本牧海づり施設を攻略!実は大変なポイント選びのコツと釣れる魚の狙い方を解説!のイメージ

本牧海づり施設を攻略!実は大変なポイント選びのコツと釣れる魚の狙い方を解説!

本牧海づり施設は、初心者からベテランまで年間を通じて良い釣果の期待できる釣り場ですが、釣り人の経験値や目的の魚によってポイントや仕掛け、釣り方が異なります。また一緒に行く仲間の有無によっても本牧海づり施設の楽しみ方が違ってきますのでそれぞれ徹底解説します!

2019年07月13日更新

LEO77
LEO77
DIY、釣り、キャンプ、旅行が中心です!特に釣りは子供の頃から大好きです。DIYは仕事柄、細かい木工部材の収まりや組み合わせもよく分かります。お役に立てればうれしいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 本牧海づり施設はどこにあるの?
  2. 本牧海づり施設へのアクセスについて
  3. 駐車場と本牧海づり施設入場の際のコツについて
  4. 本牧海づり施設の混雑情報について
  5. 本牧海づり施設の料金は?
  6. まずはレンタル釣り竿で始めてもOK!
  7. 本牧海づり施設での必須アイテムを紹介!
  8. 本牧海づり施設は設備や安全対策が整っています
  9. 本牧海づり施設は売店や自販機も充実!
  10. 釣り場は3つのポイントに分かれています
  11. ポイント①護岸つり場のポイントを攻略しよう!
  12. ポイント②渡り桟橋でのポイントを攻略しよう!
  13. ポイント③沖桟橋でのポイントを攻略しょう!
  14. 本牧海づり施設はネット配信で釣果が分かる
  15. さまざまな釣り方が楽しめる本牧海釣り施設
  16. 埠頭を渡る風が気持ちいい本牧海づり施設
  17. イベントや情報も多い!本牧海づり施設
  18. まとめ

本牧海づり施設はどこにあるの?

観光地横浜にある本牧海づり施設について

観光地横浜の代名詞というべき山下公園から、磯子・本牧方面に車でわずか15分~20分ほど移動したところに本牧海づり施設はあります。埠頭がある港湾エリアのD突堤の中ほどから桟橋が沖に向かって伸びているのですぐに分かります。横浜観光のついでにちょっと覗いてみましょう!自家用車で高速道路を利用して本牧海づり施設を直接訪れる場合は下記駐車場情報も参考にしてください、バスで移動する場合は下記の本牧海づり施設へのアクセスにつてを参考にしてください。

気軽に立ち寄れる本牧海づり施設

みなと横浜といえば山下公園や横浜中華街がすぐ思い浮かぶとおもいます、たとえば横浜中華街あたりでランチを満喫したあと午後はどうしよう!というとき。こんな情報を知っていれば行動範囲がグッと広がります。横浜市営バス山下公園前バス停から26系統海づり桟橋行きバスに乗って港町の埠頭がつづく風景を楽しみながら本牧海づり施設に向かってみるのはいかがでしょうか、20分ほどで到着します。休日のお昼前後もバスは1時間に4本ほど運航しています。

住所・連絡先・営業時間などの情報について

【住所】神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1番地
【連絡先】045-623-6030
【営業時間】4月から10月:6:00~19:00  
【営業時間】11月から2月:7:00~17:00
【営業時間】 3月:6:00~18:00
駐車場は平日は午前5:30から入れます。土日は24時間営業しています。(※当記事は2019年7月10日時点の情報をもとに作成されております。)

本牧海づり施設へのアクセスについて

横浜市営バスを利用の場合:所要時間…横浜駅から約40分、桜木町駅から約30分です。

横浜駅東口または桜木町駅からは、市営バス26系統「海づり桟橋行き」または「横浜港シンボルタワー行き」で⦅海づり桟橋⦆下車すぐです。
自家用車の場合:首都高速湾岸線からの場合、本牧ふ頭ICから左折してD突堤方面に進んだ突き当りです。(約5分)首都高速狩場線からの場合、新山下ICから直進して本牧ふ頭D突堤方面に進んだ突き当りです。(約8分)駐車場収容台数230台

駐車場と本牧海づり施設入場の際のコツについて

本牧海づり施設の駐車場は上記したように平日は5時30分に入場できます、土日は混雑するので24時体制で駐車場は営業しています。特に混雑する土日祝はまず施設についたら駐車場に車を入れる前に駐車場前の道路に車を停めて荷物を(道ぞいに置く、時間の早い場合は施設の入り口のところに)置いて順番を確保します。荷物を置いて順番を取るのはこの施設の混雑時の暗黙のルールです。施設の営業開始時間は時期により異なるので上記営業時間の情報を確認お願いします。

入場券は事前購入がおすすめです!

本牧海づり施設では順番取りの荷物を置いたあとは営業開始時間まで駐車場に停めた車で休憩で休息できますが、営業開始前に入場券をチケット販売機で購入していおくとスムーズに入場できるのでぜひおすすめします。

本牧海づり施設の混雑情報について

本牧海づり施設混雑時の情報を記載します。夏休みなど長期休み中の土日が特に混雑します、朝の5時には順番取りの荷物の列が200~300人分ほどになります。営業開始の6時に近づくにしたがって急激に来場する人数が増え混雑が加速します。したがって本牧海づり施設は入場規制の定員700名規制がありますので営業開始そうそうに入場規制で施設に入れない可能性も十分にありますので混雑時は5時前に到着することをおすすめします。

本牧海づり施設の料金は?

本牧海づり施設入場には料金が必要です。料金はつり料金1回券で大人900円が中学生450円が小学生300円になります。なお、見学券、団体券、回数券と割安な種類もあるので用途に合わせて年間を通しての攻略が出来ます。見学券では釣りは出来ません。金額はある程度の釣果が期待できるので1日のレジャーとして十分に納得できると思います。
駐車場代金は3時間以内250円 / 5時間以内350円 / 5時間以上500円
*障碍者手帳のお持ちの場合は手帳の提示で駐車場料金を無料になります。
 

まずはレンタル釣り竿で始めてもOK!

出典: https://www.amazon.co.jp

本牧海づり施設にはレンタル竿セットがあります。一般的なリール竿に小型スピニングリールとオモリがセットになっています。料金はレンタル時に2,000円(保証金込み)を払って返却時に1,000円が戻ってくるシステムです。竿の長さも3m弱で取り回しの楽なサイズです。釣り方はサビキづりであれば十分に楽しめます、貸竿受付15:00まで/貸竿返却17:00まで。

サビキ仕掛けを売店でを購入しよう!

出典: https://www.amazon.co.jp

サビキづり仕掛けは施設内の売店で購入できます、初心者でも比較的簡単に釣れるサビキ仕掛け(疑似餌のついた釣り針が5~7個付いたもの)とコマセ(寄せ餌)を入れる網かごを購入します。自身の経験値や周囲の釣り人からの情報などでは、なぜかサビキづり仕掛けの疑似餌部分はピンクや赤色が良く釣れます。初夏~秋にかけての気候の良いシーズンに小型のアジ、サバ、イワシなどの群れが埠頭を回遊し始める時期は一人で数十匹も釣れることがあります。

最後にコマセ(寄せ餌)を購入していざ釣り場へ

出典: https://www.amazon.co.jp

コマセはサビキづり仕掛けのカゴにいれて使用します、海中で拡散して寄せ餌になり魚を集める効果がります。冷凍の沖アミコマセも釣果がいいのですが、取り扱いに難儀して匂いも衣服に着くので最近ではチューブ式のコマセを使用する人の方が多いという情報もあります。袋の先っちょを切ってチューっと出せば簡単にコマセカゴに入ります。また海水で溶いて撒き餌として海に撒いても使えます。

本牧海づり施設での必須アイテムを紹介!

ロープ付きビニールバケツ

桟橋の釣り場でや岸壁の釣り場ではいろいろな道具があると便利です、体験してみないとわからない情報もあります、本牧海づり施設は埠頭の護岸にあるため海面が4メートルほど桟橋や岸壁から下にあります、そのため釣れた魚の保管用などで海水をくみ上げる場合、ロープの着いたビニールバケツが必要になります。

魚ハサミ

海づりでは釣れた魚をつかむトングのような魚ハサミがあると便利です。手も生臭くならずに済みますし、たまにですがゴンズイや鬼カサゴなど素手で触れると危険な魚が釣れてしまった場合でも対応がスムーズに行えます。

エアポンプ

出典: https://www.amazon.co.jp

釣れた魚はバケツに海水を張ってキープしておくのですが海水内の酸素が無くなりすぐに死んでしまいます、鮮度も落ちるので魚はできるだけ活かしておきたいものです。エアポンプで酸素を供給して海水をたまに交換してあげるとそこそこバケツの中で魚は活きています。小さい子供さんも見て楽しめるし鮮度もキープできてハッピーな本牧海づり施設での攻略アイテムひとつです。

本牧海づり施設は設備や安全対策が整っています

柵があって安心

本牧海づり施設では安全面も充実しています、一般的な埠頭や防波堤での釣り場は当然ですが港湾施設なので柵はありませんがこちらでには必ず柵があります、埠頭での釣りとは言え、自然を相手にする海釣りでは柵の有無は大きな違いになります。柵は釣り具の固定にも役立ちますし、立ちならが釣ることの多い海づりでは体を支えることも出来るのでとても便利で且つ安心感があります。

お子さんにはライフベストの貸し出しも!

出典: https://www.amazon.co.jp

数に限りがありますが本牧海づり施設では、ライフベストの貸し出しもありますのでお子さんにはぜひ着装させてください。またこちらの施設では定期的に釣り教室も開催されており、安全に海づりを楽しむクラスもあますのでぜひ参加してみてください。万が一の場合のAEDの設置や車いすでの移動通路もありますのでいろいろな方が海づりを楽しめるように施設の設備が整っています。

救命浮き輪

埠頭つりでは、やはり海面への落下が一番の心配ごとです。自分のみならず万が一誰かが海面に落ちた際に、救命整備が無いとどうすることも出来ません。一般てきな埠頭や防波堤では浮き輪などの救命具の設備はありませんが本牧海づり施設では一定間隔で救命浮き輪の設備があえります。救命浮き輪は総トン数20㌧以上の船舶に搭載することが義務付けられているものですが何とも雰囲気が”マリン”なのでみなと横浜のイメージにもよく合います。

本牧海づり施設は売店や自販機も充実!

本牧海づり施設では売店や自販機コーナー・トイレ・休息所がります、通常一般的な岸壁の海づりでは近くにトイレやコンビニを探すのに苦労しますがここでは、管理棟にそれらがあり大変便利です。売店ではカップラーメンやお弁当、お菓子なども販売しています。レンタル竿もここで借りることができて仕掛けやエサも購入できます。売店・食堂の営業時間:4月~10月午前6時~午後6時30分 / 11月~2月午前7時~午後4時30分 / 3月午前6時~午後5時30分

釣り場は3つのポイントに分かれています

本牧海づり施設は大きく分けて3つの釣り場ポイントに分かれています、管理棟から降りてすぐの護岸つ釣り場・渡り桟橋釣り場・沖桟橋釣り場です。ポイント①護岸釣り場は陸地で腰の高さまでの柵もありますので小さい子供づれでも安心できます。ポイント②渡り桟橋釣り場は比較的に幅が狭くなっていますので混雑時は他の人と仕掛けが絡まる"おまつり”をする可能性が高いので慣れた人向けです。ポイント③沖桟橋釣り場は広くて距離も全長300mと長いのでゆとりがありますが柵が低いので子供づれの場合は気を付ける必要があります。それぞれに攻略法が違いますのでぜひ参考にしてみてください。

ポイント①護岸つり場のポイントを攻略しよう!

本牧海づり施設のポイントで一番手堅くて楽しいのがポイント①護岸釣り場です、ここには護岸に生息するカラス貝を食べに来るクロダイやイシダイなどが狙えます。(ちなみにカラス貝を採ってエサに使うのはこちらの施設では禁止です)護岸にそってフカセ釣りでタナを探りながらねらいましょう。エサはオキアミ、サナギ、コーン、スイカなどです。クロダイはいろいろ食べますのでバリエーションを聞かせたエサで攻略しょう!

ポイント②渡り桟橋でのポイントを攻略しよう!

ポイント②渡り桟橋釣り場では、桟橋の幅が狭いため混雑している場所なのでルアーづりや、投げづりなど後部に竿が振られる釣り方は禁止になっています。こちらもフカセ釣りを中心とした釣りがメインとなります、桟橋を支える支柱の下には敷石が入っていますのでカサゴ、メバル、アイナメなどの根魚が狙えます。もちろんアジ、サバ、イワシなどの回遊魚も回ってきますのでサビキ仕掛けでも十分に楽しめます。

ポイント③沖桟橋でのポイントを攻略しょう!

ポイント③沖桟橋釣り場です、文字通り沖合にあるのでアジ、サバ、イワシなどの回遊魚の釣果が多いです、特に外海に面した桟橋はアジの回遊がある季節(4月~6月)この場所は人気があります。またここでは投げ釣りも許可されていますので、投げウキ仕掛けで夏場から秋口にかけてはサヨリの釣果も期待できます。橋を支える支柱の海中にはカラス貝をはじめとする貝類が付着しているのでイシダイやクロダイなどの攻略ポイントでもあります。

本牧海づり施設はネット配信で釣果が分かる

本牧海づり施設では前日までの施設内での釣果を魚の種類ごとにサイズ付きでHPに情報をアップしています、また一年前までの釣果も検索できるようになっているのでおおよそ年間の釣れ始める魚のシーズンが分かります、とくにアジの回遊が多い時期は人気になります。釣果情報は釣り場のポイントごとに掲載されていますのでターゲット魚の釣り方が研究できるので大変便利です。釣果情報と同じページに潮の干満情報や水温も表示されていますので参考になります。

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海釣り施設

ルアーづりでタコをねらう!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですが不思議とタコ釣りのいいポイントでもあるのです、釣り方は普通の釣り仕掛けと少し異なり、ネズミ型の疑似餌(ルアー)が有効で海底付近を探るように釣ります、なぜかタコはネズミが大好きなんです、これは日本に限らず環太平洋の諸島でも同様にさまざま寓話が存在します。ネズミ以外にも攻略法があってカニやエビでも釣れます。釣り方がいろいろなタコ釣りですが定番はネズミ型ルアーが一押しのようです。

フカセづりでイシダイをねらう!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですが磯の王者イシダイも釣れます!イシダイはサザエやトコブシなど貝を好みます。本牧海釣り施設の桟橋の支柱にはカラス貝が多く生息していますのでイシダイも生息しています。綺麗な白黒の縞模様が特徴的なイシダイが釣れた時の嬉しさはひとしおです。フカセづりでぜひ攻略してみましょう。

泳がせづりでイナダをねらう!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですが出世魚!ぶりのこどもでイナダも釣れます。20㎝でワカシ、40㎝でワラサ、60㎝でイナダ、80でブリと名前が変わる出世魚です、こちらは本牧海づり施設で釣れたイナダです、大きさ的に小ぶりなイナダっていう感じですね、回遊が入れば釣れる魚です。お刺身に最高ですよね!イナダはサッパの泳がせづりで狙います、サッパは関西ではママカリといってお寿司にもなりますが本牧海づり施設でサビキでバンバンかかります。

ワームでねらうカサゴづり!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですがお味噌汁や煮つけにすると美味しいカサゴもよく釣れます、根魚ですので渡り桟橋の海底の方をねらうとヒットすることが多いです。雑食で食欲が旺盛な魚なので餌づりの仕掛けはもちろん疑似餌やワームでもよく食いつきます。

ブッコミづりでアナゴをねらう!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですがアナゴの釣果も意外と多いのです、渡り桟橋の敷石を住処にしていることが多いのでこちらがアナゴ攻略のポイントになります。中通しオモリを使ってブッコミづりでねらってみよう。アナゴは夜行性なので夕方に釣果が多いです、残念ながら本牧海づり施設は夜間営業はないので夕方から営業終了までが狙いのタイミングです。(時々営業時間の延長があります。)

ポイント極めてカレイをねらう!

さまざまな釣り方が楽しめる本牧海づり施設ですがカレイもつれます、ただし投げ釣りでは根がかりがあるため沖桟橋からの落とし込み釣りで海底付近を探ります、遠投での広範囲の探りが難しいので釣果は少ないですがうまくポイントに落とし込めれば掛かります。カレイは引きが強いので釣れると大物が掛かった感じがますよ。

埠頭を渡る風が気持ちいい本牧海づり施設

本牧海づり施設は沖桟橋に吹く埠頭の風がとても気持ちいいです、特に初夏は風がやさしく耳をなでて頬に心地よく触れます。海面はキラキラと太陽に輝いて沖をゆくタンカーを包むようにやわらく動きます。東京湾には中ノ瀬と呼ばれる水深の浅い大きなエリアがあって、それを避けるように浦賀水道航路が伸びています、この水路を通過したタンカーはやがてこの本牧埠頭の前を通って東京港へ向かいます。

音楽も欠かせません。

最近はイヤホンもワイヤレスが多くなって釣りには最高です、(ケーブルイヤホンは竿や仕掛けに絡むので絶対不向き)埠頭の風に吹かれると自分の好きな曲も聞きたくなりますのでワイヤレスイヤホンの方はぜひ持参してみて下さい。

イベントや情報も多い!本牧海づり施設

本牧海づり施設ではイベントもいろいろ行われています、月間大物賞は指定された対象魚(イシモチ33㎝以上、マダイ規定㎝以上、シロギス24㎝以上、マゴチ50㎝以上、メジナ32以上)の釣果があった場合、管理棟に持ち込むと記念撮影と認定書、一日無料券がもらえたりします。そのほかにも親子釣り教室や大人の釣り教室、レディース無料デーなどの講習会や感謝デーがあります。

まとめ

本牧海づり施設では手軽にさまざま種類の釣果が期待できますが、夏休みや土日に訪れる場合は駐車場混雑や入場規制が心配ですのであさイチで行くことをおすすめします、もしくはゆっくりと時間差で混雑の少ない昼過ぎに訪れることをお勧めします。回遊魚は日中でも十分に釣れますので小さいお子さん連れの方は午後がいいと思います。安全で手軽に釣れる本牧海づり施設は家族で行った良い想い出になると思います、この夏休みにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!

海づりが気になる方はこちらをチェック!

梅雨が明ければ海づりに最適な季節がやってきます!ほかの場所での釣り方やポイントが気になる方はこちらもチェックをおすすめします。

Thumb熱海で釣りが楽しめるスポットは?初心者でも楽しめる施設や釣り場もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
古来より温泉地として名を馳せてきた熱海は、実はお魚の釣りスポットにも恵まれた土地です。海に面...
Thumb夏のライトショアジギング!入門向けの情報をチェックして釣りに出かけよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏のライトショアジギング特集!初心者の方でも遊びやすい、小型青物を狙うライトショアジギングの...
Thumbメバルのエサ釣り!大型狙いは夜の電気ウキ釣りで決まり! | 暮らし~の[クラシーノ]
メバルをエサ釣りで狙ってみたい方におすすめ!初心者の方でも遊びやすい、電気ウキを使ったメバル...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ