検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】最強防水スプレーおすすめ15選!効果や使い方比較で徹底解説!

防水スプレーは。さまざまな生地に防水効果を与えることができて便利ですよね。今回は最強クラスの効果があり、おすすめを最強防水スプレーランキングとして15種類ご紹介します。今回ご紹介する製品はどれも最強クラスの効果があり、どれもおすすめの製品となっています。
更新: 2023年1月10日
海龍

はじめに

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

防水スプレーを使うと、外出時に突然の降雨でも安心ですよね。生地に使うだけで、水をはじき、濡ぬれなくなるので大変便利です。靴や鞄、リュックサックなどに使うと、雨が中にしみ込むことはありませんし、レインコートや傘などに使用すると、購入時のような撥水効果を復活させることが可能です。

便利な道具になりますが、製品によって性能が異なります。この記事ではその性能の違いを考慮し、ランキング形式にてご紹介致します。

防水スプレーとは


防水スプレーとは、生地に使用することで水をはじく膜が表面にでき、防水効果が発揮するスプレーのことです。主にフッ素系とシリコン系の2種類のタイプに分けられますので、ご紹介いたします。

フッ素系防水スプレー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フッ素系の特徴は、繊維一本一本を膜で覆うので、生地の通気性をそのままに使用できるということです。幅広く生地に使用できますが、シリコン製と比べると、どうしても持続性が劣ります。また生地によっては、十分な撥水効果が見られない生地があります。

シリコン系防水スプレー


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シリコン系の特徴は、生地の表面に膜を張ります。そのため撥水性が高く、フッ素系と比べると持続性があります。ただし、使えない生地が多く、特に皮革製の生地に使うと変色や変形といった事態が起こる可能性があります。また、生地の表面を覆うため通気性が損なわれます。

防水スプレー使用時の注意事項

必ず生地を洗浄する

使用する前に、必ず生地を洗浄して、汚れを落とさなければなりません。ほこりやごみが付着したまま使用すると、汚れも一緒にコーティングされてしまいます。また、防水スプレー自体の効果も薄れてしまうので、必ず生地を洗浄をしてから使いましょう。


必ず屋外か通気性がよい場所で使用する

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

使用する際は、屋外か通気性がよい場所で使用しましょう。間違っても自分の部屋といった屋内にて使用してはいけません。防水スプレーは人体にとって有毒なので、最悪の場合は病院へ行かなくてはならなくなってしまいます。必ず屋外か通気性がよい場所にて使用しましょう。

マスクや手袋を着用する

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

使用する際には、マスクと手袋をつけましょう。防水スプレーは、人体に有毒なので吸い込んだり、体に付着すると人体に悪影響を及ぼします。必ずマスクと手袋をつけてから使用しましょう。乾燥させた後は、臭いがなくなることが多く、直接触っても害はありませんが、口にするのはやめましょう。

テストをする

使用する前に、一度目立たない所に吹きかけてから、変色などが見られないかテストをしましょう。生地に対応しているからと言って、何も問題がないかというとそうではありません。生地によっては、変色などしてしまう危険性があるので、使用する際は必ずテストをしましょう。

防水スプレーの使用方法

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

厳密には、製品ごとに使用方法は違うのですが、大まかな使用方法は、フッ素系、シリコン系の両方とも同じなので、簡単に使用方法について説明します。

1.下準備

上記にて説明しましたが、使用する前に必ずやっておかなくてはならない下準備として、生地を清潔に洗浄する必要があります。まずはきれいに洗浄して、清潔な状態でスプレーを吹きかけてください。

2.テスト

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらも上記にて説明しましたが、必ず目立たない箇所に吹きかけて、変色や変形といった異変が見られないか、テストをしてください。防水スプレーを使用する素材の中には、ご自分の大事な物も含まれているはずです。そんな大事なものが、変色などして使い物にならなくなってしまう事態を防止するためにも、必ずテストをしてから使用しましょう。

3.少し離してスプレーする

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

種類によって異なりますが、基本的には30cmくらい離れた位置から吹きかけましょう。あまりにも近すぎるとスプレーが一点に集中してしまい、十分な効果が得られなくなったり、変色や変形の原因になったりもするので、必ず少し離れた位置からスプレーを使用しましょう。

4.乾燥させる

スプレーを使用した後は、完全に乾くまで日陰で乾燥させましょう。乾燥に必要な時間は、丸1日だったり数分だったりと種類によって違います。また、直接日光を当てて乾燥させると、変色したりもするので、必ず日陰で乾燥させるようにしましょう。

5.繰り返す

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

種類にもよりますが、乾いたらもう一度スプレーをして乾燥させましょう。2回から3回ほど繰り返すことで、効果がより一層現れるようになります。繰り返す作業は、防水スプレーごとに異なるので、使用する防水スプレーの使用方法をよく読みましょう。

おすすめの最強防水スプレーランキング15位

NeverWet NEO ネバーウェットネオ

NeverWet製のシリコン系防水スプレーです。アメリカの技術により、シリコン系でありながら、使用しても生地の通気性を損なうことがありません。使用後は、24時間の陰干しが必要なので、即効性は低いのですが、使用方法を守れば、最強クラスの防水効果を発揮します。また泥やほこりといった汚れを防止してくれます。

防水効果は最強クラス

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他の防水スプレーと比較しても、最強クラスの防水効果と言えます。その分24時間の陰干しが必要であったり、手間が必要となりますが、高い防水効果があるので、急いで使用する必要がなければおすすめです。持続性もあり、1日や2日で効果が薄れることもありません。

おすすめの最強防水スプレーランキング14位

TX ダイレクトスプレー EBE016

NIKWAX(ニクワックス)製の商品です。スキーウェアやウインドブレーカー、バックパックなどに使用でき、高い撥水効果があります。濡れた生地に使用することで、撥水剤が生地にしみ込み、効果が長持ちしやすくなります。使用後にふき取らないと、白いしみになったりするので注意が必要です。

高い持続性

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

生地にしみ込ませることによって、持続性がより高くなります。浸透させるために、あえて生地を濡らして吹きかけることで、持続性が高まります。注意すべき点は、すでに撥水加工がされている生地に使用する場合は、濡らすことが困難になるので、撥水効果が薄れてきた生地、もしくは新品に使用しましょう。

おすすめの最強防水スプレーランキング13位

防水スプレー ハイパワー ガス抜きキャップ 420ml

コニシボンドの防水スプレーです。フッ素系で安価で購入できます。持続性は低いのですが、生地に使用しても通気性を損なうことがありません。即効性が高いので、突然雨が降ってきても使うことができます。また正しく使用すれば、生地の色が変色しません。

コスパ最強

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較しますと、コスパが最強となります。効果が一日くらいしか持続しないため、持続性に劣りますが、そのほかの性能は十分優れています。一日は撥水効果が弱くなることがありません。効果が持続している間は、しっかり汚れの付着も防止してくれます。

おすすめの最強防水スプレーランキング12位

クレッププロテクト 防水スプレー

クレッププロテクトから販売されているこちらの防水スプレーは、かっこいいデザイン性が特徴的です。スニーカーなど、靴に適した防水スプレーとなります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

天然皮革やキャンバス、ナイロンなどへのコーティングに利用可能。水だけでなく、油や泥などの汚れから大切な靴を守ります。1缶持っていれば、約12足まで対応可能です。

優れた撥水効果

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

クレッププロテクトは、あらゆる素材に使用できる優れた撥水効果を発揮する防水スプレーです。スプレーをかける前には、必ず靴を清潔に保ち、乾燥させておいてください。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

20cmほど離した場所からスプレーすることで、効果的な撥水性を実感できます。クレッププロテクトは、雨の日に大切な靴を守れるので、ぜひこの機会に取り入れてみてください。

おすすめの最強防水スプレーランキング11位

Collonil(コロニル) 万能防水スプレー ナノプロ

Collonil(コロニル)製の防水スプレーで、フッ素系になります。一般シューズ全般に使うことができるうえ、ウェアやバッグにも使用できます。防水性はもちろん高いのですが、一度塗りでも効果を十分に得ることができ、また繊維の色が変色することもないので、安心して使うことができます。

汚れなども防止できる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較しますと、高い撥水効果が得られるのはもちろんのことですが、同時にホコリや泥といった汚れの付着を防止してくれます。一度塗りでも十分な効果があるため、非常に便利で高性能なのですが、容量が少なく、値段もほかの製品と比較すると高価になります。

おすすめの最強防水スプレーランキング10位

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 420ml DBS-420

LOCTITE製の商品です。アウトドア用品、スポーツウェアといった繊維や皮革など、さまざまな繊維に使え、生地の通気性を損ないません。安価で購入が容易なうえ、持続性も高くなっています。臭いが強いので、使用の際は屋外で吹きかける必要があります。

全体にまんべんなくスプレーができる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較すると、噴射の勢いと中身の成分のバランスがよく、全体に均一にスプレーができます。バランスがよく、使用後に中身が少し残っているがガスがなくなってしまい使えないという問題がほとんど起こりません。当然、撥水効果と汚れの付着を防止する効果は高いのですが、使用後に乾燥させないと効果が薄れます。

おすすめの最強防水スプレーランキング9位

M.モゥブレィ プロテクターアルファ

M.モゥブレィ プロテクターアルファ

出典:Amazon

M.モゥブレィ製の商品で、フッ素系なのでさまざまな素材に使え、撥水はもちろん、汚れを防止しホコリやごみなどからも守ってくれます。生地の通気性を損ないません。持続性が高いうえ、吹き付けやすく、臭いがそこまで強くありません。

しみになりにくい

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較しますと、ワックス素材以外の生地にほとんどしみができず、安心して使えます。とはいえ、目立たない箇所でテストをすることを忘れてはいけません。またワックス素材に使うと、ムラになってしまうことがあるので、ワックスには使わないようにしましょう。

おすすめの最強防水スプレーランキング8位

[ジェイソンマーク] REPEL SPRAY

JASON MARKK(ジェイソンマーク)製で主にスニーカー用となっていますが、スエード、ヌバックなど吸水性のある素材に対し、安心して使用できます。一度使用したら24時間以上の乾燥時間が必要なうえ、さらに効果を高めるために、同じ工程を2度繰り返す必要があるといった手間がかかりますが、性能は抜群です。

乾燥時間が長いほど効果が高い

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

撥水効果と汚れの付着を防止する効果は、乾燥時間が長いほど高くなります。十分な効果を発揮させるには、最低でも48時間の乾燥時間が必要となります。そこまで長時間の乾燥ではなくても効果は得られますが、最低でも48時間は乾燥させた方が高い効果を得られます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他の製品と比較すると、非常に長い乾燥時間が必要なため、即効性は低いのですが、撥水効果や防汚効果が高く、持続性もあり、間違いなくトップクラスの効果を発揮します。

おすすめの最強防水スプレーランキング7位

ロックタイト超強力防水スプレー

超強力防水スプレー長時間420ml

出典:楽天

ロックタイト超強力防水スプレーは、長時間保つ防水スプレーとなります。また、420mlの大容量となっているため、たっぷり使いたいという人におすすめです。

衣類やスポーツウェア、レインコートやアウトドア用品やリュックなどに使用できます。定期的にスプレーしておくことで、防水性を常に保てるのでおすすめです。

高い持続性

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ロックタイト超強力防水スプレーは、約傘4本分の防水加工が可能です。主成分にはフッ素樹脂、シリコーン樹脂、液状エアゾールが入っています。撥水効果が10倍ほど長持ちするので、定期的なお手入れが苦手な人におすすめ。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ロックタイト超強力防水スプレーは、防水剤が繊維を包み込むため、突然の土砂降りの雨でも安心です。

おすすめの最強防水スプレーランキング6位

シュプリームプロテクトスプレー

シュプリームプロテクトスプレー

出典:Amazon

Collonil(コロニル)製の商品で主に皮革に使えます。生地が変色したりせず、素材の通気性を損ないません。臭いがきついので、必ず屋外で使用しなければなりませんが、乾燥が早く、乾燥後は無臭になります。また、革が傷みにくくなったり、きれいになるといった効果も期待できます。

革が傷みにくくなる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較すると革に使った際、撥水効果や汚れの付着を防止する効果はもちろん、傷みにくくなるといった効果もあります。また、クリーナー効果もあるので、スプレーをするときれいになる効果があります。値段の割に容量が少なめですが、それだけの性能があります。

おすすめの最強防水スプレーランキング5位

is-fit 防水スプレー オールマイティ仕様

モリト製の商品で、フッ素系になります。革や布といった生地に使うことができます。生地の通気性が損なわれません。変色もせず、臭いもあまりきつくないので、安心して利用ができます。臭いがきつくないとはいえ、体に有害なので、必ず屋外で使用しましょう。

安価で大容量

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較しますと、価格が安く容量が多くなっています。性能も劣るわけではなく、十分な撥水効果、汚れの付着を防止する効果もあります。多くの種類の素材に対して使用することができるのも、この防水スプレーの強みといえます。

おすすめの最強防水スプレーランキング4位

MARQUEE PLAYER 防水スプレー

MARQUEE PLAYER(マーキープレイヤー)製の商品でフッ素系になります。主にスニーカーに使用するタイプですが、スニーカーだけではなく、合成合皮や天然革といった素材にも使用できます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

使用しても素材の通気性が損なわれません。2回から3回繰り返し使用することで、高い持続性と撥水効果、汚れの付着を防止する効果が得られます。

即効性が高い

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較しますと、吹きかけた後にすぐ乾きます。素早く乾くので、外出する直前やアウトドア中の突然の雨でもスプレーすることができ、十分な効果が現れます。乾燥させればそれほど高い効果を得られますが、直前に使用しても十分な効果が得られます。

おすすめの最強防水スプレーランキング3位

[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml

ウォーターストップスプレー

出典:楽天

Collonil(コロニル)製の商品です。フッ素系で、皮革に浸透するタイプとなっています。浸透していくので、皮革を傷めずに防水効果を発揮します。レザージャケットやバッグへの使用も可能です。乾燥が早く臭いも残らない、頼もしい防水スプレーです。

霧が細かくムラになりにくい

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

他製品と比較すると、使用時の霧が細かくなっています。細かい霧によって、ムラができにくくなっています。撥水効果や汚れの防止効果なども十分あり、容量も多くなっています。値段が高いということと、容量は多いのですが、使い勝手がいいので、思ったよりもすぐになくなってしまうことがあります。

おすすめの最強防水スプレーランキング2位

コロンブス「アメダス2000」

columbus(コロンブス)製の商品でシューズ用のスプレーです。このスプレーは有名なので、知っている方もいるでしょう。天然皮革の靴や人工皮革、布地などに使用することができます。高い撥水効果があり、使用して1週間は効果が持続する商品です。

安価で高い効果

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

値段に合わないほど、高い撥水効果や汚れの防止効果が得られます。また、効果が約1週間は持続する高い持続性もあります。また、容量も多いので、安くて効果が高い防水スプレーをお求めの方にはおすすめの商品です。

おすすめの最強防水スプレーランキング1位

[ジュエル] ヴィオラ防水スプレー300ml

Jewel(ジュエル)製の商品です。ブーツやシューズといった靴用の防水スプレーですが、靴以外にもバッグやジャケットなどにも幅広く使用することができます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

即効性があり、乾燥時間は約15分から20分程度なので、出かける当日にスプレーをしても安心です。使用直後に白い粉のようなものが付着しますが、ふき取れば何の問題もありません。

大容量かつ高性能

出典: https://item.rakuten.co.jp/orange-heal/1202099s/

大容量で高い撥水効果や汚れの防止効果があります。使用できる生地も多岐にわたり、あらゆる生地に使用することができます。しかし必ず目立たない箇所でテストをしてから使用するようにしてください。臭いがきついので屋外で使用する必要がありますが、乾燥すると無臭になるので、安心して使用できます。

おわりに

フッ素系やシリコン系の防水スプレーを15種類ご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。フッ素系とシリコン系の違いや、さまざまな防水スプレーがあることがご理解いただけたかと思います。こちらで紹介した防水スプレーを参考にしていただければ幸いです。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

またご紹介したフッ素系やシリコン系の防水スプレーは、どれも最強クラスの効果となっており、人気が高い順にランクを付けさせていただいたので、1位が優れていて15位が劣っているというわけではないということをご理解ください。

もっと詳しく知りたいという方はこちらもチェック

防水スプレーについて、もっと情報が欲しいという方は、こちらの記事でも防水スプレーについて詳しく紹介してあります。興味がおありの方は、是非確認してみてください。