【2019】100均の防水スプレーこそコスパ最強?!その種類やおすすめ6選をご紹介!のイメージ

【2019】100均の防水スプレーこそコスパ最強?!その種類やおすすめ6選をご紹介!

スニーカーや革、傘などに防水スプレーを使いたいけど、100均の防水スプレーはどうなんだろうと思う方は多いのでは?100均だからあまりいいものではないのかと思う人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。今回は100均のものをまとめていきます。

2019年10月24日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 100均の防水スプレー
  2. 100均の防水スプレーのコスパがいいって本当?
  3. 防水スプレーには種類がある
  4. 100均の防水スプレーおすすめ6選!
  5. 100均の防水スプレーおすすめ①
  6. 100均の防水スプレーおすすめ②
  7. 100均の防水スプレーおすすめ③
  8. 100均の防水スプレーおすすめ④
  9. 100均の防水スプレーおすすめ⑤
  10. 100均の防水スプレーおすすめ⑥
  11. 防水スプレーの使い道とは
  12. 防水スプレーの使い道①靴
  13. 防水スプレーの使い道②雨具
  14. 防水スプレーの使い道③その他
  15. 100均防水スプレーのまとめ

100均の防水スプレー

防水、撥水スプレーは100均では買わないという人もいるでしょう。ですが、100均のものでも効果はありますし、中には評価の高いものもあるんです。100均だからと、悪い物ばかりではありません。今回は100均で取り扱っている防水スプレーをまとめていきます。その中でも評価の高いおすすめのものがあるので、参考にしてみてください。(2019年10月23日の情報です)

100均の防水スプレーのコスパがいいって本当?

100均の防水スプレーは使えるのか

100均のものって使えるの?と思う人は多いかもしれませんが、100均のものだからと侮るなかれ。実際使ってみると、普通に販売されている商品と変わらず使えるものはたくさんあります。それは防水スプレーも同じ。商品によって良し悪しはあるかもしれませんが、基本的には通常品と同じように使えるものが多いんです。

100均の防水スプレーの効果は

Photo bylegitagram

100均の防水スプレーでも、他社のスプレーでもそうですが、肝心なのはその効果。撥水はどうなのか、コスパ的なところはどうなのかを考えたときに、総合していいと思えるものを変えたら最高ですね。今回は評価や動画で公開している意見もまとめていくので、その評価も参考にして選んでみてください。

防水スプレーには種類がある

フッ素系とシリコン系の防水、撥水スプレーがある

Photo byjplenio

スプレーには種類があり、フッ素系とシリコン系に分かれます。シリコンタイプは全体を覆い、シミになりやすいのですが持続性があります。また、フッ素系は全体というよりも服の繊維一本一本に働きかけ、通気性を損なわずに利用できますが、持続性は弱いのが特徴になっています。しっかり撥水をしたい、という場合はシリコン系がいいのではないでしょうか。

使い方によって分けて使おう

シリコンは全体を覆い、フッ素系は繊維を覆うため、それぞれの使い方には向き不向きがあります。例えば傘や長靴を使うのであれば繊維がないのでシリコンタイプの方が合いますし、服や革靴、布製のスニーカーはフッ素の方が合っています。使うものによって使い分けることで、より効果と持続性が増します。シリコンは製品問わず使えるのですが、革製品だとシミになる可能性があるので使わない方が安心です。

100均の防水スプレーおすすめ6選!

では、100均の防水、撥水スプレーをご紹介していきます。100均のアイテムの中には、実は通販サイトなどで販売されているスプレーがあったりします。100円ではなく、200円、300円商品として販売されていますが、それでも通販サイトや薬局等で買うよりもコスパはかなり良く、そちらで買うよりも安く手に入るのでおすすめです。(当記事は2019年10月24日時点の情報をもとに作成されております。)

100均の防水スプレーおすすめ①

100均ドライバリアはコスパ最強アイテム

ドライバリア365という防水スプレーを知っているでしょうか。実はこの商品、通販サイトでも販売されているものが、100均で手に入れることができるんです。価格は100円ではなく、150mlが200円、300mlが300円で売っているのですが、通販サイトは千円以上するものなので、それを考えてもコスパが最強だというのが分かるのではないでしょうか。非結晶二酸化ケイ素が使われていて、成分が繊維を覆うので、通気性も保たれたままです。

コスパ最強100均撥水スプレーの使い方や評価は?

このスプレーの使い方についてですが、撥水スプレーを吹きかけてからすぐ使えるというものではないようです。スプレーを吹きかけてからまずは3時間以上乾かしてから使います。靴や衣類、革製品にも使えます。この商品はいろんなサイトで公開されているのですが、防水スプレーをした靴を履いて雨の日に出歩いても、水がしみ込んでこなかったという評価がありました。

コスパ最強100均防水スプレーの効果

実はこの高評価の100均アイテム。専用の動画が公開されています。通販と同じ商品が100均で販売されているのですが、異なっているのは原産国だけのようです。実際のスプレーを購入しようと考えている人は、この動画を見てみてください。靴は水や泥水が全くしみていません。驚きの効果。このように人気の商品なので、店舗に販売されていないこともあります。

100均の防水スプレーおすすめ②

かわいいパッケージの100均防水スプレー

これはダイソーで手に入る商品です。パッケージがかわいらしいので、その点でもおすすめの商品です。価格は100円+税。容量は70mlで少量なので持ち歩きも便利。シリコン系なので、雨具に便利。また、縫の製品であればドライクリーニング可能なものに利用してください。なお、革製品はシミになる可能性があるので、使用しないようにしてください。

コスパ良し!100均ダイソーの防水スプレーの効果

100均商品の評価を見るのもいいですが、やはり実際の商品動画があるならその方が確実ですね。これを使った動画があったので、見てみてください。服に防水スプレーを吹きかけ雨の日に外に出ています。服の上に吹きかけても、しっかり撥水しています。もちろん雨の量でも変わりますが、それはどの商品も同じなのではないでしょうか。服でこの効果なので、カッパや傘などであれば効果は持続するのではないでしょうか。

100均の防水スプレーおすすめ③

コスパ良し!100均のフッ素防水スプレー

次は白地に文字と傘や服、靴のイラストが描かれているシンプルなデザインの防水スプレー。これも容量は70mlなので、先ほどの商品と同じです。取り扱いがあるのは、セリアとダイソー。フッ素タイプのものだそうです。容量が少ないので、先ほどと同様持ち歩きに便利なのではないでしょうか。通販などで販売されている者は400mlなどありますが、100均なので少量です。出先での突然の雨、というときに使いやすい商品です。

100均フッ素タイプの防水スプレーの使い方

Photo byddouk

フッ素系なので、洋服や靴などにも使えますが、本革、合革だと変色の恐れがあるので残念ながら使わない方が安心です。フッ素系の防水スプレーは洋服に使えば汚れ防止にもなります。防水、撥水スプレーは、ただ単に防水をするためだけに使うのではなく、服の袖や襟に使って汚れ防止にすることも可能です。特に袖や襟の部分は落ちにくいところでもあるので、初めにスプレーを掛けておくと簡単に落とすことができます。

100均の防水スプレーおすすめ④

100均ダイソーの防水スプレー

白い本体にブーツの絵が描かれている防水スプレーです。これは容量が70mlで、100円で購入できます。防水スプレーはスプレーしてから数時間置くタイプが多いですが、100均のものだとスプレーしてすぐの方が効果があるという場合もあるようです。ドライバリアは乾燥してから使いますが、これは時間が経つにつれ効果がなくなっていくよう。出先でパッと使いたい場合に便利です。

コスパ良し!100均ダイソー防水スプレーの使い方

Photo byEvgeniT

このタイプの商品は、パッケージにブーツの絵が描いてあることからも分かるように、ブーツに使うことができます。スエード生地の靴や、衣類、傘にも使えます。雪の多いところで使う場合に便利なタイプ。スキー用品に使うのもいいですね。これは小さいサイズなので、持ち歩きにも便利。急な雨や雪でも持っていれば安心です。

100均の防水スプレーおすすめ⑤

100均キャンドゥで買える防水スプレー

こちら、キャンドゥで取り扱っている撥水スプレーです。ブルーのボトルに防水スプレーと書かれたスプレー。シリコン系タイプなので、全体を覆って利用するようなスプレーです。容量はこちらも70ml。持ち歩きに便利なタイプです。布地に対しては、ドライクリーニング可能なものには利用できます。雨や雪の前に利用して使ってください。

100均キャンドゥ防水スプレーの使い方と評価は

このスプレーはどういったものに使えうるのでしょうか。それは、シリコンタイプなので傘やカッパなどの利用に便利ですが、革製品には使えないので注意しましょう。布製品に付けた場合、通気性はなくなりますので、通気性は確保したいという方はこの製品ではなく、フッ素系のスプレーを購入してください。こちらの評価を見てみても、スプレーをかけた部分はしっかりと撥水してくれるようです。

100均の防水スプレーおすすめ⑥

100均キャンドゥの防水スプレー

つぎの防水スプレーは、パッケージがブルーで傘やパンツ、靴の絵が描かれているものです。これはキャンドゥで販売されているようです。内容量は70mlでこちらもコンパクトサイズなので、持ち歩きに便利な商品です。もちろん、雨だと分かっているのであれば前日に吹きかけておくと安心かもしれません。

100均防水スプレーの使い方と評価は

Photo byBrett_Hondow

この防水スプレーの使い方ですが、パッケージにも書いてあるように傘や衣類、靴に使えるタイプです。雨はもちろん、雪にも対応しているので、スキー用品などに利用するのもいいですね。評価についてですが、ツイッター画像にあったように、一本で折り畳み傘一本分だったようなので、もちろん使い方にもよると思いますが、大量に使いたい場合は数個購入する必要があるようです。

防水スプレーの使い道とは

100均の防水スプレーは100円でありながらもしっかり使えるのでコスパ最強だというのが分かったと思います。では、実際の防水スプレーの使い道についてみていきましょう。通常思い浮かぶのは靴や傘、レインコート、革製品が思い浮かぶと思うのですが、それ以外に使える用途があるんです。どんなものがあるのでしょうか。

防水スプレーの使い道①靴

靴に使えば雨にも泥水にも安心!

まず一つ目に挙げられるのが靴ではないでしょうか。スニーカーなど布製品のものから、革靴にもいいですね。ただ、100均の防水スプレーには、革靴製品は色が変わる可能性があると書かれているものもあるので、裏の注意書きをしっかりと確認して購入しましょう。もちろん、100均で布製品に使えるスプレーもあるので、革製品に使いたい場合はしっかりと確認して購入してください。

靴にスプレーすれば汚れも防げる!

防水スプレーを靴にスプレーしておけば、雨の撥水にも効果がありますし、それ以外に汚れ防止にもなるんです。防水スプレーは、雨をはじくためだけにあるのではありません。汚れを事前に防止することができるので、何もスプレーしないよりは汚れを落とすのも簡単になります。雨以外でも、日常的に使ってみてはいかがでしょうか。

防水スプレーの使い道②雨具

傘やレインコートに

防水スプレーの使い方ですが、次に思い浮かぶのは雨具関係ではないでしょうか。傘などは差していれば問題ないと思う方もいるかもしれませんが、傘自体にスプレーしておけばぱっと払っただけで水が落ちるので、何もつけないよりもすぐに乾いてくれます。また、レインコートにもスプレーすればこちらもすぐに乾くのですぐに利用したり、しまうのも楽になります。

傘やレインコートにはシリコン系を利用!

これも一度お話ししましたが、雨具関係は通気性は問題ではなく、雨を通さないことなので全体を覆うシリコン系のものを使った方が安心です。雨具には他にも、長靴などの通気性のないものもありますね。靴にはフッ素系がいいですが、長靴はシリコン系が適しています。商品自体に用途などが書いてあるので、たくさんある中から適したものを選んでください。

防水スプレーの使い道③その他

キャンプに使うテントに利用

靴や革製品、雨具以外にも使えるものはあるのですが、一体どんなものがあるでしょうか。それは、キャンプに使うテント。もちろん、テント以外にもキャンプで雨に濡れそうなものに使うといいですね。キャンプをしていると、突然の雨が降ってくることがあります。あらかじめスプレーしておけば安心してキャンプができるのではないでしょうか。

ワイシャツなど服の汚れ防止にも

こちらも一度お話ししましたが、服の汚れ防止にあらかじめスプレーをして置くのもおすすめの使い方です。服は襟元、袖口がどうしても汚れやすくなります。色が付いているものならまだいいですが、ワイシャツなど白い服はどうしても汚れが目立ってしまいます。あらかじめスプレーしておけば、汚れにくくなるのでおすすめです。

ハンドメイド商品に

他にはハンドメイド商品に使うアイデア。ハンドメイド商品で、絵具を使っていたり水性タイプのものを作っていると、どうしても水に濡れて商品が台無しになることがあります。その製品の上から防水スプレーをして置けば雨に濡れても安心ですね。この方はにじみ防止の意味でスプレーしているようです。ハンドメイド商品で小さいグッズなら100均商品で十分ではないでしょうか。

楽器カバーにスプレー

バンドをやっているとか、楽器をやっているという方は、楽器カバーがあります。持ち歩いて使うカバーは、雨に濡れてしまうと楽器にも悪影響を及ぼします。ですから、楽器カバーには特にスプレーをしておいた方が安心なのではないでしょうか。100均のものであれば小さくて持ち歩きやすいので、出先で雨が降ったときにすぐに使えます。

シンクにスプレーする

他にも、シンクにスプレーするという人もいます。この場合は、シリコン系がいいでしょう。シンクや洗面台もそうですが、水に濡れたままでカビが生えたりします。防水スプレーをあらかじめしておけば、水をはじいてくれるのでカビが生えにくくなりますし、ふき取りの必要もないので便利です。

100均防水スプレーのまとめ

今回は100均の防水スプレーについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。100均のものだとはいえ、便利に使える商品がたくさんあることが分かっていただけたのではないでしょうか。もちろんその中で一番おすすめしたいのは、ドライバリア365。通販サイトでも販売され、内容量も多いのでぜひゲットしたい商品。ないお店もあるので、早めに購入してください。

その他防水スプレーが気になるかたはこちらもチェック!

他にも防水スプレーが気になる方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

Thumb【2019】最強防水スプレーおすすめ15選!効果や使い方比較で徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
防水スプレーは様々な生地に防水効果を与えることができ、便利ですよね。今回は最強クラスの効果が...
Thumb【2019】スニーカー向け防水スプレーおすすめ11選!正しく使えば効果抜群! | 暮らし~の[クラシーノ]
スニーカーに吹きかけて乾燥させる工程を踏む事により、雨や雪の水分や汚れをしっかりと弾くように...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ