パルコールつま恋リゾートを楽しもう!ゲレンデや魅惑の施設情報をご紹介!のイメージ

パルコールつま恋リゾートを楽しもう!ゲレンデや魅惑の施設情報をご紹介!

東京からもアクセス良好で、例年多くのスキーヤーや家族客で賑わうパルコールつま恋リゾート。近くには軽井沢や草津温泉など観光地としても見所があります。ゲレンデのコースは16種類もあり全長は4,500mにもなる長さです。そんなパルコールつま恋リゾートについてご紹介!

2019年04月22日更新

sakakibara-tetuji
sakakibara-tetuji
旅行が好きです。何卒宜しくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. パルコールつま恋リゾートとは
  2. パルコールつま恋リゾートへのアクセス
  3. パルコールつま恋リゾートホテルの魅力
  4. パルコールつま恋リゾートのレンタル品紹介
  5. パルコールつま恋リゾートのコース紹介
  6. パルコールつま恋リゾートのリフト紹介
  7. パルコールつま恋リゾートのクーポン情報
  8. 家族旅行におすすめパルコールの楽しみ方①
  9. 家族旅行におすすめパルコールの楽しみ方②
  10. まとめ

パルコールつま恋リゾートとは

軽井沢最大級のスキー場として有名な、群馬県の吾妻郡嬬恋村にあるバラギ高原に設立されたパルコールつま恋リゾート。標高は1,300mから2,000mほどで高所では雪室も良いと評判、東京からもアクセスしやすくウィンターシーズンには多くのスキーヤーで賑わいます。スキー場に隣接するホテル「パルコールつま恋リゾートホテル」は夏季も営業しており、ゲレンデは春・夏を迎えると新緑が豊かな表情をみせてくれます、夏のバラギ高原ではハイキングをしたり、バラギ湖では釣りなどのアクティビティが楽しめて避暑地として家族旅行におすすめです。

パルコールつま恋リゾートの楽しみ方

例年12月から翌年の3月下旬まではスキーやスノーボードが楽しめるウィンタースポーツシーズン、4月から11月は新緑や紅葉で色鮮やかに変化するパラギ高原の自然の美しさに心洗われるグリーンシーズンとなります。この記事ではパルコールつま恋リゾートを楽しむための基本的な情報と、知っておきたい魅力的なサービスや施設などを紹介します。※紹介する内容は2019年4月22日時点のデータとなります。

パルコールつま恋リゾートへのアクセス

車でのアクセス

東京方面からは碓氷軽井沢I.Cから車で1時間強、大阪方面からは上田菅平I.C.から車で50分ほどでアクセス可能です。パルコールつま恋リゾートへ向かう途中のパノラマラインは、冬の期間は通行止めになることがあるので、道路状況はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。道中には軽井沢のおしゃれな街並みや、嬬恋村の名産物である広大なキャベツ畑(春)を眺めることもできるので、移動もドライブ気分で楽しみましょう。

電車でのアクセス

パルコールつま恋リゾートの最寄り駅はJR吾妻線万座鹿沢口駅で、そこから車で20分でアクセス可能です。パルコールつま恋リゾートホテルに宿泊される方は、無料送迎バスの案内があるのでバスを利用されると良いでしょう。また無料送迎バスは軽井沢駅にも送迎を頼めるので、街からのアクセスにも負担はありません。浅間山を望みながら駅弁に舌鼓をして移動するのも素敵な旅行になりそうですね。

パルコールつま恋リゾートホテルの魅力

パルコールつま恋リゾートでスキーをされるなら、パルコールつま恋リゾートホテルに宿泊されることをおすすめします。ホテルに宿泊しなければ見ることができない光景や、嬉しい特権など宿泊者には嬉しいメリットが豊富にあります。ホテル自体はオールシーズン楽しめるので、スキー以外を目的に訪れるのも良いでしょう。

ホテルに宿泊する魅力①目の前がゲレンデ

パルコールつま恋リゾートホテルに宿泊すれば、ホテルの玄関口の目の前はゲレンデなので、朝一のふわふわな雪を思う存分滑走することができます。朝から滑って疲れてきたら部屋で一休み、そして体力が回復したらすぐゲレンデへ直行。ゲレンデとプライベート空間を気軽に行き来することができるのは、ホテル宿泊者だけの特権だと言えるでしょう。

ホテルに宿泊する魅力②温泉でのんびり

口コミでも大好評の大浴場「四阿山の湯」に、パルコールつま恋リゾートホテルに宿泊されている方は、滞在中何度も入浴することができます。日帰り温泉も営業していますのでシーズン中は混み合うこともありますが帰り道の移動を気にせずに、1日の疲れをのんびり癒すことができるのはホテルに宿泊する特権だと言えるでしょう。

パルコールつま恋リゾートのレンタル品紹介

パルコールつま恋リゾートでは、スキーやスノーボードなどゲレンデでプレイするために必要な道具を一式レンタルすることが可能です。ニット帽やゴーグル、グローブなどの小物はレンタル不可なので、それらを用意しておけば、手ぶらでゲレンデに入ることもOKです。レンタル品のサイズは子供(小学生以上)から大人まで幅広く展開されており、家族でのスキー旅行にも最適です。ファンスキー(短いスキー板)などの少し変わった板のレンタルも人気。

最新のスキー板もレンタルできる

パルコールつま恋リゾートのレンタルコーナーでは、まだ流通前の来期モデルのスキー板までレンタルすることが出来るのです、シーズンの節目に目星の板を試すには最高のチャンスです。板は何回でも交換可能なので気に入ったものがあれば、積極的に試したいですね。また500円支払えばプレイの途中でスキーからスノーボードにレンタル道具を切り替えることもできるので、1日にさまざまな滑り方が楽しめるのも嬉しいポイントです。

パルコールつま恋リゾートのコース紹介

標高2,100m、ゲレンデの頂上からリフト乗り場までは全長4,500mもの距離があるパルコールつま恋リゾートのコース。そのコース種類は全部で16種類あり、初心者から上級者までプレイヤーのニーズに合わせたコース展開が実現しています。その中でも初心者におすすめのコースを紹介します。

ビギナーコース

まだ一回もスキー・スノーボードをやったことがない方は、まずビギナーコースから始められてください。バラギレストランロッジ発のリフトで約600mほどゲレンデを登ると、16°ほどの緩やかな傾斜の短距離直線のビギナーコースを滑走することができます。スピードも出にくいので恐怖心も少なく初心者でも安心して楽しみながら滑り方を覚えることができるはずです。

ドルチェコース

パルコールつま恋リゾートのビギナーコースで、基本的な体の使い方をマスターしたら次に向かって欲しいコースは、パルコールゲレンデにあるドルチェコースです。傾斜はおよそ18°でビギナーコースに比べてやや山面に角度があります、そしてコースの全長は1,275mもあるので終盤にはスピード感も味わうことができ、一度も転ばずに滑ることができれば自分の成長を実感できるはずです。

パルコールつま恋リゾートのリフト紹介

パルコールつま恋リゾートには4カ所のリフトと、山頂からセンターハウスを結ぶ長距離ゴンドラ「パルキャビン」の合計5つのリフトが運行しています。初心者の方は第5カルテットリフトや第1カルテットリフトを使って、ビギナーコースやドルチェコースに挑戦する機会が多くなるでしょう。中上級者の方は、パルキャビンを使って一気に山頂まで登り全長4,500mあるロングコースを思いきり楽しんでください。

パルコールの夏のリフトも人気

パルコールつま恋リゾートの長距離ゴンドラ「パルキャビン」は春・夏のグリーンシーズンでも稼働しており、バラギ高原の新緑をみながら優雅な空中散歩を体感することができます。関東最大とも呼ばれているパルキャビンの長さは3.2Kmで移動時間は15分で、歩いて登山すると早くても1時間30分ほどかかってしまう山を一瞬で登りきってしまうのです。夏はドッグランも開放しており犬も一緒に連れ込むことも可能です。

パルコールつま恋リゾートのクーポン情報

クーポン情報①ワンデーパル

出典: https://www.photo-ac.com

パルコールつま恋リゾートで人気クーポンの1つがワンデーパルです。ゴンドラ&リフトの1日券と昼食券つきの条件のクーポンで、大人5,000円、小学生以下の子供は3,600円、55歳以上のシニアは4,200円で購入可能です。交通費やレンタル品などの諸経費を含めても1人10,000円以内の予算で収まるお得なクーポンです。浮いたお金で美味しいランチを頂くのも良いですね。

クーポン情報②エンジョイパル

1日リフト券を5枚以上購入することで発行されるクーポンがエンジョイパルです。リフト1日券の通常価格4,200円(平日)から700円引きの3,500円で利用できるお得なクーポンです、土日は4,500円が3,800円に値引きされます。シーズン中に5回以上行かれる予定のある方は、利用しなければ3,500円も差額が出てしまうので、是非チェックしておきたいクーポンですね。

家族旅行におすすめパルコールの楽しみ方①

ファミリーランドパーク

パルコールつま恋リゾートホテルやセンターハウスの前には、小さい子供を連れた家族向けにファミリーランドパークという雪遊びのアスレチック施設があります。中にはソリ専用のゲレンデや、空気で膨らませた遊具など小さな子供でも遊べるアトラクションがたくさんあります。板を装着できないキッズでも遊べるので、家族でパルコールに訪れたさいにはチェックしておきたいスポットでしょう。

小学生未満の子にはチュービングがおすすめ

プールのアトラクションのスライダーでよく見かける、ドーナツ型のエアークッションに腰から入って、斜面を滑り落ちる遊びがスキー場にもあります。チュービングといってタイヤのゴム素材を使ったドーナツ状の遊具に空気を入れて、雪の斜面を滑らかに滑走していく小さな子供でも安全に楽しめるアトラクションがおすすめ。

家族旅行におすすめパルコールの楽しみ方②

託児所マザーグース

一日中パルコールのキッズ向け施設で遊ぶのはもちろん素敵な家族旅行の思い出になりますが、せっかくスキー場に来たのだから少しくらい大人だけで滑ってみたい時があるかと思います。そんなときに便利なのが託児所マザーグース。2歳から5歳までの子供を2時間から預かってくれる託児所で、センターハウス内にあるためゲレンデとの距離はほぼなく、安心して子供を預けることができます。

託児所マザーグースの基本情報

【住所】パルコールつま恋リゾートのセンターハウス内
【連絡先】0279-96-1177
【アクセス】パルコールつま恋リゾートホテルおよびゲレンデと直結
【営業時間】10:00~12:00 / 13:30~15:30
【備考】定員10名までなので、事前予約が必要です。

まとめ

オールシーズン魅力満載のパルコールつま恋リゾートでは、ウィンタースポーツだけがメインではなくホテル内のアクティビティや飲食、夏は近隣の観光スポットめぐりなど楽しませてくれる要素はまだまだたくさんあります。夏は避暑地に冬はスキーに明け暮れて、パルコールつま恋リゾート何度行っても飽きない素晴らしいリゾート地だと言えます。スキーが好きな方にもそうでない方にも価値を与えてくれるでしょう。

嬬恋観光が気になる方はこちらもチェック!

軽井沢周辺の嬬恋はドライブやキャンプなどスキー以外にも多くの魅力があふれています。パルコールつま恋リゾートで遊んだあとは、是非とも周辺の観光もあわせて楽しんでください!

Thumb嬬恋パノラマラインでドライブやツーリングに!絶景スポットやルートをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
もくもく噴煙も上げる浅間山とキャベツ畑の景色が織り成す、嬬恋(つまごい)パノラマラインのドラ...
Thumb無印良品が運営する「カンパーニャ嬬恋」のキャンプ場レビューのまとめ | 暮らし~の[クラシーノ]
シンプルで機能的な日用品や衣料品が人気の無印良品がキャンプ場を運営しているのをご存知ですか?...
Thumb軽井沢の日帰り温泉おすすめランキング8!絶対立ち寄りたい人気施設はココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は軽井沢にあるおすすめの日帰り温泉をランキング形式でご紹介していきます!日々の疲れた体を...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ