【2019】ロックフィッシュ向けリールおすすめ8選!スピニングとベイトを合わせてご紹介!のイメージ

【2019】ロックフィッシュ向けリールおすすめ8選!スピニングとベイトを合わせてご紹介!

ロックフィッシュ向けリールのおすすめ8選です。入門向けとして検討しやすい価格帯のアイテムから、スピニング、ベイトのおすすめを紹介しています。ハードロックフィッシュまで使える製品がメイン!ハイコスパなリールをゲットして、ロックフィッシュゲームを始めましょう!

2019年12月29日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ロックフィッシュリールのおすすめをご紹介!
  2. ロックフィッシュ向けのリールはこんなリール!
  3. ロックフィッシュ向けリールのおすすめ8選!
  4. 1.シマノ「19 スフェロス SW」
  5. 2.シマノ「19 ストラディック」
  6. 3.ダイワ「19 レグザ」
  7. 4.ダイワ「18 ブラスト LT」
  8. 5.アブガルシア「18 ビッグシューターコンパクト」
  9. 6.シマノ「19 スコーピオン MGL」
  10. 7.ダイワ「20 タトゥーラ SV TW」
  11. 8.ダイワ「16 HRF PEスペシャル」
  12. ロックフィッシュリールを見つけてタックルを揃えよう!

ロックフィッシュリールのおすすめをご紹介!

おすすめのリールをまとめてチェック!

ロックフィッシュ向けリールのおすすめ8選!手ごろな価格のアイテムから、おすすめのスピニング、ベイトリールを紹介しています。ロックフィッシュ入門にはハイコスパかつパワフルな1台が不可欠!不意の大物を逃さない、信頼できる1台を見つけましょう!

ロックフィッシュ向けのリールはこんなリール!

剛性重視で選ぶのがおすすめ!

ロックフィッシュ

出典: https://www.flickr.com

ライトではなくハードに、ハタ、アイナメといったパワフルなターゲットを狙うなら、リールは剛性やパワーを重視して選ぶのがおすすめ。アベレージサイズ、釣り場の条件等によって必要な強度は異なりますが、磯で大物を掛けるところまで想定するのであれば、4000番クラスにPE1.5号程度がおすすめの構成です。各メーカーとも軽さを重視したタイプ、強さを重視したタイプと展開しているので、まずは剛性、パワーといったキーワードを目安にモデルを探してみましょう!

スピニングとベイトはどちらがおすすめ?

スピニングとベイトの選択は好みが分かれるところ。それぞれのメリットとデメリットを簡単にチェックしておきましょう。スピニングはトラブルが少なく、タフコンディション、初心者の方でも投げやすいというのが最大のメリット。ドラグの滑りがよく、細糸+軽量リグの組み合わせと相性がいいリールです。ベイトは逆の特性を持っており、太糸+ヘビーリグと相性抜群。フロロの太糸を使いたい場合はベイト1択になります。バックラッシュの不安がつきまとうものの、ボトムがとりやすい、高負荷なドラグ設定で使えるといったメリットから、慣れている方はベイトを選択している方が多いです。流れが弱い港内でライトリグがメイン、という方はスピニング、磯でヘビーリグメイン!という方は、ベイトリールをチェックしてみましょう!

ロックフィッシュ向けリールのおすすめ8選!

おすすめのロックフィッシュ向けリールをご紹介!

ロックフィッシュ向けから入門向けのモデルをピックアップ!初めての1台にもおすすめできる、コスパに優れたリールをまとめてご紹介します。ハードに遊ぶなら、強さ重視でミドルクラス!1万円クラスのアイテムも登場するので、予算を抑えたい方も是非チェックしてみてください!

1.シマノ「19 スフェロス SW」

シマノのハイコスパSWモデル!

2019年新製品!シマノの入門向けSWモデルです。スタンダードなスピニングリールよりも高負荷な釣りを想定して作られているモデルで、大型まで狙える磯のロックフィッシュゲームにおすすめ。ライトショアジギング等、他の釣りにも流用しやすいです。巻き心地等はクラス相応ですが、耐久性と価格のバランスはピカイチ!予算を抑えながら始めたい方におすすめです!

「19 スフェロス SW」のインプレをチェック!

シマノ(SHIMANO) 19 スフェロスSW 4000HG
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ラインローラーのベアリング、巻き心地等、気になる点は数あるものの、補って余りある価格とSWの強さが魅力の1台。インプレも価格を考えれば十分か、という内容が目立ちます。あくまでも入門機という立ち位置なので、予算を抑えたい初心者の方、磯でガンガン使えるモデルをお探しの方におすすめ。買い替えを視野に入れながら選べる実売価格が大きな魅力です。

充分でしょ!
いろいろ釣れてます!(^_^)v

2.シマノ「19 ストラディック」

シマノ期待の新製品!

売れに売れた「ストラディック」の2019年モデルです。最大の魅力であった価格と性能のバランスは最新作でも健在で、ロックショアジギングに必要な剛性感、パワーも十分。荒磯で大物を、という釣りにはSW機ですが、堤防やライトな磯での釣りなら十分な性能を発揮してくれます。SW機よりコンパクトので、初心者の方でも扱いやすいです!

「19 ストラディック」のインプレをチェック!

シマノ(SHIMANO) 19ストラディック 4000MHG
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の高かった「15 ストラディック」から乗り換えた方のインプレです。巻き感、ガタ付きは進化を感じる、という内容で、何でも使えるタイプのスピニングをお探しの方にはおすすめしやすい1台。ハイコスパ、オールラウンドといった特性が色濃く表れています。釣り初心者の方にはちょっと高めの1台ですが、使いまわせる範囲はワイド!ステップアップ後も楽しく遊べるスペックです!

15ストラディック4000HGMを3年使用し、19の同番手を購入しました。
部屋の中で旧型と新型を手で保持して回して比較した感じでは、Mモジュールの恩恵は全く感じられなかったのですが、フィールドで使用してみると、ガタツキが少なく、回転も確実に滑らかになっている。…正常進化です。

3.ダイワ「19 レグザ」

高剛性タイプのLTスピニングリール!

LTシリーズに仲間入りした、高剛性タイプの新作スピニングリールです。タフなメタルのボディが魅力の1台で、ロックフィッシュゲームにピッタリの特性を持っています。自重自体は若干重めですが、安心感のある強さで大物とのファイトも安心!使いやすい4000Sから、太いラインを選べる5000Dまで揃っています!

「19 レグザ」のインプレをチェック!

【ダイワ】 19 レグザ LT4000S-CXH 【2019年発売モデル】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

刷新された新ボディで、メタル素材でも旧モデルよりも自重は軽め。新製品で並べると重く感じますが、LTらしい軽さと相応の剛性、パワーを持っています。実釣での頼もしさもバッチリ!タフに使える手ごろな価格の1台として、是非チェックしてみてください!

樹脂より軽いメタルボディとは、LTコンセプトを垣間見れたと感じました。上位機種からみると削がれている機能もありますが、実釣でガシガシ使える頼もしい相棒です。今のところ不具合無く、ゴリ巻きにも耐えて不満は全く無いですね。

4.ダイワ「18 ブラスト LT」

大型番手も選べるハイパワーな1台!

5000、6000と大型の番手が用意されている、ダイワの大型スピニングリールシリーズです。先ほどご紹介した「19 レグザ」よりもワンランク上のグレードとなるモデルで、スプールやスプール軸のベアリング等、大物とのファイトを更にスムーズにしてくれるようなパーツが追加されています。価格はミドルクラス、25,000円程度なので、初心者の方よりも使用感、大物とのファイトを優先したい釣り経験者の方におすすめ。磯からロックフィッシュゲームを始める初心者の方にももちろんおすすめです!

「18 ブラスト LT」のインプレをチェック!

18 ブラスト LT5000D-CXH 65103 ダイワ リール スピニングリール
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは使用感について。LTコンセプトの採用で大型でも軽く、コンパクトながらパワーも十分。青物を掛けても気持ちよくやり取りができます。ダイワのリールから入門向けとして検討できる価格帯、SWクラスのパワーモデルを選びたい方にピッタリ!磯のロックフィッシュゲームには、このクラスのスピニングを用意して出かけましょう!

とても軽いので疲れません。
華奢なのに、思った以上にパワーがあり満足してます。青物ガンガン引っ張れます!

5.アブガルシア「18 ビッグシューターコンパクト」

ハイバランスな定番ベイトリール!

ここからはベイトリールのおすすめをご紹介。1台目は、ベイトリールらしいタフな使用感を楽しめる、アブガルシアのNEWビッグシューターコンパクトをご紹介します。ソルト対応はもちろん、PE2号が200m以上入る十分なキャパシティ、剛性を重視したボディにブラスギアとロックフィッシュゲームとの相性は抜群。アブガルシアはロッド、ルアーともロックフィッシュゲームジャンルで人気が高く、一式統一して揃えたい方にもおすすめできます。生まれ変わった名作で、パワフルな釣りを楽しみましょう!

「18 ビッグシューターコンパクト」のインプレをチェック!

アブガルシア:REVO ビッグシューターコンパクト8 (18モデル)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

初めてのベイトリールに「18 ビッグシューターコンパクト」を選んだ方のインプレです。PEライン使用時も、ブレーキセッティングとサミングでトラブルはほとんどナシ。飛距離についても問題なく、新作らしい性能を楽しめそうです。強めのロッドと合わせて、ビッグシューターコンパクトの性能を楽しんでください!

初めてのベイトリールに購入しました。PEの1.5号を200m巻いて使用しています。メカニカルブレーキをギリギリかたつかない程度に締めてマグブレーキをミニマムに設定していますがサミングさえしっかりしていればトラブルはほとんどありません。ちなみに7グラムのペンシルは同じラインのスピニングタックルとほぼ同等の飛距離です。重いルアーを使うのであればマグブレーキをもう少し強めた方がいいかと思います。

6.シマノ「19 スコーピオン MGL」

新スコーピオンはロックフィッシュにもおすすめ!

新マグナムライトスプール、マイクロモジュールギアを採用しつつ2万円クラスに価格を抑えた、シマノの新しいスコーピオンです。ラインキャパシティは16lb100mで、PEラインを巻いてもバッチリ。多少ルアーウェイトを落としてもキャスタビリティを損なわない、新スプールの性能が魅力的です。巻きでの使用感は抜群!リトリーブ系でハタを攻める釣りにピッタリの1台です!

「19 スコーピオン MGL」のインプレをチェック!

シマノ スコーピオン MGL 150HG RIGHT(右)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは使用感についてです。重量級のルアーを使う釣りとの相性は抜群で、巻き性能も問題ナシ。コスパの高さを楽しめる内容になっています。伝統のスコーピオンカラーについては好みが分かれる、という意見が多いので、ロッドやラインのカラーもイメージしながら検討してみてください。リールと合わせて展開されたレッドカラーのロッド、「スコーピオン」もコスパ抜群です!

重量物を投げるのには素晴らしいリールです、巻き心地も悪くないです♪

飛距離を稼げないルアーで使用時は、多少不満ありますが決して悪くないです。

コスパ抜群!!

7.ダイワ「20 タトゥーラ SV TW」

SVスプールで遊びやすい!

名作「タトゥーラ SV TW」が2020年リニューアル!ややライトな釣りに合うベイトリールをお探しの方におすすめの新「タトゥーラ SV TW」をご紹介します。評価の高かったコンセプト、バランス感はそのままに、ベアリング数追加でコスパ感がアップ。スプールは1mm小さくなって、ライトルアーへの適性がアップしています。堤防で軽めも使う、というスタイルの方におすすめ!バックラッシュが少ないSVスプールで、初心者の方にもおすすめしやすい1台です!

「20 タトゥーラ SV TW」のインプレをチェック!

ダイワ(Daiwa) 20TATULA(タトゥーラ) SV TW 103XH
楽天で詳細を見る

ダイワプロスタッフ、佐々木勝也氏のツイートをご紹介。若干ではあるもののスプール径が小さくなったことで、軽めのルアーがさらに投げやすくなった、とコメントされています。7gクラスから1oz程度まで、1台で幅広く対応可能!アンダー2万円クラスの価格設定と合わせて、コスパは抜群です!

8.ダイワ「16 HRF PEスペシャル」

PEラインが不安な方にはコレがおすすめ!

ベイト+PEラインの組み合わせで注意したい、糸噛みを構造から低減してくれる専用ベイトリールです。レベルワインダーの駆動をPEラインに適した設定、スタンダードなベイトリールの約2倍程度とすることで、ラインに角度を付けて食い込みを防止。ブレーキセッティングもPEに合わせた構成で、ロックフィッシュゲームで出番の多い1ozクラスが気持ちよく飛ぶ設計です。PEラインしか使わない、ロックフィッシュ専用の1台には特におすすめ!流用を考えなければ、初心者の方にもおすすめできるアイテムです!

「16 HRF PEスペシャル」のインプレをチェック!

ダイワ(Daiwa) HRF PEスペシャル 7.3L-TW 左巻き
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは特性であるPEラインの使い心地についてです。コメントで触れられている「クロスラップ」は、並行ではなく角度を付けながら巻き取る巻き方。「16 HRF PEスペシャル」がレベルワインダーの稼働速度を上げて再現している巻き方になります。独自形状のレベルワインダーと合わせて飛距離もバッチリ!ファイト時のドラグ設定、根掛かり時など、ラインが食い込むタイミングを把握していれば回避できるトラブルではありますが、避ける動作を手癖にするのは難しい!少しでもトラブルを低減したい初心者の方は、専用モデルを試してみてください!

ベイトリールでPEを使う時の問題点をクロスラップとTWSで上手く対策してあると思います
スプールにラインが食い込みにくく、飛距離も出ます

ロックフィッシュリールを見つけてタックルを揃えよう!

リールをゲットしてロックフィッシュを攻略!

掛けた直後のやり取りが大きなポイントとなるロックフィッシュゲーム。リフト力のあるロッドはもちろん、リールにも強引な巻きに対応できる強さが必要になります。スピニング、ベイトともミドルクラスの高剛性モデルなら安心感抜群!不意の大物を掛けた瞬間、不安感無く巻き上げられる、ハイパワーなリールを用意しておきましょう!

ロックフィッシュが気になる方はこちらもチェック!

ロックフィッシュ向けのアイテムが気になる方は、下記のリンクをチェック!シマノ、ダイワを中心に人気アイテムをまとめた、おすすめロッド8選と、ロックフィッシュに効くルミカ「プニイカシリーズ」をご紹介します。「プニイカシリーズ」は匂い付きかつ光って誘うイカ型ワーム!デイゲーム、ナイトゲーム両対応のおすすめワームです。こちらも是非合わせてチェックしてみてください!

Thumb【2019】ロックフィッシュ向けロッドおすすめ8選!冬はロックフィッシュを楽しもう! | 暮らし~の[クラシーノ]
ロックフィッシュロッドのおすすめをまとめてチェック!入門向けとして検討しやすい価格の製品を中...
Thumbルミカ「プニイカシリーズ」!光と匂いでロックフィッシュ攻略! | 暮らし~の[クラシーノ]
プニイカシリーズは、ルミカのイカ型ワームです。匂い付きマテリアルとケミホタルの発光で、イカを...

あなたへのおすすめ