北海道で一度は行きたい絶景スポットランキング11!おすすめポイントもご紹介!

北海道で一度は行きたい絶景スポットランキング11!おすすめポイントもご紹介!

北海道には海・山ともに手付かずの自然がたくさん残されており、一度は行ってみたくなる素晴らしい絶景が旅行客を待っています。本記事では、北海道のおすすめの絶景スポットをランキングでご紹介します。全部で11ヶ所のスポットがランキングされます。ぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.北海道の絶景スポットは見ごたえアリ!
  2. 2.北海道の絶景スポットランキング発表!
  3. 3.北海道の絶景スポットランキング【第11位】
  4. 4.北海道の絶景スポットランキング【第10位】
  5. 5.北海道の絶景スポットランキング【第9位】
  6. 6.北海道の絶景スポットランキング【第8位】
  7. 7.北海道の絶景スポットランキング【第7位】
  8. 8.北海道の絶景スポットランキング【第6位】
  9. 9.北海道の絶景スポットランキング【第5位】
  10. 10.北海道の絶景スポットランキング【第4位】
  11. 11.北海道の絶景スポットランキング【第3位】
  12. 12.北海道の絶景スポットランキング【第2位】
  13. 13.北海道の絶景スポットランキング【第1位】
  14. 14.絶景観光はここに注意!
  15. 15.北海道で感動の絶景を体験しよう!

北海道の絶景スポットは見ごたえアリ!

観光旅行の醍醐味の一つが、出かけた先で見ることのできる素敵な景色ではないでしょうか。自分の住んでいる場所では見ることのできない景色を眺めると、感動を覚えたり心が癒やされたりしますね。ましてやそれが絶景というにふさわしい景色であればなおさらでしょう。そんな感動や癒やしを体験するために北海道に出かけてみてはいかがでしょうか。手付かずの自然がたくさん残されている北海道には、絶景という言葉が当てはまるような素晴らしいスポットがたくさんあります。今回はその北海道の絶景スポットに注目します。

北海道の絶景スポットランキング発表!

それでは、北海道のおすすめの絶景スポットをご紹介しましょう。北海道全域から絶景というにふさわしいスポットを11ヶ所選んでみました。都市部からも手軽にアクセスできるスポットもあれば、ドライブでしか訪れることのできない秘境のスポットも登場します。ランキング形式にしましたのでぜひご覧ください(記載の情報は2019年7月22日現在のものです)。

北海道の絶景スポットランキング【第11位】

しずない二十間道路

「日本の道百選」や「桜の名所100選」にも選ばれている北海道の有名観光スポットです。ドライブで訪れてみたいこの観光スポットは、道沿い約7kmにわたって桜が咲く道路で、約2,200本もの桜が植えられた日本一の桜並木となっています。大正5年から3年間かけて、この道沿いにエゾヤマザクラなどを山から移植し、現在でも春になると毎年ピンクの桜を見事に咲かせます。ドライブしながらの桜並木のお花見は最高で、旅行客の中にはこの絶景を見るためにわざわざレンタカーを借りる人もいます。

絶景スポットのおすすめポイントは?

絶景が見られる季節は5月上旬から中旬頃で、この季節には周辺住民のみならず北海道全域からも多くの旅行客がお花見にやってきます。ヤマザクラのほかにもカスミザクラやミヤマザクラなどが植えられているので、多少季節がずれてもお花見が楽しめるでしょう。山々の自然の景色と桜並木のコラボレーションが素晴らしく、ただドライブして通り過ぎてしまってはもったいないほどです。静内駅で自転車を借りて桜並木をサイクリングすると、ゆっくりと景色を楽しめるに違いありません。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道日高郡新ひだか町静内田原~静内御園
【TEL】0146-42-1000
【見頃の季節】5月上旬~中旬

北海道の絶景スポットランキング【第10位】

星野リゾートトマム 雲海テラス

素晴らしい雲海の絶景が楽しめる有料の観光スポットです。星野リゾートトマムは高層ホテルなどを備えたリゾート施設ですが、ゴンドラを使って15分ほど上昇すると、そこには絶景を楽しめるテラスが造られています。テラスのある場所は標高が1,088mあり、気象条件が整うと日高山脈から雲が流れ込んできて雲海の絶景を作り出します。自然の作り出すこの景色は大変感動的で、雲海が現れる早朝の時間に合わせて多くの旅行客が押し寄せます。

絶景スポットのおすすめポイントは?

テラスは一つではなく、雲の形をした波打ったテラスや、船首の形をしたテラス、ハンモックのようなネット状のテラスなどとにかく多彩です。ユニークなのが「クラウドベッド」と呼ばれるテラスで、山の斜面に雲の粒に似せて造ったクッションがたくさん設置されていて、それに座ったり寄りかかったりしながら景色を眺めることができます。この雲海テラスは冬の厳寒の季節にもおすすめで、雪と霧氷に包まれた銀世界は冬ならではの絶景です。ぜひ季節を変えて旅行してみることをおすすめします。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道勇払郡占冠村中トマム
【TEL】0167-58-1111
【雲海の季節】5月~10月
【ゴンドラ料金】大人1,900円,小学生1,200円,ペット(ゲージに入れれば可能)500円

北海道の絶景スポットランキング【第9位】

天に続く道

ドライブでぜひ訪れてみたい知床の絶景ドライブコースです。このドライブコースは国道334号線と244号線の道路で、舗装した2車線の道路がまっすぐに延々と伸びています。その距離何と約18km。オホーツク海へと向かう道路ですが、高低差があるためまるで天に向かって道路が伸びているように見えます。こんなにまっすぐな道路は広大な面積を誇る北海道ならでは。ドライブしなくても見学するだけで立派な観光になります。道路わきには展望台などもあるので、そこから景色を楽しんでみるのもおすすめです。

絶景スポットのおすすめポイントは?

天に続く道のスタート地点には、道路を撮影するのに最適な撮影台が設置されています。まずはこの撮影台を使って写真を撮影してみましょう。スタート地点からしばらくは自然の緑に囲まれますが、その先にはたくさんの畑が広がる風景が続きます。特におすすめの季節が9月下旬から10月上旬で、道路の真ん中に夕日が沈む素晴らしい夕刻の絶景を見ることができます。ぜひこの季節にもドライブしてみましょう。冬は積雪や凍結のため、除雪がなされる2月のみ通行が可能となっています。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道斜里郡斜里町峰浜~大栄地区
【TEL】0152-22-2125
【走行可能な季節】2月、4月上旬~11月下旬

北海道の絶景スポットランキング【第8位】

摩周湖

北海道の大自然を満喫できる「阿寒摩周国立公園」内にあるカルデラ湖です。湖に繋がる川が一本もなく、外から有機物が流れ込むことがないため、湖の水は大変きれいで透明度は日本一となっています。世界でもロシアのバイカル湖に続いて2番目となっており、その透明度のために摩周湖の湖面はブルーの色をしています。ただ、「霧の摩周湖」という歌があるように、年間で100日近くは湖全体が深い霧に覆われています。もちろん霧がかかった摩周湖の姿も絶景です。

絶景スポットのおすすめポイントは?

ブルーの湖面の摩周湖と四季によって移り変わる湖周辺の自然とのコラボレーションは感動的です。この絶景を楽しむのにぜひおすすめしたいのが3ヶ所に設けられた展望台です。特に「摩周第一展望台」はレストハウスなどもある旅行客に一番人気の高い展望台で、大型バスなども駐車可能でいつも込み合っています。ゆっくりと絶景を楽しみたいなら「摩周第三展望台」や「裏摩周展望台」がおすすめです。ただ、それぞれに見どころが異なっていますので、可能なら全部の展望台を巡るドライブプランを立てましょう。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道川上郡弟子屈町
【TEL】015-482-2191

北海道の絶景スポットランキング【第7位】

ファーム富田

ファーム富田

北海道の絶景スポットに欠かせないラベンダーの咲く花畑です。昔から富良野地方では化粧品の香料に用いるオイルを採取するためにラベンダーを育てていましたが、外国から安い輸入香料が入ってくるようになって、ラベンダー農園は衰退してしまいました。しかし、その後さまざまな努力と技術革新によって再び富良野産ラベンダーオイルに光が当たるようになり、ラベンダーを使ったさまざまな商品も生まれています。北海道ならではの自然の景色を背景に咲くラベンダーの花は、見る人の心を優しく癒やしてくれます。

絶景スポットのおすすめポイントは?

ラベンダーの季節は基本的に6月から7月ですが、ラベンダーには早咲きと遅咲きのものがあるので、富良野地方の花畑で育てられることの多い「オカムラサキ」などの遅咲きの品種が咲く7月上旬から中旬に旅行するのがおすすめです。8月ですと刈り取られてしまう確率が高いので、この季節を逃さないようにしましょう。旅行のスケジュールにもし余裕があるなら、そこから4kmほどの所にある日本最大級のラベンダー畑「ラベンダーイースト」にも立ち寄ってみることをおすすめします。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道空知郡中富良野町基線北15号
【TEL】0167-39-3939

北海道の絶景スポットランキング【第6位】

三国峠

北海道の屋根ともいわれる大雪山を貫く国道にある絶景スポットです。大雪山は2,000m級の山々が連なる山地エリアですが、ここを走る国道273号線にあるのが、北海道内の国道で一番高い場所にある峠「三国峠」です。峠の標高は1,139mとなっており、道路は巨大な長い橋によって深い樹林の中を縫うようにして走っています。大雪山の深い森と巨大橋のコラボレーションは、まさに絶景というにふさわしい景色となっています。ドライブするのもおすすめですが遠くから景色を眺めるほうがより感動的です。

絶景スポットのおすすめポイントは?

一番の見どころは三国峠から下って行った先にある赤色の「松見大橋」周辺の景色でしょう。橋脚の高さは約30mあり、全長330mの巨大橋が深い樹海の谷間を通っています。一番おすすめの季節は9月下旬から10月上旬で、大雪山の美しい紅葉と赤い橋がコラボレーションした素晴らしい絶景を眺めることができます。この絶景がよく見えるのは松見大橋の1本上にある「緑深橋」辺りとなります。ただ、専用駐車場などは用意されていないため、車の駐車には細心の注意を払うようにしましょう。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道河東郡上士幌町三股番外地
【TEL】01564-5-5213

北海道の絶景スポットランキング【第5位】

オホーツクの流氷

冬限定の流氷の絶景が楽しめる観光スポットです。ロシアと中国の国境を流れるアムール川がオホーツク海に流れ込み、塩分濃度が低くなった海水が徐々に凍って巨大化しオホーツク海に押し寄せます。北海道でしか見ることのできない自然現象で、2月中旬から約1ヶ月間この絶景を楽しむことができます。基本的に流氷の絶景はオホーツク海沿いの場所のほとんどで見ることができますが、旅行客のための施設や設備が整っているのは、紋別や網走、知床ウトロなどです。

絶景スポットのおすすめポイントは?

せっかく流氷の絶景を楽しむなら、流氷を割って進む砕氷船に乗ってみてはいかがでしょうか。紋別で運航されている「ガリンコ号」をご紹介しましょう。メディアなどでも頻繁に取り上げられる旅行客にも人気の砕氷船で、真っ赤なボディと船首の部分に取り付けられた2本のドリルが印象的です。流氷を見学していると、アザラシやオオワシなどが流氷の上に乗っている姿に出会えるチャンスもあります。北海道でしか見ることのできない冬限定の絶景をぜひ見に行ってみましょう。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道紋別市海洋公園1
【TEL】0158-24-8000
【乗船料】大人3,000円,子供(5歳~11歳)1,500円

北海道の絶景スポットランキング【第4位】

函館山展望台

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」が三ツ星を付与したほどの素晴らしい夜景がみられる絶景スポットです。昼間は函館市街地や周辺の海や山などが一望できますが、夜にはきらきらと輝く函館市街地の美しい夜景が楽しめます。デートスポットとしても大変人気が高く、季節を問わず展望台には多くのカップルが上ってきます。展望台まではロープウェイや車、バスやタクシーなどでアクセスできますが、自家用車の場合は冬の季節と夏の夜景のベストタイムの時間帯は通行が禁止となります。

絶景スポットのおすすめポイントは?

三ツ星の夜景を楽しむなら日が落ちる前に展望台に到着するようにしましょう。込み合う前にベストポジションを確保して、昼間の景色から夜景へと移り変わっていく景色を楽しむのがおすすめです。展望台は4層構造になっていて、2階にはレストラン、3階にはティーラウンジがあります。素敵な絶景を楽しみながらおいしいグルメに舌鼓を打てば、極上のひと時が過ごせること間違いありません。北海道の絶景は大自然以外でもアリでしょう。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道函館市函館山
【TEL】0138-23-6288
【営業時間】10:00~22:00
【ロープウェイ料金】往復:大人1,280円,子供640円

北海道の絶景スポットランキング【第3位】

地球岬

高さ100mもの断崖絶壁が14kmも続く北海道の太平洋側にある絶景スポットです。新聞社が主催した「北海道の自然100選」で得票数1位を獲得したほどの観光名所で、展望台からは太平洋の海が目の前に広がる素晴らしい絶景を楽しむことができます。地元では元日に初日の出を見に行くスポットにもなっていますね。地球岬の突端には「チキウ灯台」が造られており、真っ白な色をしていて海の青さとよくマッチしています。灯台の公開は普段はしていませんが、海の日などには特別に見学することが可能となります。

絶景スポットのおすすめポイントは?

このスポットは地球が丸く見える場所として知られており、稚内市にある宗谷岬と中標津町にある開陽台とともに北海道の三大観光スポットになっています。また、断崖絶壁の絶景スポットとして石狩市の雄冬岬と根室市の落石岬と並んで「北海道三大秘岬」にも数えられています。年間10万人の観光客が訪れるのは、ここが観光地として魅力的があることの何よりの証拠ですね。岬には売店やトイレのほか、SNS映えする地球型のめずらしい電話ボックスも設置されています。ここは必ず行くべきでしょう。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道室蘭市母恋南町4-77
【TEL】0143-23-0102

北海道の絶景スポットランキング【第2位】

オンネトー

見る角度や気象条件、季節などによって色が変化する不思議な湖です。北海道東部の自然豊かな「阿寒摩周国立公園」内にあり、湖の大きさは周囲2.5kmほどとなっています。ある時はエメラルドグリーン、別の時にはダークブルーなどとさまざまな色の変化が大変神秘的で、変化が多彩なことから五色沼などとも呼ばれています。湖の周辺には遊歩道が整備されており、旅行客はそこを歩きながらいろいろな角度でオンネトーの色の変化を楽しんでいます。手つかずの原生林に囲まれた美しい湖に心が癒やされます。

絶景スポットのおすすめポイントは?

オンネトーまではアクセスが悪くドライブでしか訪れることができません。その分秘境ムードも満点で、千歳市にあるオコタンペ湖や上士幌町にある東雲湖などとともに「北海道三大秘湖」にも数えられています。オンネトーの絶景を楽しむのに利用したいのが、湖の西側の湖畔に造られた展望デッキで、ここからは阿寒富士と雌阿寒岳とオンネトーのコラボレーションが楽しめます。また、早朝に見られるモヤのかかった神秘的なオンネトーも見逃せません。リピートするほどファンになる北海道の絶景スポットです。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道足寄郡足寄町茂足寄
【TEL】0156-25-6131

北海道の絶景スポットランキング【第1位】

白金の青い池

エメラルドブルーの池の中に立ち枯れたカラマツが立ち並ぶ神秘的な絶景スポットです。メディアなどでも頻繁に取り上げられてすっかり有名な観光スポットになりましたが、その魅力は今でも衰えることがありません。この近辺の湧き水にはアルミニウムなどが多く含まれており、それが近くを流れる美瑛川の水と混ざるとコロイド状の粒子ができます。これに太陽光が反射するとブルーの色に見えるのです。

絶景スポットのおすすめポイントは?

池の水そのものに色が付いているわけではないため、太陽光の強さや当たり方など外部的な要素に影響されてしまいます。旅行客の中には「行ってみたがそれほど青くなかった」という人もいますが、天候がすぐれない場合や前日に雨が降って濁りが入った場合など、美しい青色が見られない場合もあります。前もって気象情報などをチェックしておくのが最善でしょう。人気スポットのため早めの到着をおすすめします。

観光地は北海道のココ!

【場所】北海道上川郡美瑛町白金
【TEL】0166-94-3355

絶景観光はここに注意!

絶景スポットをいつまでも楽しめるように、旅行客には求められる多くの責任があります。SNSなどで情報が拡散することで絶景スポットにはたくさんの旅行客が訪れるようになっていますが、ルール違反やマナー違反によって一部の絶景スポットではさまざまな問題を抱えるようになっています。観光地は地元住民の見えない努力によって適正に維持されていることを、旅行客全ては忘れないようにしたいものです。立ち入り禁止などといった悲しい事態にならないように、みんなで絶景スポットを守っていきましょう。

北海道で感動の絶景を体験しよう!

ここまで、北海道のおすすめの絶景スポットをご紹介してきましたがいかがでしたか?広大な面積と手つかずの大自然を持ち合わせている北海道には、旅行する全ての人を感動させる素晴らしい絶景スポットがたくさんあります。ぜひカメラの準備を万全にして北海道の絶景スポットに出かけてみましょう。

北海道の絶景スポットランキングが気になる方はこちらもチェック!

絶景スポットをさらに探したい方はこちらの記事を参考にできるでしょう。東京都の自然を楽しめる絶景スポットをご覧ください。

東京の自然も凄かった!東京で大自然を感じられる絶景名所おすすめ13選!  | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
東京の自然も凄かった!東京で大自然を感じられる絶景名所おすすめ13選! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は東京都内で大自然を感じる事のできるおすすめな景色が素晴らしい名所を様々ご紹介していきます。友人や家族や恋人と一緒に日帰り観光や宿泊する旅行で楽しめる、東京都のおすすめな自然豊かな名所をご紹介していますので参考にしてみてください。
iiyudana
ライター

iiyudana

トラベルやキャンプ、ツーリングなど観光やお出かけに役立つ記事を執筆しています。マイカーで名所から穴場まであらゆるスポットを巡っており、一日400km以上のロングドライブも平気でこなします。旅先で実際に見て、聞いて、学んだことを盛り込みながら、読めばすぐにでも出かけてみたくなる魅力的な記事を作成していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking