フィッシュアロー「フラッシュバイブヘッド」!震えるフラッシュJで釣果アップ!のイメージ

フィッシュアロー「フラッシュバイブヘッド」!震えるフラッシュJで釣果アップ!

フラッシュバイブヘッドは、フラッシュJ向けに開発された新作のジグヘッドです。バイブレーションを起こす構造、フラッシュJにピッタリハマるカーブが特徴のアイテムで、フラッシュJの持つアクション、フラッシングを更に引き立てます。ソルトファンの方も要チェックです!

2019年03月07日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「フラッシュバイブヘッド」でソルトゲーム!
  2. 「フラッシュバイブヘッド」とは
  3. 「フラッシュバイブヘッド」のターゲット
  4. 「フラッシュバイブヘッド」には「スプリット 4" SW」!
  5. 「フラッシュバイブヘッド」のパッケージについて
  6. 「フラッシュバイブヘッド」のラインナップ
  7. 「フラッシュバイブヘッド」のセッティングについて
  8. 「フラッシュバイブヘッド」の使い方をご紹介!
  9. 「フラッシュバイブヘッド」の釣りを動画でチェック!
  10. 「フラッシュバイブヘッド」で釣果アップ!

「フラッシュバイブヘッド」でソルトゲーム!

フィッシュアローの新作ジグヘッドをチェック!

「フラッシュJ SW」向けに開発された新製品「フラッシュバイブヘッド」をご紹介!鉄板バイブのプレート的な役割を持つトサカが特徴のジグヘッドで、バイブレーションがフラッシュJのボディ、内部のアルミを激しく揺らします。フラッシュJを試してみたかった方、バイブレーション系ジグヘッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「フラッシュバイブヘッド」とは

フィッシュアローの新作ジグヘッド

フラッシュバイブヘッド

出典: http://www.fisharrow.co.jp

フラッシュバイブヘッド

http://www.fisharrow.co.jp/6945/

「フラッシュバイブヘッド」は、フィッシュアローの2019年新作ジグヘッドです。実績抜群の人気ワーム「フラッシュJ」の4インチにマッチするソルト向けの製品で、対象魚を問わないマルチな釣力が魅力。シーバス向けに各メーカーが展開している、バイブレーション系ジグヘッドと同じイメージで楽しめます。専用設計で遊びやすい!フラッシュJファンの方は要チェックのアイテムです!

フラッシュヘッドのバイブレーションバージョン!

フラッシュJ専用のヘッドは「フラッシュヘッド」が既にリリース済み。こちらはダート向けの製品で、横方向への鋭い動きを演出したい時におすすめ。ヘッド内側の独特なカーブは、フラッシュJのボディ形状に合わせた設計です。ダートなら「フラッシュヘッド」、ただ巻き、フォールなら「フラッシュバイブヘッド」と使い分けが可能!フラッシュJはテールタイプが複数展開されているので、相性のよいものを探すのも面白そうです。

「フラッシュバイブヘッド」のターゲット

代表的なターゲットを3種類ご紹介!

「フラッシュバイブヘッド」で狙えるターゲットについてです。バイブレーション、独特なフラッシングと特有の魅力を持つアイテムですが、ターゲットは幅広くオーソドックス。シーバス、ヒラメを中心に、根魚やタチウオにも有効です。ソルトもフラッシュJで攻略!マルチに使えるジグヘッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

①タチウオ

ジグヘッド+ワームが効くタチウオ。ワインドで狙うスタイルがスタンダードですが、明るい時間、低活性時はただ巻きが効くターゲットでもあります。時間帯や当日の活性状況に合わせて使い分ければ釣果アップ!フォール時もバイブレーションが起きるので、横方向に反応が悪い場合も「フラッシュバイブヘッド」が活躍します。定番のワインド、ディープを探るメタルジグと合わせて、釣果アップを目指しましょう!

②ヒラメ

サーフの人気ターゲット、ヒラメにも「フラッシュバイブヘッド」が有効。元々ジグヘッド+ワームで狙うスタイルが効果的なターゲットなので、ウェイトがあっている「フラッシュバイブヘッド」との相性はバッチリです。日中の釣りはフラッシュJの独特なフラッシングも効果的!フラッシュJに魅力を感じる方は、是非試してみてください!

③シーバス

ジグヘッド+ワーム定番のターゲット、シーバスの釣果もバッチリ!ウェイト21gとややヘビーなので、水深のある港湾、沖堤、ボートゲームにおすすめです。使い方はただ巻きオンリーでもOK!初心者の方でも遊びやすいと思います。このタイプの製品が特に人気のジャンルなので、こちらもフラッシュJのフラッシングに魅力を感じる方におすすめです。

「フラッシュバイブヘッド」には「スプリット 4" SW」!

推奨ワームは「フラッシュJ スプリット 4" SW」

「フラッシュバイブヘッド」の推奨ワームは同社の「フラッシュJ スプリット 4" SW」。元々はバス向けとして大流行したアイテムなので、ソルトゲームには比重をソルト向けに設定したSWモデルがマッチします。スプリットモデルはテールが二又に分かれたタイプで、オリジナルよりも動きが繊細。パッケージに同梱されているワームもSWスプリットの4インチなので、まずはこのセッティングから試してみましょう!もちろんフラッシュJの強みであるアルミ入りボディは健在です!

派生モデルも試してみよう!

オリジナルからSWへと派生したフラッシュJですが、その後もテールタイプを変えながら様々なアイテムが展開されました。4インチ前後をラインナップしているアイテムだけでも「フラッシュJ SW」、「フラッシュJ シャッド」、「フラッシュJ グラブ」と多岐にわたります。ブラック、ルミノーバとカラーも豊富!派生モデルを使ったインプレも楽しみなアイテムです!

「フラッシュバイブヘッド」のパッケージについて

ジグヘッド1つ、ワーム2本が付属

パッケージにはフック付きのジグヘッドが1つ、ワームが2本付属。ワームはジグヘッドに装着された状態で封入されています。定価は1,250円とやや高めですが、アルミ入りで単価の高いフラッシュJを考えると妥当な価格設定と言えるかもせ入れません。コスパよりも性能重視!手間のかかったフラッシュJで、貴重な一匹をゲットしましょう!

発売日は2019年4月予定

発売日は2019年4月を予定。サーフ、港湾シーバスとも暖かく釣りやすいタイミングでの発売になりそうです。まずは春の魚で性能をチェック!余った分はタチウオの接岸に備えて保管しておきましょう!

「フラッシュバイブヘッド」のラインナップ

ウェイトは21gのみ

ラインナップはヘッド+ワームの全長は120mm、ウェイト21gのみ。ライトゲーム向け、バス向けのウェイトもテストが進められているようです。ソルトの万能竿、シーバスロッドで投げやすいウェイトなので、最も使いやすいウェイトからのリリースと言えそうです。ソルト向けウェイトの追加にも注目!まずは21gから、「フラッシュバイブヘッド」を試してみましょう!

カラーバリエーションは豊富!

フラッシュバイブヘッド

出典: http://www.fisharrow.co.jp

フラッシュバイブヘッド

ヘッドカラーは「プレーンホロ」、「ストライプホロ」、「レンズホロ」の3パターンをラインナップ。ワームカラーは被り無しで計6パターンの展開になります。ナチュラル系3色、アピール系3色とバランスよく展開されているので、潮の色やポイントの実績と合わせて選んでみましょう。別色の「フラッシュJ スプリット 4" SW」を追加で購入して、カラーローテーションする方法もおすすめです!

「フラッシュバイブヘッド」のセッティングについて

フラッシュJを逆付け!

セッティングはフラッシュJを逆付け。「フラッシュヘッド」は正付けだったので、シリーズを通して使用している方は違和感を感じるかもしれません。ワームがセットされた状態でパッケージに入っているので、初回の方は1つ目を参考にワームを交換してみてください。逆付けすることでテール側のカーブが上面に、理想的なアクションが生まれます!

ツインキーパーでずれにくい!

ワームはトレブルフック型定番のヘッド付属キーパー、ボディ中央まで伸びたワイヤーのキーパー2つでホールド。ずれにくく、キャストが無駄になりにくい構造です。全体でトレブルフックを2つ搭載できるので、フッキング率も大幅にアップ!タチウオ、ヒラメ、シーバスとフックセッティングが重要なターゲットにバッチリハマります。

「フラッシュバイブヘッド」の使い方をご紹介!

使い方を3つに分けてご紹介!

「フラッシュバイブヘッド」の使い方についてです。アクションにバイブレーションが伴う、トレブルフックが2つ付いているといった特徴がありますが、使い方はスタンダードなジグヘッドリグと同じでOK。リトリーブを中心に、リフト&フォールも楽しめるアイテムになっています。アクションの質を変化させるローテーション先としてもおすすめ!使い方は簡単なので、初心者の方も是非気軽に挑戦してみてください!

①まずはただ巻きから試してみよう!

使い方の基本はただ巻き!ジグヘッドから伸びたトサカ部分がプレートのような働きをすることで、ジグヘッドにバイブレーションを与えます。ジグヘッドのウェイト、バイブレーションを発生させる速度を意識して、少し早めのリトリーブから始めてみましょう。表層、中層、ボトムと一定のレンジをキープ、アクションの質は異なるものの、使い方はスタンダードなジグヘッドと同じです!

②リフト&フォールでもアクション!

リフト&フォールでもバイブレーションが発生!ロッドを上げながらのリトリーブ、ロッドを下げながらのストップ、この2つを組み合わせて、縦の動きでも魚にアプローチできます。上から落ちてくるものに反応のよいヒラメ、根魚、水深のある沖堤タチウオゲームにおすすめ。ただ巻きで食わない時は、このアクションを試してみてください!

③強すぎない波動を使い分けよう!

ノーアクションなジグヘッドよりも強め、ワームがある分、鉄板バイブよりもアクションは弱め。波動とワームの弱さ両方を併せ持つのが「フラッシュバイブヘッド」です。ローアピールルアーとハイアピールルアーの中間的な選択肢として、ローテーションの中に組み込んでみてください。ワーム素材特有のソフトなアピールが効果的です!

「フラッシュバイブヘッド」の釣りを動画でチェック!

タチウオゲームの動画をチェック!

フィッシュアロー公式、タチウオゲームの動画です。マズメを抜けた日中の釣りは、強いアクションのワインドよりもワームただ巻き系の釣りが有効。青物、シーバスと対象魚が広く、沖堤防のサーチベイトとして活躍してくれそうです。フォールも有効に働くようなので、複数のアクションを混ぜながら遊んでみてください!

シーバスゲームの動画をチェック!

こちらもフィッシュアロー公式、シーバスボートゲームの動画です。橋脚のシェードをタイトに通すスタンダードな使い方が有効で、ボートでも陸っぱりでも基本的な使い方は同じ。小型の反応もよく、数を釣って遊びたいシチュエーションにも有効です。動画後半ではクロダイも登場!なんでも釣れる、バーサタイルなルアーをお探しの方は要チェックです!

「フラッシュバイブヘッド」で釣果アップ!

フィッシュアロールアーでソルトも攻略!

バス釣りはもちろん、ソルトでも根魚、マグロエビングとさまざまな釣りで活躍を続けるフラッシュJ。ボディ内部にアルミを仕込んだフラッシングは、魚種を問わずフィッシュイーターの本能を刺激します。専用ジグヘッドなら釣りが快適!ヒラメ、シーバスアングラーの方も、是非フラッシュJを試してみてください!

シーバス・ヒラメが気になる方はこちらもチェック!

シーバス、ヒラメ向けの新製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!メタルジグの形状ながら、シンペンやミノーのようなアクションを持つ邪道「冷斬」、サーフタックルにおすすめのダイワ「モアザンスピニング」、「19 セルテート」を紹介しています。フィッシュアロー「フラッシュバイブヘッド」とも相性抜群!こちらも是非合わせてチェックしてみてください!

Thumb邪道「冷斬」!スイミング重視のシーバス向けメタルジグが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
冷斬は邪道の2019年新作メタルジグです。形状、ルアージャンルはメタルジグですが、ミノーやシ...
Thumbダイワ「モアザンスピニング」!シーバス、フラット向けのハイエンドロッドがリニューアル! | 暮らし~の[クラシーノ]
モアザンスピニングの2019年モデルをまとめてチェック!ラインナップ全7本をご紹介します。サ...
Thumbダイワ「19 セルテート」!耐久性と軽さに磨きをかけた新モデルは要チェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
19セルテートは、ダイワの2019年新作スピニングリールです。高剛性をコンセプトにしたシリー...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ