屋は、瑞牆(みずがき)山や金峰山などの登山の名所がぎっしり。キャンプ中に名物グルメも食べられるし、山間部の駐車場から40分の登山コースで、子連れにも登山練習にもおすすめです。

富士見平小屋のテント泊

飯森山の尾根にある富士見平小屋には、100張ほどの面積のあるキャンプ地が広がっています。テント泊中には山小屋の食堂で、名物のシカやイノシシのソーセージや天然キノコうどんを食べられるのも楽しみです。近隣で子連れの登山練習にするなら、桃太郎岩や大日岩の見どころにも迫ってみてください。

基本情報

【所在地】山梨県北杜市須玉町小尾
【電話】090-7254-5698
【期間】通常営業:4月1日~1月3日(平日休業あり)、冬季:1月~3月末
【アクセス】中央自動車道須玉ICからみずがき山荘駐車場へ向かい登山(上り40~50分)。

富士見平小屋

登山で訪れるおすすめキャンプ⑩(山梨)

大門沢小屋

幾多の山小屋が見つかる南アルプスの山中で、キャンプできる場所の1つが大門沢小屋。昭和40年に建てられた山小屋は今も標高1,765m地点に健在で、正面に富士を眺める絶景があります。お風呂は無いもののシャワーは完備していて、奈良田温泉郷からの登山は初心者にも無理がなく比較的短時間です。

完全に樹林の中に溶け込むようなテントサイトが、大門沢小屋の最大の特徴です。約40張ほどの広さがあって、キャンプでは南アルプスの眺望の良さも得られます。夏に登山してたどり着いたら、名物の杵打ち麺やカレー、そして時にはイワナの塩焼きまでも食べられる日に遭遇します。

基本情報

【所在地】山梨県南巨摩郡早川町奈良田354
【電話】090-7635-4244
【期間】7月1日~10月中旬(冬季は避難小屋として開放)
【アクセス】JR身延駅からバスで奈良田バス停へ向かい登山(上り4時間30分)。

大門沢小屋

登山で訪れるおすすめキャンプ⑪(奈良)

葛城高原ロッジ

古来より信仰された葛城山の頂上に行けば、大阪から一番近い登山×テント泊のスポットがあります。標高959mの葛城高原ロッジは、お風呂が気持ちよく、大阪・奈良の山も都市の夜景も讃えられる場所。葛城山ロープウェイを使い、初心者の楽ちん登山&キャンプや子連れの登山練習でも必見です。

葛城高原ロッジのテント泊

山頂は春に無数のツツジを咲き誇らせ、秋には黄金色のススキで清々しい風景を見せてくれます。テント泊の場所はそんな風景に寄り添うキャンプ場で、南北に連なる金剛山地の登山もしやすい立地。天然石温泉のお風呂に入浴するのはもちろん、白樺食堂で名物かも丼を食べるのも忘れられません。

基本情報

【所在地】奈良県御所市大字櫛羅2569
【電話】0745-62-5083
【期間】通年
【アクセス】葛城山ロープウェイの葛城山駅から登山(上り10分)。

葛城高原ロッジ

登山で訪れるおすすめキャンプ⑫(徳島)

一ノ森ヒュッテ前

昔から四国の徳島の象徴であり続けた剣山(つるぎさん)は、実は初心者や子連れでも登山しやすいルートがあることでも知られます。頂上に登山リフトが通るためで、樹木のない絶景の山頂にはヒュッテや神社の姿も。山岳キャンプの候補といえば、山頂駅から2km尾根を歩いた先の、一ノ森ヒュッテ前が見逃せません。

一ノ森ヒュッテ前のテント泊

標高1,879mに達する一ノ森は剣山の東側の尾根にあたり、山頂部におしゃれヒュッテが建っています。ヒュッテ前は見通しが良い環境であり、植物の間にお邪魔するようにテントを張る姿が見られます。一ノ森ヒュッテは宿泊しなくてもお食事が頂ける場所で、登山×キャンプで訪れてみたいところです。

基本情報

【所在地】徳島県美馬市木屋平571
【電話】0883-53-5911
【期間】4月下旬~11月上旬
【アクセス】徳島市街から国道439号を車かバスで剣山へ。剣山登山リフトに乗って、西島駅から登山(上り20分)。

美馬市 観光情報 市営一の森ヒュッテ

登山で訪れるおすすめキャンプ⑬(大分)

法華院温泉山荘

ボコボコと無数の火口がひしめく九重連山は、大分屈指の観光地です。火山に囲まれた盆地の絶景の中に法華院温泉山荘がたたずんでいます。温泉としては日本一の標高(1,303m)が特徴的で、ここは登山とキャンプで訪れる名所。長者原の駐車場からの道のりは2時間で、初心者向きな登山となります。

法華院温泉山荘のテント泊

山荘に接するテント場にはウッドデッキのサイトもあって、寒い冬~春のテントの居心地を上昇できます。登山・キャンプの合間に利用したい売店では、食べる甘酒&甘酒ヨーグルトや、ココナッツカレーなど名物グルメも味わいたい逸品。疲労に効き目があるお風呂は、早朝からも入浴したいところです。

基本情報

【所在地】大分県竹田市久住町大字有氏1778
【電話】090-4980-2810
【期間】通年
【アクセス】長者原交差点の長者原駐車場から登山(上り2時間)。

法華院温泉山荘

初心者から登山×キャンプで楽しもう

登山キャンプの練習の目的にも

清涼な空気と風景を感じ取りながら時を過ごせるキャンプ場は、関東周辺を始めとして全国に見つけられます。初心者や子連れ向けの施設なら登山・キャンプの練習目的にもちょうどよく、アウトドアの経験を積んでレベルを高められそう。春夏秋冬、お風呂もある魅力的なテント泊を実行してみたいですね。

練習が気になるかたはこちらもチェック!

当サイトでは登山とキャンプの練習を兼ねて行ってみたい、難易度の低い初心者向けスポット情報もまとめています。春や夏のシーズン、関東でお風呂と共に登山練習を希望するもチェックしてみてください。

Thumb【手ぶらでOK】関東のおすすめキャンプ場11選!初心者でも手軽に行ける場所はここ! | 暮らし~の[クラシーノ]
関東地方で手ぶらキャンプができるおすすめキャンプ場をご紹介しましょう。キャンプやバーベキュー...
Thumb[全国]冬山登山の初心者におすすめしたい冬でも登れる山11選!注意点も! | 暮らし~の[クラシーノ]
全国には初心者におすすめしたい冬山登山用の山がたくさんありますがいずれも冬山登山は夏とは比べ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ