コールマンの2ルームテントがスゴイ!特徴やキャンプでの評価をご紹介!のイメージ

コールマンの2ルームテントがスゴイ!特徴やキャンプでの評価をご紹介!

コールマンの2ルームテントは居住性と耐候性の高さのバランスよさに人気があります。ゆえにコールマンの2ルームテントがキャンプ場に大量発生することも。ここではコールマンの2ルームテントの特徴とユーザーレビューを検証し、ショップ限定の新作カラーも紹介します。

2019年06月14日更新

hosokawa_taka
hosokawa_taka
キャンプツーリング歴25年。ツーリング先で野宿やキャンプを楽しんでいます。バイクでのソロキャンプも楽しいですが、家族旅行で宿代わりにするファミリーキャンプも別の楽しみがありますね。ツーリングやキャンプの情報を正しく丁寧に伝えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コールマンの2ルームテント:はじめに
  2. コールマンの2ルームテントはここがすごい!
  3. コールマンの2ルームテントのラインナップ①
  4. コールマンの2ルームテントのラインナップ②
  5. コールマンの2ルームテントのラインナップ③
  6. コールマンの2ルームテントのラインナップ④
  7. コールマンの2ルームテントのラインナップ④
  8. コールマンの2ルームテントのラインナップ⑤
  9. コールマンの2ルームテントのラインナップ⑥
  10. コールマンの2ルームテント:まとめ

コールマンの2ルームテント:はじめに

コールマンのテントは日本の気候に合わせた設計に人気があり、キャンプ用テントのベンチマークになっています。その中でも、コールマンの2ルームテントはこれまでの常識を覆したレイアウトが高く評価され、他メーカーの追随を許していません。ここではコールマンの2ルームテントの特徴を検証し、その魅力に迫ります。ショップ限定の新作カラーも紹介しますね。

2ルームテントのメリット

2ルームテントのメリットは設営性の高さにあります。2ルームテントが誕生するまでは、リビングとなるスクリーンタープと寝室となるテントを別々に設営したのち、連結する作業が必要でした。しかし、2ルームテントはリビングスペースと寝室スペースでフライシートを共用していますので、連結する手間を省けます。また、連結による隙間がなく、立ち姿が美しいのもメリットです。

2ルームテントのデメリット

テントとタープでフライシートを共用するがゆえに、2ルームテントは非常に大柄です。それが2ルームテントのデメリット。区画サイトのサイズによってはレイアウトがしにくい場合があります。また、2ルームテントは別料金になっているフリーサイトも見かけるようになりました。連結する手間は省けるものの、大柄ですので設営には体力が必要です。

コールマンの2ルームテントはここがすごい!

コールマンの2ルームテントは居住性と耐候性の高さが特徴です。居住性と耐候性は相反する条件で、居住性を高めるとテントは大柄になり、耐候性を高めるとサイズが小さくなるのです。コールマンではどのようにして居住性と耐候性を両立しているかを確認します。

居住性

コールマンの2ルームテントはテント役の寝室スペースよりもタープのリビングスペースを広げることで居住性を高めています。大柄なスクリーンタープにテントの機能を追加したかのような構造が特徴です。キャンプ場ではテントで就寝する時間よりもタープの下で過ごす時間のほうが長いので、リビングのサイズが拡大されています。

耐候性

コールマンの2ルームテントは耐水圧が高めのフライシートを用い、積極的に空気を循環させるベンチレーション機能を備えているのが特徴です。耐水圧が高いフライシートは通気性が悪いため、ベンチレーション機能でテント内の温度や湿度をコントロールしています。強度が必要なのは大きなリビングスペースだけなので、大きさの割にはペグダウンするポイントは少ないですね。居住性を損なうことなく効率的に耐候性が高められています。

コールマンの2ルームテントのラインナップ①

ラウンドスクリーン2ルームハウス(オリジナル)

コールマン Coleman アウトドア キャンプ テント ラウンドスクリーン 2ルームハウス 170T14150J【ktkt】
楽天で詳細を見る

コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス
設営サイズ 340×565×210cm
リビングサイズ 340×270×210cm
インナーテントサイズ 320×230×170cm
収納サイズ φ28×82cm
重量 20kg

※2019年6月14日現在

コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスはエントリーモデルでありながら、仕様が充実している2ルームテントです。リビングスペースのサイズは寝室スペースの収容人数を上回るほど広くなっています。収納サイズが大きく、重量も重めですが、テントとスクリーンタープを一度に持ち運びすることを考えると合格ライン。ラウンドスクリーン2ルームハウスは残念ながらコールマンのラインアップからカタログ落ちしています。新作の開発に期待しましょう。

ラウンドスクリーン2ルームハウスのレビュー評価

ラウンドスクリーンユーザーのレビューを見ると、大人2人子供2人で快適だと評価されるコメントが多いですね。子供が大きくなったら、大人はリビングスペースにコットで就寝する方法もあります。どのユーザーも持ち運びで重いと評価していますが、重い原因は丈夫なポールとのこと。ポールとシート類を別にして持ち運びするユーザーもいます。

夫婦、小学生低学年2人、中型室内犬一匹のキャンプで丁度いい感じです。(中略)テントは初めてでしたが、初心者がテントとタープの両方を(風に倒れないように)うまく張るよりは、本品一つ建てる方がずいぶん楽だと思います。

組み立ては、思った以上に簡単ですが、初めは時間が掛かりました。
雨のキャンプで使用した後の話ですが、テントの水洗いが、大きいので大変です。物が大きいので干す場所も考えなければなりませんね。

コールマンの2ルームテントのラインナップ②

ラウンドスクリーン2ルームハウス限定仕様

Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン2ルームハウス スタートパッケージ【別注モデル】 オリーブ×コヨーテ 2000030372
楽天で詳細を見る

コールマンのラウンドスクリーンは人気があるため、どのキャンプ場でも数張り見かけます。ショップ限定カラーのラウンドスクリーンが販売されているのは、他のユーザーと違うものが欲しいという要望を受けてのこと。コールマンのミリタリーチックな色合いに抵抗を感じる人からも支持されています。オリジナルカラーと同様に生産は中止されているので、コールマンのラインナップに注目しながら新作の登場に期待しましょう。

限定仕様(オリーブ/コヨーテ)のレビュー評価

コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスのショップ限定カラーに関するレビューを探すと、和やかな色合いを評価するコメントが多く見つかります。「オリジナルとは少し違うのよ」という気持ちはとても大切。楽しい気分を演出してくれなければレジャーキャンプ用テントとして失格です。コールマンオリジナルカラーのレビューですが、耐風性に関する工夫もチェックしてください。

おしゃれなスノーピークと検討しましたが、2ルームと同じものだと値段が倍くらいして高い。こちらのテントは定番のコールマンでも、お店の別注カラーなのでキャンプ場でも少しは自分のテントが分かるかな。

耐風性:張り綱をしていないタフワイドドームが倒壊するレベルの強風の中でも、張り綱をしていれば大丈夫。正規の使い方ではないが、スクリーン部のポールが刺さる四又に張り綱を付ければ更に耐風性up。

コールマンの2ルームテントのラインナップ③

タフスクリーン2ルームハウス(オリジナル)

コールマン Coleman キャンプ タフスクリーン2ルームハウス テント 2000031571
楽天で詳細を見る

コールマン タフスクリーン2ルームハウス
設営サイズ 340×540×215cm
リビングサイズ 340×260×215cm
インナーテントサイズ 320/245×230×170/155cm
収納サイズ φ30×74cm
重量 16kg

※2019年6月14日現在

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスはラウンドスクリーン2ルームハウスと同様の理由で人気があります。実はタフスクリーン2ルームハウスとラウンドスクリーン2ルームハウスはライバル同士。どちらにするか悩んだユーザーは多いですね。タフスクリーン2ルームハウスは強風に強いアルミフレーム、設営時に抜けにくいアシストクリップ、テントロープでペグダウンしないと自立しない寝室スペース、この3点がラウンドスクリーン2ルームハウスとの大きな違いです。

タフスクリーン2ルームハウスのレビュー評価

コールマン Coleman タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ 2000032598
楽天で詳細を見る

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスとラウンドスクリーン2ルームハウスで設営の違いがあるか?ユーザーのレビューを確認すると、タフスクリーン2ルームハウスのほうが設営しやすいというコメントが圧倒的に多いですね。これだけの大きさのテントを2人で15分、かなりの手際のよさだと考えられます。テントとスクリーンタープを別々に設営するとテント5分、スクリーンタープ5分、連結5分と時間がかかるので、通常ではこの時間での設営は難しいです。2ルームテントのメリットを感じられるレビューだといえます。

「1人で設営可能」の文字があるが、そもそも2ルームは複数で設営するモノと心得るべきで、非常に効率悪くなるので注意が必要。我が家では妻と共同し、3回目あたりからは15分あれば設営できる程の簡単なモノなので安心して良い。

同じサイズで少し安いラウンドスクリーン2ルームハウスもありますが、費用対効果考慮すると、絶対こちらがおすすめ。ラウンドスクリーンは骨組みが多く組立が1人ではできず面倒そう。

コールマンの2ルームテントのラインナップ④

タフスクリーン2ルームハウス限定仕様

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスには、ラウンドスクリーン同様にショップ限定カラーが販売されています。アマゾン限定カラーの新作はオリーブ。ラウンドスクリーン2ルームハウスのショップ限定カラーは和やかな方向へと動きましたが、タフスクリーン2ルームハウスのアマゾン限定カラーはハード指向です。しかし、日光があたると思いのほか優しい色合いに変化します。

限定仕様(オリーブ)のレビュー評価

出典: https://www.amazon.co.jp

アマゾン限定カラーのユーザーレビューを確認すると、新作ということもあってレビュー数は少なめですが、どのユーザーも「オリーブ」という色に戸惑うコメントを残しています。オリーブとは黄色交じりの深緑。ファミリーや友人とのレジャーキャンプでは親しみやすい色合いですね。リビングが暑くなるのは限定カラーと無関係。オリジナルカラーのレビューでも暑いとコメントするユーザーは多めです。

オリーブ???そもそも緑?光によってはグレー?ってなるくらい薄い色でした。写真のような濃い緑色のものではありません。

色が違いすぎたのは残念。ただ買いたいと思っていた幕なので使います。

コールマンの2ルームテントのラインナップ④

トンネル2ルームハウス/LDX(オリジナル)

Coleman(コールマン) ILトンネル2ルームハウス/LDX (デニム) 2000032597
楽天で詳細を見る

コールマン トンネル2ルームハウスLDX
設営サイズ 330×660×200cm
リビングサイズ 330×260×200cm
インナーテントサイズ 300/255×235×187cm
収納サイズ 31×31×72cm
重量 16kg

※2019年6月14日現在

コールマンのトンネル2ルームハウスLDXは巨大なイモムシがキャンプ場に現れたかのようなビジュアルが特徴です。しかし、迫力あるビジュアルに反して設営しやすいのがコールマンらしいところ。インディゴレーベルのデニムに加え、オリーブ/サンドが新作としてカラー展開されました。また、同じく新作のトンネル2ルームハウスLDX+には、夏の強い日差しを遮るダークルームテクノロジーが採用されています。

ILトンネル2ルームハウス/LDXのレビュー評価

出典: https://www.amazon.co.jp

トンネル2ルームハウスLDXユーザーのレビューを見ると、巨大ともいえる大きさに満足するコメントが多いですね。その反面、大きいがゆえに結露のお手入れを心配するコメントもあります。コールマンの2ルームテントに共通した仕様ですが、フライシートのインナーテント側面にはスカートがありません。これは寝室スペースの通気性を高めるためです。裾全面にスカートをつけると蒸し暑くなり、その分結露も発生しやすくなります。

寝室は家族5人で充分な広さだし、リビングは出口も沢山あり、使い勝手がいいと思います。インナーテントの外側のスカートが無いのは意味あってのものなんでしょうか?雨の時不安なのでグランドシートなどで工夫が必要なんですかね?

組み立ても慣れたら5分かからずに設営出来ます。難点は結露を乾かすのが大変。この手のテントはやはり乾かして仕舞うのが大変ですので覚悟した方が良いです。結露を拭き取るハンディモップは必需品

コールマンの2ルームテントのラインナップ⑤

トンネル2ルームハウスSP/LDX(限定仕様)

Coleman(コールマン) トンネル2ルームハウスSP【限定カラー】+クアッドマルチパネルランタン【お得な2点セット】 オリーブ×コヨーテ 2000033497
楽天で詳細を見る

トンネル2ルームハウスLDXが発売された当初、カラーはポップなデニムしかありませんでした。落ち着いたカラーリングを求める声が多かったためか、ショップ限定の新作カラーが人気を集めています。もちろん、サイズや機能はオリジナルのままです。コールマンの2ルームテントの共通した仕様ですが、吊り下げ式のインナーテントを外せば広大なシェルターになります。一人100×150cmで割り当てると、12人を収容してのお座敷宴会が可能です。

限定仕様(オリーブ/コヨーテ、オリーブ)のレビュー評価

出典: https://www.amazon.co.jp

トンネル2ルームハウスLDXの限定カラーで一番人気は、アマゾン限定のオリーブです。ユーザーレビューでは濃いめながらも優しい色合いがおしゃれ!と高く評価されています。また、夏キャンプだけでなく春秋キャンプ、さらには冬キャンプでも愛用するユーザーが多いのも特徴。オールシーズンでキャンプをするなら、アースカラー系のほうが使いやすいですね。大きなテントは設営に不安を感じるキャンパーも多いはず。設営のしやすさをコメントしたユーザーレビューも紹介します。

お座敷スタイルでのリビングから寝室の完全一体感がとても気に入っています。(中略)特にお子様連れの春秋キャンプには持ってこいのテントだと思いました。あったかい季節はドームテント+オープンタープ、寒い季節は本トンネル2ルームテントでお座敷、暖房で楽しんで行きたいです。

今回も子供はパパに見てもらい、ママの1人設営でしたが15分かからないくらいで終わりました。設営に時間を掛けたくない派なのでこのテントはおススメです(^^)

コールマンの2ルームテントのラインナップ⑥

アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

【送料無料】 COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ファミリーテント アテナ トンネル2ルームハウス/LDX 2000032076
楽天で詳細を見る

コールマン アテナトンネル2ルームハウスLDX
設営サイズ 380×678×200cm
リビングサイズ 380×278×200cm
インナーテントサイズ 360×240×185cm
収納サイズ φ33×78cm
重量 20kg

※2019年6月14日現在

コールマンのアテナ トンネル2ルームハウスLDXはコールマンジャパンのラインアップに登場していない2ルームテントです。韓国で販売されていたモデルで、国内ではコールマンの直営店とスポーツオーソリティでの限定販売。並行輸入品ではありませんので安心ですね。コールマンジャパンのラインナップにあるトンネル2ルームハウスLDXと比較すると、サイズの違いが特徴です。

アテナのレビュー評価

出典: https://www.amazon.co.jp

アテナ トンネル2ルームLDXのレビューには、大きなサイズながら設営が簡単だというコメントが多いですね。立ち姿の迫力を評価するユーザーもいます。他のキャンパーとかぶらない珍しさも好評です。フライシート全辺の裾につけられたスカートが国内正規販売のトンネル2ルームLDXとの違いですが、その効果に対する評価は見当たりませんでした。

一人で30分ぐらいでインナーテントまで取り付けする事ができましたよ!広くて窓が多いので暑ければ全部網戸にしてしまえばかなり涼しいですね

最近までDODのカマボコテント2を使っていましたが横風での変形が凄く処分してこちらの強度抜群のテントに変えましたがやはり大正解でした。自立しない分、風のある日にはかなり立てやすいです。

コールマンの2ルームテント:まとめ

コールマンの2ルームテントのユーザーレビューを総括すると、初心者からベテランまで満足させる内容がおすすめポイントです。エントリーモデルをベテランキャンパーが使っても、フラッグシップモデルを初心者が使っても、居住性と耐候性の評価は変わりません。また、設営しやすいというコメントが多いのも特徴です。日本のキャンプ事情を知り尽くしたコールマンだからこそなせる業だといえます。

コールマンが気になる人はこちらをチェック!

居住性が高い2ルームテントに必要なもの、それは家族やなかまの楽しい笑顔とおいしいキャンプ飯です。キャンプでの料理に欠かせないコールマンのストーブについての記事もチェックしてください。また、リビングスペースで使うアウトドアチェアも要チェック!コールマンのアウトドアチェアでそろえるとテントサイト全体の統一感が高まり、より楽しいキャンプになりますよ。

Thumbコールマン「ウェザーマスター」特集!圧倒的評価のテントの魅力とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマンのテント・ウェザーマスターはユーザーからの評価も高く、口コミでも人気!通気性や丈夫...
Thumb【2019】コールマンのストープ10選!キャンプでの選び方を製品比較で解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマンのストーブはキャンプの定番!シングルストーブからツーバーナーまで、耐久性の高さがお...
Thumbコールマンのアウトドアチェアおすすめ10選!種類別に口コミまでご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマンのおすすめアウトドアチェアを種類別にご紹介していきます。キャンプ場やピクニックやお...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ