大洗キャンプ場の魅力や特徴をご紹介!サンビーチキャンプ場との違いは?のイメージ

大洗キャンプ場の魅力や特徴をご紹介!サンビーチキャンプ場との違いは?

クロマツ林の中で犬と一緒にのんびり過ごせる、大洗キャンプ場が人気です。アニメの舞台にもなったフィールドはコテージ宿泊や日帰りバーベキューもできる環境で、自由時間を謳歌するには最適です。大洗キャンプ場の魅力的な特徴を、サンビーチとの違いも含めてご紹介です。

2019年05月22日更新

はぐれ猫
はぐれ猫
都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 大洗町とは
  2. 大洗キャンプ場のテントサイト
  3. 大洗キャンプ場のコテージ
  4. 大洗キャンプ場のバーベキュー
  5. 大洗キャンプ場の施設
  6. 大洗キャンプ場のレンタル
  7. 大洗キャンプ場の営業と料金
  8. 大洗の海水浴場
  9. 大洗サンビーチキャンプ場との違い
  10. 大洗の観光名所
  11. 大洗キャンプ場に行こう

大洗町とは

茨城県の大洗町にある大洗キャンプ場

もう納豆県の名も定着しているらしき茨城で、太平洋の大海原を眺める場所に大洗町があります。水戸市に接する場所で、都心からも高速で3時間県内と訪れやすい土地です。幕末と明治の美術館が運営するキャンプ場は、森林浴の森日本百選にも選ばれる、広大なクロマツ林が広がる自然が魅力的です。(当記事は2019年5月22日時点の情報を元に掲載しています。)

観光スポットだらけの大洗

わずか1.6万人という大洗町の極小な人口と裏腹に、この町は観光客で混雑するような名所を幾つも備えています。関東と海を一望するタワー、幕末から明治の歴史を知れる博物館、夏に人でごった返す大洗の海水浴場などです。大洗キャンプ場に行けば、観光スポットには困りません。

大洗キャンプ場はアニメの舞台

近ごろ大洗の町なかでは、過去と見違えるような変化がありました。それはアニメ「ガルパン」の舞台になったことで、町全体がガルパン色に染まったこと。実は今回紹介する大洗キャンプ場にも、その1コマとなった場所があるので、アニメ聖地巡礼を好む人には魅力に感じます。

大洗キャンプ場のテントサイト

予約不要なテントサイト

面積だけで言っても県内で有数の広さなのが、この松がいっぱいの大洗キャンプ場です。いささかりんりん通りに面して、7,000坪もの敷地があります。フィールドは松林の中に草地と砂地の場所があり、フリーサイトは予約要らずで区画の決まりがなく、自由にテント場所を求められるのも魅力です。

ペットも一緒で楽しい

もし愛おしきペットも共に大洗のアウトドアを満喫したいとなった場合も、このキャンプ場が一押しです。テントサイトに限り、犬猫などのペットを連れ込んでのキャンプが実現できるからです。とは言えペットには常にリードを付けたりする管理の徹底が、利用者側に求められています。

大洗キャンプ場のテントサイト情報

【サイト数】200(GW・夏休み:250)、テント場所は自由
【地面 草地・砂地(傾斜地あり)
【予約】必要なし
【ペット】可能

大洗キャンプ場のコテージ

コテージの環境

クロマツ林の中を進んでみれば、やがてたどり着くのがテラス付きの小さなコテージ(ウッドキャビン)。大洗キャンプ場では2017年に新築したばかりで、同じ外観のコテージが合計10棟並んでいます。テントを持っていない人も使いやすく、夏は混雑するサイトを避けられる利点があります。

コテージの設備

テラスには簡素で手頃なウッドテーブルが付いていて、のんびり過ごしたりバーベキューするときも活躍します。内部は木質感いっぱいな内装で、2段ベッドは合計5名が雑魚寝できる広さ。暑さを増す大洗キャンプ場の夏も、救いの神となるエアコンが付いているから、快適に過ごす助けになります。

大洗キャンプ場のコテージ情報

【コテージ数】10棟
【設備】ウッドテーブル、2段ベッド、エアコン
【予約】必要
【ペット】不可

大洗キャンプ場のバーベキュー

宿泊でも日帰りでもバーベキュー

気ままに過ごせるテントサイトやコテージなどは、大洗のキャンプ中に美味しいお肉や魚介でバーベキューが楽しめる、格好の場所でもあります。休日のバーベキューエリアは宿泊客のみならず、日帰りの客でも混雑するほどの人気で、キャンプでは最も欠かせない要素です。

バーベキューの設備

煉瓦を積み上げた雰囲気のあるかまどが、キャンプ場のバーベキューコーナーには10ヶ所用意されています。テントサイトでのバーベキューとは一味ちがう、大洗キャンプ場だけのお肉料理を堪能する場所です。炭や薪については、キャンプ場の管理棟で販売しているものを求めることができます。

大洗キャンプ場のバーベキュー情報

【炊事設備】バーベキューコーナー、洗い場、煉瓦製かまど10基
【販売】炭1箱、薪1束

大洗キャンプ場の施設

無料wi-fi

このキャンプ場の真ん中には、昔の大洗の歴史がわかる博物館も併設されているのが特徴的ですが、その近くは無料wi-fiスポットです。範囲は博物館のエントランスホールより、半径25mの範囲です。無料利用のアクセスポイントとパスワードについては、公式のトップページで公開されています。

温水コインシャワー

ぐっと気温が高まって汗が滴る時期も、焚き火で煙たい思いをした時も、大洗キャンプ場ならばコインシャワーがあるから安心です。管理棟の横のコインシャワーは、まだ真新しい外観を保った設備。合計で12のシャワー室が並んでいるので、もしキャンプ場が混雑していても浴びそこねる心配ご無用です。

大洗キャンプ場の施設一覧

【管理棟】手続き、レンタル、薪・炭・ソフトドリンク販売
【コインランドリー】洗濯機、乾燥機
【トイレ】ウォシュレット付き水洗トイレ

大洗キャンプ場のレンタル

レンタルの利用

持ち物を極めて軽量にして訪れても良いのが、大洗キャンプ場の魅力です。何故なら管理棟のほうでは、色んなレンタル品を準備しているからです。その種類はキャンプ場のテント、コテージ、バーベキューでの過ごし方を快適にしてくれるものばかりで、事前の予約時に注文することで利用ができます。

主要レンタル品

銀マットが付いたテントは一家で使えるほどの広さがあり、ランタンも借りれば一気にキャンプ気分を高めます。寒い時期の大洗キャンプ場でに必須なのが、寝具のシュラフや毛布のレンタル。もちろんバーベキュー用品も一式レンタルでまかなえるので、購入の出費を避けられて好都合です。

大洗キャンプ場のレンタル品

【生活用品】テント、シュラフ、毛布、ランタン
【バーベキュー用品】バーベキューコンロ、鉄板、網、トング
※ペット同伴の場合毛布レンタル不可

大洗キャンプ場の営業と料金

キャンプ場の営業期間

殆ど1年を通じて、大洗のクロマツにいだかれたキャンプ場の利用ができます。休場日となっているのは水曜と年末、そして音楽会の開催など臨時休場の時です。連休や夏休みは、人でいっぱいなほど混雑します。また、火曜日に訪れる場合は日帰り利用だけなことも、把握しておきたい特徴です。

大洗キャンプ場情報

【所在地】茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231
【電話予約】029-267-2276

キャンプ場の利用方法

出典: http://www.oarai-camp-jo.com

唯一つ予約不要で直行して構わないのがテントサイトですが、その他の設備は1週間前までの予約が不可欠です。例えばコテージ、バーベキュー、レンタルは予約必須です。大洗キャンプ場の予約は基本的に電話を使い、利用日、名前、車の台数、レンタル品など全てを伝えることが決まりです。

各種の料金

【テントサイト】1泊:大人1人1,600円、中高生850円、小学生以下600円+駐車場料金
【コテージ】1泊1棟:6,000円~
【日帰り利用】大人1人550円、中高生350円、小学生以下150円+駐車場料金
【駐車場料金】大型車2,000円、普通車1,500円、オートバイ500円(日帰りはほぼ半額)
【割引】10名以上の団体割引

大洗キャンプ場

大洗の海水浴場

大洗海水浴場

利用のシーズンが7~8月の夏真っ盛りなら、キャンプ場と一緒に楽しみたいのが大洗海水浴場です。大洗岬から北に2.2kmに渡って伸びている大洗海岸がその舞台で、岩場が多いのでカニや貝など海の生き物がウヨウヨしているのが特徴的です。お食事できる海の家や、無料のコインシャワーも完備しています。

大洗海水浴場の情報

【開設期間】2019年7月13日(土)~8月18日(土)
【所在地】茨城県東茨城郡大洗町磯浜町地先・大洗海岸
【施設】海の家、無料シャワー、無料トイレ、貸しパラソル
【駐車場】大洗海岸前:1,100台、平太郎浜前:約50台

大洗サンビーチ海水浴場

さらりとした砂浜での海水浴を熱望しているなら、大洗港の南側に接するサンビーチ。この海水浴場は広大な駐車場を有し、海の家のほかキャンプ場も併設、無料のシャワーや貸しボートなど様々な魅力的サービスが集まっているのが特徴です。夏には茨城を始め関東各地からの海水浴客で混雑を見せます。

大洗サンビーチ海水浴場の情報

【開設期間】2019年7月13日(土)~8月18日(土)
【所在地】茨城県東茨城郡大洗町港中央
【施設】海の家4軒、無料シャワー、無料トイレ、貸しボート、貸しパラソル
【駐車場】7,000台(障害者用20台)

大洗観光協会 よかっぺ大洗 大洗の海水浴

大洗サンビーチキャンプ場との違い

ここで大洗でもう1つのキャンプ候補地、サンビーチの特徴についてもお伝えします。季節によって利点もでてくる場所になるため、大洗キャンプ場との違いも交えて把握しておきたいところです。

サンビーチキャンプ場は海が近い

名称から分かる通りに海水浴場と一体化した施設で、特に夏場は混雑しがちです。夏のキャンプ場ではテントを張っての宿泊やバーベキューを楽しみながら、海で泳ぐ楽しみがあります。秋・冬・春のシーズンでも海辺で遊ぶ楽しさがあり、この特徴が大洗キャンプ場との大きな違いです。

サンビーチはテントサイトのみ

潮風を受けつつさざ波を耳にしつつのテント生活は、サンビーチでの醍醐味となります。キャンプ場は基本的にオートサイトで、テントやタープのみを使えます。コテージなどの建物はなく、ペット入場はできません。したがってペットやコテージを希望するなら、大洗キャンプ場を優先してみることです。

サンビーチは手ぶらバーベキューも

同じバーベキューの名でも、中身が全く異なるのがサンビーチです。何しろバーベキューでは、おまかせBBQコース、食材だけコース、BBQ器材レンタルコースの3種を用意しているからです。準備も面倒な気だるい日々が続くなら、大洗ではこちらのキャンプ場をおすすめします。

大洗サンビーチキャンプ場情報

【所在地】茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212-57
【電話予約】029-267-2234

大洗サンビーチキャンプ場

大洗の観光名所

大洗町幕末と明治の博物館

犬も魅了される大洗キャンプ場の運営の母体となっているのが、併設されているこの博物館です。近代建築の施設はキャンプ場の真ん中に位置し、キャンプ中も訪ねやすい名所です。幕末から明治の頃に活躍した維新志士の書画や遺品の数々を収蔵展示し、ポップな企画展示も見られる魅力的な場所です。

大洗町幕末と明治の博物館情報

【所在地】茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231-4
【電話】029-267-2276
【営業時間】9:00~17:00(水曜定休

大洗町幕末と明治の博物館

大洗マリンタワー

天に向かうカジキがお出迎えする、大洗マリンタワー。ここは休日には混雑する、高さ60mの町のシンボル塔です。地上55mの展望室からは、太平洋の水平線や茨城の地形の魅力に迫れるほか、晴れると日光連山や富士山まで拝めることも。ガルパン喫茶もあるので、キャンプ場に行く時に訪ねてみては?

大洗マリンタワー情報

【所在地】茨城県東茨城郡大洗町港中央10
【電話】029-266-3366
【営業時間】9:00~18:00

大洗マリンタワー

大洗キャンプ場に行こう

森林浴とキャンプで癒やされたい

清々しいマツの森林に覆われたキャンプ場の魅力が、どんなものか理解できましたか?森林浴で心が洗われ、テント生活では犬も喜び庭駆け回り、バーベキューが気持ちを高めます。大洗キャンプ場での休日は、観光名所も併せてみれば、きっとリフレッシュをもたらしてくれますよ。

茨城が気になる方はこちらもチェック!」

当サイトでは大洗キャンプ場の他にも、茨城の観光情報が満載です。休日は茨城で人気の場所に行ってみたい方はチェックしてみてください。

Thumb【2019】茨城県の観光名所15選!エリア別に楽しい人気スポットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年に訪れたい茨城の観光名所はたくさんありますが、茨城は大きく県央や県北、県南、県西、...
Thumb茨城のホテル・旅館おすすめ12選!人気施設や格安で宿泊できる施設も! | 暮らし~の[クラシーノ]
茨城のホテルや旅館に泊まったことがありますか?茨城には旅の思い出に残る素敵な宿がたくさんあり...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ