ユニクロのインナーダウンでおしゃれな冬コーデ!おすすめの着こなし方をご紹介!のイメージ

ユニクロのインナーダウンでおしゃれな冬コーデ!おすすめの着こなし方をご紹介!

冬のアウター選びは難しいですが、ユニクロにはアウターだけでなくインナーにも使える万能なダウンがあるのはご存知でしょうか?今回は機能だけでなくおしゃれさにも定評のあるユニクロのインナーダウンについてご紹介しますので、興味がある方はチェックしてみてください!

2019年07月27日更新

Nov
Nov
服飾・製品デザインの経験を基にしたファッション情報・DIY情報を初心者からマニアまで満足できるように分かりやすく提供します!より多くの方が「楽しい!」と思えるノウハウと、時折クスリと笑える蘊蓄(ウンチク)を交えて掘り下げて行きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. インナーダウンの着こなしをマスターしよう!
  2. ユニクロのインナーダウンコーデ①
  3. ユニクロのインナーダウンコーデ②
  4. ユニクロのインナーダウンコーデ③
  5. ユニクロのインナーダウンコーデ④
  6. ユニクロのインナーダウンコーデ⑤
  7. ユニクロのインナーダウンコーデ⑥
  8. ユニクロのインナーダウンコーデ⑦
  9. ユニクロのインナーダウンコーデ⑧
  10. ユニクロのインナーダウンコーデ⑨
  11. ユニクロのインナーダウンコーデ⑩
  12. ユニクロのインナーダウンコーデ⑪
  13. ユニクロのインナーダウンコーデ⑫
  14. ユニクロのインナーダウンコーデ⑬
  15. ユニクロのインナーダウンコーデ⑭
  16. ユニクロのインナーダウンコーデ⑮
  17. ユニクロのインナーダウンコーデ⑯
  18. まとめ

インナーダウンの着こなしをマスターしよう!

インナーダウンは高機能かつおしゃれ!

Photo byPexels

ユニクロにはさまざまなおしゃれアイテムがありますが、中でも「インナーダウン」と呼ばれるものがおしゃれで便利だと話題を呼んでいます。ダウンコートといえばアウターのイメージが強く、暖かいアイテムとして有名ですが、ユニクロのインナーダウンはインナーにも使えるダウンジャケットで、比較的軽い上にコンパクトな仕様になっています。

インナーでもアウターでもOK!

Photo by xubangwen

ユニクロのインナーダウンは「インナー」という名前が付いているものの、アウターとしてもおしゃれに着こなせる優れものです。その他と比較して薄手に感じられますが、機能が非常に高くその他と比較しても暖かく着用できます。また、冬だけでなく少し肌寒い春秋にも着用できるため、比較的コーディネートの幅が広いアイテムでもあります。

ユニクロのインナーダウンコーデ①

薄手を生かして重ね着しよう

着こなしに関してはその他と比較して難しそうですが、こちらはかなり薄手なので、どんなアウターと組み合わせてもスマートな着こなしができます。アウターに関しては定番のカジュアルコーデとも相性がいいので、好きなシーンに合わせてコーデをしてみてください。

インナーダウンで防寒性も抜群!

インナーダウンは見た目に反してかなり高機能で、服の上下に羽織るだけで快適に過ごせます。冬場はアウターがぶ厚くなりがちですが、インナーに用いるだけで内側から温めてくれますので、少々薄めのアウターでもおしゃれに着こなしができます。ちょっと寒そうなアウターでもユニクロのインナーダウンなら安心なので、コーデの参考にしてみてください。

ユニクロのインナーダウンコーデ②

定番のアメカジで攻めろ!

定番コーデともいえる人気のアメカジですが、インナーダウンとの相性も抜群です。アメカジコーデではチノパンやワークパンツのほか、デニムを生かしたコーデが人気なので、ボトムスをこだわりながら着こなしを考えてください。また、トップスに関してもトレーナーやシャツが人気アイテムなので、ユニクロのインナーダウンの下でアピールさせてあげてください!

サッと羽織るだけでおしゃれ度UP

定番のアメカジコーデですが、万能が故にアウターに迷うといったパターンもあります。そんなシーンでも大活躍しますので、困った時はその他のアイテムと組み合わせてアメカジ感をアップさせてください。また、インナーダウンのボタンを開けるか閉じるかでもイメージが大きく変わるので、秋や冬の気温に合わせてインナーダウンの着こなし方をチェンジしてみてください。

ユニクロのインナーダウンコーデ③

細身のコーデとも相性が◎

細身のパンツやトップスは高い人気を誇っており、ダウンとも相性はぴったりです。しかし、定番ともいえる細身コーデですが、アウターによっては全体のバランスが悪くなるというデメリットもあります。そういう場面でもか便利で、その他のダウンジャケットよりも比較的細身なため、アウターとして羽織ったとしてもダボついた感じがしません。

定番のテーパードとも相性がいい!

細身コーデとの相性がいいと説明しましたが、テーパードパンツやジョガーパンツともかわいくマッチします。インナーダウンはコーデ全体のバランスがとりやすく、細身以外にもスカートやワイドパンツとも組み合わせられますので、さまざまなパンツで着こなしてみてください。その他のアイテムの色味も引き立てられますので、アイテムの色にこだわるのもポイントです。

ユニクロのインナーダウンコーデ④

着ぶくれの心配もなし!

冬物を着込むと着込むと着ぶくれしてしまう心配もありますが、ユニクロのインナーダウンの場合はその他と比較しても着ぶくれしにくいです。アウターとして着るだけでなく、名前の通りインナーとしても優秀なので、ベスト感覚で着用するのもおすすめです。デザインはシンプルですが、ちょっとしたアクセントにもなるので気軽に着こなしを楽しんでみましょう!

引き立て役に便利

ニットやカーディガンは定番の冬物アイテムですが、アウターの下に着込むと窮屈な感じがしたり、時として暑いというイメージになりかねません。そんなシーンでもかっこよく着こなせる上に、コーデの引き立て役以外にも着脱により体温管理が簡単にできます。セーターなどのアイテムの上から着ることも可能なので、変幻自在にコーデを操ってみてください。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑤

ユルいパンツとも相性良し

インナーダウンは人気の細身コーデ以外にも、ゆったりとしたワイドパンツともマッチします。インナーダウンは組み合わせるアイテムに応じてタイトな感じやゆったりなイメージに変えられるので、いろいろなパンツをはきたい方にもおすすめです。ダウンの前部分を閉じればベストのようにスリムなシルエットができ、オープンすればゆったりとした着こなしができますので、参考にしてみてください。

デニムジャケットの下にもおすすめ!

デニムジャケットの中には固くて窮屈なアイテムもありますが、そんな時にもユニクロのインナーダウンは大活躍です。キツくなりがちなデニムジャケットは下にニットなどを着られないパターンがありますが、比較的薄手なことからデニムジャケットなどの下にも難なく着られます。ゆったり目のコーデなどではトップスとボトムスの組み合わせが大事なので、上下のシルエットを見極めておしゃれに着こなしましょう。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑥

パーカーコーデもおしゃれ!

カジュアルシーンで定番のパーカーコーデですが、組み合わせ次第でおしゃれに着こなしができます。フードの見せ方が難しそうですが、ダウンの上からフードを出してしまえば問題ありませんので、思い切って組み合わせてみてください。また、前ボタンの開閉によりシルエットを変化させたり、パーカーのデザインをアピールできますので、人気のアイテムと組み合わせてみてください。

パーカーのデザインをアピールしよう

前部分のボタンを閉じてスマートに着こなすのもおすすめですが、パーカーの中にはかわいいデザインのものも多いので、オープンにして柄やロゴをアピールするのもおすすめです。パーカー単体ではちょっと味気ないという方や、肌寒いと感じる方などにはぴったりなので、コーデにアクセントを加えたい方はぜひ試してみてください!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑦

アイテムのカラーを生かそう!

比較的シンプルなデザインが特徴であるものの、その他のアイテムの色味やデザインを引き立てる役割を持っています。シンプルな色味をしたダウンに加えて明るい色のアイテムを着ることで鮮やかさが引き立ちますので、いろいろなアイテムと組わせてみてください。特にトップスやパンツの他帽子などの色味が引き立つので、かわいい色を目立たせたい人にはおすすめです。

アウターの色もおしゃれにアピール!

ユニクロのインナーダウンはさまざまなアウターとマッチしますので、アウトドアチックなアウターと組み合わせるのもおすすめです。色についても基本的にどんな色とも合うため、カラフルなアイテムとコーディネートすると色味が引き立ちます。少し薄手なジャケットなどと合わせても寒くないので、お気に入りのアウターの下に羽織ってみてください!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑧

シンプルな色味もおしゃれ!

さまざまな色のアイテムと組み合わせられますが、シンプルな色味のアイテムとも相性が抜群です。シンプルな色でコーデする際は、全体の色味が一辺倒にならないように注意するのがポイントで、ある程度の明るさがあるアイテムで色味の調整をするのがコツです。コーデ全部が真っ黒だと重たい感じにもなりますので、パンツやトップスで色味を加えながら考えるのがポイントです!

柄で魅せるのもポイント!

派手な柄とも組み合わせられますが、一方でシンプルな柄とも相性がいいです。シンプルなコーデではドットやストライプなどの柄もおしゃれなので、好きな柄がある場合はどんどん組み合わせてみましょう。柄物全てが派手という訳ではないので、シンプルながらも個性的なファッションに挑戦したい方は、シンプルな色味の柄をしたアイテムを手に入れてみましょう。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑨

アウターとしても優秀!

「インナー」という名前が付けられていますが、何もインナーに使わなければならないという訳ではありません。インナーに使うと暑いというシーンや、ちょっと肌寒い季節にも力を発揮しますので、軽く羽織ってコーディネートしてみてください。インナーダウンの見た目は軽くて暑いイメージではないので、秋や春でも文句なしの着心地をしています。

コーデの幅が広がる!

インナー以外にもアウターとして使えるので、冬場以外にも活躍する万能なアイテムでもあります。その他のアイテムと比較するとコーデの幅がとても広いので、シーンやアイテム問わずさまざまな場所で着こなしてみましょう。ユニクロのインナーダウンの中にはベストタイプやジャケットタイプがあるので、シーンや好きなファッションに合わせて選んでください。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑩

フォーマルな格好もおしゃれ

テーラードジャケットにうまく合わせられるアウターを探すのは難しいですが、そんな時にもユニクロのインナーダウンは大活躍です。冬場のビジネスシーンだけでなく、ビジネスカジュアルが好きな方にもおすすめなので、フォーマルな衣装で攻めたい人はコーデに取り入れてください。タイトなジャケットなどにもベスト感覚で着られますので、冬場のコーデはこれで安心です!

ビジネスカジュアルにぴったり!

フォーマルなシーンでは場合によって着脱しなければならない可能性がありますが、カジュアルシーンでは脱がずに気軽なコーディネートを楽しめます。その他のアウターやダウンコートと比較してごわつきや窮屈さがないので、いつでもどこでものびのびと行動できます。冬場はアウターを重ねると着ぶくれする可能性がありますが、ユニクロのインナーダウンなら気になりません!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑪

アウターを2枚重ねてみよう

インナーダウンのポイントは何といってもインナーに使えることなので、ぜひアウターと一緒にコーディネートしてみてください。アウターの場合はロングコートの他にもカジュアルなアウターともマッチしますので、カーディガンなどの感覚で羽織ることをおすすめします。また、インナーダウンのボタンの開閉次第で雰囲気が変わりますので、好きなアイテムに合った着方を選んでください。

万能なサイズ感!

アイテムによってはインナーやシャツのサイズ感をしっかりと見極める必要がありますが、インナーダウンの場合はロング丈でもショート丈でもおしゃれに決まります。人気のファッションアイテムにも合わせられる
万能アイテムなので、コートやテーラードジャケットのほか、ストリート系などのアイテムにも合わせてみてください!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑫

ロングコートもかわいい!

先ほどご紹介したように、ロングコートとも相性がいいので、コートの下のセーターやカーディガン感覚でインナーダウンを着込んでみましょう。ロング丈と組み合わせる場合はインナー類の丈の長さが気になる所ですが、ベストのようなイメージで着てしまえばスマートに着られます。細身コーデの上にコートを羽織りたい場合でもマッチしますので、寒さを我慢せずおしゃれに決めましょう!

コートの色もおしゃれに決まる!

冬物アウターの中には色味を押さえたものも多いですが、インナーダウンの着方によってはコートのシルエットや色味をアピールできます。インナーダウンの下に着るシャツやカットソーを明るくすることでちょっとしたアクセントにもなるため、コートのイメージを軽くしたりシックな色合いを目立たせることもできます。コートも人気アイテムの一つなので、コートをもおしゃれに操ってみてください!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑬

スポーティーなパンツも相性がいい

ユニクロのインナーダウンはカジュアルやフォーマルとの相性も良いですが、ストリートやスポーティなコーデともマッチします。季節問わずスポーツブランドなどのジャージが人気を誇っているので、そういう場合にもインナーダウンは大活躍です。トラックジャケットやマウンテンパーカーなどのインナーにもおすすめなので、スポーティーな格好にチャレンジしてみてください!

人気のジョガーパンツもおしゃれ!

スリムなシルエットが人気のジョガーパンツもインナーダウンと相性が良く、全体のバランスがスマートになるおすすめのアイテムです。また、アクティブな場面でも動きやすいので、冬場のアウトドアシーンでも暖かくおしゃれに着こなせます。インナーダウンは軽いため取り扱いが楽で、登山や釣りなどでも役に立つため、アウトドアが好きな方にはぴったりのアイテムです!

ユニクロのインナーダウンコーデ⑭

帽子でおしゃれ度UP

帽子はファッションアイテムの中でもトップクラスに人気のアイテムで、おしゃれさんの定番アイテムともいえる存在です。インナーダウンとは直接関係はないものの、冬場は気温の関係もあるため、帽子を取り入れたファッションも楽しみ方の一つです。特にニット帽などはインナーダウンとの相性が良く、その他のコーデにも使えるので、一つは持っていても損はないアイテムです。

どんな帽子でもマッチする!

帽子選びは難しそうですが、その他のコーデと比較してもインナーダウンはトップクラスの万能さを持っております。キャップは勿論のこと、ハットやハンチングなどとも組み合わせられますので、好きな帽子を選ぶイメージで問題ありません。定番のキャップなどは初心者でも手軽に挑戦できますので、まだ持っていない方はキャップをかぶってみることをおすすめします。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑮

ダウンの下のアイテムをこだわろう

インナーダウンを着る時はアウターなどが大切だと思われがちですが、実は下に着るアイテムもおしゃれに着こなすカギとなります。インナーダウンからチラリと見えるシャツの襟や裾がおしゃれなので、下に着込むアイテムこだわってみましょう。特にシャツなどは比較的シンプルながらも主張性はバッチリなので、ファッションに慣れていない人はぜひ着てみましょう!

シンプルでもOK

下に着込むアイテムをこだわると解説しましたが、柄やデザインにこだわり過ぎる必要はありません。無地のパーカーやシャツでも問題なく着こなせますので、控えめなファッションが好きな方でも気負いすることなく挑戦できます。アウターのデザインとの兼ね合いもあるため、中に着込むアイテムをシンプルにしてもかわいいコーデができますので、鏡を見ながら雰囲気をチェックするのもおすすめです。

ユニクロのインナーダウンコーデ⑯

シューズもコーデのカギ

トップスの雰囲気も気になる所ですが、その他のファッションアイテムとの組み合わせがおしゃれに着こなすポイントだともいえます。靴に関してはカジュアル調のスニーカーからブーツまで幅広いアイテムとマッチしますので、好きな靴を選ぶだけでおしゃれに着こなせます。靴はパンツとの相性も大切なので、コーデする場合はパンツと組み合わせておしゃれな足元を作り上げてみましょう。

個性派シューズでおしゃれ度UP

フォーマルなファッションとも相性がいいように、革靴やブーツと合わせるのもおしゃれです。トップスのコーデをシンプルにして、パンツやシューズをこだわるだけでも個性的なコーデに進化しますので、スニーカーマニアやシューズマニアの方は靴で個性をアピールしてみてください。また、パンツの裾をロールアップするとシューズをアピールできますので、小さな技を見せていくのもおすすめです。

まとめ

インナーダウンを自由自在に!

定番のアイテムだけでなく、個性的なアイテムとのコーデもしっかりと対応できるため、インナーダウンは万能のジャケットともいえます。上級者向けのジャケットだと思われがちですが、初心者でもサッと羽織るだけでかっこよく決まりますので、誰でも自由に着こなせます。カジュアルシーンだけでなくレジャーでも重宝しますので、ぜひ一度は袖を通して魅力を体感してみてください!

ユニクロが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは、ユニクロのインナーダウン以外にも定番アイテムのほか、さまざまなアイテムの情報を掲載しています。今回の記事でユニクロのアイテムに興味が湧いた人は、是非こちらの記事もチェックしてみてください!

Thumbコスパ最強ユニクロ白シャツ!おすすめシャツと男女別春コーデ14選! | 暮らし~の[クラシーノ]
ユニクロから販売されているコスパ良い人気白シャツを紹介したり、ユニクロの白シャツを使ったメン...
Thumbユニジョから学ぶユニクロコーデ20選!最新トレンドを抑えたコーデ術とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
ユニクロアイテムでおしゃれなコーデをする『ユニジョ』の着こなし例を多数ご紹介している記事です...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ