自動車エアコンフィルターの掃除方法!汚れやすい時期や交換時のやり方は?のイメージ

自動車エアコンフィルターの掃除方法!汚れやすい時期や交換時のやり方は?

仕事などで毎日乗るっていう人も多い、車についているエアコンには、フィルターついているんです。車のエアコンについているフィルターの掃除方法や汚れやすい時期、さらにどうやって交換したらいいのかまで、画像付きでまとめてみました。

2020年01月20日更新

ひろさん
ひろさん
よろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 自動車のエアコンフィルターとは
  2. 誰でも簡単にお手入れ可能?
  3. まずは場所を確認
  4. エアコンフィルターなしの車種も
  5. エアコンフィルターの汚れ
  6. 簡単なお手入れ用の道具
  7. 簡単にできるお手入れ方法
  8. お掃除だけでも結構平気?
  9. エアコンフィルターの交換
  10. 交換に必要なもの
  11. 交換に工具はいらない?
  12. エアコンフィルター交換手順
  13. エアコンフィルターには社外品も
  14. エアコンフィルターの汚れと季節
  15. まめなお手入れはメリットが多い!

自動車のエアコンフィルターとは

普段何気なく使っているカーエアコンの見えないところに、実はフィルターがついています。カーエアコンのフィルターには、ACモードをオンにしたときに、車内に入る空気も車内を循環する空気も綺麗にする効果があるんです。見えない場所についているからこそ、管理をしっかりしておきたいところ。そこで、エアコンフィルターのお手入れや交換方法を紹介します。

まずは、簡単にエアコンフィルターについて解説しますが、とりあえず交換方法を知りたいという人は、目次からエアコンフィルターの交換までジャンプしてください。

自動車用は家庭で使っているエアコンのフィルターとは違う

エアコンフィルターというと、一番身近なのは住宅用のエアコンについているフィルターですよね。でも、カーエアコンのフィルターは、住宅用のエアコンフィルターとはかなり違います。

外からの空気をきれいにして車内に送る影の働き者

住宅用のエアコンフィルターは、主にほこりをエアコンの機械の中に入れないようにする効果があります。そのため、フィルター自体も薄くて洗って再利用できるようになっていますよね。ですが、カーエアコンのフィルターは、空気を綺麗にする効果がメインにできており、外気を取り込むときや内気を循環するときに、車内で快適に過ごせるようについています。

誰でも簡単にお手入れ可能?

住宅用のエアコンフィルターは簡単にお手入れできますが、カーエアコンのフィルターはどうなのでしょうか。

家庭用エアコンのフィルターみたいに簡単にお手入れできる?

家庭用のエアコンについているフィルターの掃除は、説明書に書いてあることが多く誰でも簡単にできます。汚れがひどくても、中性洗剤を使ったりしてまるッと水洗いできるエアコンフィルターがほとんどです。では、カーエアコンのフィルターはどうでしょうか?実はカーエアコンのフィルターは、家庭用エアコンとは違って水洗いができないので注意が必要なんです。

エアコンのフィルターというよりも空気清浄機のフィルターに近い

カーエアコンのフィルターは、外気や内気といった空気を綺麗にして車内に届ける目的もあるので、実は家庭用のエアコンのフィルターよりも、空気清浄機のフィルターに近い形状をしています。

素材も空気清浄機の交換フィルターに似ている形をしているので、簡単なお手入れはできますが、基本的にはある程度使ったら交換するように出来ているんです。

まずは場所を確認

見えない場所にあると紹介したカーエアコンのフィルターですが、まずどこにあるかを解説します。

エアコンフィルターは車内から見つけられる場所にあることが多い

カーエアコンのフィルターは見えないところにあると紹介しましたが、実は隠れているだけでちょっとした作業で車内から見つけられる場所に隠れていることが多いんです。一般的には、車のダッシュボードのグローブボックスを外した先に、隠れています。中にはもう少しずれて車のセンタコンソールの裏に隠れていることもあります。

車内に限らずボンネットの中や意外な場所にある場合も

カーエアコンのフィルターは、メーカーや車種によってついている場所が違うこともあります。意外なところだと、ボンネットを開けた中についている場合などもあるので、見つける自信がない時はディーラーやエアコンフィルターの交換をしているお店などで、聞いてみてください。

エアコンフィルターなしの車種も

綺麗な空気を取り入れる効果のある、カーエアコンのフィルターですが、実は車種によってはついていないってこともあるんです。

最近のクルマにはほぼ必ずエアコンフィルターがついている

空気清浄機の普及と同時に、空気の汚れにも気を使う人が増えていることから、クルマメーカーもどんどん性能のいいエアコンフィルターのついた、クルマを発売しています。ですから、比較的最近の車種ならほぼ必ずといってもいいほど、エアコンフィルターがついており、中には除菌効果を持っているものもあるほどなんです。

以前発売されたクルマの中にはエアコンフィルターがついていないクルマもある

ただし、新しい車が好きな人もいれば、以前発売されたレトロカーが好きだという人もいます。レトロカーになってくると、まだカーエアコンが出たばかりで、フィルターがついていないクルマもかなりの割合で存在します。

エアコンフィルターがないクルマでも工夫次第でエアコンフィルターをつけれる場合がある

エアコンフィルターがついていないと、外気を直接取り込むことになるので、ほこりっぽさや花粉が気になりますよね。でも、外気の取り込み口に社外製のエアコンフィルターを加工して取り付けるなど、DIYで工夫することによって、エアコンフィルターを取り付けられた例もあります。

エアコンフィルターの汚れ

あまりなじみのないカーエアコンのフィルターですが、どれぐらい汚れるものなのでしょうか。

エアコンフィルターは車内の見えない場所にあるけど実は意外と汚れている

カーエアコンのフィルターは、先ほど紹介したようにダッシュボードのフロー部ボックスの裏など、普段目に見えない場所にあります。ですから、目にすることはあまりありませんが、道路の砂ぼこりや排気ガスなども綺麗にする効果があるので、その分汚れもたっぷり溜まって汚れています。

どんどん物質をキャッチするので放っておくとフィルターや車内の空気が汚れ放題に

最近ではフィルターの性能が上がっているため、道路の砂ぼこりや排気ガス以外に時期によっては花粉症の人が気になる花粉を除去したり、pm2.5やウイルスも除去するので、さらに汚れが溜まりやすくなっています。購入してから全然手入れをしていないという人は、汚れ放題になっている可能性もあるので要注意です。
 

簡単なお手入れ用の道具

思い立った時にクルマのエアコンフィルターを、簡単にお手入れするための道具を紹介します。

エアダスターやエアコンプレッサー

クルマのエアコンフィルターについた細かいほこりや、花粉などを飛ばすために使います。ベストなのはエアコンプレッサーですが、動作音が大きく価格も高いものが多いので、手軽に手に入るスプレー型のエアダスターでも代用可能です。

掃除機

クルマのエアコンフィルターに積もっているほこりや、ペットをクルマに乗せる場合などに溜まりやすい動物の毛などをさっと吸い込むために使います。ハンディータイプでも大丈夫ですが、おすすめは吸い込む力の強い優先タイプの家庭用掃除機です。

簡単にできるお手入れ方法

上記の道具を使った簡単なお手入れを紹介します。

自動車のエアコンフィルターがある場所を確認する

まずは、エアコンフィルターの位置を確認します。基本的にはダッシュボードのグローブボックスを外した裏側についているので、グローブボックスを外しましょう。

グローブボックスの左右についているストッパーを外すことで、簡単に取り外せます。

グローブボックスの裏にない場合は、別の場所にエアコンフィルターがある場合もあるので、ディーラーや社外製エアコンフィルターのメーカー等に問い合わせてみるのがおすすめです。

エアコンフィルターを取り外す

グローブボックスの裏などに隠れている、フィルターを取り外します。取り外すのは意外に簡単ですが、積もっている汚れが舞うので、吸い込んだり汚れることが気になる人は、マスクや手袋を着用しておくことがおすすめです。

エアコンフィルターを掃除機で吸う

まずは大まかな汚れや花粉、ペットの毛などを掃除機を使って吸い込みます。吸い込むときに汚れが舞うこともあるので、気になる人はできるだけ屋外で作業するように気をつけましょう。

エアコンフィルターをエアーで吹く

掃除機を使って、エアコンフィルターの掃除があらかた終わったら、今度は仕上げにエアーを使って細かい汚れを吹き飛ばします。エアコンフィルターは水に弱いものが多いので間違っても水洗いしないように気を付けてください。エアーを使っても綺麗にならないようなら、もう交換時です。

掃除したフィルターを自動車にセットして外した部品を戻す

ある程度綺麗になったら、元の位置にエアコンフィルターを戻してください。あくまで応急処置的に簡単な掃除をするのが目的なので、新品同様とはいきませんが、普段全然手入れをしない人はこの簡単な掃除でもかなり違いを実感できます。

お掃除だけでも結構平気?

カーエアコンのフィルターに花粉除去や除菌などいろんな効果があるなら交換するまでは、できるだけしっかり効果を発揮してほしいですよね。簡単なお掃除をすることで、そのまま放置するのと、どの程度違うのでしょうか?

ほこりや花粉なら掃除機でも十分とれる

室内の空気清浄機のフィルターを掃除機で吸うと、かなり綺麗になるように、エアコンフィルターの汚れも掃除機だけでかなり綺麗にする効果があります。フィルターがきれいになる分、フィルターを通る空気が増えるので、そのまま使うよりも交換の時期まで快適に使用できます。

排ガス汚れなども付くのでこまめなお手入れがカギ

ほこりや花粉は掃除機で吸いこめますが、排ガス汚れは落とせません。排ガス汚れがついているうえにほこりや花粉が付くと、さらに排ガス汚れがついてフィルターに積もって固まってしまいます。まめにほこりを除去することで、排ガス汚れだけが残るので、普通に使うよりも少しだけエアコンフィルターの寿命も伸ばせるので、こまめなお手入れはおすすめです。

エアコンフィルターの交換

カーエアコンのフィルターをこまめに掃除していても、排ガス汚れなどは落とせませんので、だんだんと吸い込むパワーが衰えてきます。

エアコンフィルターにも寿命がある

自動車用のエアコンフィルターとして販売されているものは、水洗いできないものがほとんどです。フィルター交換までには寿命があるので交換してから、大体半年から1年程度の時期に交換するのがおすすめです。

定期的な交換がおすすめ

エアコンについているフィルターは、半年~1年の使用がおすすめと紹介しました。しかし、常にエアコンフィルターのことをチェックするのは大変ですよね。そこでおすすめなのが、エアコンのフィルター使用を定期的に決めることです。自動車の通りが激しく空気が汚れているような地域をよく走る人は、半年を目安にあまり自動車で走らないという人やこまめに掃除をするという人は、約1年の使用がおすすめですよ。時期によって定期的にエアコンについているフィルターを交換するのは、常に快適な車内を保つためにかなり効果的な方法なので、特に忘れそうな人は、定期的にフィルターを好感しましょう。

交換しないでいると…

排ガス汚れがついてしまうと、フィルターがどんどん目詰まりしていくので、車内の空気が悪くなるだけでなく、エアコンにも負担がかかってしまいます。そこで、エアコンのフィルター交換が必要になるのです。交換しないでいると、車内の空気が悪くなるだけでなく、最悪カーエアコンの故障にもつながります。

交換に必要なもの

新品のエアコンフィルター

エアコンフィルターは自動車用品店や各自動車ディーラー、ネット通販で購入できます。各自動車ディーラー純正のエアコンフィルターから、社外製のエアコンフィルターまでお値段や性能ごとにいろいろ種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

古いエアコンフィルターを入れる大きめの袋

汚れがたっぷりついているエアコンフィルターをそのままゴミ箱に捨てると、ほこりが部屋に待っています原因になります。余分なお掃除を増やさないためにも、自動車から外した古いエアコンフィルターを入れる、ビニール袋や紙袋を用意しておくのがおすすめです。

交換に工具はいらない?

基本的にエアコンのフィルター交換はほとんど工具なし

エアコンフィルターの交換は、基本的にドライバーだけなど、特別な工具なしで交換できることが多いです。ただ、車種によってエアコンフィルターの場所は違うので、交換する前にエアコンフィルターを外すまでの方法を調べておき、何度か練習しておくと、いざ交換するときに車内を汚したりせずに済みます。

手軽だからこそまめに自分で交換すると車内が快適に

方法を覚えてしまえば、だれでも簡単にできる車のメンテナンスが、カーエアコンに取り付けられているフィルターの交換です。運転中に過ごす車内の空気を綺麗に保つためにも、交換方法をマスターすると、フィルターをまめに交換できるので愛車で快適に過ごしやすくなります。

エアコンフィルター交換手順

エアコンフィルターのお手入れをしても、いつかエアコンフィルター自体の寿命が来てしまうんです。この項では簡単にできるエアコンフィルターの交換方法を、紹介します。

まずはエアコンフィルターの位置を確認

基本的には、ほとんどの自動車のエアコンについているフィルターが、ダッシュボードのグローブボックス裏にあります。ですが、車種によって違うので、わからない人は自動車のディーラーやフィルターを販売している店舗で聞いてみましょう。

慎重にエアコンフィルターまでのパーツを外す

フィルターの位置がグローブボックス裏の場合、グローブボックスを引き出して、中にあるロックを外してグローブボックスを外しエアコンフィルターの位置を確認します。

センターコンソール内など、グローブボックス裏以外の位置にフィルターがセットしてある場合は、取り出すためにフィルターまでのパーツをやさしく取り外してください。

エアコンフィルターを外す

エアコン用のフィルターを見つけたら、あとはスムーズです。まず、古いフィルターをゴミが舞わないように慎重に取り出します。

エアコンフィルターの新品をセットする

取り出したエアコン用のフィルターを、ごみ袋などにさっと入れて、ごみが舞わないようにしてください。用意していた新品のフィルターを、古いフィルターが入っていた場所にセットします。

外したパーツを元に戻す

仕上げにフィルターを入れ替えるために外した、グローブボックスなどのパーツをもとの位置に戻してください。

エアコンフィルターには社外品も

エアコンフィルターは各自動車ごとに純正品がある

自動車ごとに、いろいろなフィルターがついており、新品のフィルターを買うときに迷ってしまいます。そんな時におすすめしたいのが、純正品です。純正品は、自動車ごとにぴったりと出来ているので、フィルター交換の方法も簡単でスムーズです。

こまめに交換するならお得な社外品がおすすめ!

こまめにフィルターを交換するとなると、できるだけコストを抑えたいですよね。そこでおすすめしたいのが、社外品のフィルターです。社外製のフィルターは、一つで何車種にも適合するものもあるので、フィルターの取り付け方法はすこし難しくなります。車種やフィルターメーカーによっていろいろな効果がついているフィルターもあり、手ごろな価格で入手できるので、フィルターの効果がなくなる前に交換するなら、断然おすすめです。

エアコンフィルターの汚れと季節

クルマのエアコンフィルターと季節の関係

家庭用エアコンの汚れが、湿気の多い夏場に増えるように、自動車のエアコンフィルターにも、季節によって汚れ具合に違いがあります。一番よごれやすい時期は、四季の中だとどれか調べてみました。

特にこの時期が汚れやすい!

エアコンについているフィルターの汚れのほとんどは、ほこりや花粉です。ですから、一番ほこりと花粉が多い時期が、フィルターの汚れやすい時期になります。つまり、フィルターの汚れやすい時期は、ほこりや花粉の舞やすい、秋が一番汚れやすいんです。

まめなお手入れはメリットが多い!

エアコンフィルターの寿命を延ばせる

こまめに手入れをすることで、フィルターの目詰まりを減らせるので、フィルターの寿命も延びやすくなります。ですから、できるだけフィルターを長持ちさせる方法として、こまめにフィルターについたほこりや花粉を掃除しておくのがおすすめです。

車内の臭いも予防できる!

エアコンフィルターが汚れてくると、時期によっては湿気などによって雑菌も増えやすくなり、においも発生します。せっかく外気を取り込んでも、においのついたエアコンフィルターを通った空気が車内に入ってくるようだと、車内の嫌なにおいの原因になるんです。時期ごとのエアコンフィルターのまめなお手入れは、フィルターの寿命だけでなく車内の臭いの予防にもなります。

自動車のエアコンフィルターが気になる人はこちらもおすすめ!

自動車のエアコンフィルターに関係する記事を集めてみました。自動車のエアコンフィルターにもっと詳しくなりたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

Thumb車のエアコンフィルターを自分で交換・洗浄する方法は?時期や目安含めて解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
車のエアコンフィルターは洗浄・交換しないと汚れていく一方です。面倒ならば業者にお願いすること...
Thumb自動車のエアコンのフィルターおすすめ10選!性能と値段を徹底比較! | 暮らし~の[クラシーノ]
自動車のACフィルターをご存知でしょうか?車のエアコンの空気清浄だけではなく車の中の脱臭効果...
関連するまとめ
おすすめの記事