【2019】スノーピークのタープ10選!口コミでも評判の人気タープを比較解説!のイメージ

【2019】スノーピークのタープ10選!口コミでも評判の人気タープを比較解説!

タープの中でもアウトドア用品界で知る人のいない超有名ブランドであるスノーピークが制作販売するタープは非常に優れています。スノーピークはタープのことをフィールドの屋根と称しており、敷地の中や自然のフィールド上に屋根を拡げ、快適な空間を守ります。

2019年06月12日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 防風防水簡易シェルター
  2. タープに求めるべき性能
  3. スノーピークタープの評判と選び方
  4. スノーピークの人気でおすすめなタープ①
  5. スノーピークの人気でおすすめなタープ②
  6. スノーピークの人気でおすすめなタープ③
  7. スノーピークの人気でおすすめなタープ④
  8. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑤
  9. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑥
  10. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑦
  11. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑧
  12. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑨
  13. スノーピークの人気でおすすめなタープ⑩
  14. スノーピークのタープをアウトドアで使おう!
  15. スノーピークタープの評判と選び方まとめ

防風防水簡易シェルター

夏から秋にかけての宿泊登山やキャンプをする際に簡単に設営できる雨避け風よけができるタープですが、種類も多くそれぞれの製品と比較しても性能や評判は違います。タープやテントを扱うアウトドア用品の中でもキャンプ用品の制作に力を入れているのが、今や誰でも知るアウトドアブランドであるスノーピークです。スノーピークは数多くのテントやタープを製造販売していますが、性能や仕様はそれぞれ比較しても違いますが、間違いなくいい製品ぞろいです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

テントと違いどこにでも張れる

スノーピークが製品として多く扱うタープとテントですが、それぞれ比較すると特徴や性能が違いますし、使い道も若干違います。簡単に違いを説明すると、タープは仮設屋根でありテントは仮設住居となります。スノーピークのタープやテントもそれぞれ違っていい魅力も沢山あるので用途にそって扱う製品を選ぶことをおすすめできます。またテントは住居のために床生地もあるので平地での設営しかできませんが、タープは2本から6本の支柱で屋根である生地を支えるだけなので地形は関係ありません。

タープに求めるべき性能

スノーピークが世界に発信する性能の高いタープですが、必要最低限の求めるべき性能や絶対必要ではないけど欲しい性能や機能などを確認していきます。世界のスノーピークの制作するタープなのですから、数多い種類の全てに必要最低限の性能や機能は織り込まれていますが、製品や種類によってはプラスアルファな性能や機能が付いていたりついていなかったりします。

出典: https://pixabay.com

必要最低限の遮光性と耐水圧

スノーピークのタープに限らず、タープとして必要最低限な昨日は遮光性と標準的な耐水厚です。タープの主な用途としては日除け雨避け風除けの3つですので、遮光性はいかに日光を遮るか、耐水圧は雨水を防ぐために必要で、風はタープの構造上自然に防げます。遮光性はタープの色や厚みで変わりますが、主にデニールという単位で厚みを表記してあります。厚ければ厚いほど光を遮断します。またタープに必要不可欠である耐水圧ですが、こちらは高ければ高いほどいいという訳ではなく、標準な物が一番いいです。

よければ嬉しい通気性と防虫性

スノーピークも多数のタープを製造販売していますが、タープとは何種類もあり、それぞれの種類で使用も設営方法も違えば魅力も違います。スノーピークの中でも代表的なタープの種類としてヘキサ型という種類があります。こちらは6角形の生地を日本のポールで固定し、残り4つの生地端をペグで地面や物に固定する設営方法です。へクタタープは構造上通気性に優れ、虫が気になる方はカヤードというメッシュ生地がある種類がおすすめです。

スノーピークタープの評判と選び方

スノーピークのタープは扱う製品が多く、性能や機能も魅力的で評価が高いので選ぶときにどれがいいか迷ってしまいます。必要最低限な性能基準を満たし、世界の登山とキャンプのファンの声に答え続けているスノーピークのタープを選ぶ際にどのように選べばいいかを一緒に確認しましょう。スノーピークのタープなのだから評判がいいのは当たり前ですが、使用感以外は口コミの評価だけで判断するのはおすすめしません。

出典: https://pixabay.com

キャンプ用品の検討は実際確かめるべき

キャンプ用品だけに関わらず登山などのアウトドア用品を購入するのならば、一度自分の眼で確認して計画や自分の肌に合うかどうかを確認するべきです。スノーピークが製造販売するタープなのですから、間違いなくいいタープではあります。レビューや口コミの評判も高いものが多いですが、あくまで他の方々の評判は重要な参考に止めてください。実際使用するのは皆様自身ですから、自分に合ったタープや計画に合ったタープを選びましょう。

スノーピークの人気でおすすめなタープ①

次は素晴らしいテントやタープを世界中に発信するスノーピークの特に評価が高く人気でおすすめなタープをご紹介いたします。性能や特徴、そして実際に購入されて使用された方々のリアルな口コミレビューの評判をご紹介いたしますので、購入を検討されている方は是非参考にしてください。きっと皆様のタープ選びをお手伝いすることができます。

HDタープ“シールド”・ヘキサ(M)

[最大2000円OFFクーポン配布中!6/11火1:59まで]スノーピーク タープ TP-861 HDタープ“シールド”・ヘキサ(M) HD-Tarp "Shield" Hexa M ヘキサタープ タープ キャンプ

スノーピーク タープ TP-861 HDタープ“シールド”・ヘキサ(M) HD-Tarp "Shield" Hexa M ヘキサタープ タープ キャンプ

楽天で詳細を見る

一番最初にご紹介させていただくスノーピークのタープは「HDタープシールドヘキサM」というもので、タープの王道ともいえる製品です。スノーピークの販売するタープにはいくつか種類が存在しています。その中でもヘキサという種類はキャンプなどで扱うタープとして基本的な種類となっています。テントと兼ねて設営できるのもヘキサ型の魅力です。またスノーピークのHDタープシールドヘキサMは安価でありながら間違いのないタープですので、初めてタープを購入する方でもおすすめできます。

HDタープシールドヘキサMの口コミ評判

キャンプなどの移動せずその場で楽しむアウトドアを行う際、急な雨や風を防ぐ事が出来るタープは大変ありがたみがありますね。口コミをされた方は初めてのタープということですが、ヘキサ型は他の種類のタープと比較しても設営もしやすいので、初めて扱う方には特におすすめできます。またキャンプの際はテントとタープを組み合わせて設営すると見栄えや機能の魅力も上がりますのでおすすめです。

グループキャンプやバーベキューのお供に
初回タープ無しでグループキャンプを行った際、急な雨で右往左往する事があった為、購入を決意。ヘキサのラインが綺麗で、慣れると1人でもはれる。長く使おうと思います。

スノーピークの人気でおすすめなタープ②

HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)Proセット

[最大2000円OFFクーポン配布中!6/11火1:59まで]スノーピーク HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)Proセット TP-862S ヘキサタープ HD-Tarp Hexa Pro. L Set

スノーピーク HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)Proセット TP-862S ヘキサタープ HD-Tarp Hexa Pro. L Set

楽天で詳細を見る

HDタープシールドヘキサLProセットはスノーピークの基本的で横道なヘキサ型タープのHDタープシールドヘキサMの一回り大きくて、注文して届けば他の道具は要らずにそのまま設営できるPro仕様の6人要員のヘキサ型タープです。HDタープの種類は多数ありますが、シールド加工がされているのもスノーピークのヘキサ型の魅力となります。シールド加工は通常のテントやタープ生地と比較しても遮光性や撥水性の性能が高いのです。

HDタープシールドヘキサLProセットの口コミ評判

BBQやキャンプで大活躍するタープは設営が簡単であればあるほどストレスなく楽しめます。ヘキサ型のタープは他の種類のタープと比較しても設営の仕方が非常に簡単で、かつHDタープシールドヘキサLProセットには設営するための道具まで揃っていますので、口コミをされた方が仰る通りキャンプ初心者でも簡単に設営できるポイントが魅力です。

すべて揃っていて「○」
日帰りBBQで使用しました。タープ初心者ですが、設置も5分くらいだったかな。思ったより簡単でした。見た目も素敵で良いです。チェーンノットも収納の際に便利です。 

スノーピークの人気でおすすめなタープ③

アメニティタープヘキサLセット

次にご紹介させていただくのがスノーピークのヘキサタイプタープの中で最安値で最もコストパフォーマンスが高い製品です。キャンプ界の熟練がもしキャンプ初心者に初めてのタープを進めるならアメニティータープヘキサLセットを進めます。最安値でありながら設営しやすく性能も偏りのない基本型であるヘキサタイプなのです。それにくわえて設営に必要な道具が入っているのですから、タープの購入が初めてならば間違いなくこの製品です。

○スノーピーク TP-851S・アメニティタープ ヘキサLセット [6人用]

【ポールとペグがセットになったエントリーモデル】 ○スノーピーク TP-851S ・アメニティタープ ヘキサLセット [6人用]

楽天で詳細を見る

アメニティタープヘキサLセットの口コミ評判

なぜスノーピークタープの中でもこんなに素晴らしい製品を一番最初に紹介しないかというと、口コミをご確認いただければわかる通りに人気過ぎて在庫がほとんどない製品なのです。ヘキサ型というだけで性能や機能も基本に忠実なタープの形なだけあり間違いなく、6人容量のタープでこの価格といってしまえば他の種類のタープと比較しても右に出る製品はありません。迷っていれば在庫があれば購入するのをおすすめします。

どこも在庫切れで再入荷を待っていたのですが、ようやく購入できました!

スノーピークの人気でおすすめなタープ④

ランドステーションL

ヘキサシリーズと比較するとややテントよりなこのタープはステーションタイプのタープです。パタゴニアのランドステーションタープはヘキサシリーズや他のタープと比較しても設営方法が多く、使用者の用途や好みによってタープ形状が多数変化させることが出来るポイントが最大の魅力です。初めて扱うには設営が少し複雑ですが、他のタープと比較してもプライバシーがテントのようにしっかり確保できるタープですので、宿泊キャンプには魅力的です。

スノーピーク ランドステーションL snow peak Land Station L テント 限定 キャンプ タープ

スノーピーク ランドステーションL snow peak Land Station L テント 限定 キャンプ タープ

楽天で詳細を見る

ランドステーションL口コミ評判

スノーピークのランドステーションの特徴や魅力として4~6人容量の大型タープであり、口コミ評価をしてくださった方の仰る通りポールを追加することによってランドステーションタープは何通りのも形状で設営できます。テントのような宿泊水晶容量は4人から6人ですが、大開口を開けて宴会スタイルの設営にすれば10人を超える人数でキャンプをしても安全に楽しめるという他のタープと比較しても特別な魅力もあります。

これらの商品は「宴会幕」としてもよく使われ、スノーピークウェイではスタッフテントに採用されています。
それだけ広く使うことが出来ます。

何より、ポールを追加することで、何通りもの、自分だけのスタイルで設営が可能になります。

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑤

ランドステーションLアイボリー

スノーピークのランドステーションタープのアイボリーバージョンです。他のタープと比較すると設営バリエーションが非常に多く、大人数でキャンプなどを楽しむ際に魅力的な性能が多数採用されているランドステーションタープですが、通常のランドステーションタイプよりランドステーションアイボリーの方が評価が高いです。その代わり価格もタープの中では最高クラスです。アイボリーバージョンの最大の魅力としては見た目の上品さがありますが、遮光性などの性能もアイボリーが少々高いです。

スノーピーク ランドステーションL アイボリー snow peak Land Station L Ivory テント シェルター アウトドア キャンプ 宿泊 6人~8人用 TP-821IV <2019 春夏>

スノーピーク ランドステーションL アイボリー snow peak Land Station L Ivory テント シェルター アウトドア キャンプ 宿泊 6人~8人用 TP-821IV

楽天で詳細を見る

ランドステーションLアイボリーの口コミ評判

パタゴニアのランドステーションアイボリーの愛称者のほとんどが、通常のランドステーションと比較して見た目のよさを重視して購入されています。ランドステーション本来の機能である設営の多様性はアイボリーバージョンも全く同じですが天蓋幕の色がアイボリーであるため、口コミをしてくださった方が仰る通り通常のランドステーションより日光を遮光しますが、光が拡散されてタープ内が非常に明るいです。テントに近いタープですが、テントとの違いは外部との遮断が完ぺきではないため、冬場は寒くて使用するのはおすすめできません。

見た目第一、バリエーションを楽しみたい方におすすめです!!
私は主にグループキャンプ時に使用していますが、クローズ状態でも大人7~8人で余裕。この幕体で特に気に入っているのはその見た目!アイボリーということでキャンプ場では目立ちますし、使っていて気持ちいいです♪日中は光が中に透き通ってくるので明るく、夜は逆に光が外へ逃げ出していくので写真を撮る人間としては映えます。

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑥

HDタープ ”シールド”・レクタ(M) Pro セット

スノーピークが世界におくるレクタシリーズはただ屋根であることを追求したからこそ間違いのない非常にシンプルなタープです。HDタープシールドレクタMProセットはキャンプ好きやBBQ好きであれば最終的にたどり着くタープです。雨と日光を防ぐということを最重点においたこちらのタープは無駄な壁幕が一切なく、タープの中にはストレスなく人が集まれます。キャンプもそうですが、BBQ性能に特化したタープともいえます。

スノーピーク HDタープ シールド レクタ(M) Pro セット snow peak HD-Tarp Recta Pro. M Set タープ テント アウトドア キャンプ TP-841S <2019 春夏>

スノーピーク HDタープ シールド レクタ(M) Pro セット snow peak HD-Tarp Recta Pro. M Set タープ テント アウトドア キャンプ TP-841S

楽天で詳細を見る

HDタープシールドレクタMProセットの口コミ評判

スノーピークのHDタープシールドレクタMProセットは設営に必要な道具も揃っていますので、届け先に届いてアウトドアの世界に旅立てばすぐさま設営してキャンプを楽しむことができます。キャンプやBBQに特化した無駄な風除け幕がないパタゴニアのレクタシリーズはシンプル過ぎて風で飛ばされるのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、口コミをしてくださった方の仰る通り風が強い場所で設営してもバタつきも無くタープが飛ばされる心配もございません。設計のポイントでいえば、無駄な幕が排除されているからこそ風が通り抜けやすいのです。

比較的風の通り道にある場所で設営していますが、ばたつく事も少なく安心して使っています。

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑦

スノーピークのタープとしても異色な存在であるカヤードシリーズ。カヤードは側面がメッシュ素材となっているため、夏や秋場で使用しても虫が内部に侵入しないというポイントが最大の魅力です。又形状がテント寄りなタープですので、機能としてメッシュ素材を内部から覆えるインナールーフという幕が付いています。カヤード本来の機能として虫よけができ、インナールーフ機能のおかげでメッシュ素材で出来ているカヤードにプライベート空間も作れます。

カヤード [6人用]

スノーピーク(snow peak) タープ カヤード TP-400 [6人用]

snow peak(スノーピーク) カヤード セット TP-400S カヤードにスチールペグ、スチールポールが付属したセット

楽天で詳細を見る

カヤードの口コミ評判

口コミをしてくださった方の仰る通りメッシュ素材で出来ているカヤードは非常に通気性がよく、インナールーフを活用すれば日差しも十分に防げます。インナールーフを使用せず、内部が丸見えの状態であればキャンプやBBQをしている最中にお子様の様子も見えますので安心できます。逆にインナールーフでメッシュ全体を覆えばプライベート空間としても使えますし、適度に温かいので宿泊キャンプも出来ます。

快適
メッシュなので風が抜けて涼しく、パネルを使えば日焼けも自在!フルメッシュは子供の様子も見やすく、フルクローズにすれば結構暖かい。春や秋のキャンプには重宝します。
ただ、入口が低く大人は入るのには少しかがまないといけません。
夏に1度立てましたが暑すぎて誰も入らず荷物置き場になりました。

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑧

TAKIBIタープ オクタ

今年発売開始された最新のスノーピークのTAKIBIタープオクタは日除けや風除け、雨避けなどの通常のタープ用途としても十分に使用できますが、最大のポイントはタープ内部で焚火などの暖をとれるところです。難燃性のインナールーフのために内部で焚火をしても引火する事はなく安全に暖をとれます。また変形八角形のタープは内部の面積も広くとることができ、タープ中央で焚火をしても人の銅線を妨げることはありません。

スノーピーク TAKIBIタープ オクタ snow peak TAKIBI Tarp OCTA テント タープ 日陰 日除け TP-430 <2019 春夏>

スノーピーク TAKIBIタープ オクタ snow peak TAKIBI Tarp OCTA テント タープ 日陰 日除け TP-430

楽天で詳細を見る

TAKIBIタープ オクタの口コミ評判

スノーピークのTAKIBIタープオクタは同じくスノーピークのランドステーションと比較すれば設営バリエーションは少ないですが、それでも他の種類のタープよりは自由に変形させることができます。また口コミをしてくださった方が仰る通り、最大の魅力としてTAKIBIタープオクタは雨が降っていても雨をしのぎながら内部で焚火をして暖をとれるポイントです。内部も広く複数人で利用できる焚火タープはキャンプやBBQの夜を楽しませるでしょう。

バリエーションが楽しめる!焚き火がしたくなるタープ!
サブポールを使い長くしたり、短くしたりとスペースを変えられ楽しめるタープです。雨の中でも焚き火できるのはいいですね!

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑨

エントリーパックTT

スノーピークはとんでもないセットを販売しています。ペグやハンマーのセットではなく、テントとタープのセットです。価格としても非常に安く、お得な製品です。テントは組み立てやすく、キャンプやBBQ初心者の方でも簡単に組み立てられます。セットとなっているタープは基本の形で安心なヘキサ型タープです。同じく組み立てやすいので、ストレスなく宿泊アウトドアを始めることができます。

snow peak(スノーピーク) エントリーパック TT SET-250H四人用(4人用) テント タープ キャンプ用テント キャンプ4 アウトドアギア

snow peak(スノーピーク) エントリーパック TT SET-250H 四人用(4人用) テント タープ キャンプ用テント キャンプ4 アウトドアギア

楽天で詳細を見る

エントリーパックTTの口コミ評判

スノーピークのエントリーパックTTはまさにアウトドアエントリー向けで、これさえ手に入れてしまえばいつでも宿泊キャンプやBBQを楽しみにいけるのです。口コミをしてくださった方の仰る通り大きいセットではありますが設営はどちらも非常に簡単ですので、初めてキャンプに行く方でもおすすめです。リアルな参考意見として設営時に開口が分かりにくいという意見があります。おすすめとしてはせっかく購入したアウトドア用品ですので、開口にチェックをいれるなど自分色のアウトドア道具にしていきましょう。

我が家の五代目テントに就任😅
大きさの割には軽く、組立も二人で楽々。ただ、最初に広げたとき、どちらが入り口か分かりにくい。せっかくフレームと差し込み口が親切に色分けされているのだから、二色ではなく三色になっていれば迷わずに済むと感じた。
あと、構造上仕方ないがインナー天井中央部にLEDランタンを下げられないのも少し不便に感じた。

スノーピークの人気でおすすめなタープ⑩

ライトタープ ペンタ シールド

スノーピークのライトタープペンタシールドは非常にコンパクトな一人用タープです。キャンプやBBQも出来ますが、一番多い用途としては登山での宿泊場所としての使用方法です。非常に手軽ですので、装備品も少なく済みます。一人用なので内部スペースは狭いですが、大型ザックと人一人は収納できますので宿泊時の雨を防ぐことも出来ます。形状のデザインから設営が完了したライトタープペンタシールドは非常に薄く、風を斬る様に避けるのでタープ自体が飛ばされる心配もすくないです。

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド snow peak Light Tarp Penta Shield タープ ワンポールタープ テント ペンタ ソロテント 1人用 STP-381 <2019 春夏>

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド snow peak Light Tarp Penta Shield タープ ワンポールタープ テント ペンタ ソロテント 1人用 STP-381

楽天で詳細を見る

ライトタープペンタシールドの口コミ評判

口コミをしてくださった方の仰る通りで伊キャンプやデイ登山に最適です。設営は他のタープと比較しても一番簡単で手軽です。デザインが美しいため、キャンプ場で設営したときの見た目で周囲からもおしゃれに見えます。また一人用のタープの最大の魅力は手軽さですので、コンパクトにザックに収納できるので、休みたいときにキャンプ場へ着いたら即座に取り出して設営できるのもポイントが高いです。

デイキャンプに最適
デイキャンプで使用するために購入しました。
設営も簡単で見た目も美しいため、気に入っています。
また、コンパクトに収納でき、バックパックなどで持ち運べる点も利点です

スノーピークのタープをアウトドアで使おう!

スノーピークには数多くのタープが製造販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいます。しかながらそれぞれタープには特徴があり、それぞれのタープに向いている用途がありますので、タープの特徴を比較して知ることができたら今の自分に最適なタープ選びができます。

出典: https://pixabay.com

キャンプでのタープ

スノーピークのタープは複数人の仕様が前提として作られている製品が多いので、タープを使用するアウトドアとしてはキャンプやBBQが向いています。キャンプをするのであればヘキサシリーズやTAKIBIシリーズがおすすめですし、BBQをするのであればレクタシリーズがおすすめです。どれも設営は簡単ですが、へクタシリーズは特に簡単ですので、素早く設置して仲間と内部でおしゃべりするのはとても楽しいです。

スノーピークタープの評判と選び方まとめ

スノーピークのタープの性能や評価をご紹介させていただきましたが、タープはそれぞれに特徴や性能が違って魅力があることが改めて理解できました。計画しておこなうアウトドアによっても最適なタープ選びは違ってきますので、タープは奥が深くとても面白いアウトドア用品です。最後に実際にタープを選ぶ際に気を付けておきたい点やおすすめのポイントを確認していきます。

出典: https://pixabay.com

計画と人数でタープは選ぼう!

アウトドアで最も重要なことは計画性です。いかに不備なく計画することが、ハイキングやキャンプなどの軽アウトドアから登山やクライミングなどの激しいアウトドアに共通する重要事項です。タープは主に集団キャンプや一人登山に使用されますが、タープにも数や種類は非常に多いので初めての方は選ぶのにも迷います。しかし、これから行うアウトドアの難易度や人数を把握すれば自然と必要ンあ機能や性能を持ったタープを選べます。

スノーピークの製品が気になる方こちらをチェック!

アウトドア用品の製造販売で世界中から評価を集めるスノーピークは、タープの他にも多数のアウトドア用品を取り扱っています。気になった方は是非下記の生地をご覧になってください!

Thumbスノーピークの人気&便利な調理器具おすすめ13選!魅力や使い方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
意気揚々と週末キャンプに出かけるキャンパーを見れば、スノーピークの調理器具を使う姿も目立ちま...
Thumbスノーピークの人気テーブルおすすめ9選!気になる評判や使い勝手を大公開! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ用品売り場では、もはや定番のスノーピーク。今回は、キャンプの楽しい団らんに欠かせない...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ