検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スノボ女子の初心者入門!必要な持ち物から可愛く決まる服装のコツまでご紹介!

スノボ初心者女子のみなさんはゲレンデデビューにどんな持ち物を持っていくか悩まれるのではないでしょうか。定番の持ち物や女子なら持っていきたいものまで便利なアイテム・装備を見つつ可愛いファッションスタイルも気になるスノボ女子御用達の可愛いウェアもご紹介します。
2022年2月14日
佐藤3

はじめに

初心者スノボ女子必見!服装や持ち物はコレ

スノボだけでなくゲレンデに行くのも初めてという初心者の方は、持ち物や服装はどうしたらいいのか?装備は何を買って何をレンタルするべきか?など悩まれることも多いでしょう。スキー場へ行くのに持っていくと便利なアイテムを細かく見ていきましょう。中には女子ならではの必需品もありますので、初心者女子は必見です。


初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物1

持ち物はその人によって必要か不必要かが変わってくることもありますが、これだけは外せないという必需品から紹介します。何はなくてもまずはこれだけは用意してくださいね。

絶対持っていくもの服装や装備品

スキー場には必ず持っていきたい装備や着ていきたい服装からまず見ていきましょう。こちらは女子だけでなく男女ともに必須アイテム。出かける直前に忘れ物がないかチェックする際にもご利用くださいね。


スノーボード・小物

スノボには必要な板やそのまわりの小物類。板は初心者ならば自分に合ったものもわかりにくいので、レンタルで良いでしょう。自分のスタイルが決まってきてからでも遅くありません。その他ビンディング(これは板レンタルに含まれます)・ブーツ。これらもすべてレンタルで揃いますので、スキー場で揃えましょう。

スノボ用の服装

次は服装関係です。スノボウェアはレンタルでも良いですし、ファッションにこだわりたい人はお気に入りを自分で購入しても。最近は初心者用の3点セットなども女子をターゲットにした可愛いものが揃っていますので、お好みのものを選んでください。

耐寒や防水のきいた服装についてはもっと詳しく知りたい方も多いと思いますので、後述でまたご紹介します。

服装にプラススノボ用インナー


出典: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/fst/cabinet/02220324/dus-7425wa.jpg

ユニクロのヒートテックなどでも良いのですが、もっとスノボに特化したインナーがあります。こちらは直接肌に付く点でレンタルというわけにはいきませんので自分で用意する必要があります。

その他装備

顔にかかる雪を防いで反射による視界の見にくさも防いでくれるゴーグルやスキーよりも手を切る可能性が高いため必至アイテムのグローブなども忘れずに用意しましょう。こちらもレンタルが利用できます。

免許証など身分証明書

スキー場で板やウェアをレンタルする際に身分証明書は必須です。そのために免許証や学生証などは
必ず持参してください。

現金

現金はゲレンデまでの交通費・食費・レンタル料金プラスお土産代など少し余裕をもって持参してください。冬場だけ多くの観光客が訪れる山の上にはATMが必ず用意されているとは限りません。あらかじめお金をおろして用意しておくと安心です。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物2

寒さ対策に持っていくと便利な装備

出典: https://image.rakuten.co.jp/peace-price/cabinet/18-snj-173-10.jpg

寒さ対策としてウェアの下にインナーを着込むのですがそれだけでは防ぎきれない部分をフォローするためのアイテムです。いろいろなデザインがありますので、自分のファッションスタイルに合ったものをピックアップすると良いでしょう。

フェイスマスク

出典: https://image.rakuten.co.jp/peace-price/cabinet/18-snj-79-15.jpg

女子は日焼けも気になりますね。フェイスマスクは顔の寒さだけでなく日焼け予防・化粧が取れるのを防ぐなど女子には何かとありがたいアイテムです。おしゃれは我慢派でそんなものは付けたくないというスタイルの方も多いのでどうしてもではなく、あると良い程度にとらえておくといいですね。

ネックウォーマー

首元には太いリンパが流れていますので、ここを温めることで体中がほかほかします。ネックウォーマーは寒さ対策にはおすすめのひとつ。選んだウェアのスタイルと合わせて用意するとおしゃれ感がアップします。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物3

あると便利な装備品や雑貨

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71glOdWGF-L._AC_SL1500_.jpg

ふだんから使っているようなものも、ゲレンデで役に立つものもあります。ここではぜひ持ち物に加えて欲しい便利に使える装備品を集めました。

リフト券用のパスケース

出典: https://image.rakuten.co.jp/peace-price/cabinet/18-snj-101-3.jpg

軽くて腰などに付けられるパスケース。スキー場では何に使うの?と思われる初心者女子も多いかもしれませんが、ほとんどの方が1日リフト券を購入して使います。それを入れておくためのものといわれれば納得されるのでは?意外と盲点で忘れやすいのにあるととても便利な装備なのでぜひ持っていってくださいね。

防水スマホケース

もうひとつ、スキー場でも写真を撮影したり何かと持ち歩く人も多い携帯やスマホ。これも防水がきいているビニールケースに入れておくと安心です。メーカーにもよりますが、スキー場で雪により壊れても保証適用外の場合がほとんど。このような装備を用意して、自分でしっかり守ってください。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物4

スノボ女子必至の衛生用品

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81PdjxVTDNL._AC_SL1500_.jpg

女子ならではというわけではありませんが、ぜひ持っていって欲しい衛生用品をご紹介しましょう。特に雪の反射でゲレンデは思ったよりも日焼けします。1日たっぷり滑る予定なら、美しさにこだわる女子は帰った後のことも考え肌の保護をしっかりしていきましょう。

リップクリームや日焼け止め

化粧下地としてSPF値が高いものを塗ったとしても、日焼け止めは時間経過で効果がなくなるのはご存知の方も多いでしょう。

日焼けを徹底的に予防するなら1時間おき・長くても2時間おきに日焼け止めを塗り直すのをおすすめします。その他意外と乾燥してバリバリになってしまう唇の乾燥を防ぐためのリップクリームもぜひ持っていくと良いですよ。

ポケットティッシュ

出典: https://shop.r10s.jp/rakuten24/cabinet/342/4901121614342.jpg

口を拭ったり、寒くて鼻水が出たときにもサッとふけるポケットティッシュ。持っていると急に何かと便利な装備です。

傷テープばんそうこう

レンタルブーツなどで起こりがちなのが靴擦れです。傷テープばんそうこうは持っているととても役に立ちます。現地でもこまごまとして衛生用品は売られている場合も多いですがどれもお値段は街よりもお高め。買うのはもったいない。特にブーツの中で見えないばんそうこうは何でも良いので数枚用意しておいてください。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物5

運動中の糖分補給に便利なお菓子

Photo bypixel1

スポーツをするとどうしても疲れが出てきて甘いものが欲しいなと感じるでしょう。またリフトやゴンドラに乗ったとき同乗者にもいかがですか?とすすめるとありがたい!女子力高い!と見直されることも。たくさんは必要ありませんが、全部食べなくても数個は余分に持っていくといいですよ。

チョコレートや飴

Photo by sayo-ts

ひとくちタイプの個別包装のチョコレートや飴は、そんなシーンにとても役立ちます。ポケットから出されても個々に包まれていれば食べるのが嫌と感じる人はいないでしょう。溶けないように内側には入れないように。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物6

スタイルが気になる女子には必至のメイク道具

Photo bykaboompics

日焼けや肌の乾燥ケアの衛生用品とは別に、女子なら化粧直し用のコスメもあると良いですね。ただし転倒したときに割れてしまいがちなので、壊れると嫌な限定パクトなどは持っていかないのが得策です。安くてウォータープルーフ効果の高いものがおすすめ。

ファンデーションなどメイク用品

Photo byClker-Free-Vector-Images

どんなものを持ち歩くのかはいつもの自分のスタイルに応じて、小さなサイズのものをご用意ください。ポケットに入るサイズにするのがコツ。特に取れやすいのがリップと目の周りのアイラインやマスカラ系。汗だけでなく雪で取れてしまうのでいつもよりも崩れやすいと思っておくといいですね。

コンパクトミラー

自分の顔のチェックをするのにミラーもあると良いです。これも割れやすいのでこればかりは蓋つきのパクトタイプが良いでしょう。最悪外側は割れてもミラーが無事なのが重要です。100均グッズなどを利用するのが賢いスノボ女子。

初心者スノボ女子が持っていくと便利な持ち物7

泊まりのスノボならこちらも持っていく

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

1泊2日で出かけるならば、着替えの服やインナー・装備なども必要になります。こちらは泊まりのときに追加するものです。

洗面道具やタオル

宿泊施設に用意されていることも多いですが、自分にあった洗顔や歯磨き・タオルなどあると快適に過ごせるでしょう。

基礎化粧品のトラベルパック

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QKYsVUvWL._AC_SL1500_.jpg

基礎化粧品の類はトラベルパックで持参します。ウェアや板はレンタルするとしても荷物はできるだけコンパクトにするのが旅上手な女子の秘訣です。装備などで意外と荷物が膨らみがちなスノボツアーのコツ。

ヘアケア用品

日焼けは肌だけでなく髪の毛にも大きなダメージを与えます。シャワーしたあとしっかり髪にうるおいや栄養を与えたいですね。ヘアパックや洗い流さないタイプのトリートメントなどのヘアケア用品でしっかり保護しておきましょう。

下着やスノボインナーの替え

1泊くらいでは洗濯をして乾かすよりも、別にもっていった方が良いのが替えの下着やスノボ用のインナーです。特にインナーは新しく買う方も多いとおもいますので、1枚だけでなく替え用と合わせて2枚は最低用意してください。

帰りの着替え

帰るだけとはいえだらしない格好や少し臭う昨日の服は着たくないですね。帰り用の着替えもできれば用意しておくとよいでしょう。

携帯の充電器

女子だけでなく現代人の必須なのが携帯の充電器。予備バッテリーよりも経済的で、宿の電気で充電できるから充電器があればお金もかかりません。

スノボ用インナーなど服装をもっと詳しくチェック

スノボ用の服装は

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CI5nh73IL._AC_SL1500_.jpg

絶対に持っていくものの中でご紹介した、ウェアなどの服装やそのインナー。初心者女子でもこれだけは自分用を買ってこだわりたいという方もいるのではないでしょうか。特にインナーの選び方にはコツがありますので、詳しくご紹介していきます。

服装1.おすすめスノボ用インナーの選び方

スキーやスノボ用のインナーといえば、スポーツ用品店でたくさん用意されています。どれがいいのか迷ってしまうでしょう。選び方のポイントは「速乾性」と「保温性」です。

スポーツ中に汗対策は欠かせないので、すぐに吸ってくれしかもサラリと乾くのが理想的。いつまでも湿ったインナーを着ていると体温がどんどん奪われて保温性にも関わります。

服装2.女子向けスノボウェアのスタイル

レンタルではなく自分でウェアを用意していくなら、今の流行のスタイルも把握しておくと選びやすいですね。

服装はセパレートが主流

最近はスキーウェアとスノボ用のデザインの違いがあまりなくなってきていますが、スノボは上下が分かれているセパレート型が主流です。

スキー用のウェアで気に入ったものがあってもスノーボードをするのには不向きなことも。特に防水性が優れているのがスノボウェアの特徴です。絶対にダメというわけではありませんが、スノーボード用となっているウェアから選んでください。

女子が着ると可愛いつなぎスタイル

つなぎのウェアというとあまり可愛いものがないという印象が大きい方もいるでしょうが、最近は女子用だけでなくユニセックスのウェアにおいても可愛いおしゃれなつなぎが市販されています。他の人とファッションで差をつけたいなら狙ってつなぎのウェアにしてみるのもひとつの手ですよ。

初心者スノボ女子におすすめ可愛いファッション1

服装選びで迷った、人気ブランドをチェックしてみてはいかがですか?ここからはスノボ女子から特に注目されている可愛いウェアをブランド別にその違いなどを紹介します。

可愛いスタイルがスノボ女子に人気のブランド

スポーツ洋品店にいくとオリジナルデザインのウェアや有名なスポーツメーカーの品などたくさんのウェアが用意されています。特に女子用のものは可愛いものも多くどれにしようか困ることも。そんなときの選ぶ目安として人気のブランドにしてみるというのはいかがでしょうか。

初心者でも服装には気をつけたい

機能や性能はよほどのことがないかぎり、インナーや尻パッドを付けることでカバーできるので好みのデザインで選んでOKです。女子ならばゲレンデのファッションもスノボの楽しみのひとつですよね。

可愛いスノボファッションブランド「SiROP」

スノボ女子御用達の定番可愛いウェアブランドのシロップ。その年の流行をしっかり押さえてこれを選んでおけば可愛いのは間違いのない!というラインナップで攻めてくるので迷ったときはシロップのニューモデルにしてみてはいかがでしょう。パーカーやニット帽子などでコーディネートしてゲレンデファッションを楽しみましょう。

小物類は柄の中の一色を選んで◎

シロップだけに限らず、たくさんのデザインやカラーが揃っているスノボウェア。同じブランドであれば色味が揃っているのでトップスとアンダーを別々に選んでも合わせやすいのでおすすめです。

困ったときはセットで買うというのもひとつの方法ですが、こだわりたいなら自分らしいセットアップで出かけてみませんか?

初心者スノボ女子におすすめ可愛いファッション2

大人可愛いスノボファッション「SISTA.J」

女子用のスノボウェアのデザインが豊富で、どこに買い物にいっても見つけることができるのがSISTA.Jのウェアです。そのため人気のモデルはかぶってしまうこともあるのですが、その一方で種類が多いので自分らしいものを見つけやすいのもこのシスタージェイを選ぶポイントです。

ハイネックな襟周りは女子が嬉しい機能も

シスタージェイのウェアを見ていて気づかれる人もいるでしょうが、首周りが高めなデザインが多いです。温かいだけでなく、おしゃれな印象を受けますね。人によってはこのスタイルはファンデーションが付くのが心配という方もいるでしょう。でもよく見てみるともし付いても目立たない色合いになっているのがこのブランドの嬉しいところ。

初心者スノボ女子におすすめ可愛いファッション3

個性的なスノボファッション「X-NIX」

X-NIXも人気のブランドですが、実はこちらもう新作を作るのをやめてしまったブランド。ニューモデルは存在しませんが、それでも現在も根強い人気がありスノボ女子から圧倒的支持を受けているところです。気に入ったものがあったら後から手に入らなくなること必至なので即買いがおすすめ。

花柄にこだわらない自分らしい可愛いを

X-NIXのモデルの中にも花柄などもありますが、それよりもおすすめしたいのがユニセックスなデザインの中に隠れている女性らしい可愛らしさをアピールできるコケティッシュなウェアです。スタジャン風のデザインやデニムっぽいつなぎなど、他ではなかなか見られないようなものがあるのが特徴。

初心者スノボ女子におすすめ可愛いファッション4

着やすいスノボファッション「SARRA」

ストリート系なファッションが多いスノボウェアの中で、もっと普通のおしゃれな街着っぽいものが欲しいという人にはSARRAがおすすめ。飾りすぎない自然な女性らしさをアピールできるでしょう。

それだけでなくSARRAのウェアのよいところは、いつまでも飽きが来ないデザインが多いのも特徴。流行に左右されない自分らしさを求めるおしゃれ女子にウケています。

ティーンから大人女子まで使えるデザイン

可愛いデザインは着る人の年齢を選んでしまうことも多いですね。でもSARRAのウェアはティーンがきても大人女子が着ても似合いそうな幅広い年齢層に対応できるものが揃っているのも魅力。姉妹や母と娘でも貸し借りしておしゃれが楽しめそうなブランドです。

初心者スノボ女子におすすめ可愛いファッション5

おしゃれなスノボファッション「43DEGREES」

少し大人なスノボ女子におすすめしたいのが43DEGREESというブランドです。少しスリムめなデザインが特徴です。ダボッとしたあのスタイルが苦手という大人女子でも、きっと満足できるスノーボードファッションが見つかるでしょう。

おしゃれなコーデュロイシャツみたいなスノボウェア

43DEGREESのウェアを見ていて目を引いたのがこのシャツのようなデザインのスノボウェアです。他では見たことがないという人も多いのではないでしょうか。襟の色とポケットのタブが同じ色なのがおしゃれですね。気負いすぎずラフな感じでスノーボードファッションを楽しみたい。こんなカジュアルなスタイルが好きという人にはおすすめ。

まとめ

服装や持ち物をチェックして忘れ物のないように

出典: https://image.rakuten.co.jp/loveactionmarket/cabinet/17-18sarra/74702set-new_img5_1.jpg?01

初心者女子がはじめていくスノーボードで持っていきたいアイテムや着るべき服装・装備などご紹介してきましたがいかがでしたか?

普段の持ち物とだいたい同じという方も多かったでしょうが、スノボ独特のアイテムもありますので忘れないようしっかりチェックしてから出かけてくださいね。また服装やウェア選びで迷っているという方には後半の女子に人気ブランドの解説もぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

スノボの装備や服装が気になる方はこちらもチェック

そのほかスキー・スノボのインナー選びやニット帽などの小物・ウェアのおすすめ紹介なども是非合わせて見てくださいね。