傘で登山って出来るの?折りたたみ傘を持って雨の山登りレビュー!のイメージ

傘で登山って出来るの?折りたたみ傘を持って雨の山登りレビュー!

登山と言えば、しっかりとしたレインウェアを着るのが一般的です。その一方で、傘を使って登山が出来るのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。実は傘での登山は可能です。今回は、実際に傘で山を登った動画と共に、メリット・デメリットをお伝えします!

2019年12月16日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 傘で登山は可能!
  2. 雨の日の登山に傘を使うメリットは?
  3. 雨の日の登山に傘を使うデメリットは?
  4. 登山に使うおすすめの傘は?
  5. まとめ

傘で登山は可能!

登山中に悪天候になったら、レインウェアを着るのが一般的です。レインウェアはアウトドアブランド各社から販売されており、登山の際には必需品ともいえるアイテム。しかし、「雨をしのぐだけであれば、傘でも登山出来るのでは?」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか?実は、傘を使って登山することは禁止されていませんので、雨天のトレッキングを想定した折りたたみ傘も販売されています。記事の後半で、おすすめの折りたたみ傘も紹介しています。

画像を使って詳しくご紹介していきますが、今回の内容は上記動画でも解説しています。実際に傘で山を登った様子や、メリット・デメリットを解説していますので、動画で見てみたい方はチェックしてみて下さい。また、その他の登山動画も出していますので、気になる内容があれば他の動画もチェックしてみて下さい。

雨の日の登山に傘を使うメリットは?

登山に傘を使うメリット①蒸れない

登山中に傘をさすことは禁止行為ではありません。とはいえ、レインウェアではなく、傘をさすメリットがあるのか気になるところです。実際にレインウェアを着て登山してみると、蒸れて、肌にはり付き、気持ち悪さを感じたことがある方も多いはずです。レインウェアは雨を通さない代わりに、汗を外に逃がしにくいデメリットがある為です。しかし、傘なら蒸れることはありませんので、気持ち悪さがなく、快適に過ごせます。

登山に傘を使うメリット②かさばらない

使用しているレインウェアにもよりますが、ウェアを上下持ち運ぶと、中々かさばってしまいます。登山において、荷物が増えるのは、出来れば避けたいことです。傘もかさばるイメージがあるかもしれませんが、登山に使われる傘は折りたたみ傘が一般的。折りたたみ傘であれば、画像のようにコンパクトに持ち運べますので、意外にもかさばらないのです。ただし、後述するデメリットもありますので、折りたたみ傘だけで行くのは注意した方が良いでしょう。

雨の日の登山に傘を使うデメリットは?

登山に傘を使うデメリット①風に弱い

傘を使うメリットはありますが、風に弱いのが難点です。風が無ければ快適に使えますが、ある程度強い横風があると、雨に当たってしまいます。また、強風ですと傘が吹き飛ばされたり、壊れてしまう可能性もあります。禁止されている訳ではありませんが、かなりの悪天候時には傘は使わずに、しっかりとしたレインウェアを着た方が良いでしょう。

登山に傘を使うデメリット②寒さをしのげない

傘は蒸れないメリットがありますが、蒸れない代わりに風が直撃しますので、寒さをしのげません。仮に傘を風の方向に向けた場合は、少しは寒さをしのげますが、その場合は雨に当たってしまいます。ある程度の気温がある時期であれば、寒さ対策については心配いりません。しかし、肌寒い季節であれば、折りたたみ傘だけでは心もとないと言えます。やはり、レインウェアを持っておいた方が良いでしょう。

登山に傘を使うデメリット③手が取られる

固定するタイプのハンズフリー傘を使用するのであれば大丈夫です。しかし、固定タイプじゃない、手持ちの折りたたみ傘を使うのであれば、どうしても手が取られてしまいます。登山は足場が悪いことがよくありますので、手が取られるのは大きなデメリットと言えます。手に持つタイプでも構いませんが、不安な方は固定タイプを選ぶのも良いでしょう。バックパックに固定するのが一般的です。

登山に使うおすすめの傘は?

モンベルの折りたたみ傘がおすすめ!

登山用の傘と言えば、モンベルの折りたたみ傘が有名です。モンベルは有名なアウトドアブランドではありますが、価格が抑えられていますので、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめのブランドです。また、ただ雨をしのぐだけではなく、UVカット機能が強い傘や、形が特徴的な傘、光を反射する安全な傘などありますので、用途にあったものをチェックしてみて下さい。

トレッキングアンブレラ

こちらは、モンベルの最もオーソドックスな登山用折りたたみ傘です。55cmのカーボン骨を8本使用し、軽量性と強度を高い次元で両立した製品で、重量は150gしかありません。使用時の傘の直径は98㎝となっています。気になる方は下記リンクから見てみて下さい。

モンベル montbell 傘 折りたたみ傘 折り畳み傘 かさ 1128551 トレッキングアンブレラ メンズ レディース クリスマス
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

U.L.トレッキングアンブレラ

先述の傘よりも更に軽量になったのがこちらです。重量は128gとなり、トレッキングに最適な超軽量傘として人気です。軽量ですので強度が心配になりますが、親骨には軽量で強度を備えたカーボンを8本使用した、丈夫な構造となっています。

U.L.トレッキングアンブレラ

ロングテイル トレッキングアンブレラ

こちらはパッと見は一般的な形の傘ですが、実は背中側の生地が長くなっており、背負ったバックパックなどが濡れにくいのがポイントです。また、こちらも親骨に軽量で強度を備えたカーボンを8本使用した、丈夫な構造となっています。

ロングテイル トレッキングアンブレラ

リフレック トレッキングアンブレラ

こちらは光を反射する素材を使用した、特徴的な製品です。夜でも高い視認性を実現していますので、夜道を安全に歩きたいと考えている方におすすめの傘となっています。本体重量は172gと、他の軽量タイプと比べると少し重たいのですが、困るほどの重量ではありません。

リフレック トレッキングアンブレラ

サンブロックアンブレラ

こちらは製品名の通り、日よけ傘として使えるUVカットの傘です。遮熱性能が高く、UVカット率は99.7%を実現しており、晴雨兼用の軽量傘として使えます。表面には日射しを反射するシルバーコーティングが施されていますが、内部は黒くなっています。

サンブロックアンブレラ

まとめ

今回の「傘で登山って出来るの?折りたたみ傘を持って雨の山登りレビュー!」はいかがでしたでしょうか?傘での登山は禁止されているイメージがある方もいるかもしれませんが、実はトレッキング用の折りたたみ傘も販売されているほど、傘で登山をされている方はいます。ご紹介したように、デメリットもありますので、シーンに合わせて使ってみて下さい。

傘での登山が気になる方はこちらもチェック!

今回は傘での登山をご紹介させて頂きましたが、他にもアウトドア・登山に関する記事が沢山ありますので、気になる方はぜひ見てみて下さい。

Thumbモンベルの傘は軽量でおすすめ!登山や街でも人気の折りたたみ傘6選! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本は雨が多く梅雨に入るといつ雨が降るか分からず、折りたたみ傘を携帯することが多いですが、意...
Thumb【最新】高性能で軽い!登山にもおすすめなレインパンツ13選!雨具選びにはこれ! | 暮らし~の[クラシーノ]
軽い履き心地で高性能な登山やトレッキングで役立つメンズ&レディースのレインパンツを紹介してい...
Thumb【2019】メンズ向け折り畳み傘おすすめランキング13!性能最強の傘はこれだ! | 暮らし~の[クラシーノ]
メンズ向けの折り畳み傘のおすすめをランキングで紹介している内容の記事です。日本の老舗傘ブラン...

あなたへのおすすめ