クローゼットの収納アイデア12選!驚き収納術や上手なスペース活用術をご紹介!のイメージ

クローゼットの収納アイデア12選!驚き収納術や上手なスペース活用術をご紹介!

収納に便利なクローゼッドですが、きれいに片付かない悩みがありませんか?クローゼットの中を、すっきり収納するコツとアイデアをご紹介します。クローゼットの洋服や小物をきれいに整理整頓するアイデアで、快適な毎日を送りましょう。

2019年06月02日更新

yayoi
yayoi
DIYやハンドメイドなど「作ること」が得意です!わかりやすく、試してみたくなる情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. クローゼットの収納アイデア
  2. クローゼットの種類
  3. クローゼットの収納の計画
  4. クローゼットの収納アイデアの研究
  5. クローゼットの収納アイデア①
  6. クローゼットの収納アイデア②
  7. クローゼットの収納アイデア③
  8. クローゼットの収納アイデア④
  9. クローゼットの収納アイデア⑤
  10. クローゼットの収納アイデア⑥
  11. クローゼットの収納アイデア⑦
  12. クローゼットの収納アイデア⑧
  13. クローゼットの収納アイデア⑨
  14. クローゼットの収納アイデア⑩
  15. クローゼットの収納アイデア⑪
  16. クローゼットの収納アイデア⑫
  17. クローゼットの収納アイデアのまとめ

クローゼットの収納アイデア

洋服を収納するクローゼットは便利な空間ですが、きれいに片付かないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?洋服をポールにハンガーで吊り下げて収納するだけでなく、機能的に整理整頓して毎日の服選びが楽になるアイデアをご紹介します。

クローゼットを整理整頓すれば、毎日の生活はもちろん衣替えも楽になります。一年中使うアイテムは使いやすく収納しましょう。カバンや帽子などのファッション小物も機能的に収納すれば、お出かけ前のコーディネートが楽になります。ハンガーやボックスなどの便利アイテムを使うとすっきり片付きます。

クローゼットの種類

クローゼット

一般的なご家庭の部屋に付いているクローゼットは、奥行きが45cmか60cmのタイプが主流です。高さは部屋の天井に合わせて、180cmから230cmが多いです。クローゼットの収納のアイデアを考える前に、クローゼットの大きさを測っておきます。収納ケースなどを購入する場合は、サイズがあったものを選ばないと、扉が閉まらなくなる恐れがありますので注意しましょう。

ウォークインクローゼット

奥行きが広くクローゼットの中を歩けるタイプを、ウォークインクローゼットといいます。このタイプは小さめの部屋として考えて機能的に収納しましょう。一般的なクローゼットよりも収納アイテムの選択肢が広いのがメリットです。大きめのボックスやチェストなども置ける反面、油断すると散らかりがちになりますので注意が必要です。

クローゼットの収納の計画

不要なものを捨てる

まずは、今クローゼットに入っているものをすべて出すところから、クローゼット収納の計画を始めます。長年着用していない服やバッグなどは処分しましょう。捨てるのがもったいなくて「いつか使えるかもしれない」ととっておいても、この先も使わない可能性が高いです。場所が限られているクローゼットには、必要なものだけを収納しましょう。

リサイクル

新品同様の不要なものを捨てるのがもったいないと感じる方は、リサイクルショップなどに売りに行くアイデアがおすすめです。少額でも手に入れば、そのお金で収納グッズが購入できるのが嬉しいポイントです。物をあげる人が身近にいない場合におすすめの方法です。

収納計画を立てる

クローゼットに収納するアイテムを決めたら、どのように収納するか考えましょう。上側半分はポールに洋服をかけて収納して、下半分には収納ケースを置くのが基本的なクローゼットの収納方法です。クローゼットのサイズを測って紙に設計図を書いて計画しましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

今ご家庭にある収納ボックスなど活用したいものがあれば、それを中心にした配置を考えます。新しく収納グッズを購入する前に、家の中で活用できるアイテムがないか探すのがおすすめです。またリーズナブルにするために、100均アイテムを使ったりDIYすることもおすすめです。

クローゼットの収納アイデアの研究

クローゼット収納のコツ

クローゼットを使いやすくするためには、動画でイメージを作ることがおすすめです。普段見ることができない、おしゃれな人のクローゼットの動画を見て、目指す方法を決めるとスムーズに整理整頓できます。小さなアイデアでも取り入れると、快適に使えるクローゼットに近づけます。

9つのアイデア

いつでも着たい服が取り出せるように考えられたアイデアの動画です。きれいに整理整頓できても、毎日の洋服が取り出しにくくならないように、9つのアイデアが紹介されています。ぜひヒントを見つけてみてください。毎日の洋服をコーディネートしやすい配置にしている点がポイントです。

本で勉強

人生を変えるクローゼット整理 本当に似合うが見つかる!/霜鳥まき子
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

動画だけでなく本でもクローゼットの整理の仕方を勉強しましょう。着たい服がいつも見つからない人におすすめの本です。収納することだけでなく、毎日のファッションのコーディネートのことも考えられます。使い勝手を重視したい方が読むと、学ぶことが多い本です。

クローゼットの収納アイデア①

シンプルに

ポールに洋服をかけて吊るして収納して、下には必要に応じてプラスチックの収納ケースを置く方法です。収納するアイテムが少ない方は、すっきりしておすすめです。収納ボックスを床に置かなければ、掃除がしやすいメリットがあります。季節ごとに洋服の入れ替えをする方や、他にも収納場所がある方はこのタイプが多いです。

長い洋服も安心

クローゼットの床に何も置かないと、長い洋服がシワにならずにかけられます。クリーニング後の服でも安心してかけられます。クローゼットをシンプルに使いたい方は、常に断捨離を意識して物を増やさないようにしましょう。普段から使うものだけを入れておくと、使いたいときに手に取りやすく便利です。

クローゼットの収納アイデア②

棚を利用

洋服をたたんで収納したい方はクローゼット全体に棚板を置く方法がおすすめです。小物類はおしゃれなカゴに入れておくと、洋服とコーディネートするときに取り出しやすくておすすめです。カゴのデザインを揃えておくと、おしゃれに見えます。中身がわかりにくい場合はタグなどを付けて区別しておくと使い勝手が向上します。

すっきり収納の仕方

クローゼット全体に棚を置いて、すっきりした収納になっています。棚の種類は違っていても木製の棚で共通の素材にする方法が、おしゃれに見せるコツです。棚の色の使い方に工夫があり、木と白がメインカラーになっているので、クローゼットの扉を閉めずに見せる収納としての使い方もできるアイデアです。

クローゼットの収納アイデア③

子供部屋のアイデア

子供の服は丈が短いのでポールを2段にする方法がおすすめです。マンションなどの賃貸住宅で追加でポールを取り付けられないご家庭は、上のポールからフックやロープなどでポールを吊るす方法がいいでしょう。幅があまり広くないクローゼットの場合は、突っ張り棒が手軽で便利です。着替える頻度が多い子供服は、収納ケースに服をしまうよりも、吊るして収納する方法がおすすめです。なるべく収納の手間をなくす方法を考えましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

子供服の下着や靴下などの小物類は、引き出し型の収納ケースに入れましょう。大きめのサイズの引き出しの方が使い勝手が良く、成長しても問題なく使えます。成長して収納を増やしたくなったときに、追加で購入しやすい一般的な種類を選ぶのが、将来もすっきり見えるクローゼット整理のコツです。

ポールを2段にする方法

塩ビパイプとロープを使って、ポールを2段にするDIY術です。ロープを使うと好きな高さに調節できるのが嬉しいポイントです。ポールを取り付ける方法は簡単で、すぐに試してみることができます。塩ビパイプをインテリアに合わせておしゃれにすると子供も大喜びです。収納量がぐんと増えますので、洋服が多いご家庭におすすめの収納の仕方です。

クローゼットの収納アイデア④

上の空間を活用するコツ

クローゼットの上部はデッドスペースになってしまいがちですが、もったいないので有効活用しましょう。こちらの写真のようにIKEAの収納ボックスで統一する使い方は、クールな印象のクローゼットになります。中が見えないボックスでも便利に使うコツは、中身を書いたタグをつけておくことです。

ダイソーのボックス

リーズナブルに収納したい方は、100均アイテムの活用がおすすめです。落ち着いたトーンの無地のデザインを選ぶのが、おしゃれな収納に見せるコツです。シンプルなタグを付けた収納の仕方で機能性がアップします。

クローゼットの収納アイデア⑤

チェスト

クローゼットにチェストを置くとおしゃれ度が一気に上昇します。プラスチックの収納ケースは軽くて便利ですが、チェストの方が重厚感があるインテリアになります。特にウォークインクローゼットの方におすすめです。

おしゃれなチェスト

この写真のようなヨーロピアンテイストのチェストもおすすめです。小さめの引き出しが多いタイプを使う収納の仕方は、アイテムごとに分けられるので便利です。引き出しの中に仕切りを作るのが面倒な方は、小さめの引き出しのチェストを活用する仕方がおすすめです。

クールなチェスト

ウォークインクローゼットほど奥行きが広くなくてもチェストを置けます。クールな木目調のチェストを選べば、おしゃれなインテリアになります。もしクローゼットにチェストが必要なくなっても、どんなインテリアにも似合うデザインなので安心です。

作り付け家具として

もし家の新築やリフォームの機会があれば、クローゼットに作り付け家具としてチェストを作るのがおすすめです。家のインテリアともぴったりあった、作り付けならではの高級感がある雰囲気になります。

クローゼットの収納アイデア⑥

扉に吊るす

クローゼットの扉が折戸ではなく開き戸の方は、扉にも収納場所を作るのが便利なクローゼット収納のコツです。いつも使うバッグやベルトは、すぐに取り出せるようにハンガーやS字フックを使って吊り下げておきましょう。少しの隙間も無駄にしたくない人におすすめの収納術です。

クリップを活用

クローゼットに突っ張り棒を付け、クリップを取り付けると簡単に帽子を吊るす収納にできます。クリップはフックのように吊るせるタイプのものを選ぶのが、簡単に取り付けられるコツです。この仕方はクローゼットに突っ張る場所さえあればどこにでも取り付けられます。デッドスペースの有効利用におすすめです。

吊るす収納アイテム

布製で整理整頓

吊り下げ収納 6段 幅23×奥行30×高さ80cm
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

種類が豊富で使い勝手がいい、布製の吊るす収納アイテムです。布製なので中に入れるものを傷つけることなく収納できます。クローゼットのポールに直接取り付けられるので使い方は簡単です。少し隙間が空いてしまった所にも活躍する便利アイテムです。

スリムに収納できるハンガー

ワイシャツ収納 ハンガー シャツホルダー プラスワン ( クローゼット収納 布製 Yシャツ 吊るす収納 収納 ワードローブ )
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらはワイシャツをスリムに収納できる便利なハンガーです。たたんでシャツを収納する仕方で場所を取らないのがメリットです。ネクタイも一緒に吊るしておくと、忙しい朝のコーディネートにも対応できます。

クローゼットの収納アイデア⑦

アイテム別ハンガーの使い方

すっきりしたクローゼットにするためには、ハンガー選びも重要です。アイテムにあったハンガーを使うのが、上手にスペースを使うコツです。同じパンツでもスラックスと、きれいめパンツのハンガーのかけ方を変えるのが、洋服を着るときにシワを気にせず気持ちよく着れるコツです。

おしゃれに見せるコツ

ごちゃごちゃしてしまいがちなクローゼットをおしゃれに見せるコツは、ハンガーのテイストを出来るだけ揃えることです。近くに置くアイテム同士は、同じハンガーを使いましょう。同じブランドのハンガーを使ったり、素材を一緒にするだけでもぐっとおしゃれに見えます。

洋服カバー

収納するときには、長い間着ないものは洋服カバーをしておきましょう。おしゃれな洋服は傷みやすいので、長持ちさせるためにほこりを防止する必要があります。カバーや防虫剤のことをしっかりと考えておくことが重要です。

クローゼットの収納アイデア⑧

ウォークインクローゼット

広いウォークインクローゼットのスペースを有効に使うための、収納の仕方を紹介している動画です。吊るす収納と引き出し収納の使い分け、カゴの使い方など、ウォークインクローゼット収納の基本の使い方がわかります。計画的に使うことで、すっきり使いやすいスペースになります。

おしゃれなウォークインクローゼット

棚の活用術

広いウォークインクローゼットには、壁に棚を作ることをおすすめします。小さなアイテムは、ここにまとめて置くと決めると、使うときに見つけやすくなります。旅行に行くときだけ使うアイテムはひとまとめにしておくと便利です。アイテムの種類ごとに分けて収納するのではなく、使う用途別に収納する仕方が、たまにしか使わないものにはおすすめです。

おしゃれにするコツ

ウォークインクローゼットは広いためインテリアにもこだわれます。大きなミラーや照明を飾って、使い勝手を良くしましょう。おしゃれに使うコツは、チェストなどの本格的な家具を置くことです。洋服の長さごとに収納場所を揃えるとすっきりしたウォークインクローゼットになります。

クローゼットの収納アイデア⑨

引き出し

引き出しの収納は使い方次第でたくさん収納できます。まずは市販の収納ボックスを活用して、すっきり洋服を入れましょう。仕切りがない状態で入れると、中のものを取り出したら崩れてしまう恐れがありますので、仕切りを使う方法がおすすめです。

衣装ケースの収納術

100均アイテムの収納術

プラスチックの衣装ケースはたくさん洋服が入って便利ですが、後からどこに何を入れたか一目でわかるようにしたアイデアの動画です。100均アイテムを活用する仕方で、家族の誰が見てもわかりやすい収納術です。衣装ケースに、中身の写真のラベルを貼ることで、衣替えのときにも目的のものを素早く取り出せるアイデアです。

洋服のたたみ方

引き出しにすっきり収納するコツは、入れる洋服をきれいにたたむことです。形を揃えて収納することが、もっとも収納力をアップさせる方法です。立ててしまえるようにすると、どのアイテムか一目でわかるのが嬉しいポイントです。

クローゼットの収納アイデア⑩

バッグの収納術

クローゼットに簡単にバッグを収納する方法は、ポールにS字フックを付けてカバンを吊り下げる方法です。立体的なバッグは幅を取ってしまいますが、トートバッグのように平らになるタイプにおすすめです。バッグの重みが持ち手にかかって伸びてしまう恐れがありますので、革のバッグなどの重たいものにはおすすめできません。

たたんで収納

たたむと平らになるバッグは、まとめて収納ケースに入れておくとすっきりします。使うときにまとまっていると選びやすく便利です。収納場所がコンパクトになり、他のアイテムと同じボックスに揃えると統一感が出ます。

100均アイテムの使い方

バッグの収納をリーズナブルに機能的にしたい方は、100均アイテムを活用する収納術がおすすめです。ファイルボックスやリングを使った方法など、おしゃれに収納する使い方がたくさん紹介されている動画です。

クローゼットの収納アイデア⑪

洋服以外の収納の仕方

ここまで主に洋服の収納方法についてご紹介しましたが、洋服以外にもクローゼット収納を活用しましょう。収納ケースをいろいろ使っても、カラーを揃えればおしゃれですっきりして見えます。ボックスごとに中に入っているものを書いたタグをつけると、使いたいときにすっと取り出せます。

収納付きの机としての使い方

クローゼットの中に板を追加すれば、机としても活用できます。クローゼットの上部にも収納できますので、通常の机よりも大きい収納がついた便利な机になります。クローゼットにプラスアルファの機能を求める方におすすめです。

クローゼットの収納アイデア⑫

タグの使い方

クローゼットにきれいに収納しても取り出しにくければ、せっかくの苦労も水の泡です。家族の誰が見てもどこに何が収納されているかわかる収納の仕方がおすすめです。中身が見えない収納ケースにはタグを作って取り付けましょう。

タグの作り方

タグの作り方はいろいろあり手書きでももちろん大丈夫ですが、せっかくなのでおしゃれなタグ作りがおすすめです。こちらの動画では、タグをテプラとラミネート機を活用して作っています。ラミネートすると丈夫で長持ちするのでおすすめです。

写真をタグに

パッと見てわかりやすいタグは写真を使うことです。靴やバッグなど同じ種類が多いアイテムは、文字だけのタグだとわかりにくいので、写真がおすすめです。写真の印刷はプリンターはもちろん、ポラロイドカメラで撮った写真もおしゃれで素早くできます。

クローゼットの収納アイデアのまとめ

クローゼットの収納術をご紹介しましたが、いかがでしたか?押入れよりも奥行きが狭いクローゼットは、収納力では劣りますが、アイデア次第でたくさん収納できます。ぜひ、おしゃれに収納して毎日快適に使いましょう!

収納が気になる方はこちらをチェック!

クローゼットの収納以外にも役に立つ収納方法のアイデアをご紹介しています。下記のリンクからぜひチェックしてみてください。おしゃれで使いやすい収納のアイデアを見つけてくださいね。

Thumb見せる収納術や片付け方!おしゃれに部屋を整理する方法やアイデアをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
使うたびに片付けが面倒で整理整頓が苦手な方は、見せる収納がおすすめです。見せる収納は、アイデ...
Thumb片付けや収納の基本を解説!苦手な人が簡単に荷物整理ができる方法は? | 暮らし~の[クラシーノ]
片付けが苦手で収納が上手にできないというお悩みを持つ方も少なくありません。これを実践すれば誰...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ