一人暮らしのレイアウト実例12選!ワンルーム&1Kの部屋作り術を徹底紹介!のイメージ

一人暮らしのレイアウト実例12選!ワンルーム&1Kの部屋作り術を徹底紹介!

ワンルームや1Kといった部屋の一人暮らしは、狭いことが多くてレイアウトに悩んでいませんか?一人暮らしの部屋がおしゃれにレイアウトできるアイデアや、収納のアイデアをご紹介します。家具が同じでもレイアウト次第で印象が変わりますので、ぜひチャレンジしてみてください!

2019年06月14日更新

yayoi
yayoi
DIYやハンドメイドなど「作ること」が得意です!わかりやすく、試してみたくなる情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 一人暮らしのレイアウトをおしゃれに!
  2. 一人暮らしのワンルームのメリット
  3. 一人暮らしのワンルームのデメリット
  4. 一人暮らしのレイアウト実例①
  5. 一人暮らしのレイアウト実例②
  6. 一人暮らしのレイアウト実例③
  7. 一人暮らしのレイアウト実例④
  8. 一人暮らしのレイアウト実例⑤
  9. 一人暮らしのレイアウト実例⑥
  10. 一人暮らしのレイアウト実例⑦
  11. 一人暮らしのレイアウト実例⑧
  12. 一人暮らしのレイアウト実例⑨
  13. 一人暮らしのレイアウト実例⑩
  14. 一人暮らしのレイアウト実例⑪
  15. 一人暮らしのレイアウト実例⑫
  16. 一人暮らしのレイアウトのまとめ

一人暮らしのレイアウトをおしゃれに!

一人暮らしのワンルームや1Kはせまくて、なかなかレイアウトやコーディネートなど部屋作りが難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。ベッド、ソファー、テーブルをおけば、部屋がいっぱいになってしまい、一人暮らしのレイアウトに悩んでしまいがちです。この記事では一人暮らしの部屋でもおしゃれにスッキリできる、レイアウトやインテリアのコーディネート例をご紹介します。ぜひお気に入りのアイデアを見つけて、ご自宅の一人暮らしの部屋にあわせてアレンジしてみてくださいね。

一人暮らしのワンルームのメリット

小さく住むことができる

Photo bymanbob86

ワンルームの一番のメリットは小さい場所で一人暮らしできることです。居室とキッチン、お風呂やトイレなど、生活に最低限必要なものが小さくまとまっているので一人暮らししやすいです。食事するスペースやくつろぐスペース、就寝するスペースが近いので、家の中で動く範囲が少なくてすみます。
 

掃除が楽にできる

Photo byAnnaliseArt

忙しい毎日を送っている一人暮らしの方は掃除をするのが大変ですが、ワンルームは一部屋しかないので掃除が楽にできるのがうれしいポイントです。居室だけでなくキッチンや浴室も小さいので、日々少し気をつけるだけできれいに部屋を保てます。

一人暮らしのワンルームのデメリット

比較的せまい部屋が多い

ワンルームは比較的せまい部屋が多く、ベッドやソファーなど大型の家具をおきたい方にとっては、少しせまく感じてしまう場合があります。対処法としてできるのは、大きな家具ををおかないことです。特にソファーは場所をとってしまうので、せまい部屋の場合はクッションや座椅子などを利用した床に座る生活がおすすめです。

収納スペースがせまいことが多い

ワンルームは部屋だけでなく収納スペースもせまい場合が多いです。クローゼットがない部屋や、あっても小さな収納棚という場合もあります。一人暮らしでも収納棚をおくと一気に部屋のスペースが取られてしまうので、レイアウトには注意が必要です。ベッドの下を収納スペースにしたり、持ち物を増やさないなどの対策が必要です。

一人暮らしのレイアウト実例①

窓の前にベッドを置くレイアウト

ワンルームマンションや1Kでベッドをレイアウトしたい場合は、窓と平行にベッドをおくと残りがひろく使えます。ベランダに出入りできるだけ空いていれば、窓辺にベッドをレイアウトしても一人の暮らしなら特に支障はありません。ベッドの正面にテレビ台をレイアウトすると、寝ながらでもテレビを見ることができます。

モノトーンのおしゃれなインテリア

窓ガラスが大きい家に窓辺にベッドをおくと、自然な朝日で目覚められそうです。モノトーンでコーディネートされていて、一人暮らしの女性らしくすっきりとしておしゃれです。全体的に家具を低くレイアウトして、背が高い本棚を部屋の隅にレイアウトするのがワンルームで圧迫感を感じさせない部屋作りのコツです。シンプルな部屋の中で目立つベッド横の、女性らしいおしゃれなラグが素敵です。

ベッドを窓辺において広い空間作り

一人暮らしのワンルームや1Kでひろくみえる部屋作りをするには、ベッドやソファーなどのサイズの大きな家具を部屋の隅にレイアウトすることです。また、大きな家具は入り口から離れたところにレイアウトした方が、部屋がひろく見える効果があります。部屋の真ん中におしゃれなラグをレイアウトしてくつろぐスペースをつくると素敵です。

一人暮らしのレイアウト実例②

壁側にベッドをおいてレイアウト

部屋が縦長の形をしていて窓辺にベッドをレイアウトするのが難しい方は、壁にそわせてベッドをレイアウトしましょう。窓をふさがないので、洗濯などでベランダに頻繁に出入りする方はこちらの配置の方が便利です。部屋の幅がせまい場合は、スリムなテレビ台を配置した方が一人暮らしの部屋をひろく使えます。

ベッドとテレビを垂直に配置

ベッドを壁側にレイアウトしてテレビ台をベッドと垂直におくと、四角い場所があいて広いスペースを確保でき、ソファーもレイアウトできます。テレビが太陽の光で反射して見にくくなるのを防ぐには、こちらの写真のような置き方がおすすめです。ナチュラルカラーでコーディネートされているので、温かみがある女性らしい一人暮らしのインテリアになっています。

大きなラグがおしゃれな部屋作り

横幅がある一人暮らしのワンルームマンションや1Kなら、ベッドを壁側にレイアウトしてもゆとりが残ります。ソファーをレイアウトしないことで大きなラグが敷けて、床に座ってくつろげます。一人暮らしの女性で限られた場所をひろく使いたければ、ソファーをおかないという選択肢もおすすめです。

一人暮らしのレイアウト実例③

腰窓の部屋のベッドのレイアウト

腰まで壁があるタイプの窓なら家具があっても窓の開閉に支障がないので、ベッドや棚などがレイアウトできる範囲が広がります。ベッドは部屋の隅においた方が広く見えますが、大胆に真ん中に配置してアレンジするとぐっとおしゃれになります。壁の洋服のディスプレイ収納が個性的でおしゃれでだったり、窓辺のグリーンで癒されそうだったりと、女性らしい魅力的なレイアウトです。

ベッドの周りに棚をまとめた部屋作り

収納棚が多い場合、ベッドの周りにレイアウトすると他の場所があきます。出入りしない腰壁の窓なら窓の前にも家具が置けて、一人暮らしのワンルームや1Kでもひろく部屋を使うことができます。全体を女性らしいホワイトやナチュラルカラーで揃えていて、統一感があっておしゃれにコーディネートされています。

一人暮らしのレイアウト実例④

部屋がひろくみえるマットレス

ベッドよりも高さが低いマットレスをレイアウトすると、一人暮らしの部屋をひろく見せてくれます。ベッドがあるとその下に収納ができるのが便利ですが、特に必要ない方はマットレスをレイアウトするのもおすすめです。モノトーンのインテリアがおしゃれで、デザイン壁紙が一人暮らしの部屋のアクセントになっています。

カーテンに色を使ってアレンジ

こちらもマットレスをレイアウトしたコーディネートで、白がメインのおしゃれな一人暮らしのコーディネートです。カーテンやラグ、ぬいぐるみで色を足して女性らしいインテリアになっています。天井から飾られたオーガンジーのふわふわ感が魅力的で、ガーリーテイストが好きな一人暮らしの方におすすめなレイアウトです。

窓辺にマットレスをレイアウト

ベッドだけでなくマットレスも窓辺にレイアウトすることで、ひろく見える一人暮らしの部屋作りができます。床に座った生活が好みの方は、ソファーもおかない部屋作りがおすすめです。床の生活のレイアウトならラグを敷いた範囲に自由に座れるので、友達やお客さんが来た時にも困らないのがうれしいポイントです。ナチュラルなコーディネートやレイアウトで、女性らしいやさしい雰囲気の一人暮らしのインテリアになっています。

一人暮らしのレイアウト実例⑤

大きめソファーのレイアウト

一人暮らしのワンルームや1Kでも、部屋にソファーをレイアウトしたい方は多いでしょう。せまい部屋で圧迫感を感じさせたくないときのソファー選びは、こちらの写真のようなウッドフレームソファがおすすめです。木の枠のため抜け感があって、実際の大きさよりも軽さを感じて小さく見えます。床に敷いたアフガニスタンのラグが個性的で、一人暮らしの主役のアイテムになっています。

ソファーにカバーをかけてアレンジ

大きなサイズのソファーをワンルームや1Kの部屋にレイアウトしても、圧迫感を感じさせないようにするには、インテリアの色にあわせたソファーをレイアウトするのがおすすめです。例えばナチュラル系のインテリアに濃い色のソファーをレイアウトすると、ソファーばかりが目立ってしまいます。アクセントカラーとしてソファーを使いたい場合以外は、カバーなどでアレンジして周囲のコーディネートに馴染ませてレイアウトするのがおすすめです。

グレーでおしゃれにコーディネート

ベッドやソファー、ラグなど大きいアイテムをグレーでコーディネートした、おしゃれなレイアウトのインテリアです。この写真のようなレイアウトにすると、ソファーに座ってもベッドで寝てもテレビが楽に見えるのがうれしいポイントです。折りたたみできるテーブルをレイアウトすることで、いつでもひろく部屋を使うことができます。

一人暮らしのレイアウト実例⑥

小さいテーブルのレイアウト

一人の暮らしの部屋作りは、普段の生活は小さいテーブルがレイアウトされていれば十分という方も多いのではないでしょうか。一人用のソファーと小さいテーブルをレイアウトすることで、ゆっくり座ってくつろげるスペースが誕生しています。テーブルとテレビ台の色がコーディネートされてレイアウトされているので、統一感があるレイアウトのインテリアになっていておしゃれです。

ガラスの机をおしゃれにレイアウト

ワンルームや1Kの部屋で、できるだけひろく見せる部屋作りのレイアウトがしたい方には、ガラスの机をレイアウトするのがおすすめです。壁側にベッドやソファーなどをレイアウトして真ん中があいても、机が圧迫感があるデザインだと部屋がせまくみえてしまいます。ガラスの机をレイアウトすれば存在感があまりないので、場所があいているように見えて広い部屋のレイアウトに見せれます。

木製の机をレイアウト


ナチュラルな木製の机をメインにレイアウトして、テレビ台や収納棚もウッドテイストでコーディネートとレイアウトすると落ち着く場所になります。家具はそれぞれ違う材質でアレンジしており、おしゃれ度がアップしています。インパクトのある円形のラグのレイアウトが主役になっている、素敵な一人暮らしのインテリアです。

一人暮らしのレイアウト実例⑦

小さなテレビのレイアウト

一人暮らしの小さなテレビなら、小さいテレビ台を使うのがおすすめです。机と似た幅のものを選ぶと、向かい合わせに配置しても、うまくまとまる一人暮らしのレイアウトです。アレンジされたボーダーのラグやニットケーブルのブランケットなど、女性らしいファブリックでアレンジしたコーディネートが素敵です。

ナチュラルな家具をレイアウト

落ち着いた一人暮らし生活がしたいなら、全体をナチュラルカラーでコーディネートするのがおすすめです。テレビ台、机、座椅子、ラグなど、大きな家具のカラーをまとめてレイアウトするとまとまります。テレビ台の横に植物を飾ったり、壁に小さい棚をつけてディスプレイしたりと、小さなところにもこだわったおしゃれな一人暮らしのレイアウトです。

白とベージュで一人暮らしの部屋作り

白とベージュでコーディネートされた、一人暮らしの女性らしいガーリーな部屋作りです。レースのベッドカバーや壁の飾りなど、ガーリーテイストを少しだけ取り入れているので、どんな一人暮らしの人にも使いやすいコーディネートです。使うときだけ机を出せるようにレイアウトすれば、ワンルームや1Kでも普段は広い場所を確保可能です。テレビ台やベッド、ソファーが白で統一されてレイアウトされており、どんな差し色も似合ってアレンジがしやすいレイアウトです。

一人暮らしのレイアウト実例⑧

仕切りとして収納棚のレイアウト

一人暮らしのワンルームや1Kの部屋だと仕切りがないので、ベッドが丸見えになってしまうのが一人暮らしでも気になる方は、収納棚を仕切りに使ってレイアウトするのがおすすめです。こちらの写真のような棚のレイアウトなら、ベッド側からもソファー側からも中のものが取り出せるので、一人暮らしなら使い勝手が抜群です。一人暮らしの生活スペースと就寝スペースを分けたい方に、ぴったりなレイアウトです。

大きめの収納棚をレイアウト

大きめの収納棚を一人暮らしの部屋におきたい場合は、こちらの写真のように背板がない透け感がある家具を選ぶのがおすすめです。大きな家具は一人暮らしのせまいワンルームや1Kでは主張しすぎるので、このような形だと一人暮らしの部屋の真ん中にレイアウトしても圧迫感を感じません。周りのインテリアにあわせた色を選んでレイアウトすると、棚が大きくても馴染んでくれます。

一人暮らしのレイアウト実例⑨

壁に棚をレイアウトするアイデア


一人暮らしのせまいワンルームや1Kの部屋で収納場所を増やしたい方は、壁掛け式の棚をレイアウトするのがおすすめです。床に家具をレイアウトしなくていいため、一人暮らしの部屋がひろく使えます。本やファッション小物をレイアウトしたり、雑貨やグリーンをレイアウトしたりと自由に使えるので便利です。棚の色を壁の色とあわせると棚の存在感が薄くなるので、一人暮らしの部屋に圧迫感を感じにくいです。

ディアウォールで壁に収納家具

賃貸住宅で壁に傷をつけられない方は、ディアウォールを使って壁収納の家具を作るのがおすすめです。ツーバイフォー材を使うと簡単に一人暮らし用の棚が作れるので、DIY初心者の一人暮らしの方でも大丈夫です。収納家具をおくよりも薄い幅の棚が設置できるため、せまい一人暮らしの部屋でも圧迫感を感じにくいのがメリットです。

一人暮らしのレイアウト実例⑩

ベッドの下の収納アイデア

一人暮らしの部屋で、押入れやクローゼットなどが少なくて悩んでいる方は、ベッド下に収納場所をつくるのがおすすめです。引き出し式の収納ケースやキャスターつきのボックスなら、中のものが取り出しやすくて便利です。みえにくい場所に収納場所を配置すると、大きな収納家具を配置しなくてよくなるので一人暮らしの部屋がひろく使えます。

収納付きのベッドなら片付く

これからベッドを購入する予定がある一人暮らしの方は、はじめから収納スペースつきのベッドを選ぶと片付くインテリアに近づきます。こちらの写真のようにベッドや机をナチュラルカラーでそろえて、アクセントカラーでブルーを取りいれてアレンジすると、人とは違うおしゃれな一人暮らしのコーディネートです。

家具と似たイメージのベッドを配置

一人暮らしで収納つきのベッドを選ぶときは、部屋にある他の家具とにたデザインや同じブランドでそろえるとおしゃれです。こちらの写真のように、ベッド、チェスト、棚、机を白でまとめていて女性らしいおしゃれな雰囲気になっています。ベッドを窓辺においてソファーと机の置き場所をひろくとっていて、ゆとりがある部屋作りになっています。

一人暮らしのレイアウト実例⑪

洋服をみせて収納できる家具

部屋にクローゼットがない方は、こちらの写真のようなハンガーラックがあると便利です。下に引きだしがついているので、これひとつで洋服収納が可能。バーがついていれば、洗濯して乾いた洋服をすぐにかけられるので、忙しい日々でも片付けが簡単です。

クローゼットとデスクのセット家具

一人暮らしの部屋の家具を全部統一させたい方は、こちらの写真のようなラックを配置するのがおすすめです。壁の一列に洋服ラックとデスク、収納棚が並べられるので、残りのスペースがひろく使えます。この家具とベッドがあれば、十分な一人暮らしの女性も多いでしょう。

一人暮らしのレイアウト実例⑫

パーテーションの配置アイデア

一人暮らしでもベッドが丸見えになってしまうのが気になる方は、こちらの写真のように枕元がかくれるようにパーテーションを配置するのがおすすめです。ハンガーやマフラーなどをかけることができるので、ちょっとした収納スペースとしても使えて役立ちます。

部屋の中に本格的な間仕切り

完全にワンルームを仕切りたい方は、この写真のように天井から床まで間仕切りを配置しましょう。せまい部屋でもメッシュの仕切りなら圧迫感を感じにくいです。生活スペースと書斎スペースを分けたり、クローゼットとして分けたりとアレンジが可能です。

一人暮らしのレイアウトのまとめ

一人暮らしのレイアウトのアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?せまい部屋でもレイアウトやコーディネートを工夫して、おしゃれな部屋作りにチャレンジしてみてください。きれいに家具をレイアウトして、楽しい一人暮らし生活を送ってくださいね。

収納が気になる方はこちらをチェック!

一人暮らしの部屋で重要な収納が気になる方は、ぜひ下記のリンクをチェックしてみてください。小物をおしゃれに収納できるアイデアや、アレンジできる活用範囲が広いニトリの突っ張り棒の使い方をご紹介しています。ぜひ、一人暮らしの部屋に役立つアイデアを見つけてくださいね。

Thumb小物の収納方法は?おしゃれに整理もできる収納術&アイデア15選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
家の中で散らかってしまいがちな小物は、おしゃれに収納して使いやすくしましょう。メイク道具やア...
Thumbニトリの突っ張り棒が強力でスゴイ!アイデア満載の使い方と合わせてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
収納に使えたり、カーテンや洋服をかけられたりと、何かと便利なアイテムとして人気の突っ張り棒。...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ