Twitter
Facebook
LINE

手作り看板を作ろう!簡単でオシャレにハンドメイドできる作り方をご紹介!

手作り看板を作ろう!簡単でオシャレにハンドメイドできる作り方をご紹介!

ゆー

イベントやお店に素敵な看板があったらいいなと思うことがあります。手作りで作ってみたいけど、作り方が分からないという方もいるのではないでしょうか。今回は手作りで作れる看板の作り方をご紹介。お店やイベントの看板、案内板にぜひ参考にしてください。

手作り看板をハンドメイドしたい!

お店やイベントなどを出す場合に、看板があるとお店の名前を知ってもらえますし、案内板があれば人を呼び込むことができます。看板には個性がでるので、ハンドメイドのイベントに出る人は特に看板があるといいと思う方もいるのでは?

今回はそんな方のために、お店の看板の作り方をご紹介していきます。簡単な作り方を基本にお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

手作り看板にはどんなタイプがある?

立てるタイプ

お店や看板の案内板には種類があります。まずは立てるタイプ。立てるタイプであれば、お店の前に大きな看板を出したり、イベントの際にも小さいものを作って床や机の上に置いておくことができます。看板自体がそのままで立つので、何もない屋外や床に置きたい場合に便利です。

置くタイプ

次は置く、というよりも何か後ろに物を置いて立てかけるタイプです。これに関しては、看板や案内板は特に難しい作り方をする必要はありません。ただ、立てかける場所が必要なので、屋外に置いたりイベントの机に置く場合は、立てかけられるようなものを置いておくか、額立てスタンドなどを用意する必要があります。

吊り下げるタイプ

吊り下げるタイプは立てかけるタイプと同じで看板があればその上に紐などを取り付けて吊りタイプにすればOKです。この場合はドアに取り付けたり、壁などに設置する場合に使えます。置く場所によってタイプが変わるので、どんな場所でどのように使うのかを考えて看板を作っていきましょう。

手作り看板の作り方をご紹介!



それではまず、看板の作り方をご紹介していきます。カフェなどのお店によくある立てかけるタイプの木製看板や、100均のすのこで安く作る看板、吊利看板の作り方をご紹介します。お店の屋外に置きたい方や、イベントなどで使用する方は参考にして作ってみてください。

手作り看板の作り方①立てかける黒板看板

立てるタイプの木製看板をDIY!

こちらは立てるタイプのA型看板です。そのままで自立するので、お店の屋外に置いたり、イベントなどでも床や小さいものを作ればテーブルの上に置いておくことができます。こちらは頑丈に作ってあるものなので、お店の屋外でずっと使いたいという方におすすめの作り方です。

黒板看板の作り方

こちらのA型看板の作り方ですが、必要なものはすのこ、ベニヤ板、ペンキ、黒板塗料、蝶番、ねじ、フックネジ、チェーンです。すのこにペンキを塗り、黒板の大きさに切ったベニヤ板に黒板塗料を塗ります。

すのこを蝶番でつなぎ、すのこにベニヤ板で作った黒板を取り付けます。下部にはフックネジとチェーンを取り付ければ完成!思ったより簡単にできあがります。

手作り看板の作り方②100均すのこ看板

100均で作る立てかけるタイプの木製看板

こちらは、100均の材料で作る簡単黒板の作り方です。こちらは小さいタイプのすのこを使っているので、簡単安く案内板を作りたいときや、イベントで使う場合にいいのではないでしょうか。看板の下にはブリキ缶も付いていて、植物をおしゃれに飾れます。安く簡単に作りたいという方はぜひ参考にしてください。

100均看板の作り方

この簡単看板の作り方ですが、使う材料はすのこ、ブラックボード、ブリキ缶、ワイヤー、麻紐、タッカーです。すのこに色を塗り、釘を使てブリキ缶に穴を開けます。すのこ同士を、こちらは蝶番ではなく麻紐とタッカーで取り付けています。

支え部分も、すのこの一番下に麻紐をタッカーで固定。ブラックボードは両面テープで取り付けています。ブリキ缶にはワイヤーを通してすのこに取り付け、完成です。

手作り看板の作り方③吊り看板

吊り看板はとっても簡単

吊り看板は、特に難しい作業は必要ありません。立てかけるタイプも同じですが、看板のデザインを作ってしまえば上部に紐や金具を取り付ければ簡単に作れます。

こちらはドアに吊り看板を取り付けたいという方や、イベントで机にぶら下げて使いたいという方におすすめの作り方です。コンパクトにしまえるので、移動の際にも立てかけるタイプよりも持ち運びが楽ちんにできます。

吊り看板の作り方

吊り看板の作り方ですが、作った看板の上部に穴を開けて紐を通すか、もしくは100均などでも手に入る三角吊り金具を取り付ければOKです。通す者は紐でもいいですし、金具と同じ色合いのチェーンを取り付けてもOK。

看板のイメージと合わせて紐やチェーンの色を決めてください。看板は木製のものでも、額縁でもお好きなものを選んでください。

手作り看板のデザインの仕方をご紹介!

さて、看板の作り方をご紹介してきましたが、次はデザインの仕方についてご紹介していきます。看板にお店の名前を書きたいという場合にも、文字入れの方法はさまざまあります。

屋外で使う場合は黒板に書いただけでは消えてしまうので、落ちない方法を考え利必要があります。使う場所によって、看板のデザイン方法も変えてください。

手作り看板のデザインの仕方①文字入れ

こちらは、初めは木材の加工をご紹介しているのですが、0:40のところから木製看板への文字入れの方法をご紹介しています。好みの文字を印刷した紙を木製看板に取り付け、カッターで文字を切り抜いていきます。

切り取ったら、その上からペンキを塗って紙を剥がせば完成!文字が上手に描けないという方でも、簡単に看板の文字が描けます。パソコンで印刷すれば、文字体も選べるのでおすすめの方法です。

手作り看板のデザインの仕方②ウォールステッカー

文字入れの方法

この看板は、ウォールステッカーを使った看板の作り方です。ウォールステッカーは100均でも売っているので、欲しいデザインや文字のものを探して購入すれば簡単に看板づくりができます。

ウォールステッカーを切り取り、擦って看板に貼りつけるだけで作れてしまいます。看板にイラストも欲しいという方は、ウォールステッカーを使えばすぐにおしゃれなイラストを作ることができます。

手作り看板のデザインの仕方③ウェルカムボード

手作り看板のデザインの仕方④アルファベッド置物

こちらは結婚式のウェルカムボードです。ウェルカムボードを手作りしたいという方も多いと思いますが、やはりデザイン性が素敵な方がいいですよね。こちらはバランスなどもきれいにできる作り方をご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

額縁を使って作っているので、看板の文字部分はおしゃれな文字で印刷するだけでOK。周りは造花と立体蝶々、グルーガンを使ってデコレーションしていくだけで完成です。

こちらの看板は、木製のアルファベット置物を使って木製看板のデザインを作っています。このタイプであれば、立体に看板が作れますし、自分で文字を書くのではないのできれいな文字を作ることができます。

作り方はアルファベットの文字に色を塗り、木製板にねじを取り付ければ完成です。木製のアルファベット置物はボンドで接着してもいいですね。屋外に置く場合は、屋外用の塗料を塗っておくと安心です。

手作り看板のデザインの仕方⑤タイル

こちらは、タイルで作る表札の作り方をご紹介しています。使うものは、モザイクタオルとウッドスペース、ホワイトセメント、長ネジとスポンジ、ボンド、ハサミ、紙コップ、割りばし、除光液、ヘラです。

作り方は木製の木枠に材料を置いていき、デザインを決めます。デザインを決めたらタイルを並べ、ボンドで接着。その上から水で溶いたセメントを流し、スポンジで汚れををふき取り乾燥。除光液で汚れをぬぐって完成です。

手作り看板のデザインの仕方⑥セメント

こちらはちょっと変わった看板の作り方をご紹介しています。セメントで作る看板です。使う材料はすのことコルクステッカーです。木製すのこを使って木枠を作り、隙間をテープで埋めていきます。

その上から文字を反転させたコルクステッカーを置き、セメントを流し込んでいきます。完全に硬化したら木枠とコルクステッカーを外し、完成!セメントタイプなら屋外でも安心しておくことができます。

手作り看板のアイデア集

オリジナル感満載のおしゃれな手作り看板!

こちらはとってもおしゃれな看板!デザインが個性的で作った人のセンスを感じさせます。木の枝で文字を作り、周りにはドライフラワーや葉をきれいに配置しています。看板の下には鳥の置物も置いてあり、自然を感じさせる看板に仕上がっています。

木の枝で文字入れはとっても素敵ですね。イベントなどの案内板に利用してみてはいかがでしょうか。

シンプルだけど可愛い吊り看板

こちらはシンプルな吊り看板です。この黒板タイプなら100均でも手に入りますし、文字はいつでも消して描けるのでいいですね。イベントなどで使う場合には、書いたり消したりできる黒板を使うといいでしょう。

黒板にはフェイクグリーンを配置して、おしゃれな看板が簡単に安くつくることができます。黒板を使うなら、チョークアートも素敵。チョーク一色だけでも陰影のある絵も描けるんです。

子どもも喜びそうなかわいいハンドメイド看板

こちらは、とってもかわいいキューピーを使った看板です。ハンドメイドのイベントに使う方でしょうか、とっても凝った作りになっています。

イベントで看板を使う際は、ハンドメイドのイベントでは特に、看板が作品の顔になる場合もあるので、オリジナル感満載のものを作るとお客さんもたくさん訪れてくれるのではなないでしょうか。オープンとクローズの時間も示されていて、分かりやすい看板でもあります。

手芸でハンドメイドした看板

こちらはフェルトで作った野菜や食べ物を配置したおしゃれな看板。文字も立体で、水玉模様がかわいい仕上がりになっています。屋外では難しい看板ではありますが、イベント、屋内の案内板で使えそうです。手芸のお店をイベントで考えているという方は、お店の看板や案内板を得意の手芸で作ってみるのはいかがでしょうか。

矢印を作っておしゃれなデザインの看板を作る

こちらは矢印の看板。一つのお店の看板をたくさんの矢印で作っています。文字はおしゃれな文字体を使って、サロンの看板を作っています。サロンやカフェなどで提供するメニューが矢印に描かれていて分かりやすいですね。場所とメニュー、一気に表現できる案内板。屋外でも使えて便利です。

プランター付きのおしゃれな看板

こちらはプランターも入る案内板です。しっかりとした作りで作ってあるので、屋外でも問題ありません。屋外に置く場合は、屋外用の塗料を塗っておくと安心です。プランターも付いているので、お店の周りに庭がない場合にもおもりにも飾りにもなって素敵な看板に仕上がります。

一文字一文字を吊り下げて

こちらもオリジナル感の感じられる面白い看板です。文字を木製の板などに貼り付けるのではなく、文字自体を立体でハンドメイドして一文字ずつぶら下げています。こんな看板があったら、目を引きそうですね。

お店に看板を置く場合は、目を引くということも大切になります。通り過ぎる人が目を引くような素敵な看板を作ってください。

ワイヤーネットで作るお店の案内板

立てかける看板は、すのこで作る方法をご紹介しましたが、こちらはワイヤーネットを使っています。ワイヤーネットも100均で手に入るアイテム。

ワイヤーネットは結束バンドや紐などで簡単に接合することができるので、すのこよりも作業は簡単に看板をハンドメイドすることができます。こちらはまた、木の板におしゃれにアートして、看板を作っています。

リメイクシートを使った案内板を手作り

こちらは、コルクボードを使ってその上に造花の花やアルファベッドの置物、さらに今人気の立体のリメイクシートを使って看板を作っています。リメイクシートは100均でも手軽に購入することができます。

壁のリメイクにはたくさんのリメイクシートが必要ですが、看板に使用するなら一枚でも十分。安く可愛い看板を仕上げることができます。

おしゃれな看板をハンドメイド!

こちらは、木の板に文字を書いた正方形の板を斜めに釘で設置しておしゃれな看板を作っています。ハンドメイドなら、文字の配置も木材の種類や色も自分で選ぶことができます。看板をプロの人に作ってもらうことはできますが、自分で作れば愛着もわきます。ぜひ、気に入るような素敵な看板を作ってください。

切り出しの木材で作ったおしゃれ吊り看板

こちらは、切り出した木材に立体の文字を貼りつけ、さらにバスの絵を描いた看板を作っています。切り出した木材がとってもおしゃれですし、描かれた絵も素敵です。今は流木アートが流行っていますが、看板の木材もキレイに切った四角ではなく、あえてそのままの素材で使うのも素敵です。

チョークアートのおしゃれな看板

こちらはチョークアートで作った看板。チョークアートも実は、そんなに難しくなく素敵なイラストを描くことができるんです。絵が下手だから、という方も実際に描いてみるとチョークならきれいにかける場合があるんです。黒板の看板を考えている方は、チョークアートに挑戦してみてもいいかもしれません。

色を付けた石を並べて

こちらは、石に青と水色の色を塗ってお店の名前を作ったおしゃれな看板です。自然な感じが出ていてとっても素敵ですね。文字にはペンキで文字を書くのが普通ですが、石で作ったり粘土を使ったりと自由にできるのがオリジナル看板の良いところ。看板の素材も使える物がないか考えてみると、意外な看板がつくれるかもしれません。

子供と作るちぎり絵看板

こちらはハンドメイドしたちぎり絵看板。看板は木材でがっちり作らなければいけない訳ではありません。厚紙にちぎり絵を貼って作ったり、子どもの絵をクレヨンで描いた看板を作ったりしてもいいんです。子どもと一緒に作れば楽しい時間にもなりますし、完成した物は思い出として取っておくこともできます。

まとめ

今回はおしゃれな看板を簡単に作る方法をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。100均の材料で簡単に作る方法や、デザインもさまざまあるということが分かっていただけたのではないでしょうか。

お店の看板は、人を呼び込む大切なアイテムでもあります。ぜひこの記事を参考にして納得のいくすてきな看板を作ってみてください。

チョークアートが気になる方はこちらもチェック!

今回は手作り看板の方法をご紹介してきましたが、暮らし~のでは他にもチョークアートの記事もまとめてあります。黒板を使った看板を作ったら、チョークアートに挑戦したくなるかもしれません。チョークアートは思ったよりも簡単にできるので、この記事を読んで素敵な看板を作ってみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

コルトスナイパーBB100M実釣インプレ・・・どころじゃない

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

【基本】バイアステープの作り方を解説!テープメーカー無しで作れる!

今回はバイアステープの作り方を解説させて頂きました!バイアステープは手芸店などでも市販されていますが、お気に入りの布地で自分で作ることができます♪端切れなどの利用にもおすすめで、作り方も簡単ですのでぜ...

【基本】型紙の置き方を解説!柄や向きがある布の場合の注意点も紹介!

今回は基本の型紙の置き方を解説させて頂きました!型紙の置き方を間違えると困りますので、覚えておきましょう♪ 布には布目線という方向があり、型紙の置き方にもポイントがあります! 00:00 今回の内容...

21カルディア実釣インプレ!ショアジギングには使えるのか!?

【圧倒的】21カルディアの巻き取りパワーを検証します。 https://youtu.be/ph1qNhy4NbQ 【ライトショアジギ】ジグキャスター100M実釣インプレッション! https://y...

【基本】簡単な型紙の写し方を解説!ハンドメイドするなら覚えておこう!

今回は簡単な型紙の写し方を解説させて頂きました!型紙作りは非常に大切で、作品を作る前にきちんと型紙を作っておくことでそのあとの作業がうんと楽になり、ミスを防ぐことができます。 市販されている型紙は縫い...