ダイワ「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」!紅牙の新製品でテンヤも楽しもう!のイメージ

ダイワ「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」!紅牙の新製品でテンヤも楽しもう!

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」は、ダイワの2019年新作テンヤ製品です。人気の高い既存モデルを充実させたタイプの製品で、評価の高い実釣性能はバッチリ継承。ヘッドは固定式、遊動式と揃っています。ダイワ新製品で、テンヤの真鯛ゲームを楽しみましょう!

2019年05月17日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」でテンヤ!
  2. 「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」とは
  3. 「タイテンヤSS・カブラ」を3つに分けてご紹介!
  4. 1.「タイテンヤ・カブラ SS」の特徴!
  5. 2.「タイテンヤ・カブラ SS」のラインナップをチェック!
  6. 3.「タイテンヤ・カブラ SS」の結び方&使い方!
  7. 「遊動テンヤプラスヘッド」を3つに分けてご紹介!
  8. 1.「遊動テンヤプラスヘッド」の特徴!
  9. 2.「遊動テンヤプラスヘッド」のラインナップをチェック!
  10. 3.「遊動テンヤプラスヘッド」の結び方&使い方!
  11. 「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」を使い分け!
  12. 「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」で真鯛をゲット!

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」でテンヤ!

ダイワの新作テンヤをご紹介!

2019年のテンヤ新製品!固定式の「タイテンヤSS・カブラ エビロック」と、遊動式の「遊動テンヤプラスヘッド」をご紹介します。実績の高いシリーズがさらに充実!ローテーション用のテンヤをお探しの方はもちろん、今年からテンヤに挑戦する方も、是非チェックしてみてください!

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」とは

ダイワの2019年新作テンヤ仕掛け

遊動テンヤプラスヘッド

出典: http://www.daiwa.com

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」は、ダイワの2019年新作テンヤ仕掛けです。旧バージョンからのアップデートが施されたアイテムで、ダイワらしいデザインはそのまま、テンヤ、カブラで狙う真鯛ゲームをサポートしてくれます。よりライトに、フィネスに遊びたい方におすすめ!タイラバから真鯛ゲームを始めた方も、是非チェックしてみてください!

浅場と食い渋りに強いテンヤ

現在は操作感がよく手軽に遊びやすいタイラバが主流ですが、浅場や食い渋りに効くのがテンヤ。やる気のある魚を反応させる能力は重いタイラバ、メタルジグに分がありますが、テンヤのゆっくり見せて探るスタイルも非常に魅力のある釣りです。生エサが使いやすいのもグッド!複数の仕掛けを使い分けて、真鯛ゲームを満喫しましょう!

「タイテンヤSS・カブラ」を3つに分けてご紹介!

エビロック付きの固定仕掛けをチェックしよう!

まずはスタンダードな固定式、テンヤとカブラをラインナップする「タイテンヤSS・カブラ エビロック」をご紹介します。ダイレクトな使用感はそのまま、エサ持ちを高めるエビロックを搭載!エサが付いていない時間を減らすことが釣果に繋がる釣りなので、初めてのテンヤにもおすすめしやすい仕掛けになっています。

1.「タイテンヤ・カブラ SS」の特徴!

エビロックでエサをホールド!

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」最大の特徴は、エビをホールドするエビロックパーツの存在。親針のみ、親針根本のキーパーでエサをホールドする仕掛けが多いテンヤですが、「タイテンヤSS・カブラ エビロック」は別パーツとして用意された固定用のピンが使用できます。旧作よりもエビロックの形状がシャープ!冷凍エサを使用する場合や、初めてのエサ付けに不安を感じる方は要チェックです!

プラスシンカーシステムでちょい足しが簡単!

ダイワ 紅牙 テンヤカブラ プラスシンカー 1.5号 金
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」は、ダイワの便利アイテム「紅牙 テンヤカブラ プラスシンカー」を使用可能。底面に用意されたネジ穴を使って、重さを細かく調整できます。海流の状況やポイント移動、風などの影響で少しだけプラスしたいシチュエーションに対応!ウェイトは0.5号から2号までとなっているので、重くしすぎない微調整もバッチリです!

2.「タイテンヤ・カブラ SS」のラインナップをチェック!

テンヤは5色全6ウェイト!

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」は、ヘッド形状の異なるテンヤタイプ、カブラタイプをラインナップ。テンヤの方がゆっくり沈む、カブラはスッと落ちるとイメージしておけばOKです。スローな釣りを担当するテンヤは、2号・3号・4号・5号・6号・8号と5つのウェイトをラインナップ。カラーはホワイト系の「ルミノーバグロー」系が2種、ゴールド系の「ケイムラ」が3種となっています。まずは定番のアカキン、夜行のローテーションで攻めましょう!

カブラも5色全6ウェイト!

カブラモデルは重めのウェイトを担当。5号・6号・8号・10号・12号・15号とヘビーなウェイトまで揃います。まずは底を取れる重さ、慣れてきたら底を取れる範囲で軽くする、というのがテンヤ、カブラの基本的なウェイトセレクトになるので、2モデル飛ばし程度で細かくラインナップを用意しておきましょう。深い場所や流れが速い場所と事前に分かっていれば、カブラモデルだけでもOKです!

3.「タイテンヤ・カブラ SS」の結び方&使い方!

結び方と使い方を3つに分けてご紹介!

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」の使い方、結び方についてです。特徴的なエビロックキーパーを搭載しているアイテムですが、基本的な使用方法はスタンダードな固定式テンヤと同じ。エサ付け後、アシスト的にピンをエビに刺すだけでバッチリ楽しめます。テンヤ初挑戦の方も、是非検討してみてください!

①結び方は簡単!

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」は固定式の仕掛けなので、結び方は簡単!ヘッドに付いたスイベルにリーダーを結ぶだけで準備は完了です。結び方はクリンチノット、ユニノット、いつもの結び方でOK。特別な結び方は必要ありません!

②ふわっと落として即アワセ!

テンヤ、カブラとも使い方もスタンダードなものと同じイメージで楽しめます。糸が緩む瞬間を見て着底確認、穂先をゆっくり大きく持ち上げてリフトから、テンションフォールやフリーフォールで仕掛けをゆっくり沈めます。タイラバと違って巻く動作よりも上下させる動作がメインになるので、ラインの状態を確認しながら釣りを進めましょう。糸や穂先の違和感、アタリを感じたら即アワセです!

③エビロックを活用しよう!

旧モデルのエビロックを紹介しているダイワ公式動画です。生エサを使ったエサ付けをチェックしてみましょう。親針にエビを刺すところは他のテンヤと同様、エサ付け後、ピンで更にエビを固定するような構造になっています。簡易な構造でエサの捻じれや外れを防止!パーツ自体は非常にシンプルかつコンパクトなので、エサに違和感を与えることもありません!

「遊動テンヤプラスヘッド」を3つに分けてご紹介!

遊動式のテンヤもチェック!

タイラバに続き、テンヤも遊動式の仕掛けが流行中。固定式に比べると操作性がダウンするデメリットがあるものの、ナチュラルなエビの動きと食い込みのよさで人気があります。テンヤモードとカブラモードの2way仕様!先ほどご紹介した「タイテンヤSS・カブラ エビロック」よりもヘビーなウェイトがラインナップされており、タイラバ的な使い方でも遊べます!

1.「遊動テンヤプラスヘッド」の特徴!

中通しの遊動式!

「遊動テンヤプラスヘッド」は、タイトルにもあるように中通しを採用した遊動式仕掛け。「紅牙 遊動テンヤ+SS」の交換用ヘッドとして展開されます。「紅牙 遊動テンヤ+SS」とはカラーパターンが異なるので、ローテーション用のヘッドを充実させたい方におすすめ!「紅牙 遊動テンヤ替え針SS」と組み合わせて、仕掛けを充実させていきましょう!

ヘッドの向きでテンヤとカブラ!

固定式との大きな違いとしてフックレス、ハリの位置を気にせずヘッドの向きを自由に取り付けできる点が挙げられます。水を受ける面を大きくすればテンヤ、小さくすればカブラと二通りの使い方で楽しめるのが大きな魅力。「紅牙 テンヤカブラプラスシンカー」との組み合わせで、当日の状況に細かく対応できます。着底を確認しながら、取り付け位置を切り替えて釣果アップを目指しましょう!

2.「遊動テンヤプラスヘッド」のラインナップをチェック!

ウェイトは全10種!

ウェイトのラインナップは全10種類と豊富。4号から25号とテンヤのウェイト、カブラのウェイト両方をカバーする構成になっています。20号以上はかなりヘビーなウェイトで、タイラバ的な使い方やカットウのシンカーとしても使用可能。特に重めのウェイトをお探しの方は要チェックです!

カラーは全6色!

カラーはヘッド単体用のオリジナルが全6色。テンヤには珍しいゼブラカラー2色と、「紅牙 遊動テンヤ+TG SS」でもお馴染み底面にたっぷりラメを入れた「ジャンジャンラメ」が4色の構成です。「紅牙 遊動テンヤ+SS」よりも構成がハイアピール!新色ゼブラのインプレは要チェックです!

3.「遊動テンヤプラスヘッド」の結び方&使い方!

結び方と使い方を3つに分けてご紹介!

「遊動テンヤプラスヘッド」の使い方についてです。結び方はタイラバ同様、ヘッドを通してからフックパーツを接続する中通し方式。こちらも「紅牙 テンヤカブラプラスシンカー」によるウェイトのちょい足しが楽しめます。食い込みのよさを活かした展開で、真鯛をゲットしましょう!

①遊動式の結び方について

遊動式テンヤの取り付けは、遊動式のタイラバと同じ方式を採用。まずヘッドにリーダーを通し、フックパーツのサルカンにラインを接続します。「タイテンヤSS・カブラ エビロック」同様、フックパーツへの結び方はいつもの結び方でOK!ウキ止めゴムを使って誘導範囲を制限すると、操作性が大幅に向上します。

②持ち上げて落とす基本の使い方でOK!

遊動式になっても、基本のアクションは持ち上げて落とすリフト&フォール。固定式と同じように、穂先をゆっくり持ち上げて下げる、この繰り返しでOKです。遊動となったことでヘッドが先行して落ちる、エビは少しだけ遅れて落ちるといった動きになるので、若干間を取ってアクションさせてみましょう。

③食い込みのよさを活かそう!

エサを咥えた真鯛がヘッドの重さを感じにくい、ハリが小さいといった点が誘導式の特徴。食い込みがよく、少し送ってからアワせるようなスタイルに対応しやすいです。ショートバイトが多い、食いが浅いと感じた時は、遊動式を投入してみましょう!

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」を使い分け!

まずは固定式がおすすめ!

「タイテンヤSS・カブラ エビロック」と「遊動テンヤプラスヘッド」の使い分けについてです。固定式である「タイテンヤSS・カブラ エビロック」は、トラブルが少ない、立ち上がりが早い、アタリが分かりやすいといった点が主なメリット。ラインを見ての即アワセができれば、操作性はこちらの方が高いです。どちらか迷ってしまう方は、固定式から検討してみましょう!

食い渋りには遊動式!

固定式よりも違和感を与えにくい遊動式は、食い渋りやショートバイトの対策におすすめ。ある程度間を開けてからでも乗せやすいので、アワセに自信が無い方にもおすすめできます。即アワセで掛からない、アワセが決まらないと感じた時は、遊動式の出番です!

「タイテンヤSS&遊動テンヤプラスヘッド」で真鯛をゲット!

テンヤで真鯛をゲットしよう!

タイラバ人気に押され気味のひとつテンヤですが、生エサとの相性やスローフォールはテンヤ、カブラだけの魅力!タイラバ同様対応魚種が広く、ボートゲームで遊ぶ仕掛けとしてもおすすめです。タイラバ、ジグと合わせて真鯛を攻略!ダイワの新作テンヤで、今年も真鯛ゲームを楽しみましょう!

ダイワが気になる方はこちらもチェック!

ダイワの新製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年ついにモデルチェンジを果たしたダイワの人気モデル「19 セルテート」、入門用としても検討できる価格が魅力の高剛性モデル「19 レグザ」をご紹介します。2019年は魅力的なスピニングリールが多数登場!真鯛ゲームでバッチリ活躍してくれそうなアイテムが揃っているので、タックルの新調をお考えの方は、是非こちらも合わせてチェックしてみてください!

Thumbダイワ「19 セルテート」!耐久性と軽さに磨きをかけた新モデルは要チェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
19セルテートは、ダイワの2019年新作スピニングリールです。高剛性をコンセプトにしたシリー...
Thumbダイワ「19 レグザ」!LTミドルクラスにハイコスパな高剛性モデルが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
19レグザは、ダイワの2019年新作スピニングリールです。実売価格17,000円程度の価格帯...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ