Twitter
Facebook
LINE

中古400ccスペックランキング12!大型バイクに負けない安いバイクは?

hosokawa_taka

中古400ccスペックランキング12!大型バイクに負けない安いバイクは?

hosokawa_taka

安い中古400ccバイクの加速!はじめに

400ccのバイクは国内の道路事情に適した車格と程よい加速感が魅力です。通勤や通学などの街乗り、高速道路、ワインディングロードなど、400ccのバイクはあらゆる状況で快適さを得られます。ツーリングバイクの最大公約数だといっていいですね。

250ccのバイクでは高速道路での追い越し加速が心もとない、大型バイクではエンジンパワーを持て余す、そう感じたなら400ccのバイクを検討してみましょう。                        

スペックと価格で中古の400ccバイクを振り返る

ここでは中古車在庫数が多い400ccのバイクを中心にノミネート。理論上の最高速度を計算し、最速ランキング順に紹介します。トップギアでの100km/h時と60km/h時のエンジン回転数も計算し、トルク/ウェイトレシオも考えながら、加速の余裕も予測しますね。中古車価格が比較的に安いバイクに絞り、平均価格も記載しました。

400cc現行モデルの寂しさに悲しむ兄貴へ

400ccバイクの現行モデルは少なくなりました。ホンダは4モデル、ヤマハは3モデル、スズキは1モデル、カワサキは2モデルしか生産していません。現行モデルの大半は、2気筒エンジンを搭載したオールラウンドなキャラクターを与えられているのが特徴です。

オールラウンドなバイクはツーリングで活躍しますので不足を感じませんが、ユーザーとしてはもう少し選択肢が欲しいところ。アメリカンクルーザーが絶滅したのも悲しいですね。



400ccのバイクを選ぶときは

400ccのバイクを検討するときは、中古車市場も視野に入れるのが正しい選び方。オールラウンドなキャラクターをそなえた現行モデルに、強烈な個性を放つ絶版モデルを選択肢に加えましょう。400ccのバイクは免許制度や維持費の関係で孤立した印象を受けます。

しかし、大型二輪免許を持っていても400ccのバイクを愛用するバイク乗りは思いのほか多いですね。「普通二輪免許しか持っていないの?」そう蔑む人ほどバイクの本質を知りません。

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング12位

ホンダ CB400SS



ホンダのCB400SSは2001年の10月に販売が開始され、2008年モデルまで生産されました。エンデューロレーサー由来のエンジンをカジュアルなスタイルで楽しめるオールドルックバイクです。前期モデルのスターターはキックオンリーでしたが、2004年モデルのマイナーチェンジではセルスターターも装備しました。

CB400SSの人気は?

CB400SSはスポーティなフィーリングを味わえるエンジンに人気があります。路面にトラクションをかけやすいトルク特性は圧巻!フロント19インチホイールの軽快で素直なハンドリングはSR400よりも高く評価されています。丁寧に仕上げられたメッキパーツが華やかで、トゲのないホンダらしいデザインも魅力的です。

CB400SSのスペック

CB400SSのスペックを確認すると、一般道で感じられる怒涛の中間加速が魅力です。空冷単気筒SOHC4バルブエンジンは振動が少ない上にトルキー!加速の指標となるトルクウェイトレシオは堂々の3位です。しかし、最高速度の余裕は少ないので、高速道路での快適さは2気筒モデルに軍配が上がります。

CB400SSのスペック(2007年モデル)
5速
7,000rpm
最高速度
141.7km/h
12位
5速
100km/h
エンジン回転数
4,941rpm
最大トルク発生回転数比
89.8%
12位
5速
60km/h
エンジン回転数
2,964rpm
最大トルク発生回転数比
53.9%
12位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1950
(N・m/kg)
3位
平均価格(全年式) 約28.3万円 1位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング11位

ヤマハ SR400

ヤマハのSR400は1978年の3月に販売が開始され、現在も生産されている稀有な400ccバイクです。40年以上もの歴史の中、時代の変化とともに9回のマイナーチェンジが施されています。大きな転機となるのは2010年モデルでのFI化です。

SR400の人気は?

SR400はオートバイらしさを感じさせる普遍的で端正なシルエットに人気があります。無駄な装備をそぎ落とし、スターターは今もキックオンリーです。エンジンのフィーリングは思いのほか紳士的。走行性能ではCB400SSに軍配が上がりますが、デザインやカリスマ性はSR400が断トツ人気です。

SR400のスペック

SR400のスペックを確認すると、空冷単気筒SOHC2バルブエンジンの割には余裕があることがわかります。最高速度は控えめですが、高速道路での追い越し加速や一般道での中間加速はなかなかのもの。ビッグシングルでありながら、マイルドで扱いやすいエンジン特性も魅力です。

SR400のスペック(2008年モデル)
5速
7,000rpm
最高速度
147.1km/h
11位
5速
100km/h
エンジン回転数
4,760rpm
最大トルク発生回転数比
73.2%
8位
5速
60km/h
エンジン回転数
2,856rpm
最大トルク発生回転数比
43.9%
8位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1726
N・m/kg
8位
平均価格(全年式) 約31.8万円 4位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング10位

ヤマハ ドラッグスター400

ヤマハのドラッグスター400は1996年の2月に販売が開始され、2016年モデルまで生産されました。マイナーチェンジは3回施され、大まかには2008年モデルまでのキャブレター仕様と、2010年モデルからのFI仕様に分けられます。フロントに16インチホイールを装着したドラッグスタークラシック400も人気です。

ドラッグスター400の人気は?

ドラッグスター400は美しくて扱いやすいアメリカンクルーザーとして人気があります。大型から乗り換えても高い満足感を得られるほど魅力にあふれたバイクです。足回りのしっかり感、質感の良さが高く評価されています。アメリカンクルーザーながら、ハンドリングは思いのほか軽快です。

ドラッグスター400のスペック

ドラッグスター400のスペックを見ると、高速道路での合流加速や一般道での中間加速は問題ないレベルです。ドラッグスター400の空冷V型2気筒SOHC2バルブエンジンは完成度が高いので、カスタムマフラーに換装すると低中回転域のトルク感が弱くなる可能性があります。

ドラッグスター400のスペック(2012年モデル)
5速
7,500rpm
最高速度
153.4km/h
10位
5速
100km/h
エンジン回転数
4,889rpm
最大トルク発生回転数比
78.2%
11位
5速
60km/h
エンジン回転数
2,993rpm
最大トルク発生回転数比
46.9%
11位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1325
N・m/kg
12位
平均価格(全年式) 約35.1万円 7位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング9位

ホンダ シャドウ400

ホンダのシャドウ400は1997年の3月に販売が開始され、2008年モデルまで生産されました。2001年には排出ガス規制に対応するため、2004年には仕様を変更するためのマイナーチェンジが施されています。2008年の10月にはフルモデルチェンジでFI化されたシャドウクラシック400にバトンタッチしました。

シャドウ400の人気は?

シャドウ400は堂々とした車体サイズに人気があり、大型バイクと見違えるほどの迫力があります。当然、取り回しで重さを感じるかもですが、大きな車体サイズは重厚な乗り味に貢献しています。大らかなハンドリングとソフトな乗り心地に評価は高いですね。

シャドウ400のスペック

シャドウ400のスペックを見ると、車両重量を含めて考えると最高速度は控えめ。最大トルクを発生するエンジン回転数と見比べると、巡航速度でのエンジン回転数は高い印象を受けます。しかし、絶対的なエンジン回転数は今回紹介するモデルの中でもっとも低いですね。水冷V型2気筒SOHC3バルブエンジンは静粛性の高さにも魅力があります。

シャドウ400のスペック(2008年モデル)
5速
7,500rpm
最高速度
160.3km/h
9位
5速
100km/h
エンジン回転数
4,679rpm
最大トルク発生回転数比
78%
10位
5速
60km/h
エンジン回転数
2,808rpm
最大トルク発生回転数比
46.8%
10位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1371
N・m/kg
11位
平均価格(全年式) 約32.1万円 5位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング8位

カワサキ ニンジャ400R

カワサキのニンジャ400Rは2010年の8月に販売が開始され、2013年モデルまで生産されました。ニンジャ400の2014年モデルから2017年モデルまでは、「R」がついているニンジャ400Rのマイナーチェンジモデルだと捉えるのが適切。ここでは価格が落ち着いているものの、中古車在庫が豊富なニンジャ400Rに限定して紹介します。

ニンジャ400Rの人気は?

ニンジャ400Rはスタイリッシュなデザインとツーリングでの快適さに人気があります。スポーティな雰囲気にスーパースポーツと位置付けられることもありますが、実はウインドプロテクション性が高いフルカウルを装備したツーリングモデル。それまでのツアラーは重厚な印象があったため、ニンジャ400Rのデザインは革新的でした。

ニンジャ400Rのスペック

ニンジャ400Rのスペックを見ると、搭載されている水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンは扱いやすさを重視したエンジンであることがわかります。最高速度を抑えることで、常用域での扱いやすさを高めています。カワサキの400ccの2気筒エンジンは、ニンジャ400Rより以前から扱いやすさに定評がありました。

ニンジャ400Rのスペック(2013年モデル)
6速
9,500rpm
最高速度
167.1 km/h
8位
6速
100km/h
エンジン回転数
5,684rpm
最大トルク発生回転数比
75.8%
9位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,410rpm
最大トルク発生回転数比
45.5%
9位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1823
N・m/kg
5位
平均価格(全年式) 約34.3万円 6位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング7位

ヤマハ MT‐03

ヤマハのMT‐03は2015年の10月に販売が開始された現行モデルのネイキッドバイクです。YZF-R3と共にMT-03ものビッグマイナーチェンジ(2019年6月)を受けるか?と考えられましたが、2019年モデルはカラーチェンジのみ。今後のモデルチェンジに期待が膨らみます。年式の割には中古車価格がお手頃でしたので紹介しますね。

MT‐03の人気は?

MT‐03は街乗りからツーリングまで楽しめる扱いやすいキャラクターに人気があります。維持費の関係上、人気は兄弟車であるMT‐25のほうが高いのですが、プラス71ccの余裕はツーリングで疲労を大幅に軽減してくれます。250ccネイキッドのサイズ感で400cc並みの走行性能を堪能できます。

MT‐03のスペック

MT‐03のスペックを見ると、400ccのバイクに引けを取らない性能であることがわかります。水冷並列2気筒エンジンを搭載したMT-03のエンジンはオールマイティなキャラクター。巡航速度でのエンジン回転数は高いのですが、最大トルクを発生させるエンジン回転数との割合は合格点だといえます。

MT‐03のスペック(2016年モデル)
6速
10,750rpm
最高速度
170.1km/h
7位
6速
100km/h
エンジン回転数
6,321rpm
最大トルク発生回転数比
70.2%
7位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,792rpm
最大トルク発生回転数比
42.1%
7位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1818
N・m/kg
6位
平均価格(全年式) 約37.3万円 9位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング6位

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダのCB400スーパーフォアは1992年の4月に販売が開始され、現在も生産が継続されているネイキッドバイクです。

フルモデルチェンジは2回施されており、NC31は前期型(1992~1998年モデル)、NC39はキャブレター仕様の後期型(1999~2006年モデル)、NC42はインジェクション仕様の後期型(2007~現行モデル)と覚えておきましょう。今回紹介するのは中古車市場でお値打ち感が高いNC39です。

CB400スーパーフォアの人気は?

CB400スーパーフォアはトータルバランスが高いネイキッドバイクであることは皆さんもご存知の通り。その中でも、キャブレター仕様のVTECエンジンはスムーズな加速性能と有機的なエンジンフィールに人気があります。

現行の2019年モデルは価格の高さに二の足を踏んでしまいますが、NC39の中古車ならヘルメットやブーツを購入してもおつりがきます。

CB400スーパーフォアのスペック

CB400スーパーフォアのスペックを見ると、高速道路での追い越し加速や一般道での中間加速が優秀です。最大トルクを車両重量で割ったトルクウェイトレシオは今回紹介するバイクの中で1位!

水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンらしく、最高速度は不必要さを感じるほどのレベル。ツーリングでの満足度もナンバーワンのネイキッドバイクです。

CB400スーパーフォアのスペック(2003年モデル)
6速
11,000rpm
最高速度
179.7km/h
6位
6速
100km/h
エンジン回転数
6,122rpm
最大トルク発生回転数比
64.4%
3位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,673rpm
最大トルク発生回転数比
38.7%
3位
トルク/ウェイト
レシオ
0.2000
N・m/kg
1位
平均価格(全年式) 約40万円 11位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング5位

カワサキ ZZR400

カワサキのZZR400は1990年に販売が開始され、2007年モデルまで生産された400ccのツーリングモデルです。前期型のZX400K(1990~1992年モデル)と後期型(1993~2007年モデル)のZX400Nがあります。前期型と後期型の違いはカウルの形状だけでなく、ホイールベースや二次減速比(前後スプロケットの歯数)も変更されています。

ZZR400の人気は?

ZZR400は大柄な車体サイズや大らかなハンドリングに人気があります。空力特性に優れたフルカウルを装備していますので、高速道路を利用したツーリングではクラスを超えた快適さですね。600ccベースで開発されていますので、街乗りや取り回しで苦労することもありますが、長距離ツーリングでは無敵です。

ZZR400のスペック

ZZR400のスペックを見ると、最高速度は申し分ない数値だといえます。高速道路での追い越し加速や一般道での中間加速にも余裕がありますね。車両重量が重いので、トルクウェイトレシオはアメリカンクルーザーに次ぐ10位ですが、速度に乗れば思いのほか車両重量は気になりません。

ZZR400のスペック(2006年モデル)
6速
11,000rpm
最高速度
180.8km/h
5位
6速
100km/h
エンジン回転数
6,085rpm
最大トルク発生回転数比
67.6%
5位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,651rpm
最大トルク発生回転数比
40.6%
5位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1677
N・m/kg
10位
平均価格(全年式) 約29.5万円 3位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング4位

スズキ イナズマ400

スズキのイナズマ400は1997年に販売が開始され、2001年モデルまで生産されたネイキッドバイクです。最終モデルは排出ガス規制をクリアするため、マイナーチェンジを受けています。本来ならば人気モデルのGSX400インパルスを紹介すべきですが、スペックと中古車価格を見比べると、イナズマ400はお値打ち感が高いですね。

イナズマ400の人気は?

イナズマ400のおすすめポイントは油冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンの血統です。名車GSX-R750で開発された油冷エンジンを400ccで堪能できます。薄い冷却フィンをうっとりと眺められるのはネイキッドバイクの特権!スズキ車ならではの強烈な個性を堪能できる400ccネイキッドはイナズマ400だといえます。

イナズマ400のスペック

イナズマ400のスペックを確認すると、最高速度は不必要に感じられるほど高く、高速道路での追い越し加速や一般道での中間加速も十分すぎるレベルです。油冷エンジンでありながら車両重量はやや重いので、トルクウェイトレシオはもう一声欲しいところ。低回転時のトルクが薄いとうわさされていますが、扱いにくさをかじるほどではありません。

イマズマ400のスペック(2000年モデル)
6速
11,000rpm
最高速度
185.7km/h
4位
6速
100km/h
エンジン回転数
5,925rpm
最大トルク発生回転数比
62.4%
2位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,555rpm
最大トルク発生回転数比
37.4%
2位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1714
N・m/kg
9位
平均価格(全年式) 約28.8万円 2位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング3位

カワサキ ZRX400

カワサキのZRX400は1994年の2月に販売が開始され、2008年モデルまで生産されました。マイナーチェンジは計5回。前半モデルと後半モデルでホイールサイズが違います。前半モデル(1994~2001年モデル)は前17インチ・後18インチですが、後半モデル(2003~2008年モデル)は前後17インチに変更されています。

ZRX400の人気は?

ZRX400のおすすめポイントは旋回性の高さにあります。前半モデルはクイックなハンドリングに定評があり、後半モデルはニュートラルで扱いやすいですね。水冷並列4気筒4バルブエンジンのドロドロとした回転フィーリングや素直な走行性能が魅力的。積載性の高さにツーリングバイクとしても人気が高いネイキッドです。

ZRX400のスペック

ZRX400のスペックを見ると、最高速度は不必要に感じるレベルですし、高速道路での追い越し加速や一般道での中間加速にも余裕があります。最高速度の割には巡航速度のエンジン回転数が高めで、低速トルクが薄いといわれることがありますが、250ccのバイクとは比較にならないほど充実しています。人気があるので中古車価格は高めです。

ZRX400のスペック(2008年モデル)
6速
11,500rpm
最高速度
186.5km/h
3位
6速
100km/h
エンジン回転数
6,166rpm
最大トルク発生回転数比
68.5%
6位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,700rpm
最大トルク発生回転数比
41.1%
6位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1793
N・m/kg
7位
平均価格(全年式) 約43.1万円 12位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング2位

スズキ グラディウス400

スズキのグラディウス400は2009年の12月に販売が開始され、2015年モデルまで生産されたネイキッドバイクです。2012年にマイナーチェンジを受けていますが、スペックシート上では見当たらないほどの小変更です。

SV400からエンジンを受け継ぎましたが、水冷V型2気筒DOHC4バルブエンジンはグラディウス400で終了。現在はSV650に集約されています。

グラディウス400の人気は?

グラディウス400は官能的なデザインの評価は高いものの、人気はそれほど高くありません。よって中古車市場では思いのほかお値打ち価格!グラディウス400のエンジンはボアダウンやショートストローク化でサイズダウンされた廉価版ではありませんので、エンジンフィーリングは良好です。

グラディウス400のスペック

グラディウス400のスペックを見ると、今回紹介する2気筒モデルでは最速です。低中回転域での扱いやすさは2気筒モデルならでは。高回転域で豹変する楽しさもそなえています。

巡航速度でのエンジン回転数は低いので、ツーリングでも疲労を蓄積しにくいですね。トルクウェイトレシオが優秀ですので、加速感は上々です。90度V型2気筒エンジンは理論上の振動が皆無です。

グラディウス400のスペック(2015年モデル)
6速
11,000rpm
最高速度
197.7km/h
2位
6速
100km/h
エンジン回転数
5,564rpm
最大トルク発生回転数比
65.5%
4位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,339rpm
最大トルク発生回転数比
39.3%
4位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1990
N・m/kg
2位
平均価格(全年式) 約35.5万円 8位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccおすすめ!最速ランキング1位

スズキ GSR400

スズキのGSR400は2006年の5月に販売が開始され、2014年モデルまで生産されました。フルモデルチェンジはされていませんが、マイナーチェンジが1度施され、前半モデル(2006・2007年モデル)と後半モデル(2009~2014年モデル)に分けられます。中古車を狙うなら61PS仕様の後半モデルです。

GSR400の人気は?

GSR400は現行の2気筒ネイキッドバイクにはない強烈なエンジンパワーが魅力的ですが、スペックほどの人気がありません。近年は合理的なネイキッドバイクが好まれる傾向にあるためだと考えられます。であるにも関わらず、中古車市場での価格は高め。これは高かった新車価格に引っ張られているからです。

GSR400のスペック

GSR400のスペックを見ると、最高速度は驚愕の200km/h越え!レッドゾーンとなる13,500rpmまでエンジンを回した時の理論上の速度は228.1km/h!400ccとは思えないほどのエンジンを搭載しています。エンジン特性は先に紹介したグラディウス400とは真逆で、全回転域でフラットなトルク特性が魅力です。

GSR400のスペック(2010年モデル)
6速
12,000rpm
最高速度
202.8km/h
1位
6速
100km/h
エンジン回転数
5,918rpm
最大トルク発生回転数比
59.2%
1位
6速
60km/h
エンジン回転数
3,551rpm
最大トルク発生回転数比
35.5%
1位
トルク/ウェイト
レシオ
0.1857
N・m/kg
4位
平均価格(全年式) 約38.5万円 10位

※エンジンスペックは理論値
※2019年5月22日現在

安い中古400ccバイクの加速!まとめ

中古車市場で安い400ccバイクを探すと、価格やスペック以上に気づくことが多くあります。それは、かつてバイクの人気をけん引した個性の強さ。

現行モデルの400ccバイクは乗りやすいのがメリットですが、バイク乗りを満足させられるほどの個性を感じるラインアップがありません。自己主張をしてこそバイク乗り!マフラーの音量よりも、楽しいエンジン特性で個性を主張したいですね。

400ccのバイクが気になる人はこちらをチェック!

400ccのバイクが気になる人は、250ccと400ccのバイクの違いをまとめた記事もチェックしてください。維持費を考えると250ccのバイク?いえいえ、思いのほか400ccの維持費は高くありません。車検費用を気にする人は多いのですが、実のところは…。充実したエンジンパワーを踏まえると、おつりがくるかもです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...