【実釣インプレ】がまかつ「コヨーテ S100M」!小技が効くライトショアジギングロッド!のイメージ

【実釣インプレ】がまかつ「コヨーテ S100M」!小技が効くライトショアジギングロッド!

がまかつ「コヨーテ S100M」の実釣インプレ!がまかつさんに「コヨーテ S100M」をお借りして、夏のライトショアジギングで感じたフィーリングをご紹介します。40gまでしっかり投げ込めて、使用感は超軽快!ジグメインでのサーフ兼用ロッドとしても要チェックです!

2019年09月28日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「コヨーテ S100M」の実釣インプレをご紹介!
  2. 「コヨーテ S100M」とは
  3. 「コヨーテ S100M」の基本スペック
  4. 「コヨーテ S100M」はライトな使用感が魅力!
  5. 「コヨーテ S100M」はサーフにも対応!
  6. 「コヨーテ S100M」のキャストフィールを実釣インプレ!
  7. 「コヨーテ S100M」のロッドアクションを実釣インプレ!
  8. 「コヨーテ S100M」の感度を実釣インプレ!
  9. 「コヨーテ S100M」はこんな釣りにおすすめ!
  10. 「コヨーテ S100M」でライトに楽しもう!

「コヨーテ S100M」の実釣インプレをご紹介!

がまかつのライトショアジギングロッドをインプレ!

青物

がまかつラグゼのライトショアジギングロッド「コヨーテ」を実釣インプレッション!がまかつさんにロッドをお借りして、夏のライトショアジギングに出かけてきました。モデルは最もライトなS100M!MAX40gクラス、軽いルアーもしっかり使えるロッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「コヨーテ S100M」とは

がまかつラグゼのライトショアジギングロッド!

コヨーテ

「コヨーテ」シリーズは、がまかつラグゼのライトショアジギングロッド。新マテリアル「トレカT1100G・ナノアロイ」をブランクスに採用し、軽快なフィーリングとしっかり投げ込めるパワーを両立したシャープなフィーリングが持ち味のアイテムです。メインターゲットを青物としながら、根魚ゲームにも対応できるボトム感知能力も完備!ライトな使用感を重視しながらタックルを構成したい方におすすめの1本です!

S100Mはライトモデル!

今回ご紹介する「S100M」は、シリーズ中最もライトなMパワークラスのモデル。MH、Hと3つのパワーが用意されており、レングスはそれぞれに96、100、106のラインナップです。Mモデルの対応ジグウェイトは20gから40gとかなりライト!小型のジグを使いたい、イナダクラスを楽しく釣れるといったパワーセッティングで、気軽なライトショアジギングにピッタリのモデルです!

「コヨーテ S100M」の基本スペック

がまかつ「コヨーテ S100M」の基本スペックを3つに分けてご紹介!

メタルジグ

ラグゼ「コヨーテ S100M」の基本スペックについてです。メタルジグのMAXは40gで、ライトショアジギングのカテゴリー内であればどのウェイト帯でも快適に使いこなせるスペック。自重も軽く、投げ感や持ち感も非常にライトな印象を受けました。20gクラスが快適であることはもちろん、表記MAXの40gもフルキャストできるパワーがあるので、重めを選んで飛ばしたいシチュエーションでも活躍してくれます!

①対応ルアーウェイトは20gから40g

対応ルアーウェイトは20gから40gで、MAX表記の40gもフルキャストできるスペック。しなやかな曲がりで20gクラスのメタルジグでも十分な飛距離が得られます。堤防、サーフで深さや流れが特別気にならないポイントであれば、ターゲットサイズやシチュエーションに合わせて、各ウェイトのメタルジグを快適に使用可能。表記通り、30g前後をメインとしている方であれば、どのメタルジグでもバッチリ楽しめます!

②価格は定価38,500円

がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ コヨーテ S100M
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

価格は定価38,500円。入門向けとしては高価な設定ですが、「トレカT1100G・ナノアロイ」採用ロッドの中では手に取りやすい価格設定だと思います。堤防、サーフで小型から中型までを1本でこなせる、軽さやしなやかな曲がり、投げ感にもこだわりたいといった要求を満たしてくれる、ステップアップ向けの1本です!

③自重は190g!

自重は190gで、軽量なロッドをお探しの方にもおすすめできるスペック。細身でパワーも十分、使用感の部分でも軽快さを存分に楽しめるロッドに仕上がっています。ライトな操作感もライトショアジギングの魅力!快適に遊べる、という部分を重視してロッドを選びたい方は、是非釣具店で手に取ってみてください!

「コヨーテ S100M」はライトな使用感が魅力!

小型のジグまでしっかり扱える

メッキ

ラグゼ「コヨーテ S100M」のおすすめポイントはライトな使用感!20gクラスのメタルジグをしっかりキャストできて、水中の存在感をティップ、手元に感じながら操作できる性能を持っています。ターゲットが小さいシチュエーションはもちろん、食い渋り対策にシルエットの小さいジグで攻めたい時にもおすすめ。タングステンのメタルジグと組み合わせれば、かなりライトなターゲットまで遊べるロッドです!

シーズン序盤も曲がって楽しめる!

40gのルアーを振り抜けるパワー、粘りがありながら、掛けてからはしっかり曲がってファイトをサポート。強めのセッティングでは物足りなさを感じるサイズでも、ラグゼ「コヨーテ S100M」ならやり取りをバッチリ楽しめます。強すぎない構成で遊ぶのも、ライトショアジギングの魅力!釣り味も加味してロッドを選びたい方は、要チェックです!

「コヨーテ S100M」はサーフにも対応!

軽快なキャストで飛距離は十分!

青物

30gのメタルジグを使用したサーフゲームでも、抜群の飛距離で不便さは全くナシ。細いブランクスと軽快な振り抜きで、多少ラフなコンディションであっても扱いやすいです。シーズン序盤ということで掛かる魚は小型がメインでしたが、サーフのランディング条件であればワラサクラスを掛けても十分勝負ができそうだと感じました。サーフ、ゴロタのライトショアジギングにもおすすめです!

ティップはライトショアジギングロッド

ライトショアジギングカテゴリーのロッドとしてはティップ、ベリーともソフトで曲がりが大きいタイプ、と感じましたが、サーフロッドと比べるとティップは少しハリがあるメタルジグ向けのセッティング。青物だけでなくフラットフィッシュを狙う場合も、メタルジグやボトムバンプ系のアクションをメインとする方におすすめのロッドです。サーフと堤防を兼用する1本としてもバッチリ活躍できますが、使用するルアーのタイプも考慮に入れながら検討してみてください!

「コヨーテ S100M」のキャストフィールを実釣インプレ!

がまかつ「コヨーテ S100M」のキャストフィールを3つに分けてご紹介!

メタルジグ

ラグゼ「コヨーテ S100M」の投げ感をインプレ!30gクラスが最も投げやすく、スペック通り前後もしっかりカバーできるパワー設定。投げやすい曲がりが、長時間の釣行をサポートしてくれます。スパッと振れてしっかり戻るブランクスで、投げ感は軽快!曲げながら気持ちよく投げられるタイプのロッドをお探しの方におすすめです!

①ベストウェイトは30g!

20gクラスから40gクラスまでのメタルジグをキャストして、ベストウェイトだと感じた重さは30g。表記通りの印象で、ど真ん中のウェイトが飛距離、投げ感ともベストです。堤防からのライトショアジギングであれば、出番の多い主役のウェイト!ある程度曲がりが合って投げやすく、飛距離もバッチリです!

②20g未満もキャストは可能

スプーン

釣行当日は小型のシイラが多く、17gのスプーンをキャストして遊んでみました。表記ウェイト未満ということで飛距離はそれなりですが、曲がりがある分、硬いロッドを使うよりは投げやすく飛距離も確保できるかなという印象です。フックはがまかつ「TR-25」!マス向けの細軸設計、バラシを防ぐ追従性で、シイラのジャンプに対応できます!

③リリースポイントは広め!

ティップにややハリを感じるデザインですが、ベリーはしなやかに曲がってキャスト、操作をサポート。リリースポイントが広く、集中力が低下したタイミングでも飛距離を出しやすいです。軽く投げてもしっかり曲がって飛ぶ!体力と集中力を温存しながら、チャンスを待ちたい方におすすめのロッドです!

「コヨーテ S100M」のロッドアクションを実釣インプレ!

がまかつ「コヨーテ S100M」のロッドアクションを3つに分けてご紹介!

シイラ

ラグゼ「コヨーテ S100M」のロッドアクションについてです。ティップからベリーに掛けてがしなやかに曲がるロッドアクションは、ルアーをテクニカルに操作していくスタイルにピッタリ!動きにバリエーションを出して、ターゲットを攻略していくスタイルの方にピッタリの1本です。ラインスラックを使ったアクションパターンも演出しやすいので、小技が効くタイプのロッドをお探しの方は是非チェックしてみてください!

①跳ねすぎないシャクリで軽量ジグが使いやすい!

ティップからベリーに掛けての曲がりは非常にしなやかで、ライトなメタルジグをソフトにシャクれる使用感。1シャクリごとにロッドが入る調子で、暴れすぎないアクションを演出できます。40g使用時にシャクリにくさを感じるような曲がりではないので、操作性の部分もスペック内の範囲は全て快適に楽しめるセッティングです。曲がって戻るティップは疲れにくく、長時間の釣りもバッチリ!投げやすく動かしやすい、快適度の高さが魅力の1本と言えそうです。

②細身のジグにもしっかり対応!

シーバス

水中での抵抗が少ない細身のジグも、「コヨーテ S100M」なら操作性はバッチリ!水中での存在感を感じながら、軽快なリフトと跳ねすぎないジャークを楽しめます。幅を抑えたシャクリ、ピッチイメージの表現力も抜群!ティップやベリーの曲がりを目で見て、手元で感じて、細かくアクションをつけていける1本です!

③スライド系のジグがおすすめ!

ラインスラックを出しながらシャクるスライド系ジグとの相性もバッチリ!ロッドの曲がりを使って、テンションの抜けるタイミングを作りながらジグを動かせます。スタンダードなシャクリ、巻きだけでなく、スラック系のアクションも是非試してみてください!

「コヨーテ S100M」の感度を実釣インプレ!

違和感をより明確に!

サバ

シャキっとしたキレのあるブランクスとしなやかな曲がりで、乗らないアタリの認識も非常に明瞭。アタるけど乗らないシチュエーションを「TR-25」と合わせてキャッチにつなげることができました。メッキ、シイラ、カマスといった青物向けのフックが大きすぎる魚からの反応も、バッチリ認識できるロッドです!

着底確認もバッチリ!

着底確認の性能も抜群!根魚にも対応できる、の紹介文通り、ライトなルアーを結んだ時の感度は非常に高いです。手元で着底を確認できる状況もあったので、重めのジグヘッド+ワームを入れて遊んでみたい方にもおすすめ。しっかりリフトできるティップで、ボトム攻略を楽しみましょう!

「コヨーテ S100M」はこんな釣りにおすすめ!

がまかつロッドの快適性を楽しもう!

ダツ

軽快な使用感、ライトルアーへの対応力で、長時間の釣りやターゲットを幅広く取って遊びたい方におすすめ。快適度が高く、釣りの時間を楽しくしてくれるロッドです。スムーズに曲がるティップセクションの使用感が非常に気持ちよく、道具にこだわって遊びたい方にもおすすめできます。ハイクオリティかつ遊びやすい、そんなロッドをお探しの方は、是非一度手に取ってみてください!

「コヨーテ S100M」でライトに楽しもう!

がまかつロッドで快適釣行!

シイラ

しなやかな曲がりでキャスト、シャクリとも快適度抜群のラグゼ「コヨーテ S100M」。ライトショアジギングの醍醐味である手軽さをバッチリ楽しめるロッドに仕上がっています。飛距離、感度といったじっっ長性能も申し分ナシ!ロッドのステップアップを検討されている方は、是非チェックしてみてください!

がまかつ実釣インプレが気になる方はこちらもチェック!

がまかつロッドの実釣インプレッションが気になる方は、下記のリンクをチェック!ラグゼロッドの中でも特に人気の高いアジングロッド、「宵姫天 S61L」、「宵姫華 S82H」の実釣インプレ記事をご紹介します。「宵姫華 S82H」はマイクロジグも使える強めの1本!アジやメッキに絞って遊ぶ方は、こちらも是非チェックしてみてください!

Thumb【実釣インプレ】がまかつ「宵姫天 S61L」!ジグ単で飛距離を出したいならコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
「宵姫天 S61L」の実釣インプレ!がまかつさんに「宵姫天 S61L」を2か月ほどお借りして...
Thumb【実釣インプレ】がまかつ「宵姫華 S82H」!フロートアジングにおすすめ! | 暮らし~の[クラシーノ]
「宵姫華 S82H」の実釣インプレ!宵姫華シリーズのパワーモデル「S82H」の投げ感や感度、...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ