スクリーンタープおすすめ11選!簡単設営&使いやすい人気&最新製品をご紹介!のイメージ

スクリーンタープおすすめ11選!簡単設営&使いやすい人気&最新製品をご紹介!

暑い時はメッシュで風を通し、寒い時は閉め切り風を防ぐ。スクリーンタープはフルクローズできる種類だと季節問わず使えフルクローズできなくても価格が安く虫が入ってこないのでおすすめですよ。今回はそんなスクリーンタープを11種類選んでみました。どれもおすすめです。

2019年07月21日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スクリーンタープとは
  2. 他のタープとの比較
  3. スクリーンタープの選び方1
  4. スクリーンタープの選び方2
  5. おすすめのスクリーンタープ1
  6. おすすめのスクリーンタープ2
  7. おすすめのスクリーンタープ3
  8. おすすめのスクリーンタープ4
  9. おすすめのスクリーンタープ5
  10. おすすめのスクリーンタープ6
  11. おすすめのスクリーンタープ7
  12. おすすめのスクリーンタープ8
  13. おすすめのスクリーンタープ9
  14. おすすめのスクリーンタープ10
  15. おすすめのスクリーンタープ11
  16. スクリーンタープのまとめ

スクリーンタープとは

まるでテントのようなタープ

スクリーンタープはタープの一種ですが外見はテントのような形をしていて、他のタープと比較すると四方と天井部分が生地で囲まれているため開放感は少ないですが、大きなメッシュパネルがついているため通気性はちゃんとあります。外見だけではなく設営のしかたもテントと同じで、ポールを使って組み立てていくことから、ヘキサタープやレクタタープのようにポールの数を変えたりして張り方をアレンジできない大きなタープです。

簡単に設営できるワンタッチタイプも存在する

構造がテントと似ていることからテントと同じようにワンタッチで設営できるタイプもあり、ほとんどテントのような感じで、形状もドーム型ですが、タープなので床部分の生地はない違いがあります。さらに他のタープと比較すると自立できるという違いもありスクリーンタープはテントとタープを足して2で割ったような特徴があります。開放感は少ないですが、四方に生地があるので蚊やハエなどの嫌な虫も入ってこないのでおすすめです。

他のタープとの比較

風通しの比較

フルクローズできないものもありますが、基本的にはメッシュパネルをフルクローズできる作りになっているので風にも対応できます。レクタタープの特殊な張り方を除いて他のタープは基本的に四方を囲まれていないため、風がタープの下でも通り抜けるのでここが一番の違いになります。スクリーンタープはフルクローズしなければ、夏の暑い日でも四方にメッシュパネルがあるので通気性はやや落ちますが、テントと比較すると快適です。

価格の比較

スクリーンタープと他のタープ(ヘキサタープやレクタタープ)を価格で比較すると基本的にスクリーンタープがやはり高くなります。通常のタープは簡単にいえば布切れですが、スクリーンタープはドーム型になるためテントのような構造となってるので高くなることは、しかたがないことです。中にはフルクローズするだけではなくよりテントのようになっていて、キャノピーのように張り出せるスクリーンタープもあります。

サイズの比較

他のタープと比較するとサイズはできるだけ広めのスクリーンタープを買ったほうがいいでしょう。理由は四方が生地に囲まれているため狭いと机や椅子を置いただけで通れないとなると使い勝手が非常に悪くなります。他のタープより使用人数に注意しないといけないのはテント同じですね。テントのように使用人数が書かれていないので、選ぶ時にテントのサイズを参考にして選びましょう。詳しくは後述します。

重さの比較

他のタープと比較すると重さは断然スクリーンタープのほうが重たくなります。スクリーンタープは小さなサイズでもだいたい7kg前後になり軽量なタープと比較すると1.5~2倍ほどの重さです。また5kgを切るスクリーンタープは数も少なめでタープとしては軽量ではありませんが、スクリーンタープとしては軽量な部類になります。

スクリーンタープの選び方1

サイズ

テントや他のタープと同じようサイズは重要です。先程紹介したようにヘキサタープなどのオープンタープと比べると壁があるのでタープからはみ出て通るなんてことはできません。キャンプ用品を置いたり、テーブルを置いたり、椅子を置いたりしながら人が通りやすいサイズが必要となります。テントでは2×2mでだいたい2~3人となっていますがスクリーンタープは3×3mで2~3人ぐらいと考えたほうがいいでしょう。

耐水圧

キャンプはアウトドアなのでテントや他のタープと同じように、どれくらいの雨にうたれたら水が染み出してくるかということです。スクリーンタープはドーム型になっていてサイドから雨が入り込まないようになっているので便利ですが、耐水圧が低いとあまり意味がないのでテントと同じように耐水圧をチェックしましょう。耐水圧を見るだけで簡単に雨や雪に対する強さが分かりますよ。キャンプで使うなら1500mm以上はあると使いやすいです。

設営方法

テントと同じように設営するということは、ポールなどをある程度自分で組み立ててタープのスリーブなどに通し他のタープよりしっかり設営していきます。ドーム型ですが四方に生地があるため風の影響をダイレクトに受けるので設営がしっかりできていないと危険です。YouTubeなどの動画共有サービスを利用して設営方法を学んだり、取扱説明書で設営方法調べたりしましょう。自信がない方は設営が簡単なワンタッチ式がおすすめです。

スクリーンタープの選び方2

フルクローズできるかどうか

スクリーンタープはメッシュパネルがあるので通気性はいいですがフルクローズできないと魅力が半減します。理由はメッシュパネルのままだと雨が降った時に中まで入ってきたり、通気性がいいということは冬の寒い風も入ってきて、四方が囲まれているのにメッシュのままだと他のキャンパーから何をしているか確認できてます。フルクローズできるとこれらの惜しいところがすべて解消できるのでフルクローズできるかは大切です。

テントとドッキングできるかどうか

スクリーンタープはテントと綺麗にドッキングできるためツールームテントのようにも使えます。ただすべてのスクリーンタープでテントとドッキングできるわけではないので調べて買ったほうがいいでしょう。基本的には同じメーカーのドーム型のテントとスクリーンタープだと簡単にドッキングできるものが多いです。この場合テントとドッキングした部分はフルクローズできないので注意しましょう。

フルクローズでできること

キャンプでフルクローズができると便利なことがまだあります。テントを使わず寝泊まりできるタープ泊が簡単になります。また冬キャンプではスクリーンタープの中に小さなサイズのテントを設営することで、簡単に快適な冬キャンプをすごせるようになります。

おすすめのスクリーンタープ1

キャンパーズコレクション:スクリーンハウス300

キャンパーズコレクション| テント スクリーンハウス300 PSH-300(BE)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ベーシックなドーム型のスクリーンタープでサイズは3×3mの小型のタイプです。フルクローズはできませんが、一枚だけハーフサイズのサイドシートが付属してくるので日よけ、目隠しに使えます。同社のテントと連結もできるのでフルクローズにこだわりがなければおすすめです。耐水圧は1000mmで、ドーム型のため裾に向かうほど広がっていてメッシュ部分から雨が入りやすいので晴れた時専用に使いたいスクリーンタープです。

おすすめの理由

出典: https://item.rakuten.co.jp

リーズナブルですが、スノースカートがついているので地面からの風が入り込まないようになっていてしっかりテントと連結できます。さらにUVカット加工に6kgと比較的軽量で小型です。机や椅子を入れるなら2人~3人でちょうどいい感じになります。

おすすめのスクリーンタープ2

クイックキャンプ:ワイドスクリーンタープ

クイックキャンプ QUICKCAMP ワイドスクリーンタープ 4m×2.8m グリーン QC-SS400 大型 UVカット スクリーンシェード アウトドア ワンタッチタープ タープテント
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ワイドタイプのスクリーンタープでリーズナブルな価格が特徴のクイックキャンプの製品です。4面メッシュパネルを搭載していてクローズできるのは背面のみになります。別売りのフラップを使用しすることでクローズできるようになりますが、暖かい季節だけキャンプに行く場合など期間を限定すると使いやすいでしょう。耐水圧は小雨程度なら問題ない1000mmですがメッシュ部分から入るので壁際は注意しましょう。

おすすめの理由

大きさは約395×275cmとワイドになっていて入り口から机などの大きな荷物を入れやすくなっています。重さは約10kgと軽量という程ではありませんが、まだ軽い部類でしょう。初心者でも設営が簡単なワンタッチ式で価格も安いことからおすすめです。安いですがUVカット加工もありタープとしての基本的な性能はちゃんとあります。

おすすめのスクリーンタープ3

コールマン:スクリーンキャノピージョイントタープⅢ

Coleman(コールマン) スクリーンキャノピージョイントタープIII 2000027986
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

コールマンのキャンプ入門向けのリーズナブルなスクリーンタープです。安いですがしっかりした作りでフルクローズ、スノースカート、テントと連結が可能です。サイズは300×300cmよりやや広い320×340cmでゆとりのあるサイズとなっています。グラスファイバー製のポールを使用しているので軽量ではありませんが、価格と性能が魅力的なスクリーンタープで耐水圧だけ1200mmなので大雨の時は撤収も考えたほうがいいでしょう。

おすすめの理由

雨が降っても濡れないようにジョイントフラップが付属し簡単に連結できるのでおすすめです。またコールマンは公式の動画で連結方法も簡単に説明してくれるので初心者でもわかりやすいですよ。フルクローズするためのフライシートが外側にあるためキャノピーとして張り出せる仕様もメッシュ部分をオープンにしたまま雨が防げるので便利です。

おすすめのスクリーンタープ4

コールマン:タフスクリーンタープ/400

スペシャルセール!*【コールマン】タフスクリーンタープ/400 (バーガンディ) 【在庫処分大特価!】(2000032599)コールマン Coleman キャンプ用品 アウトドア用品
楽天で詳細を見る

コールマン:タフスクリーンタープ/400+ 

グリーンとワインレッドの2色で展開されているフルクローズにも対応した大型サイズのスクリーンタープです。大きさは400×360と大きく6人程度でも使えますよ。設営はテントと同じようにポールを使って組み立てて行く必要がありますが、3本のポールを使用していて風に対して強度があるため春のキャンプや冬のキャンプなど風が強めの季節でも使えます。さらにフルクローズしても上部にベンチレーションがあるため快適です。

おすすめの理由

一人でも簡単に設営できるアシスト機能があるため、他の大型のスクリーンタープより設営がしやすく、スノースカートがあるのとフルクローズできるため冬のキャンプでも暖かく過ごせます。テントと連結もでき重さは約12.5kgと軽量といえませんが、持ち運びしやすいバッグが付いていてUVカット加工に耐水圧2000mmと悪いとことが見当たらないスペックです。

おすすめのスクリーンタープ5

DOD: コネクタブルスクリーンタープ2

コネクタブルスクリーンタープ2 TT5-580-BG ドッペルギャンガー DOD タープ テント サンシェード
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

使い方が割と自由になる少し変わったタイプのスクリーンタープです。ドーム型のオーソドックスな形状ですが、すべての面をキャノピーとして跳ね上げることができ、オープンタープのようにすることもできます。すべて跳ね上げて広い影をつくるだけではなく、フルクローズ、メッシュ、スノースカートと従来のスクリーンタープと同じ使い方もできます。大きさは350×350cmと綺麗な正方形で広めのサイズです。

おすすめの理由

2000mmの高い耐水圧に加えUVカット加工、そして全面フルオープン可能というところが一番のおすすめの理由です。作りが変わっていますが連結もできますよ。重さは14.6kgとサイズから考えると軽量ではなく重たいですがワンタッチ式の設営方法を採用しているのでやや大型ですが誰でも簡単に設営できて扱いやすいですよ。

おすすめのスクリーンタープ6

ロゴス:Q-PANEL iスクリーン

LOGOS ロゴス タープ Q-PANEL iスクリーン 3535 71459013
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

いろいろな使い方ができるロゴスのスクリーンタープです。外見はオーソドックスなドーム型ですが、フルクローズ時にフライシートでメッシュを覆うだけではなくキャノピーとなる部分はパネルになっていて車と簡単連結できるのでオートキャンプで真価を発揮し、雨に濡れずに荷物の出し入れができます。キャノピーは湾曲していることで水が溜まらなかったり、ランタンをそのまま吊り下げることもできる高い強度もあります。

おすすめの理由

出典: https://item.rakuten.co.jp

キャノピーや車との連結などいろいろな機能がりますが、一番のおすすめの理由はワンタッチ式で簡単に設営できることです。サイズは350×350cmですが高さが225cmと高く開放感があります。さらに約10kgと軽量で持ち運びしやすいです。背の高いドーム型ですが、風に対して風に対して強い筋違い構造になっていて安定感がありますよ。

おすすめのスクリーンタープ7

フィールドア:ワンタッチスクリーンテント

【1年保証】スクリーンテント スクリーンタープ テント ワンタッチ ドームテント タープテント タープ スクリーン キャノピー 2本付き 蚊帳 FIELDOOR 約 幅300cm x 行300cm x 高さ215cm 3m[送料無料][あす楽]
楽天で詳細を見る

ワンタッチで簡単に設営できますが、収納サイズがやや大きいタイプのスクリーンタープ(製品名ではテント)です。ドーム型のオーソドックスな形状をしていますが、フルクローズには対応していないので注意しましょう。ただしキャノピーにできたり別売りでサイドシートが発売されているので、買い揃えるとより便利に使えるようになります。大きさは3×3m、重さは6kgとワンタッチ式としては軽量な部類ではないでしょうか。

おすすめの理由

4面すべてが大型のメッシュパネルで通気性抜群ですが、なによりワンタッチで設営しやすいというのがおすすめの理由です。暖かい季節にしかキャンプをしないという方にはちょうどいい仕様で非常に細かなメッシュになっているので通気性を保ちながら嫌な虫の侵入を防いでくれますよ。中にはランタンフック、小物入れもあります。

おすすめのスクリーンタープ8

フィールドア:スクリーンテント

【1年保証】テント スクリーンタープ スクリーンテント ドームテント タープテント タープ キャノピー 2本付き 日よけシート 虫防止 メッシュ素材 収納ポケット 収納バッグ付き [約]幅300cm x 奥行300cm x 高さ220cm 3m 日よけ 日除け[送料無料][あす楽]
楽天で詳細を見る

先程紹介したスクリーンタープのワンタッチで設営できる機能がなくなったベーシックなタイプです。ワンタッチで設営するために必要だった大きなパーツなどがなくなったことによりポールをコンパクトにすることができるようになりました。その他の仕様は変わりませんが、設営方法が大きく違うだけでかなりコンパクトに収納できるので持ち運びしやすい特徴があります。

おすすめの理由

出典: https://item.rakuten.co.jp

ワンタッチ式の方は収納サイズが130×18×18cmだったのに対してワンタッチ機能がなくなったこちらのスクリーンタープは67×16×16cmとかなりコンパクトになっています。収納サイズを優先に考えたい方はワンタッチ式よりこちらのほうがおすすめです。どちらのスクリーンタープもサイドシート付きのセット販売もあり単品で揃えていくより最大1200円もお得になるのでサイドシートも欲しい方はセット販売の方を買いましょう。

おすすめのスクリーンタープ9

キャンパルジャパン:ドームシェルターラナ

ogawa(小川キャンパル) ドームシェルターラナ ブラウン×サンド×レッド 3353
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャンパルジャパンのスクリーンタープです。小窓のみオープンしたりフルクローズしたりと、開放してみたりと割と自由にできるだけではなく広めの空間と高いスペックで人気です。大型のドーム型のスクリーンタープでもスタンディングテープが付属しているため初心者でも設営しやすい簡単です。上部にはベンチレーションと内部には結露落下防止用のシートもあり快適に過ごせる工夫がたくさんあります。

おすすめの理由

耐水圧は平均的な1500mmですが、付属品に金槌まで入っていて設営に必要なものが一式揃っているので、ますます初心者にもおすすめできます。サイズがおよそ310×370cmとやや大きのに総重量は約11kgと軽量という程ではありませんが軽めです。テープを使って設営することからポールだけの場合と比べしっかり設営できるという効果もあると言われていて風に強いと好評です。

おすすめのスクリーンタープ10

スノーピーク:ソルPro.

スノーピーク snowpeak ソル Pro. [6人用]品番:TP-700
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

価格もさることながら超大型のスクリーンタープで、丸い形状に近い580×510cmです。インナーを取り付けてツールームテントとしても使える便利な仕様でサイドパネルには小雨の程度なら侵入を防ぐひさしがあるのでクローズしなくても快適に過ごせ、独自の加工を生地に施しているため濃い影ができ真夏でも涼しいリビングスペースができます。サイドだけではなく上部にもメッシュパネルがあり効率のいい換気ができます。

おすすめの理由

価格は非常に高いですが、それに見合った価値はあります。耐水圧は3000mm、ダブルウォールテントのようにフライシートにさらにシールドルーフが付属していて結露防止に役立ち透明の窓があるためタープ内の採光にも役立ちます。大小のメッシュパネルが21箇所、3箇所ある出入り口はすべてキャノピーとして張り出せたりと通気性は抜群です。使用人数は6人となっていますが、ゆとりのある人数なのでもう少し多い人数でも使えますよ。

おすすめのスクリーンタープ11

モンベル:ソレイユ スクリーン

2019年の新作のスクリーンタープでドーム型ですが独自の構造によって壁が垂直になっていて5人ほどで広々と使えます。前後にある出入り口にはひさしが付いていて側面にはメッシュパネルとベンチレーションがありさながらトンネル型のテントのようです。入り口もメッシュにすることができるので通気性もよく大きさは400×330cmとなっています。なお2019年2月23日現在発売日などは未定です。

おすすめの理由

新しいギアはワクワクしませんか?2019年の新作ということでおすすめしてみました。モンベルらしい緑と白の配色で鮮やかです。価格は73,000円(税別)となっていますがまだ発売前の段階なので注意してくださいね。詳しくはHPをご確認ください。

ソレイユ スクリーン

スクリーンタープのまとめ

スクリーンタープはフルクローズできるとやはり便利

出典: https://www.amazon.co.jp

フルクローズできるモデルとできないモデルでは使い方に大きな差が出るのでスクリーンタープを買うならフルクローズできるモデルがおすすめですよ。四方が生地に囲まれているので季節に関係なく一年中使えるので便利です。そのぶんどうしても重たくなり軽量なスクリーンタープというのはないので車で行くキャンプでしか使いにくいのが難点ですね。

オープンタープが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはタープに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumbミニタープおすすめ6選!ソロキャンプでも人気のモンベルHXなどもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプやバイクツーリングにおすすめのミニタープは、コンパクトで軽量ながら日よけや雨よけ...
Thumb「ノルディスク」タープのおすすめ3選!人気のコットンタープもご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
ノルディスクと聞けばコットン!と答えるあなた、実はコットン以外にもノルディスクには魅力的な製...
Thumbヘキサタープの人気おすすめ20選!メーカー別にランキング形式で紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
美しい曲線美が特徴のヘキサタープは、アウトドアに欠かせないおすすめ人気アイテムの1つです。ま...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ