【2019】冬キャンプ用テントおすすめ12選!使用人数別に便利で暖かい製品を厳選!のイメージ

【2019】冬キャンプ用テントおすすめ12選!使用人数別に便利で暖かい製品を厳選!

冬にキャンプをするなら暖かいテントがおすすめです。冬キャンプでも暖かいテントとはインナーメッシュではなくただの生地になっていたり冬の風が入り込まないような作りになっているテントで、たくさんあるテントの中からおすすめを紹介します。

2019年08月20日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 冬用のテントとは
  2. 冬のテントに関する防寒対策について
  3. 冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)1
  4. 冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)2
  5. 冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)3
  6. 冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)4
  7. 冬キャンプにおすすめテント(三人~)5
  8. 冬キャンプにおすすめテント(三人~)6
  9. 冬キャンプにおすすめテント(三人~)7
  10. 冬キャンプにおすすめテント(三人~)8
  11. 冬キャンプにおすすめテント(四人~五人)9
  12. 冬キャンプにおすすめテント(四人~六人)10
  13. 冬キャンプにおすすめテント(六人~八人)11
  14. 冬キャンプにおすすめテント(八人~十人)12
  15. 冬用のテントのまとめ

冬用のテントとは

暖かいテントがおすすめ

Photo byHuskyherz

冬は気温が低いので風が入りにくいテントがおすすめです。またソロや二人用以上のテントとなると薪ストーブが使える、使いやすいテントのほうがおすすめになります。風が入りにくいテントとはフライシートにスカートが付いているものや、インナーが一部メッシュではなく、全てポリエステルなどの生地になっているものがおすすめです。安いテントの中には重さを抑えるためにクローズできないメッシュタイプも多いので注意しましょう。

薪ストーブが使えるテントとは

出典: https://www.amazon.co.jp

薪ストーブが使える、使いやすいテントというテントもあります。化繊より熱に強かったり、最初から煙突を通すための穴が空いていたりすると自分でテントに細工をしなくても薪ストーブが使えるので便利ですよ。またソロや二人用のテントでは狭いので、薪ストーブを使うにはツールームテントなどの大きなテントが必要になることから安いものはありません。基本的に薪ストーブが使えるテントはファミリー向けテントが中心になってきます。

冬のテントに関する防寒対策について

冬用のテントだから暖かいというわけではない

冬用のテントを紹介する前に冬キャンプでは防寒対策が大切です。一般のテントと比べると冬でも使えるテントは確かに暖かいのですが、防寒対策なしでも快適に過ごせるという便利なものではありません。冬用のテントでも適切な防寒対策をして使いましょう。

防寒対策1:ストーブの導入

冬キャンプでは薪ストーブなど暖かくするための道具をテント内で使う事が多いです。ソロや二人用の小さなテントだと薪ストーブではなくカセットガスを使ったストーブを使うことがありますが、一酸化炭素中毒にならないように気をつけましょう。電気ストーブを使う場合は一酸化炭素中毒の危険性はないのですが電源付きサイトを使わないといけません。

防寒対策2:丈夫で厚めの生地のテントを選ぶ

薪ストーブが使えるテントなら基本的に丈夫な生地でできていますが、安いテントは生地が薄い場合があります。冬キャンプでは生地が丈夫なほど寒さに強いものが多いです。重たくなりますがおしゃれなコットンテントやテクニカルコットンのテントだと丈夫で結露対策にもなるので冬キャンプでは特に人気があります。ソロや二人用の小さなテクニカルコットンのテントも発売されるようになりました。

防寒対策3:安いテントとシェルター

大きなスクリーンタープ、シェルターの中に安いテントを設営して過ごすカンガルースタイルも防寒対策としておすすめです。小さくて薪ストーブや各種ストーブが使えなかったり、スカートがなかったりしてもカンガルースタイルだと暖かいのでこだわらなくても大丈夫です。ただしスクリーンタープやシェルターはフルクローズできないと防寒対策にならないので注意しましょう。

結露について

インナーがフルメッシュだと寒いのですが、通気性が悪いと結露に弱いのである程度通気性も必要です。そのためインナー上部だけメッシュでフライにスカートがあるという場合は結露対策にもなる扱いやすいテントと言われています。

冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)1

ネイチャーハイク 二人用テント

Naturehike テント 2人用 アウトドア キャンピングテント
楽天で詳細を見る

ソロ~二人用の小さなテントでフライにスカートが付いていることから4シーズン使えます。ただし薄い生地と半分メッシュになっているので防寒対策が必須になります。スカート付きのテントで少人数向けのものが少ないので比較しにくいですが、ネイチャーハイクというブランド自体は安いことで人気があります。暖かい格好やマットなど敷いて使うようにしましょう。前室が狭いのでストーブの導入は難しいです。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

雪の上でのキャンプでも使いやすいスカート付きと低価格でありながら人気のブランド、そして高い耐水圧と冬でも使いやすいです。冬はどんなテントでも結露がおきるので換気をよくするか、諦めて撤収時にマイクロファイバータオルなどで拭くようにしましょう、冬の強い風にも耐えられるようにフレームに使われている素材はアルミ合金の中でも一番強度があり丈夫と言われている7000番を採用し年間を通して使えるところがおすすめです。

冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)2

GROOVY ツーリンテント

テント ツーリングテント ツーリング 一人用
楽天で詳細を見る

ソロ~二人用のツーリングテントということで収納サイズが190×190×460mmに収まります。4シーズンでも使えるようにスカートがあり安いテントですが人気です。初心者でも設営しやすいごく一般的な設営方法でフレームを交差させて設営していくだけです。インナーの上部が閉じられないメッシュになっているので、風が強い時は少し注意が必要ですが安い、使いやすいと初心者におすすめできるテントとなっています。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

上部全てメッシュになっているというわけではなく一部メッシュになっているだけなので、インナーがフルメッシュのタイプと比べると暖かいです。安いですがフレームは丈夫なアルミを採用しているところも評価できます。天井にも小物入れがあるので使い勝手もよく初心者でも設営しやすいシンプルな組立方法というところがおすすめの理由です。冬キャンプでは手袋をしていることも多いので、簡単に設営できるものが扱いやすいです。

冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)3

テンマクデザイン テンゲルスタンダード

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) テンゲル スタンダード
楽天で詳細を見る

小型のツーリンテントグで初心者でも設営が簡単です。スカートが付いていないタイプなので風が入りやすく防寒対策が必要になります。しかし、テンゲルスタンダードを使って冬キャンプをしている方も多いです。フレームに安いグラスファイバーを使用することで全体的なコストを抑えたテントになります。前室が広く後ろからも出られるので使い勝手のいいテントで一酸化炭素に気をつければ小型のストーブも導入できると言われています。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

ソロから二人用のテントですが前室が広く高さもあるので非常に使いやすいテントとなっています。小物入れが充実しているだけではなく、ロープを使えばタオルなどをかけておけるので便利です。スカートがないので防寒対策として厚手のマットを使ったり、電源付きサイトを利用したりして使いましょう。前室が広いことにより一酸化炭素チェッカー(警報機)と併用すれば小さなストーブが導入できるので暖かいです。

冬キャンプにおすすめテント(ソロ~二人)4

MSR リモート2

MSR エムエスアール リモート2
楽天で詳細を見る

登山家が起業したMSRは登山向けの軽量なテントが多く、小さくて軽いものでも丈夫で冬の悪天候でも使いやすいものが多いです。MSRといえば白と赤のおしゃれなデザインの物が多いですが、4シーズンに対応したリモートのフライはオレンジです。2本のフレームではなく3本のフレームを使う独自の構造で二人用ですが、広く感じられますよ。前室が広いのでテンゲルスタンダードと同様に小さいストーブの導入ができるといわれています。

おすすめポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

初心者には手が出しづらいかもしれませんが、MSRは登山用のテントとしては大人気の憧れのブランドです。そのため価格は高価ですが、それに見合う性能があり冬キャンプでも使いやすいです。特にMSRのフレームは一般的な金属やグラスファイバー(FRP・繊維強化プラスチック)ではなく特殊素材使われよくしなり、強度が高く丈夫で簡単に折れることはないといわれています。フライシートにはスカートもありますよ。

冬キャンプにおすすめテント(三人~)5

GEERTOP 4人用テント

GEERTOP(ギアトップ) テント 大型 4人用
楽天で詳細を見る

ファミリーキャンプ用としても使いやすい3~4人向けのテントです。インナーの丈夫がメッシュになっていますがフライシートにはスカートがあるので風が入り込まないようにできます。ファミリーキャンプだとタープを使うと思いますが、ソロで使用した場合入口を別売りのポールを使えば跳ね上げられるのでゆっくり過ごすときに便利です。ただし大きいですが、ツールームテントではないのでストーブの導入は難しいです。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

初心者でも設営しやすいシンプルなフレームワークで簡単に設営できる点と3~4人用としては安いことから、これからキャンプを始めるという方にもおすすめです。キャンプ場ではあまり見ない黄色いデザイン、丈夫なフレーム、換気しやすい構造で全体的に高く評価されています。フレームも強度があり軽いアルミを採用しています。出入り口が2箇所あり暑い時はスカートをまくりあげて固定して使えますよ。

冬キャンプにおすすめテント(三人~)6

ネイチャーハイク ワンポールテント

Naturehike Pyramidピラミッド 5-8人用 ワンポールティピ テント
楽天で詳細を見る

5~8人で使えるワンポールテントとなっていますが、インナーがだいたい半分しかないハーフインナーとなっていることから多くても3人程度で使うときにおすすめです。基本的にはファミリー向けではないので注意しましょう。それ以外ではフライにスカートがあり前室があるタイプのワンポールなので石油ストーブを導入したり、インナーの中で料理をしたりできるので冬キャンプにもおすすめです。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

おしゃれな外見で設営が初心者でもしやすく、スカートの付いているワンポールテントということでおすすめしました。やはり冬キャンプはスカートがある方が扱いやすいです。インナーを外して大きなシェルターとしても使用でき、工夫次第では薪ストーブも使えるほどの広さがあります。ただしスカートが付いていて、暖かい空気を逃さないので適度に換気をしないと一酸化炭素の発生や結露の発生要因になります。

冬キャンプにおすすめテント(三人~)7

ハスキー 3人用テント

キャンプ テント 3人用
楽天で詳細を見る

日本ではあまり馴染みがないブランドですが、ハスキーはヨーロッパでは爆発的な人気があるアウトドア用品の名ブランドです。確かな品質で軍隊にも提供していて日本でも全体的に評価が高いです。例えばフレームの交差箇所が多い特徴的なフォルムは風に非常に強く天候が不安定なときでも安心して寝泊まりできるようになっています。また丈夫がメッシュになっているので通気性がよく結露にも強いです。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

一番のおすすめポイントは安いのに全体的に高品質で評価されているというところです。フレームは7000番の強度が高いアルミ合金を何箇所も交差させる作りなので風に対して非常に強く、インナーの上部がメッシュなので結露にも強いです。耐水圧にいたってはは7000mmにもなりスペック通りだと雨が染み込むことは無いでしょう。換気もいいので耐水圧が高くても快適です。さらに初心者でも設営しやすいようにフレームは色分けされています。

冬キャンプにおすすめテント(三人~)8

スノーピーク ランドブリーズ4

スノーピーク snow peak ランドブリーズ4
楽天で詳細を見る

国内の人気ブランドスノーピークのスタンダードモデルのテントですが価格帯以上の機能があり使いやすいテントです。冬キャンプでも夏キャンプでも快適に過ごせるように換気できる窓がたくさんあります。初心者の方でテント選びに迷っている方はスノーピークにしておけば失敗することがないと言われているほど評価がたかいのでおすすめです。前室が広いですが薪ストーブの導入は難しいので注意しましょう。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

冬キャンプでも使いやすいスカート付き、簡単にテント内の温度が調整できること、そして確かな品質ということでおすすめしました。スカート付きなのでエントリーモデルと比べると暖かく、冬キャンプでも使いやすくなっています。換気しやすくある程度広いということなので薪ストーブ以外のストーブは導入しやすいのでソロからファミリーまでおすすめです。さらに家族が多い方は6人用のモデルもあるのでそちらがおすすめですよ。

冬キャンプにおすすめテント(四人~五人)9

DOD カマボコテント

DOD(ディーオーディー) カマボコテント2 75D(別注モデル)
楽天で詳細を見る

DODの人気テントの一つにカマボコテントがあります。初心者でも買いやすい低価格帯のブランドですが工夫すれば薪ストーブが使えるテントになります。紹介しているサイズは5人用のものになりますが少し小さい3人用のものなどソロからファミリー向けまでカマボコテントはそろっています。アーチ状のフレームを立ち上げていくトンネル型のツールームテントなので初心者でも簡単に設営できおすすめです。別注モデルもあります。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

ファミリー向けのツールームテントとしては低価格でおしゃれな別注モデル、設営のしやすさなどからおすすめしました。しっかり4シーズン使えるように夏は通気性がよく、冬はスカートがあるので暖かいです。煙突を横から出すようにする工夫が必要になりますが薪ストーブが使えるので真冬でも暖かいですよ。またDIYが苦手な方でも石油ストーブなら幕内に導入できる広さがあるので、寒いキャンプ場でも過ごしやすいです。

冬キャンプにおすすめテント(四人~六人)10

スノーピーク ランドロック(アイボリー)

スノーピーク ランドロックアイボリー TP-671IV
楽天で詳細を見る

高価ですが、高品質で長年使えるスノーピークの製品の中で人気のおしゃれなアイボリーカラーのランドロックはちょっと工夫すれば薪ストーブが使える大きなツールームテントです。4人のファミリーではゆったり使え6人ではちょうどいい大きさになります。結露の発生を抑えるルーフシールドが最初から付属しているので使いやすいです。ツールームテントなのでタープを使わなくても年間通して快適に過ごせます。

冬キャンプでのおすすめポイント

スカートが冷たい風の吹き込みをブロックし、暖かい空気が逃げないようにしてくれます。また4シーズン対応のテントなのでフルクローズ、メッシュと切り替えられるので換気しやすく使いやすいです。薪ストーブの煙突を通す穴はありませんが、テント自体が大きいので導入がしやすいです。フレームの交差箇所が多いので強風でも安定していて、アイボリーというおしゃれな色合いは他のキャンパーの目を惹きますよ。

冬キャンプにおすすめテント(六人~八人)11

キャンパルジャパン ピルツ15T/C

ogawa 小川キャンパル ピルツ15T/C
楽天で詳細を見る

おしゃれなワンポールテントで初心者でも設営しやすく、大人数のファミリーキャンプでも使いやすい8人用のポリコットンのテントです。ポリエステルとコットンを使っているため冬に起きやすい結露も軽減し保温性があるので冬でも暖かいです。色合いや形がおしゃれということで特に人気がりますが、ピルツ15T/Cには国内のブランドでは大変珍しい排煙用の穴があり簡単に薪ストーブが使えるのでDIYが苦手な方におすすめです。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://item.rakuten.co.jp

一番のおすすめポイントは薪ストーブが使えるように煙突を通す穴が最初から空いていてDIYで作らなくてもいいことです。ファミリーキャンプ向けの大きなテントだと工夫すれば薪ストーブが使えるようになるテントは多いですが最初から使えるテントは大変珍しいです。燃えにくく、丈夫で保温性があるコットンを使っているのでスカートがなくても冬キャンプが楽しめるテントとしてファミリーキャンプで人気があります。

冬キャンプにおすすめテント(八人~十人)12

ノルディスク アスガルド

ノルディスク アスガルド 19.6 ジップインフロアセット
楽天で詳細を見る

おしゃれキャンパー御用達のおしゃれテントといえば、北欧のブランドノルディスクのアスガルドが人気です。コットンでできているので薪ストーブも導入しやすく大きさもさまざまなバリエーションがあるので、ファミリーキャンプからソロキャンプでも使いやすいです。生地にコットンが含まれているので丈夫で燃えにくく保温性があり、結露にも強いことから冬キャンプでは特に相性のいいワンポールテントとなります。

冬キャンプでのおすすめポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

大人数でも使いやすい大きさやオプションのハーフインナーを使って半分だけ土間として使うなどいろいろなキャンプスタイルで使えます。各種ストーブを使い暖かくすれば冬でもおしゃれをしながら楽しいキャンプができるので、アスガルドで薪ストーブを使っている方も多いです。ファミリー用のサイズの他には前述したようにソロなどに向く3人用のなどもあり、冬でもおしゃれなキャンプを楽しみたいという方に特におすすめです。

冬用のテントのまとめ

テントと寒さ対策が大切

Photo byNoel_Bauza

主に冬でも使いやすい4シーズン向けのテントを紹介しましたが、しっかり寒さ対策をすればスカートがない3シーズン用のテントでも冬キャンプはできます。テントは大切ですが、そ同じように冬キャンプは寒さ対策がしっかりできているかという点が大切です。初心者の方は4シーズン似対応したテントがおすすめですが、すでにテントを持っているような方は工夫次第で3シーズン用のテントでも暖かい冬キャンプができますよ。

冬キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには冬キャンプに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumbテント内に薪ストーブを!冬キャンプで便利な薪ストーブの設置方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
急に寒くなってきた今日この頃、これからキャンプをするならテント内にできれば入れたいと思うアイ...
Thumb冬キャンプの服装選びはコレ!寒くならない対策と男女別最新コーデをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
冬キャンプと聞いて「寒いのは苦手…」と思ってしまいますか?いえいえ、服装次第で冬キャンプを寒...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ