チロリはキス釣り最強餌!使い方をチェックして釣果を伸ばそう!のイメージ

チロリはキス釣り最強餌!使い方をチェックして釣果を伸ばそう!

チロリはキス釣りで使用される虫エサのひとつです。定番のジャリメよりも高価なエサですが、食いがよく食い込みもいいキス釣りの特餌として人気。弱りやすく扱いにポイントがある餌ですが、使えれば釣果アップは間違いナシです。チロリを導入して、キスの数釣りを楽しみましょう!

2019年06月03日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. チロリでキス釣り釣果アップ!
  2. チロリとは
  3. チロリはキス釣りの特エサ!
  4. チロリはキス以外も釣れる!
  5. チロリの特徴について
  6. チロリの入荷時期
  7. チロリの保存方法
  8. チロリのつけ方について
  9. チロリはこんな仕掛けにおすすめ!
  10. チロリをゲットしてキス釣りに出かけよう!

チロリでキス釣り釣果アップ!

キスの特餌をチェックしよう!

キス釣りと言えばチロリ!キスの投げ釣りで釣果を伸ばせる特別な餌「チロリ」の特徴や使い方をまとめてご紹介します。高価な餌ではありますが、実釣性能の高さは価格以上!取り扱いにポイントがある餌なので、今年の釣りから試してみたかった方は是非チェックしてみてください!

チロリとは

キス釣りで人気の釣り餌

チロリ

出典: https://item.rakuten.co.jp

チロリは東京スナメ、東京(砂)イソメとも呼ばれる釣り餌です。ポピュラーなアオイソメよりもやや細く、ジャリメよりも赤い色が特徴。上記2つに比べると高価で、流通する時期が短く取り扱いのある釣具店も少ない餌になります。なるべくお金を掛けずに遊ぶにはちょっと高い餌ですが、釣果実績は非常に優秀!特にキス釣りでは重宝されている餌なので、釣果優先でエサを選びたい方は是非チェックしてみてください!

他の虫エサに比べて弱い餌

チロリは岩イソメのように自分でポロっと千切れる特徴があり、他の虫エサよりも環境の変化や体液等によるダメージに敏感。チロリ同士が擦れたり、粘液で少しずつ弱っていく特徴を持っています。当日の朝釣具店で購入して短時間ですぐに使い切ってしまう、という場合は特別気にする必要はありませんが、夏場のサーフで長時間遊ぶなら保存方法も必ずチェック!数日キープすることもできるエサなので、初めて使う方は保存方法についても是非チェックしてみてください!

チロリはキス釣りの特エサ!

チロリと言えばキス釣り!

チロリ、東京スナメと言えばキス釣り!ファンが多い釣りモノということもありますが、キスの投げ釣りではかなり人気の高い釣り餌です。大手釣具店をはじめ人気サーフ近くの釣具店、投げ釣りに強い釣具店であれば取り扱いがある可能性が高いので、まずは釣り場近くのショップからチェックしてみましょう。当日購入してすぐ釣り場に向かうのがベストです!

細さと臭いがキス釣りにピッタリ!

太さは個体によって差があるチロリ、東京スナメですが、アオイソメよりもやや細い個体が多くキスの小さな口にマッチ。よく動く、粘液や体液が多く臭いが強いといった点もサーフのキス釣りに強い特性です。1本が長くカットして使う餌なので、長さのコントロールも自由!手洗い手拭きは必須の餌ですが、その分集魚効果もバッチリです!

チロリはキス以外も釣れる!

サーフ真鯛の餌としても人気

チロリ、東京スナメは岩イソメ的な特性を持っている餌なので、投げ釣りで狙う真鯛、クロダイにも非常に有効。よく動き匂いが強い、夜光る特性も持っていることから、夜釣りで狙う大物釣りでも人気です。真鯛と大キスを並行して狙えるエリアもあるので、チャンスがある場合は複数竿を出して両方を狙ってみましょう!

カレイやアイナメにも有効!

その他にも砂地のカレイやイシモチ、根があればアイナメといった魚種にも有効!他の虫エサと同じく幅広い魚種が狙えて、アオイソメよりもアピールが強い餌として人気です。カレイやアイナメは1本の針に複数の餌を付けてボリュームを出す釣り方が有効なターゲットでもあるので、アオイソメを混ぜて餌代を抑えながら楽しむ方法をおすすめします。

チロリの特徴について

チロリの特徴を3つに分けてご紹介!

チロリ、東京スナメの特徴についてです。価格はアオイソメの倍程度、身が柔らかく自分から千切れるといった点が大きな特徴で、長期間活かすには専用の環境と慣れが必要になります。高価で弱りやすい餌なので、まずはすぐに使うイメージでキス釣りに投入してみましょう!

①価格はアオイソメの倍程度

チロリ、東京スナメの価格はアオイソメの倍程度。地域やタイミングによって差がありますが、概ね50gを切る程度で1,000円程度の販売価格です。アオイソメと違って流通しにくい餌でもあるので、太さや長さは選べず程度もタイミング次第ということがほとんど。よいものが欲しい場合は、釣具店に通って餌屋さんの入荷情報をマメに仕入れておく必要があります。エリア開拓で使うには高価な餌なので、本命ポイントでじっくり遊ぶ日に試してみてください!

②身が柔らかく食い込みがいい

身が柔らかく内臓が透けて見えるチロリ、東京スナメ。食い込みに優れている反面、弱りやすさはこの部分からきているのかもしれません。体液が多く皮が薄い、中身が詰まっているような構造をしているので、傷がつかないように丁寧に扱いながら釣り場へ運びましょう!萎んだものよりもハリのあるものの方が集魚効果が高いです!

③身を千切って逃げる

アオイソメには無い特徴として、刺激を与えると自分から千切れて逃げようとする特徴があります。尻尾側を切って分離するよう形で千切れるので、刺激を与えた場所ではなく離れたところから千切れるケースも出てくる餌です。腫れたように節ができているものは千切れかけ、ダメージを受けているので、混ざっているときは優先して使うようにしましょう!

チロリの入荷時期

流通時期は4月から10月

チロリ、東京スナメの流通時期は春から秋。頻度やクオリティはその年の状況に大きく左右されますが、4月、5月から10月程度まで取り扱いを行う釣具店がほとんどです。時期を外して取り扱いを行っている地域もあるようなので、地域性と合わせながら釣りの準備を進めましょう。5月を過ぎればゲットしやすいです!

入荷時期はキス釣りシーズン直撃!

4月から10月はキスが接岸するハイシーズン!釣りやすいタイミングに合わせて流通することから、チロリ、東京スナメは春から秋の餌、となっています。餌屋さんに無い、というタイミングもあるので、釣りモノと同じく時期の餌として楽しみましょう。運送中のリスクはありますが、シーズン中であれば通販でも購入できます。

チロリの保存方法

保存方法を3つに分けてご紹介!

チロリ、東京スナメの保存方法についてです。温度が一定、海水が循環している状態であればある程度活かしておけますが、冷蔵庫に入れる程度であれば2日程度を目安に使い切るのがおすすめ。一度釣り場に持ち込んだら再利用は難しい餌です。釣り場までの移動に時間がかかる場合は、海水を入れてよい状態をキープしましょう!

①購入時に海水を入れてもらおう!

グローブライド プルーフケース PC-816(S)【即納可能】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

チロリ、東京スナメは乾燥や温度変化に弱いので、移動に時間がかかる場合は海水を入れた状態で持ち運ぶのがおすすめ。自分でケースを持ち込めば、ダメージを抑えるスペースと環境が確保できます。クーラーボックスにピッタリ入るサイズのケースを使って、移動時も冷やしながら持ち運べるように準備をしておきましょう。購入時に釣具店の海水を貰って入れておくのがおすすめです!

②バーミキュライトよりもパーライト!

アオイソメのパックには金色と茶色が混じった「バーミキュライト」が入っていますが、チロリ、東京スナメには丸くて傷が付きにくい「パーライト」がおすすめ。どちらも園芸用品として手軽に入手できるものですが、「パーライト」はお店のサービスとして用意されているものではありません。万全を期すなら、自前ケースに「パーライト」を入れて購入に向かいましょう!

③10℃前後で保管しよう!

自前ケースに「パーライト」と海水を入れて持ち帰ったら、10℃前後で保管するのがベスト。冷蔵庫の野菜室程度の温度でOKです。クーラーボックスに入れる場合は、氷から少し離して入れられるとバッチリ。クーラー対応のケースを選べば、上部に固定して持ち運ぶことができます。高温に注意しながら、当日の釣りに向かいましょう!

チロリのつけ方について

つけ方を3つに分けてご紹介!

チロリ、東京スナメのつけ方についてです。保存に手間が掛かる餌ですが、使い方は他の虫餌とほとんど同じ。アオイソメを扱ったことがある方であれば、問題なく使用できます。頭側から切る、「石粉」を使うといったポイントがあるので、これから挑戦する方は事前にコツを予習しておきましょう!

①つけ方:石粉があると便利!

SESSYA 拙者のこだわり石粉 Mボトル IS-WMBTS (エサスベリ止め)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

体表にぬめりが多いチロリ、東京スナメには、便利アイテム「石粉」は必須。掛けると弱るので、使う直前に振りかけるようにしましょう。「石粉」無しで必要以上に触るよりも、「石粉」を掛けて手早くセットする方が与えるダメージは少なくなります。

②つけ方:頭側からカットして使おう!

チロリ、東京スナメを使うときのポイントは、頭側からカットを行うこと。使う1匹をケースから取り出し、石粉を掛けてカットして使いましょう。尻尾側から切ると千切れる可能性が高くなります。ハサミでカットすれば無駄なく使える!短めにカットして、余すことなくチロリを使いましょう!

③つけ方:刺し方は他の餌と同じ!

キスの餌付けを紹介している動画です。動画内ではイソメのつけ方を紹介していますが、チロリを付けるときもイメージは同じでOK。針が体の中を通るように、チモトまでしっかり刺して使いましょう。アタリが無ければ長く、アタれば短くというつけ方も他の餌と同様です。保存に手間がかかる餌ですが、使い方はいつもと同じ!キス釣りの経験がある方であれば、すぐに使って結果を出せる餌と言えます。

チロリはこんな仕掛けにおすすめ!

いつものキス仕掛けでOK!

使う仕掛けはいつもと同じでOK!身が柔らかいので、遠投を意識した構成よりも投げやすさを意識した仕掛けで遊ぶのがおすすめです。針はキス仕掛け定番の流線針で問題なく使用できます。本格的な仕掛けからちょい投げ仕掛けまで、チロリで釣果アップを目指しましょう!

船釣り仕掛けでも楽しめる!

船キスでも効果の高い餌なので、遊魚船やマイボートで遊んでいる方にもおすすめ。こちらも針は定番の流線、仕掛けは胴突きで問題ありません。船釣り派の方も、特餌チロリは要チェックです!

チロリをゲットしてキス釣りに出かけよう!

特餌で数釣りを楽しもう!

保存や流通時期、価格とハードルはあるものの、抜群の釣果実績で上級者から高く支持されているチロリ、東京スナメ。少し予算をプラスして、数を伸ばしたい時の餌としておすすめです。数釣りを経験してみたい初心者の方にももちろんおすすめ!取り扱いのある釣具店を見つけて、特餌の効果を体感しましょう!

投げ釣りが気になる方はこちらもチェック!

投げ釣りが気になる方は、下記のリンクをチェック!シマノのおすすめリール8選、キス釣りの前後に楽しめるアオリイカ釣り「投げエギング」をご紹介します。投げエギングは、天秤の先にエギを結ぶだけで遊べる要注目のスタイル。暗い時間、砂利混じりで深いポイントが有望です。キス釣りタックルそのままで遊べるので、暗い時間に遊べる釣りをお探しの方は、是非こちらもチェックしてみてください!

Thumbシマノの投げ釣り用リールおすすめ8選!バッチリ遠投できる人気モデルはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノの投げ釣りリール8選!キス向けからブッコミ向けまで、投げ釣り用のモデルをインプレ付きで...
Thumb投げエギング!キス釣りの合間に遊べるアオリイカ釣りを試してみよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
投げエギングは、投げ釣りの道具を使って楽しむ遠投型のエギングです。キス釣り向けのタックル、天...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ