ダイワ「タトゥーラ ライン」シリーズ!2019年の新作ラインをチェックしよう!のイメージ

ダイワ「タトゥーラ ライン」シリーズ!2019年の新作ラインをチェックしよう!

タトゥーラシリーズからライン2アイテムが登場!2019年新作となるタトゥーラナイロン、タトゥーラPEを合わせてご紹介します。どちらも新技術採用のハイクオリティライン!新シーズンを迎えるための新しいラインをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

2019年03月23日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「タトゥーラ ライン」でバスフィッシング!
  2. 「タトゥーラ ライン」とは
  3. 「タトゥーラ ライン」の価格と発売日
  4. 「タトゥーラ ライン」2アイテムをチェック!
  5. 1.ダイワ「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」
  6. 「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」はこんな釣りにおすすめ!
  7. 2.ダイワ「タトゥーラ タイプ ナイロン」
  8. 「タトゥーラ タイプ ナイロン」はこんな釣りにおすすめ!
  9. 「タトゥーラ」リールも要チェック!
  10. 「タトゥーラ ライン」でバスをゲット!

「タトゥーラ ライン」でバスフィッシング!

ダイワの新作ラインをチェックしよう!

ダイワ「タトゥーラ」からナイロンラインとPEラインが登場!新技術の採用で、どちらもハイクオリティなラインに仕上がっています。タトゥーラに巻いてバス釣りを満喫!新しいラインをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「タトゥーラ ライン」とは

ダイワの2019年新作ライン

UVF タトゥーラ センサー×8+Si2

出典: http://www.daiwa.com

UVF タトゥーラ センサー×8+Si2

タトゥーララインシリーズは、ダイワの2019年新作ラインです。人気上昇中のPE、高品質のナイロン2つのモデルをラインナップしており、快適なバス釣りを好みのラインタイプでサポートしてくれます。主流となっているフロロカーボンは選択肢が豊富ですが、バス釣り向け、特に細い号数のPEラインは選択肢が少ないので、専用ラインを試してみたかった方は、是非チェックしてみてください!

ライン製品も人気のダイワ

今回ご紹介するタトゥーラ以外のライン製品も人気のダイワ。ソルトシーンでは特に人気が高く、UVFのPEライン、月下美人ナイロンなど、使いやすさが高く評価されています。同じ技術を採用、近いネーミングのラインでも、釣りモノ向けに味付けは若干異なるのがライン製品。発売後のインプレも含め、ソルト向けのラインを流用していた方も要チェックです!

「タトゥーラ ライン」の価格と発売日

2アイテムとも購入可能!

発売日はナイロンが2月、PEが3月。現在は既に2アイテムとも流通がスタートしています。ハイシーズンに向けてラインを巻き替えておきたかった方にはピッタリのタイミング!発売から間もなく、インプレはまだ少なめですが、PEのUVFシリーズは評価バッチリ!ダイワファンの方は、是非検討してみてください。

価格はどちらも標準的!

価格はナイロンが100mで定価1,100円から定価1,200円、PEは150m巻きで定価2,100円から定価2,450円となっています。どちらも価格差が大きいタイプのラインですが、低伸率ナイロン、8本編みPEで見ると価格は標準的。クオリティを重視したタイプのラインとしてはスタンダードな設定です。ナイロンはランニングコストが高めですが、PEは比較的寿命が長いので、コスパが気になる方にもおすすめ。フィネス系のPEスピニングを試してみたかった方には特におすすめです!

「タトゥーラ ライン」2アイテムをチェック!

2種類のラインをチェックしてみよう!

タトゥーラライン2種類をまとめてチェック!特性とラインナップ、おすすめの使い方を合わせてご紹介します。タトゥーラリールにはタトゥーラライン!新製品を巻いて今年の釣りをスタートしたい方は、要チェックのアイテムです!

1.ダイワ「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」

細糸も揃うバス向けPEライン!

PEフィネスからパワーフィネスまで、スピニング向けの号数が揃ったバス向けのPEラインです。強度を確保できる8本縒り、人気のUVF加工で強度と伸びにくさはお墨付き。「+Si2」の部分はダイワが新しく展開を始めた表面加工で、8本縒りの弱点だった耐摩耗性を必要十分な水準まで引き上げています。カバーへの接触が多いバス釣りでも活躍間違いナシ!前作となる「+Si」も質感、キャストフィール、耐摩耗性と基本性能面での評価が高く、期待感は十分です!

「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」のラインナップをチェック!

ダイワ TATULA(タトゥーラ)センサー×8+Si2 8lb−150m(参考号数0.4号)
楽天で詳細を見る

カラーは視認性の高いライムグリーン。PEは水に浮く、リーダーが必要といった特性を持っているので、目で追いやすい派手なカラーが好まれます。巻き量は150mで75mにマーカー入り、下巻きを入れて2回分として使う巻き方にも対応します。号数は0.4号から1.2号までの全5モデル。太めの号数はパワーフィネスに、細糸はフィネスなPEスピニングゲームにおすすめです!

「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」はこんな釣りにおすすめ!

おすすめの使い方を3つに分けてご紹介!

「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」の使い方を3つに分けてご紹介!パワーフィネスはもちろん、細いPEを使ったライトリグゲームにもおすすめです。結び目をガイドに入れる場合のポイントも紹介しているので、ジグヘッドリグやネコリグで遊びたい方は、是非チェックしてみてください!

①太糸でパワーフィネス!

0.8号、1号、1.2号はパワーフィネスにおすすめ!強度は0.8号でも13lb、1.2号なら20lbとPEらしい強度になっているので、硬いロッドと合わせて強いフッキングが決まります。新技術でパワーアップした耐摩耗性で、カバーへ直接入れ込むような釣りにも対応可能!リグの重さは十分、パワーフィネスで使用する場合は、そのまま結ぶ直結スタイルでOKです!

②細糸でフィネススピニング!

0.4号、0.6号は、フィネスなリグを組み合わせるスピニングの釣りにおすすめ。強度が高いのはもちろん、伸び率の低さから感度、細さから飛距離アップが狙えます。リグもラインが浮く力の影響を受けるので、沈むフロロカーボンをリーダーに、しっかり沈む長さを取って結束しておきましょう。リーダーの強度はメインラインと同程度か少し弱め、長さは第一ガイド手前付近まで巻き込む程度がおすすめです!

③ラインの結束はFGノットがおすすめ!

号数のラインナップから、スピニングリールに巻く機会が多くなりそうな「UVF タトゥーラ センサー×8+Si2」。結束方法は強度、結び目の小ささに優れるFGノットをおすすめします。結び目を巻き込んでキャスト時の干渉が大きい場合は、編み込み回数を減らしてハーフヒッチを増やすのがポイント!すべてのケースで解決できるわけではありませんが、この結び方で抜けがよくなる場合があります。ロングリーダーで釣りたい時は、是非試してみてください!

2.ダイワ「タトゥーラ タイプ ナイロン」

こだわりの高品質ナイロンライン

2アイテム目はナイロンライン!UWRと名付けられた超撥水加工により、水を含みにくく快適にキャストできる低伸率のラインです。特性を伸ばしつつ、新しい技術で弱点を抑えたナイロンは使用感抜群。定番はフロロカーボンですが、近年の高品質な製品は上級者の方でも満足して楽しめるクオリティです。スピニングからベイトまで、太さのラインナップは非常に豊富なので、ナイロンのよさを再確認したい方は、是非一度試してみてください!

「タトゥーラ タイプ ナイロン」のラインナップをチェック!

ダイワ TATULA(タトゥーラ) Type−ナイロン  5lb−100m
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ラインナップは3lbから25lbまでの全11アイテム。スピニングリール、ベイトリールどちらにも対応できるフルラインナップになっています。10lbまでの細糸は伸びの少なさを重視したセッティングで、操作性と感度を強化。10lb以上は、パワーファイトを考慮して粘りや耐摩耗性を重視した構成になっているようです。ブラウンカラーで水中での存在感も気になりにくい!入門向けナイロンからのステップアップにもおすすめです!

「タトゥーラ タイプ ナイロン」はこんな釣りにおすすめ!

おすすめの使い方を3つに分けてご紹介!

「タトゥーラ タイプ ナイロン」を使った釣りについてです。フロロが主流のバスラインですが、特性を掴めばメリットもあるナイロンライン。最大の弱点である伸びが抑えられたことで、魅力十分の選択肢になっています。劣化の早さはそのまま、性能向上の代償としてナイロン特有の安さが失われたことからランニングコストが必要になるので、こだわりタックルで試してみてください!

①比重を活かして楽しもう!

ナイロンの特徴は、PEよりも沈みフロロよりも沈みにくい中間的な比重。PEより扱いやすくトラブルが少ない点も大きなメリットですが、フロロと比較したときに沈みにくいという部分がナイロンを楽しむ一番のポイントになります。小型ルアーの動きを邪魔しない、水中で直線的、サスペンド気味のポジションでステイさせられるといった特性を活かして、ナイロンの釣りを楽しみましょう!

②ナイロンスピニングで虫パターン!

虫ワームやポッパーはナイロンとの相性抜群!ステイ時にラインがルアーを引っ張らず、アクション時は適度な沈みがアクションを引き出してくれます。スピニングリールに巻いてワームや小型プラグ、ベイトに巻いて大型ポッパー、どちらのケースでも有効なので、夏の釣りにはナイロンを試してみてください!

③ナイロンベイトでビッグベイト!

ビッグベイトのラインとしても人気のナイロンライン。太糸を巻いてもトラブルが起きにくく、水中で直線的なポジションを取る性質が操作感を高めてくれます。ボトムやストラクチャーに絡める場合はフロロですが、上を通すような釣りにはナイロンがおすすめ!劣化が早く巻き替えが必要になる弱点がありますが、巻いたばかりの状態であれば強度、適度な伸びと粘りによる安心感も魅力的です!

「タトゥーラ」リールも要チェック!

タトゥーラのリールを2モデルご紹介!

タトゥーラシリーズのリールもご紹介!スピニング、ベイトともコストパフォーマンスが高く、ライン同様非常に魅力的なアイテムです。タックルのステップアップをお考えの方は、ラインと合わせて是非検討してみてください!

タトゥーラ(スピニングモデル)

ダイワ 18 タトゥーラ (スピニングモデル) LT2000S-XH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

18年に発売された、タトゥーラのスピニングリールです。ラインナップは「LT2000S-XH」、「LT2500S」、「LT2500S-XH」の3アイテムで、ソルト対応。PEを巻いておけば、ソルトライトゲームへも流用できます。0.4号を巻く場合は、下巻きを入れてスプールの溝を調整しながら運用しましょう!

タトゥーラ TW

ダイワ リール '19 タトゥーラ TW 100HL (左ハンドル) 【2019年新製品】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2019年の注目モデル!コスパの高さが魅力のタトゥーラベイトリールです。Tウィングを搭載したパワータイプのアイテムで、100番サイズに「H」、「SH」、「XH」と3つのギア比が用意されています。16lb100mの糸巻き量で、ヘビーな釣りにも対応!ナイロンを巻いて、ビッグベイト向けのリールとしても運用できます。ハイコスパ、ハイクオリティなタトゥーラシリーズの組み合わせで、バスフィッシングを満喫しましょう!

「タトゥーラ ライン」でバスをゲット!

新作ラインで釣りを楽しもう!

キャスト、アクション、ファイトと、ラインはタックルの使用感を大きく変える要素になります。ランニングコストが掛かる部分なので価格の安さも魅力的ですが、貴重な釣りの時間を目一杯楽しむなら高品質ラインがおすすめ!バス釣りでもPEラインの注目度が高まってきているので、新スタイルで今年の釣りをスタートしたい方も要チェックです!

バス釣りが気になる方はこちらもチェック!

2019年のバス釣り向け新製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!ダイワ、シマノのリールとロッドまとめ、ダイワ注目の新作ワーム「ネコストレート」、「ネコファット」をご紹介します。「ネコストレート」、「ネコファット」は海外で先行して展開されていたアイテムで、マテリアルはゲーリーヤマモト!ダイワバスアイテムファンの方は、こちらも是非チェックしてみてください!

Thumb【2019】バス向け新製品おすすめ10選!新しいロッドとリールをまとめてチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年のバス新製品をまとめてご紹介!ダイワ、シマノのロッドとベイトリールから、おすすめの...
Thumbダイワ×ゲーリーヤマモト!絶対釣れる期待の新コラボをチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
ダイワ×ゲーリーヤマモトの「ネコストレート」、「ネコファット」をご紹介!海外では先行して展開...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ