シマノの黒鯛リールおすすめ9選!釣り方別に最強リールを徹底解説!のイメージ

シマノの黒鯛リールおすすめ9選!釣り方別に最強リールを徹底解説!

シマノのおすすめ黒鯛用リールのまとめ記事です!多彩な釣り方が存在する黒鯛。チニングをはじめ、釣り方を解説しつつ最適なリールをご紹介しています。購入の決め手となる評判や人気と黒鯛釣りの名手のタックルインプレも併せて掲載!シマノのリールを探す際にお役立て下さい!

2020年02月11日更新

toshiaki3000
toshiaki3000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 黒鯛釣りの特色を知ろう!
  2. 黒鯛の釣り方とリール解説1
  3. 黒鯛の釣り方とリール解説2
  4. リール部品の知識で理解度をアップ!
  5. シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編①
  6. シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編②
  7. シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編③
  8. シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編④
  9. シマノの最強黒鯛リールの解説:ダンゴ釣り編①
  10. シマノの最強黒鯛リールの解説:ダンゴ釣り編②
  11. シマノの最強黒鯛リールの解説:ヘチ釣り編
  12. シマノの最強黒鯛リールの解説:フカセ釣り編
  13. シマノの最強黒鯛リールの解説:投げ釣り編
  14. リールを整備して長く使おう!
  15. シマノの最強黒鯛リールまとめ

黒鯛釣りの特色を知ろう!

黒鯛とは真鯛の仲間の一種です。体長は最大50㎝にまで成長する魚で、体色が黒っぽいのが特徴。また、黒鯛の名前の由来ともなっています。生息域は幅広く、堤防や磯、河口付近、果ては河川の下流にまで姿見せます。歯が丈夫で悪食なため、魚類を始め甲殻類や貝類、虫類まで何でも食べる食性が有名です。

地域性のある黒鯛の釣り方

人間に近い水域に姿を見せるだけあって、黒鯛は古くから釣り対象魚として知られています。日本全国で見られるので、地域性のある釣り方が各地で見られます。釣り方の中には見慣れない道具やリールを使うこともあり、その釣り方に挑む前に使い方や特徴を理解する必要があります。

黒鯛の釣り方とリール解説1

チニング向けリールの使い方

チニングとは、防波堤や磯、河口部などでルアーを使って黒鯛を狙う釣り方です。ロッドやリールを含め、ライトタックルで構成するので手軽で人気の高い釣り方の一つ。リールには小型スピニングタイプが適します。またスピニングリールは汎用性の高さから、後述する黒鯛の釣り方の多くで使用可能です。

フカセ釣り用リールの使い方

フカセ釣りとは、防波堤や磯で撒き餌を使い黒鯛を集めつつ刺し餌を食わせる釣り方です。タックルは磯竿とスピニングリールが一般的。リールは通常のスピニングタイプか、レバーブレーキリールが使用されます。レバーブレーキリールとは、手元のレバーを用いて任意のタイミングでラインが放出できるリールのことを指します。

投げ釣り用リールの使い方

投げ釣りとは、仕掛けを大きく投げてより遠くの魚を狙う釣り方です。投げ釣り用の竿と専用の大型スピニングリールを組み合わせた大型タックルを使用します。大型スピニングリールの使い方はスピニングリールと同じですが、リールの機能的に多くのライン放出が可能。防波堤やサーフの釣りでの使用が主です。

黒鯛の釣り方とリール解説2

ダンゴ釣り用リールの使い方

ダンゴ釣りとは、撒き餌を団子状にして刺し餌を包む釣り方です。タックルには磯竿とスピニングリールなどが使用されます。リールの種類は汎用スピニングタイプかレバーブレーキタイプが適します。

かかり釣り用リールの使い方

かかり釣りとは、小舟を筏に付けて行う釣り方です。関西以西で盛んな釣り方で、筏の水面下では牡蠣などを養殖し黒鯛が集まりやすい環境を形成しています。前述のダンゴ釣りと組み合わせる場合は、専用のロッドと両軸リールで構成したタックルを使用するのが特徴です。

ヘチ釣り用リールの使い方

ヘチ釣りとは、防波堤などの釣り場の足元際に餌を落とし込んで黒鯛に食わせる釣り方です。太鼓リールと呼ばれる片軸受けリールを使用し、短めのロッドと組み合わせた軽量タックルを使用します。

リール部品の知識で理解度をアップ!

部品の知識はセールスポイントにも

リールのパーツ中でも表出しているのがスプールやベイル、ドラグといったものです。いずれもラインの巻き取りや放出に関わっており、リールの機種ごとに改良を受けています。これらの改良点はセールスポイントともなっていて、基本的な役割を知ることでリールの理解がより深くなります。

各パーツの基本の役割と知識

まずはスプール。基本はラインの収納を行う機能を持ちますが、ラインの放出機能を強化した機種も存在します。次にベイル。ラインをスプールに巻き取る機能を持つパーツです。ラインに傷が付くなどのトラブルが起きないよう改良したパーツを採用するリールも存在します。

スピニングリール以外に存在する機能の解説


前述のリールの機能は基本的なスピニングリールのもので、リールの種類によっては別の機能に置き換わっている物も存在します。ベイルなどは両軸リールにはありません(別機能で代用)。また、ドラグは自動式や手動式、存在しない物まで多岐に渡ります。

シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編①

シマノの黒鯛リール解説①【シエナ】

シマノ 19 シエナ 2500 (ナイロン2.5号-150m糸付) スピニングリール
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説①はシマノ【シエナ】です。性能は平均的なものの、お求めやすい価格。汎用タイプのスピニングリールで、釣り方と使い方、防波堤や磯など用途と場所を問わない万能さウリ。釣り入門者だけでなく、中・上級者以上のサブ機としてもおすすめできる評判の高さがあります。

シマノ【シエナ】のスペック解説

適正 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 チニング スピニング
フカセ釣り    
  ダンゴ釣り    

シマノ【シエナ】の注目の技術はAR-Cスプールです。AR-Cとはスプールの軽量化と特殊形状化によってラインの放出がベストにできる機能。キャストフォームに不慣れな初心者の方でも飛距離を出せる点が評判です。

シマノ【シエナ】のインプレや人気、評判の紹介

この値段で、ベアリングが3つ入っており、ある程度の剛性も保証されています。入門機としては申し分ない性能だと思います。

シマノ【シエナ】のインプレ・評判のご紹介です。ハンドルの巻き心地はベアリングが目安になっていて、シエナの場合は堅実な性能と言ったところ。ですが、この価格帯では破格です。初心者の方が起こしやすいトラブルの原因と機能は絞って価格を抑え、必要な点はしっかりと押さえている所が人気と考えられます。

シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編②

シマノの黒鯛リール解説②【17サハラ】

人気の最強黒鯛リールの紹介②はシマノ【17サハラ】です。スピニングリールに求められる汎用性を向上、万能の域まで高めたモデル。特筆すべきは耐久力の高さです。堤防や河川でのチニングなどは元より、ハードな環境である磯の釣りでも活躍します。長く使えるので、初心者の方の最初のタックルに加えるのもおすすめできます。

シマノ【17サハラ】のスペック解説

出典: https://www.amazon.co.jp

適正 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 チニング スピニング
フカセ釣り    
  ダンゴ釣り    

シマノ【17サハラ】では耐久性のみならず総合的な実用性も重視しています。リール本体の重心をロッドに近づける「ゼロボディ」と内部ギアの動力を効率的に伝導する「X-SHIP」を搭載。重心がロッドに近いことで持ち重りが無く、滑らかな巻き心地が疲労感を遠ざけます。

シマノ【17サハラ】のインプレや人気、評判の紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

価格、使いやすさ、見た目含め想像以上でした!シーバス、太刀魚、青物かなり色々使えます!

シマノ【17サハラ】のインプレ・評判です。黒鯛釣り以外にも汎用性の高いリールであるとの評判。いずれの魚種も釣り方が異なることもあり、柔軟性の高さが覗えます。黒鯛釣りに視点を戻すと、多様な釣り方がある黒鯛相手に柔軟な釣り方で対応が可能と考えられるでしょう。

シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編③

シマノの黒鯛リール解説③【19ストラディック】

シマノ 19 ストラディック 2500S
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説③はシマノ【19ストラディック】です。スピニングリールの基本である「巻き心地」「耐久性」「飛距離」をキーワードとし、下位機種から大きく技術的発展を遂げています。本機は10個以上もの技術を投入し、価格が1つ上のモデルにも引けを取らない総合性能に仕上がりました。

シマノ【19ストラディック】のスペック解説

出典: https://www.amazon.co.jp

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 チニング スピニング
フカセ釣り    
  ダンゴ釣り    

シマノ【19ストラディック】のキーワードのうち「巻き心地」はX-SHIPで快適さを確保。「飛距離」は「ロングストロークスプール」導入により既存機種より更に向上しています。また、「耐久性」はHAGANEボディと内部の防水機構が支えます。

シマノ【19ストラディック】のインプレや人気、評判の紹介

購入して2年ですが一度も自分でメンテしてなかった(怖くて)けど、損傷も少なくとても綺麗な状態だと誉められた(?

シマノ【19ストラディック】のインプレ・評判の紹介です。使用頻度や釣り方、使い方の差もあるものの、2年の使用を耐え抜いたのは作りが頑丈な証拠。この頑丈さは防水部品を複合構造化した「X-プロテクト」が支えています。

シマノの最強黒鯛リールの解説:チニング編④

シマノの黒鯛リールの解説④【バスワンXT】

【毎月1日はアングルデー】シマノ リール '17バスワンXT RIGHT(右ハンドル) 【4】【1/1(水)20:00〜23:59 初売り エントリー】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説④はシマノ【バスワンXT】です。オールラウンド製と扱いやすさで人気や評判の高かったバスワンをリニューアルしたのがこのモデル。キャストの手返しが良いベイトリールのため、チニングなどのルアー釣りに適しています。

シマノ【バスワンXT】のスペック解説

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 チニング 両軸リール
ダンゴ釣り    

ベイトリールを始め、キャストを繰り返す両軸タイプのリールはバックラッシュのトラブルに悩まされがち。これを克服するのが遠心力ブレーキの「SVS」です。スプール過回転を抑制することでバックラッシュを低減します。本機は優れた防錆素材を複合的に活用し、錆に強いので淡水・海水での使用制限がありません。

シマノ【バスワンXT】のインプレや人気、評判の紹介

SVSを調整してやると素人のサミングでもバックラッシュせず、かつ遠くに飛ばすことができました。

初心者が楽しめる性能です

シマノ【バスワンXT】のインプレ・評判の紹介です。SVSを調整すればバックラッシュの発生が防げ、人気が出るポイントになるもの頷けます。また、飛距離の出しやすさも人気のポイント。遠投が苦手なベイトリールの弱点を克服しています。

シマノの最強黒鯛リールの解説:ダンゴ釣り編①

シマノの黒鯛リール解説⑤【チタノスチヌスペシャル】

【12月は毎日お得!エントリーP10倍&5%還元!】チタノス チヌスペシャル 1000 シマノ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説⑤はシマノ【チタノスチヌスペシャル】です。本機はダンゴ釣りや筏釣り専用の両軸リール。特筆すべきは超充実の機能の数々です。9つ以上の技術を投入し、必要な機能の全てが網羅されています。

シマノ【チタノスチヌスペシャル】のスペック解説

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 ダンゴ釣り 両軸受け
かかり釣り    

数あるチタノスチヌスペシャルの機能の中でも、整備性に関する点は見逃せません。ダンゴ餌のカスが付着しがちなスプールには、「ダンゴ噛み防止スプール」を搭載。内部にゴミが侵入するのを防ぎます。また、即席で分解も可能。現地で素早いメンテナンスも自在です。

シマノ【チタノスチヌスペシャル】のインプレや人気、評判の紹介

この商品は、以前から使ってますが、とても使い勝手が良くて、丈夫なので色々な釣りに使える万能リールです。

シマノ【チタノスチヌスペシャル】のインプレ・評判の紹介です。高い機能性を備えているため、使い勝手の良さは元より評判の良いポイント。注目したいのは頑丈さです。ロッドとリールの位置関係がテコの原理を再現するため、大型黒鯛でも軽い力で引き上げることが可能。本機の剛性を存分に活かした釣り方ができます。

シマノの最強黒鯛リールの解説:ダンゴ釣り編②

シマノの最強黒鯛リールの解説⑥【セイハコウリミテッドRC83】

シマノ セイハコウ リミテッド RC83 LEFT
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説⑥はシマノ【セイハコウリミテッドRC83】です。こちらは片軸タイプのダンゴ・筏釣り用黒鯛リール。片軸リールは元々シンプルな構造の分、故障に強い構造です。しかし、さらに剛性の高いボディとスプールで本体を構築。そこにダンゴカス排出口を備え、万全のトラブル対策を整えています。

シマノ【セイハコウリミテッドRC83】のスペック解説

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 ダンゴ釣り 片軸受け
筏・小舟 かかり釣り    

 

シマノ【セイハコウリミテッド】のフィーチャリングポイントが、「チョイ出しクラッチ」です。これは、押している間だけラインを引き出せる機能。仕掛け作りやロッドを置いて作業する際など、必要な分だけラインを引き出したい場合に役立つ機能です。また、この機能により過回転で起こるバックラッシュも防ぎます。

シマノ【セイハコウリミテッドRC83】、名人のタックルインプレを紹介

1回転で83cm。抜群のハイスピードを誇る快速マシン、それが「セイハコウリミテッドRC83」。単にハイスピードなだけでなくロングハンドル採用でトルク感も充分。深場や年無し相手にも安心して使えます。

ダンゴ釣りの名手・山本太郎氏のタックルインプレです。本機の名にある83とは、リール一回転分の巻き取り量を示します。片軸受けリールとしては巻き取り量が大きく、スピード感あるやりとりが可能。また、トルクもあるので年無し(大型黒鯛)を引き上げるパワーも十分です。

シマノの最強黒鯛リールの解説:ヘチ釣り編

シマノの最強黒鯛リール解説⑦【13リンユウサイ88スペシャル】

【送料無料】シマノ (SHIMANO) チヌ・石鯛リール 13 リンユウサイ88 スペシャル
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

最強黒鯛リールの解説⑦はシマノ【13リンユウサイ88スペシャル】です。本機は黒鯛のヘチ・落とし込み用片軸受けリール。セイハコウRC83と同じくシンプル構造なものの、こちらはスプールを中心に多機能とカスタマイズ性が注目すべきポイントです。

シマノ【13リンユウサイ88スペシャル】のスペック解説

出典: https://www.amazon.co.jp

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 ヘチ釣り 片軸受け

 

本機で評判の機能が「アジャスタブル8」です。これはリール外部と内部のネジを外すことで、スプール自体を竿から近くしたり遠くしたりできる機能。ポジションを使用者に合わせられるので、既存のリールが手に合わないといった方にもおすすめできます。

シマノ【13リンユウサイ88スペシャル】名人のタックルインプレを紹介!

このリールの第一の特長は指でしっかりブレーキがかけられること。アウトスプールにすることで内側から人差し指も使って挟み込むように止めることが可能です

ヘチ釣りの名手・飯田純男氏のタックルインプレです。多機能のリンユウサイの中で一番に上げたのが、スプールの回転速度の調整。回転速度はスプールを指で押さえて調整することになり、「サミングワイドエッジ」機能が押さえやすさを補助します。シンプルなヘチ釣りは落下速度の微調整こそがキモ。この点で名人のお墨付きです。

シマノの最強黒鯛リールの解説:フカセ釣り編

シマノの最強黒鯛リールの解説⑧【15BB-Xリンカイスペシャル1700DXG】

(5)シマノ BB-X リンカイ スペシャル (1700DXG) (レバーブレーキ付きリール) /SHIMANO/RINKAI SP/2015年モデル/LB/2015年モデル
楽天で詳細を見る

最強黒鯛リールの解説⑧は、シマノ【15BB-Xリンカイスペシャル1700DXG】です。巻き始めの軽さや続く滑らかな巻き心地、軽量な本体といった堤防や磯での扱いやすさを重視した作りが特徴。また、細ライン対応により、波風に強いのも長所の一つ。風が吹くと活性が上がる黒鯛を攻略するのにおすすめのリールに挙げられます。

シマノ【15BB-Xリンカイスペシャル1700DXG】のスペック解説

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 フカセ釣り スピニング 自動・手動
ダンゴ釣り    

リンカイスペシャルの巻き心地を保証するのが「マグナムライトローター」です。素材には軽量・高耐久性のcl4+を採用。これによりリール内部の剛性を保ちつつ軽量化に成功。また、「ウォータープルーフドラグ」搭載で塩分を含んださ波飛沫などからドラグとリール内部を守ります。

シマノ【15BB-Xリンカイスペシャル1700DXG】名人のタックルインプレを紹介!

リール単体での軽さはもちろん。鱗海シリーズや極翔硬調黒鯛とセットした時のバランス、そして操作性が別格ですね。10mクラスの風が吹くような状況でも片手での操作が容易にできます。

フカセ釣りの名手である大矢昭氏のタックルインプレです。こちらも本体の重量に言及しています。同じシマノの鱗海シリーズ(ロッド)と組み合わせれば、重量が350gを下回る軽量タックルの構成が可能。軽量でもパワーに不足はなく、年無しサイズの黒鯛とも十分渡り合えます。

シマノの最強黒鯛リールの解説:投げ釣り編

シマノの最強黒鯛リールの解説⑨【14スーパーエアロスピンジョイ30標準仕様】

【送料無料】シマノ リール 14 スーパーエアロ スピンジョイ 30/35 30 標準仕様
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気の最強黒鯛リールの解説⑨はシマノ【14スーパーエアロスピンジョイ30標準仕様】です。本機はエントリーモデルの価格帯ながら、導入技術は上位機にも見劣りがありません。最も活躍する場のサーフでの扱いで故障が無いように防砂機能のサンドプロテクターを装着しています。

シマノ【14スーパーエアロスピンジョイ30標準仕様】のスペック解説

適性 使い方 タイプ ドラグ
防波堤 投げ釣り スピニング
サーフ      

スーパーエアロスピンジョイ30で注目したい点は「ロッドの操作感」と「飛距離」の二つ。「Gフリーボディ」でリールの重心をロッドに近づけた結果、一体感と良好な操作性を獲得しました。また「パラレルボディ」がライン放出のスムーズ化に成功。おすすめの理由は初心者の方でも不満のない扱いやすさに尽きます。

シマノ【14スーパーエアロスピンジョイ30】のインプレや人気、評判の紹介

換えスプールが標準で付いてくるのも便利でPE、ナイロンと現地の状況で使い分けが出来るので重宝します。

【14スーパーエアロスピンジョイ30】のインプレ・評判の紹介です。本機は釣り場でも交換が可能な替えスプールが標準で同梱されています。急なライントラブルで交換したいときに便利。ワンサイズ上のラインを撒くことも可能で、太掛けが必要になった際も素早い対応ができます。

リールを整備して長く使おう!

長く使うためにはメンテナンスが必須!

使用後のリールはスプールに流水を掛けて汚れを落としましょう。可能ならスプールも本体から取り外して洗浄するのがおすすめ。洗浄後はよく振って内部の水を切り、布で拭いてから日陰で乾燥させましょう。

オイル注入は回転部分にのみ!

リールの巻き心地を維持するためにも、定期的な注油は必須です。基本的にはハンドルやスプールの回転軸、ギアに注入すればOK。ギア部分の分解整備は精密作業なので、自信が無ければメーカーにメンテナンスを依頼すると良いでしょう。

長期保管は湿気・日光を避けて

リールを長期間使用しない場合、湿気や直射日光を避けられる場所に保管するのがおすすめです。その際、ドラグのツマミは緩めておきましょう。ドラグ内部のバネの弾力が保たれ、寿命が長くなります。

シマノの最強黒鯛リールまとめ

人気・評判のリールで黒鯛を仕留めよう!

「シマノの黒鯛リールおすすめ9選!釣り方別に最強リールを徹底解説!」は以上です。前述の通り、黒鯛の釣り方は多岐に渡り、同時に歴史もそれだけ深い物があります。江戸時代には黒鯛釣りは武士道にも通じると云われるたほど。最強のリールでタックルを構築し、武士になったつもりで黒鯛と対決して大物を仕留めましょう!

黒鯛釣り用のルアーやタックルが気になる方はこちらもチェック!

江戸時代から数えて数世紀、黒鯛釣りもカジュアルな物へと進化しました。その最先端は間違いなくルアーフィッシングであり、チニングです。以下の記事にはおすすめチニング用ルアーやタックル、釣り方のコツなどをご紹介しています。

Thumbチヌのルアー釣り攻略!釣れるルアーの種類からチニングのやり方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
チヌのルアー釣りで人気のルアーを、種類ごとにランキングでご紹介!時期や時間などの基本情報、釣...
Thumbクロダイルアーの釣り方は?チニングおすすめルアーとタックルも解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
クロダイ釣りでルアーというのは、なじみがないかもしれません。ですが、今までのクロダイ釣りとは...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ