鯛の種類図鑑!一意外に多い鯛の種類を特徴や見分け方含めてご紹介!のイメージ

鯛の種類図鑑!一意外に多い鯛の種類を特徴や見分け方含めてご紹介!

鯛と呼ばれる種類の魚は、日本各地、世界各地にかなりの数の存在が確認されています。中には、中心となる真鯛とは無縁のものも多く、深海魚なども含まれます。今回、様々な種類の鯛の特徴や見分け方、違い、味わい深さなどをお話していきましょう。

2019年06月25日更新

riockdododoto
riockdododoto
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 鯛の種類は星の数ほどある!?
  2. 鯛の種類①:マダイと呼ばれる魚
  3. 鯛の種類②:チダイと呼ばれる魚
  4. 鯛の種類③:キダイと呼ばれる魚
  5. 鯛の種類④:クロダイと呼ばれる魚
  6. 鯛の種類⑤:キチヌと呼ばれる魚
  7. 鯛の種類⑥:ヘダイと呼ばれる魚
  8. 鯛の種類⑦:アマダイと呼ばれる魚
  9. 鯛の種類⑧:イトヨリダイと呼ばれる魚
  10. 鯛の種類⑨:コロダイと呼ばれる魚
  11. 鯛の種類⑩:ブダイと呼ばれる魚
  12. 鯛の種類⑪:フエフキダイと呼ばれる魚
  13. 鯛の種類⑫:イシダイと呼ばれる魚
  14. 鯛の種類⑬:キンメダイと呼ばれる魚
  15. 鯛の種類⑭:マトウダイと呼ばれる魚
  16. 様々な鯛の種類の仲間と共通することとは?

鯛の種類は星の数ほどある!?

日本国内にとどまらない!鯛の種類について

suibokuga_araiさんの投稿
53927349 279035346332099 3107118353838996112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

今回お話していくのは、鯛と呼ばれる魚についてです。基本的に、鯛は、マダイのことを指すのは、皆さんも知っていることだと思います。ですが、日本中、世界中には、マダイ以外の様々な体が生息しています。今回は、数ある隊の種類の中から、日本で生息している我々になじみのある鯛、鯛の仲間を14種類の生態や食に関するお話しについてしていこうと思います。

鯛の種類①:マダイと呼ばれる魚

マダイの基本情報

chefuchiさんの投稿
53435591 333755847246780 886956154278631700 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まずは、鯛と言ったら、マダイというように、鯛と呼ばれる魚の中心である真鯛からお話していきましょう。漢字で書くと真鯛となります。分類分けすると、タイ科のマダイ亜科マダイ属に属する種類に分類されます。サイズは、最大1メートルを超えるかなり大きいサイズまで成長することもあります。寿命は、20年~40年生きるとされています。

他の鯛との違いと見分け方について

hisanori_tanakaさんの投稿
53117336 764839343915233 6029977823418325448 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、マダイの他の違いについてお話しましょう。真鯛の最大の特徴は、背中の斑点模様ですね。若いころは、青みがかった斑点が確認できます。サイズアップするにつれ、赤いというよりもピンク色にちかいの鱗は、やや茶色に近づいた赤い色をするようになってきます。他にも見分ける際、注目すべきところは、尾びれですね。きれいな三角形を描き、赤いカラーとそこが黒いのがポイントとなります。

味はどうか?

では、マダイの味についてもお話しておきましょう。我々に最もなじみ深い高級魚なので、特に説明する必要もないかもしれませんが、脂肪分が少なく、引き締まった身をいただくことができるのが、マダイの良さですね。また、効能としては、疲労回復の効果もあるとされています。

鯛の種類②:チダイと呼ばれる魚

チダイの基本情報

toritoto_さんの投稿
49641303 261681591396817 1610639696186947420 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、チダイです。漢字で書くと血鯛となります。血のにじむようなカラーなので、このようの呼称されています。マダイに比べると頭の方が丸みを帯びているのがわかるかと思います。マダイに比べると30~40センチ程度の小さいサイズまでの成長までと言われています。日本では、北海道から九州まで、広く生息している鯛の種類になります。分類は、タイ科マダイ亜科チダイ属という種類に分類分けされています。また、国内でとれる赤い鯛の仲間の一種です。

他の鯛との違いと見分け方について

junji.takenakaさんの投稿
41454588 148795609405274 4439222555929271255 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

先ほど少しふれたように、まず大きさが小さいという点と頭の丸みがあるというのは、大きな違いとなり、分類するうえで、ポイントとなります。マダイの尾びれと比較してみると、マダイは黒い淵、そして橋が丸みを帯びているのに対し、チダイの場合は、ピンと張りつめ、赤いというよりもオレンジがかったカラーなのが特徴です。カラーによっては個体によって、濃さが変わるので、断言できませんが、ヒレ、そしてエラの赤さによっても差別化を図ることができるでしょう。

味はどうか?

komamechan911さんの投稿
31122514 450034605436553 4023760808704999424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

チダイの味ですが、マダイと比べると、チダイの方がみずみずしく、弾力性がマダイに比べ少なく、柔らかく食べることができる印象が強い魚となっています。かなり透明度が高い白身魚で、火を入れる料理もおいしいですが、刺身をはじめとした生食の方が、特におすすめできるお魚です。スーパーでも稀に見かけることがあるお魚です。

鯛の種類③:キダイと呼ばれる魚

キダイの基本情報

ko.yuugaさんの投稿
52537109 333882907255211 6062924450124199556 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、キダイです。別名、連子鯛とも呼称されることもあります。(スーパーなどで、レンコ鯛と書かれた小さい鯛がセット販売されているのを見たことのある方は少なくないでしょう。)漢字で書くと、黄鯛となります。分類は、タイ科のキダイ属の種類に分類されます。体長は、こちらもマダイよりも小さい30センチ程度にしか成長しません。チダイ同様、国内の赤い鯛の仲間の一種になります。ちなみに、赤い体の仲間に含まれるのは、この3種類以外にはいません。

他の鯛との違いと見分け方について

shinichi_katsumuraさんの投稿
51153500 2183190348435496 7605073317910970885 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、キダイの特徴についてお話していきましょう。キダイは、ほかの赤い体の仲間に比べてみると、パッと見て違いが分かるくらい、ところどころが黄色がかっています。体色、ヒレ、口、頭の一部とところどころ黄色がかっていて、なおかつ、体色がやや明るいのも、ほかの赤いタイとの違いとして、わかりやすいポイントとなるでしょう。

味はどうか?

kataoka.ken.ichiroさんの投稿
44458955 757088611304127 3139355619374484699 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、このキダイの味に関してはどうでしょうか。このキダイに関しては、チダイとは全く逆で、熱を通した料理が最適な帯になります。焼き物、煮物、揚げ物、汁物と熱を入れる料理にはとことん合う鯛の種類なのです。みずみずしさを持ちながらも、熱を通しても締まり切らない身が、熱を通す料理とマッチして、非常に高級感のある料理へと変貌させます。

鯛の種類④:クロダイと呼ばれる魚

クロダイの基本情報

fishup05さんの投稿
51885895 1156294691205211 558449340052887847 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、クロダイになります。真鯛などの赤いタイと異なり、こちらは黒いタイといって差し支えないでしょう。分類は、タイ科ヘダイ亜科クロダイ属の種類に分類されます。口が発達しているので、貝やカニなどの甲殻類も食べますし、エサ釣りでは、コーンやサナギ、スイカなどにまで手を出す雑食のお魚です。防波堤にも多く生息しているため、釣りでお世話になっている人も少ないくないでしょう。サイズは、70センチほどまで成長します。

他の鯛との違いと見分け方について

eakeshiaさんの投稿
52915703 2252257428169444 2533881266239252074 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、クロダイの特徴についてお話していきましょう。ほかの黒いタイと比べて、キビレはヘダイと比べると、名称通り真っ黒なところがあります。まず、キチヌとは、ヒレの色が異なりますし、ヘダイとは、ヒレの色もですが、サイズ感、そしてヘダイに比べるとクロダイは真鯛に近いひし形の体系をしています。成長したものは、真っ黒なものも多いですが、若いとややシルバーがかったカラーの個体がいるため、ヒレなどで判断するのが良いでしょう。

味はどうか?

chiricom1214さんの投稿
51738282 1286909548142010 8320639164444650969 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、クロダイの味についてです。昔は、マダイに比べるとおいしくないとの声も上がりましたが、シーズンを外さなければ、マダイ以上の高級な味わいも期待できる魚です。(旬のシーズンは、秋から春になる間です。)生食、熱を通す料理どちらにも合う白身が特徴的なお魚です。歯ごたえが良く、最近では、ムニエルやアクアパッツァなどの洋風の料理で使用されることが増えています。

鯛の種類⑤:キチヌと呼ばれる魚

キチヌの基本情報

saturn_diaryさんの投稿
33727833 431812037285289 1045892311159930880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、キチヌと呼ばれるタイですね。黄色いヒレのチヌ(クロダイの別名)ということで、キチヌと呼称されています。北の地域には少なく、特に暖かい地域で確認される黒いタイの一種になります。釣り人の中では、キビレとも呼ばれています。分類は、ヘダイ亜科クロダイ属とクロダイと同じ種類に分類されています。特に大阪湾では多く確認されている黒いタイの種類ですね。クロダイよりやや小さいサイズの50センチ程度まで成長します。

他の鯛との違いと見分け方について

astrochaos666さんの投稿
43985559 341406966420613 7257308052603323455 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

先ほどクロダイのところでもふれましたが、画像の通り、黄色がかっている尻びれ、尾びれ、胸鰭が特に特徴的です。まだ小さいころは、同じ黒いタイであるヘダイと比べえると、かなり見分けがつきにくいのですが、先ほど触れたヒレで見分けがつかなければ、鼻の部分を見てあげると、おそらくわかるでしょう。ヘダイには、鼻が黄色がかっている特徴があります。同じ黒いタイでも、このあたりで見分けるのが良いでしょう。

味はどうか?

mms410さんの投稿
38773361 685432288491033 4114322440409055232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、キチヌの味についてはどうでしょうか。基本的には、クロダイと同様な味わいです。やや淡水が入り混じったような臭みを放つことがあるので、臭み取りをすることも視野に入れて方が良いですね。こちらもソテーやムニエルなどの洋風な料理に変身させてあげるのが、ここ最近のトレンドのようです。

鯛の種類⑥:ヘダイと呼ばれる魚

ヘダイの基本情報

turi0109さんの投稿
51132301 2314579132111081 4026115281434553880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、ヘダイと呼ばれる黒いタイの仲間になります。分類は、タイ科ヘダイ亜科ヘダイ属の種類に属しています。漢字にすると平鯛と書きます。名称の通り、平たいフォルムが特徴的な魚です。喰ら代と比べると沖合の海に生息するため、船釣りでは見かけることはありますが、堤防ではあまりお目にかかることの無い黒いタイの種類の一種ですね。ちなみに、黒い鯛の種類は、ほかにも何種類か生息しているようです。温暖化の影響で、増加傾向にある種類の鯛の種類でもあります。サイズは、クロダイよりも小さい、40~50センチといった所です。

他の鯛との違いと見分け方について

nnkysfmさんの投稿
52703032 631298290655211 2740997859059055348 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヘダイの特徴についてお話していきましょう。ほかの黒いタイと比べると、名称通り、フォルムが平たく、そして丸みを帯びているのが、まず大きく異なります。また、ヒレや体色も色鮮やかで、キチヌの見分け方の際にも話した通り、鼻の位置に黄色がかっているのが、大きな邑久町であり、見分けるポイントになります。

味はどうか?

naoss777さんの投稿
46852634 327352508100032 5460232145442055989 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヘダイの味はどうでしょうか。価格的には、高級とは言えない、一般的な家庭でも簡単に入手できるものですが、クロダイに比べて、沖に生息しているからか、まったく臭みがなく、食べやすいお魚となっています。ほかの黒いタイ同様、ムニエルなどがの料理にも合いますし、生食も臭みがないので、おすすめ度が高いです。

鯛の種類⑦:アマダイと呼ばれる魚

アマダイの基本情報

umizuriouさんの投稿
52273919 156017202064933 7939325000319503414 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、アマダイです。アマダイには、アカアマダイ、シロアマダイなどをはじめ、様々な種類がいますが、今回はまとめてお話させていただきます。別名、グジとも呼称されます。中部地方以南の日本各地で確認されています。分類は、アマダイ科アマダイ属に分類されます。サイズは、全長60センチまでに成長します。小さいように見えますが、60センチまで行くとなかなか大きいですね。水深150メートル付近まで潜って巣穴を作り、身を潜めて生活しています。

他の鯛との違いと見分け方について

nagasaki_sakanaさんの投稿
52885481 303756416982373 8058356550288909835 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アマダイの特徴についてお話していきましょう。まず、今まで紹介してきたタイとは異なり、長細いフォルムが特徴ですね。長方形にも似た形の魚で、頭が四角く曲がっているようにも見えます。また、アマダイの種類にもよりますが、薄くきれいな体色で、煌びやかな筋が入っている個体も存在します。

味はどうか?

daisuke4164さんの投稿
51732507 179780536318473 5923766900191552803 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アマダイの味の方はどうでしょうか。大ぶりのものは大味と言われることが多いですが、アマダイに関しては、大型になればなるほど、うまさを増す魚です。名称通りの甘い白身となっていて、特に焼き魚として食べる時に、その甘さが最大限に生かされることになります。

鯛の種類⑧:イトヨリダイと呼ばれる魚

イトヨリダイの基本情報

c.miyashiさんの投稿
51998090 2339250439637772 898210000632110977 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、イトヨリダイです。鯛を呼ばずにイトヨリと呼称されることも多いです。見た目は、鯛のたの字も浮かばないような、鯛とは似ても似つかないフォルムをしています。分類は、イトヨリダイ科イトヨリダイ属の種類に分類されます。こちらもアマダイ同様に水深250メートルと深い所に生息しています。一般的な深海と呼ばれる海域にも含まれる位置ですね。(200メートル以上の水深から深海と呼ばれます。)サイズは、最長で40センチとやや小さいようです。

他の鯛との違いと見分け方について

uraroji.2018さんの投稿
53968693 262683694658946 1239466044665195530 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イトヨリダイの特徴についてお話していきましょう。まず、注目すべきは、体を横走る黄色いラインです。これがまず、イトヨリダイの特徴の1つです。ピンク色の退職に黄色のコントラストがきれいですね。体色をよく見ると青みがかっているのも確認できます。そして、イトヨリダイの最大の特徴こそ、尾ヒレの上部になります。よく見ると長く黄色い糸のように、少し伸びているのが確認できるかと思います。

味はどうか?

regalo.ytさんの投稿
51623757 825279521158700 7569876332112638820 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イトヨリダイの味についてはどうでしょうか。実は、イトヨリダイという魚は、海外でも人気度の高い高級食材でもあります。スペインなどのヨーロッパでの魚料理の食材としては、引く手あまたなほどの高級k魚なのです。熱にも強い水分の多い白身魚なので、ほかには蒸し料理などにも合う魚なのです。

鯛の種類⑨:コロダイと呼ばれる魚

コロダイの基本情報

irohachayaさんの投稿
51240554 594147351011093 6136803894767756103 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、コロダイと呼ばれる魚です。漢字で書くと胡廬鯛となります。分類は、タイ科ではなく、イサキ科コロダイ属の種類に分類されます。このあたりから、鯛科ではないものも出てくるので、注意してみてみてください。あまりなじ物ないと思う方も多い魚ですが、西日本では、漁獲量が多い魚の一種です。元々、和歌山県でよく取られるというのもあって、名称をつけられた背景があります。サイズは、最長で80センチにも達する魚です。

他の鯛との違いと見分け方について

sensuikozoさんの投稿
47474116 136733133985633 568386141705884554 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

コロダイの特徴についてお話していきましょう。まず、コロダイは、幼体のころから、成長するにつれて、大きく見た目を変化させる習性があります。小さい頃は、茶色っぽい黒と黄色に白いラインが横に惹かれたフォルムなのですが、成長するすると、斑点模様が目立つ魚に大きく変貌します。他のタイとは、まったく異なるフォルムなので、見分けがつかないこともないでしょう。

味はどうか?

kyohei_5321さんの投稿
44844620 193376234841637 4251145182957687474 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

では、コロダイの味についてです。コロダイの身は、硬さがあって、透き通ったきれいな白い身が特徴的です。なかなか目にする機会がないですが、高級食材というわけでもありません。とはいえ、現在の価格以上の値がでても、納得の味わいのあるお魚ではあります。

鯛の種類⑩:ブダイと呼ばれる魚

ブダイの基本情報

orurudojpさんの投稿
46564758 384997755587758 19834654169259155 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、ブダイです。漢字は、諸説あって、部鯛、武鯛の他に3種類の可能性があるそうです。分類は、ベラ亜科ブダイ科ブダイ属に分類されます。見た目でわかるように、キュウセンベラなどの仲間に該当します。もっといえば、水族館などでも見かけるナポレオンフィッシュなども仲間です。体長は、最大60センチと思ったよりも小さいサイズのようです。

他の鯛との違いと見分け方について

marukinsuisan_kinshichouさんの投稿
51176239 780933678936904 9182921824460934153 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ブダイの特徴についてお話していきましょう。まず、注目すべきは、この体色ですね。ガシラのようなカラーのものもいれば、青みがかった南国カラーというような体色のものも存在します。(仲間であるキュウセンベラ同様、性別でカラーが若干変わります。下の画像はメスに該当します。)特徴は、この大きな鱗ですね。武鯛と呼ばれているのは、武士の甲冑、鎧のような鱗を持っているということで、この漢字が割り当てられている説があるようです。

味はどうか?

tonawo_pさんの投稿
49813302 115304779542212 5023177964574139959 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ブダイの味についてです。見た目は、なかなかパンチが効いてますが、食べてみるとなかなか味わい深いいい味を出します。煮物にすると、コクのある出汁を出して、深みの出る味に仕上がります。また、川はゼラチン質が多く、美容にも言いとられています。女性にはおすすめの食材かもしれません。

鯛の種類⑪:フエフキダイと呼ばれる魚

フエフキダイの基本情報

tomomaro_さんの投稿
45591070 522619671588004 442371308524352421 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いては、フエフキダイです。分類は、フエフキダイ科フエフキダイ属の種類に分類されます。ブダイ同様、南国間のあるフォルムですが、それもそのはず、西日本の海域でよく確認されている魚です。体長は80センチを超える大きさです。フエフキダイは、細かい種類の仲間が数多く生息しています。

他の鯛との違いと見分け方について

marukinsuisan_kinshichouさんの投稿
53593531 266349847621763 306801461795724910 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フエフキダイの特徴についてお話していきましょう。名称通りにはなってしまいますが、注目すべきは、口ですね。名称の由来でもありますが、どう考えても笛を吹いているようにしか見えません。そういったフォルムの魚は、深海魚を除けば、そこまで多くはありません。差別化は図れるでしょう。

味はどうか?

sans_le_sou_nisiogiさんの投稿
46846825 517039268810413 5278600989834632196 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フエフキダイの味についてです。実は沖縄では、いまさらと言っていいほど定着している食用の魚です。癖がなく食べやすいので、生食でも熱を通してもおいしくいただけます。こちらも洋風な料理におすすめですね。

鯛の種類⑫:イシダイと呼ばれる魚

イシダイの基本情報

marukinsuisan_kinshichouさんの投稿
52773145 810267209349305 1537589989980338042 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、イシダイです。分類は、イシダイ科イシダイ属の種類に分類されます。磯の王様とも呼ばれるほどの高級魚で、釣りのターゲットでもお馴染みです。クロダイ同様、強力な顎と歯を兼ね備えていて、貝も甲殻類もバリバリ食べてしまいます。イシガキダイに関してもほとんど同様なので、今回は省略しておきます。

他の鯛との違いと見分け方について

ryuji021225さんの投稿
53185845 1116037991909398 1375655116907201888 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イシダイの特徴についてお話していきましょう。まず、小さいころ(サンバソウと呼ばれる時期)は、黄色と黒の盾縞模様をしています。そして、生体になると、画像のような白と黒のコントラストの魚に変化するのです。オスの場合だと、白いカラーの部分がどんどん黒いカラーの浸食していくという特徴もあります。オスの見分けは難しくなさそうですね。

味はどうか?

hitsute.666さんの投稿
52047898 2094634027319330 7511418876705222637 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

イシダイといえば、言わずと知れた磯の高級魚です。磯の風味を漂わせ、コリコリとした食感が溜まらないので、是非、生食で味わいたいですね。刺身は勿論、カルパッチョなどにもピッタリの高級食材です。

鯛の種類⑬:キンメダイと呼ばれる魚

キンメダイの基本情報

tk.kurokawaさんの投稿
51786086 154661475437379 2329433299173432478 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

続いて紹介するのは、キンメダイです。漢字で書くと金目鯛になります。名称通り、金色に輝く目が特徴的なお魚ですね。分類は、キンメダイ目キンメダイ亜科キンメダイ科キンメダイ属の種類に分類されます。今、話題の深海づりのターゲットにもなっている深海魚の一種です。また、非常に味わい深いため、高級魚としても知られているお魚でもあります。

他の鯛との違いと見分け方について

honkemaguroya_officialさんの投稿
53236554 1967019546926264 2675982879061486793 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キンメダイの特徴についてお話していきましょう。深海魚であるキンメダイは、深海魚特有の武器を持っています。誰もが知っている通り、キンメダイは、金色の目玉を持つことで知られています。これをみればキンメダイと一発でわかります。その金色の目の理由ですが、瞳の奥にあるペータムと呼ばれる反射層で光を収集しているため、このように光り輝いているように見えるという裏側があったということなのです。元々、光っていたわけではありません。深海魚は不思議なことが一杯ですね。また、体色は濃い赤いカラーをしています。

味はどうか?

takahiro0903さんの投稿
51632824 1809561012481161 2765773839111417719 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キンメダイの味についてです。深海魚というよりも、高級魚としての方が認知度が高いと思いますので、その味わいは折り紙付きです。特ににつけは、人気料亭などでも出されるほどの絶品ぶりです。煮つけにしても赤いなフォルムは健在です。一度は味わっていただきたいお魚です。

鯛の種類⑭:マトウダイと呼ばれる魚

マトウダイの基本情報

ryosuke9007さんの投稿
52909894 111639879821500 4599134813654197591 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最後に紹介するのは、マトウダイです。漢字では、的鯛と書くようです。分類は、マトウダイ目マトウダイ科の種類に分類されます。北海道から九州までのほぼ日本全域に生息確認されている魚種です。こちらもキンメダイ同様、水深400メートル周辺の深さに住み着く、深海魚となります。体長は、最大で50センチに達します。独特なフォルムなのも、深海魚と聞くと納得ですね。

他の鯛との違いと見分け方について

divingshop_molamolaさんの投稿
52930055 648663692258825 1338804861553144796 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

マトウダイの特徴についてお話していきましょう。先ほど触れたように、深海魚独特の変わったフォルムをしています。少なくとも鯛とは似ても似つかないようなフォルムですね。大きな特徴としては、伸びる口、平たく、丸みを帯びた体系、その体には黒く目立つ丸く大きな斑点が打たれています。これこそマトウダイの証で、的のようにみえることから、呼称されているともいわれています。

味はどうか?

hideshi.nagaeさんの投稿
51018466 1502291389905887 7634023015075690601 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

マトウダイの味はどうでしょうか。深海魚ということもあり、めったにお目にかかることはできませんが、果たしておいしいのでしょうか。見た目からは想像できないような味わいを演出してくれる魚でもあるのです。特に揚げ物と相性の良い熱で締まりを見せる白身が特徴です。勿論、生食でも食べておきたい魚でもあります。

様々な鯛の種類の仲間と共通することとは?

鯛科鯛属でなくとも、鯛の名がつく魚は味が格別!!

okochi.chikaさんの投稿
54083516 338942870087312 1429314556100298903 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

いかがでしたでしょうか。ほかにも小さな回遊魚でもあるスズメダイやコロダイの仲間でもあるコショウダイ、タカノハダイなどなど、ほかにもかなりの数の鯛と呼称される魚が存在します。総合して言えるのは、鯛と名前が付けられた魚で、まずいと思う魚は一つも存在しなかったということです。鯛という名前は、やはり偉大でした。是非とも、騙されたと思って、今まで食べたことの無い深海魚を含む鯛と名のついた魚を味わってみてはいかがでしょうか。大きく世界観が変わるかもしれませんよ。

関連する記事をご紹介!

Thumbチダイとは?マダイとの違いと美味しい食べ方7選!【さばき方付きで解説】 | 暮らし~の[クラシーノ]
チダイは、マダイと並びよく食される鯛です。しかし、鯛の代表格マダイに比べると、やや格下の鯛と...
Thumbアマダイの仕掛けは?図で解説するアマダイ仕掛けの作り方! | 暮らし~の[クラシーノ]
美味しい高級魚、アマダイの仕掛けについてです。釣り方に合わせた仕掛けのタイプや餌、初心者の方...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ