Twitter
Facebook
LINE

ミニタープおすすめ6選!ソロキャンプでも人気のモンベルHXなどもご紹介!

kaorin007

ミニタープおすすめ6選!ソロキャンプでも人気のモンベルHXなどもご紹介!

kaorin007

ソロキャンプやバイクツーリングにおすすめのミニタープは、コンパクトで軽量ながら日よけや雨よけとしてとても便利なアイテムです。そんなミニタープで最も人気の高いモンベルのミニタープHXをはじめとするおすすめミニタープをご紹介します。



ミニタープはソロキャンプにおすすめ

ミニタープとは

タープは、キャンプやツーリングの時に日よけや雨除けとして便利なアイテムです。テントと一緒に組み合わせて広めのリビング空間を楽しむこともできます。でも、ソロキャンプやツーリングでの野営の際に通常サイズのタープでは持ち運びに不便です。そんな時重宝するのがミニタープだといえます。通常のタープよりもコンパクトで軽量だから、ソロキャンプやツーリングにも携帯しやすいアイテムです。1人用でも充分なスペースが確保でき、1ポールで簡単に設営できるものもあります。

ミニタープの魅力

軽量でコンパクト

ミニタープの魅力は、なんといっても軽量でコンパクトな点です。ソロキャンプやツーリングでは、できるだけ荷物をコンパクトで軽量にしたいですね。ミニタープならポールが同封されていないので、かなりコンパクトに収納できます。子供連れの電車移動でデイキャンプなどに行く際にも負担なく携帯できるといえるでしょう。

コンパクトなのに雨よけや風よけに充分な力を発揮



ソロキャンプやツーリングで手頃に形態できる小型タープですが、その性能は通常のタープに勝るとも劣りません。バイクツーリングの際に雨に降られるとバイクの置き場に困ってしまいます。でも、ミニタープがあれば充分な雨除け効果があるのでバイクが雨でぬれる心配もないでしょう。ポール2本あれば、小川張りができるので広い空間を確保することができます。調理時のちょっとした風よけとしても小型タープがあれば安心です。ポールの高さを調節したり、ポールの数をアレンジすることで小型ながら雨よけ・風よけとして充分な機能を発揮してくれます。

ミニタープおすすめ1/6【ミニタープHX】

モンベル| ミニタープHX ダークフォレスト

出典: Amazon

素材:75デニール ポリエステルタフタ(耐水圧1500mm) 加工:難燃加工、ウレタンコーティング サイズ: 重量 640g(ハリヅナ、ペグ、バッグ込重量870g) 収納サイズ約13×13×23cm 拡げたサイズ横幅338cm×280cm×高さ165cm 機能:構成 タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、径2mm反射材入り張り綱6本、19cmアルミペグ8本、

ミニタープでおすすめといえば、モンベルのミニタープHXです。ミニという名称とは思えないほどの空間を確保できるのが魅力です。3mを超える横幅は、テントと組み合わせればソロキャンプでなくても充分な広さだといえるでしょう。

ミニタープHXの特徴



小型で軽量なタープ

バイクツーリングなどにもおすすめのモンベルミニタープHXは、持ち運びが簡単な小型で軽量タイプのミニタープです。それでいて、設営時の広さには余裕があります。収納時には、高さ23cm×幅12.5cmとかなりコンパクトになるのが魅力です。本体重量は、640gほどでまさしく小型で軽量だといえるでしょう。ただし、軽量な分ポールが別売になるので、必要な高さのポールを購入する必要があります。

安心の耐久性

アウトドア用品のおすすめブランドといえるモンベルが提供するタープだけあって、ミニタープHXの高いクォリティには満足できます。六角形デザインの小型タープだから、風に対しても強いのが特徴です。耐久性が気になるポールとの接合部分も記事に負担のかからないステンレス器具を使用しています。縫製の仕方にも工夫が凝らされ、縫製位置をずらすことでテンションを分散できるのが特徴です。

テント内で焚き火もできる

モンベルミニタープHXは、タープ生地に燃焼加工が施されているので万一火がタープ生地にあたっても自己消火してくれます。通常のタープ生地では、火があたると燃え広がってしまうこともあり心配です。でも、モンベルミニタープHXなら燃え広がる心配がありません。テント内で焚き火を楽しむこともできますね。

ミニタープHXに関する口コミ

小型ながら丈夫な構造を評価

モンベルミニタープHXの口コミで多いのが、その軽量で小型な点を評価したものです。耐久性に優れた丈夫な作りも評価されています。モンベルミニタープHXは、燃焼加工が施されているのでバーベキューなどにも重宝されているようですね。もちろん耐水性にも優れているので、急な雨でも安心してキャンプを楽しむことができるでしょう。

しっかりした作りで満足です!! 張っても場所とらなくコンパクトで便利ですよ!! バーベキューの時にぴったり!!

バイクツーリングにおすすめのミニタープ

1人用のタープとしてモンベルミニタープHXは、人気が高いですね。1人用とはいえ広々とした余裕の空間を確保することができるのが評価されています。設営もしやすく、デザイン面にも優れているのが人気のようです。こちらの口コミでも、やはり収納サイズのコンパクトさと軽量さ、そして丈夫さが評価されています。

【デザイン】【広さ】【防水性】【収納サイズ】【設置のしやすさ】【その他】バイクツーリングと渓流釣り(源流行)用に購入!!モンベルの商品なので、間違いはないです!!(笑)軽量・丈夫さが一番です 

その他のおすすめミニタープをご紹介

モンベルミニタープHX以外にもいろいろある

ミニタープのおすすめNO.1ともいえるモンベルミニタープHXですが、ミニタープにはモンベルミニタープHX以外にもいろいろなミニタープがあります。1人用に最適なミニタープから複数でも利用できるミニタープ、バイクツーリングにおすすめのミニタープなどそれぞれの目的や用途によって選ぶとよいでしょう。そんなミニタープの中からおすすめのアイテムをご紹介します。

ミニタープおすすめ2/6【ペンタシールド】

snow peak タープ /R ライトタープ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

材質:75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング・耐水圧1800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工(初期撥水100点・5回洗濯後90点) セット内容:タープ本体、自在付ロープ(3m×1、1m×2)、ジュラピンペグ(21cm×6)、収納ケース、ペグケース、パドルフッキングカバー サイズ:35×21cm 重量:900g(ロープ含む)

材質本体/75Dポリエステルタフタ
耐水圧1,800mm
重量790g(本体のみ)

ソロキャンプにおすすめの1人用ミニタープ

たった1本のポールで簡単に設営できるのが特徴の1人用ミニタープです。ウォーキングポールなどでポールを代用できるので、専用ポールを携帯しなくても大丈夫です。オプションの吊るし型小型テントと組み合わせて使うこともできます。バイクツーリングなどでタープ泊をする場合には、便利なアイテムだといえるでしょう。ソロテントと組み合わせれば、広いリビング空間を確保することが可能です。

ミニタープおすすめ3/6【DDタープ】

DD Tarp 3x3 Coyote brown DD タープ 3×3 コヨーテブラウン オリーブグリーン ジェットブラック

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

商品重量:939 g 梱包サイズ:34.8 x 23 x 9.5 cm サイズ:タテ3m×ヨコ3m 耐水性:3000mm

いろいろな場面で活用できるミニタープ

DDタープは、耐水性3000mmの防水加工が施されているので雨だけでなく雪にも充分対応できるスペックを持っています。四角形のデザインだから、いろいろな場面で活躍してくれる汎用性の高いミニタープです。耐久性にも優れ、雨・風対策だけでなくシェルターとしても活用できます。DDハンモック商品と組み合わせることも可能です。1人用のミニタープとしてだけでなく、ファミリーキャンプやグループキャンプにも利用できます。

ミニタープおすすめ4/6【ムササビウイング】

テンマクデザイン ムササビウイング13ft."Travelin' light"

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

■素材:ポリエステルリップストップ20D(両面シリコン加工 耐水圧3000mm ■サイズ(約):390×380/240(幅)cm ■収納サイズ(約):Φ9×23cm■本体重量:約430g、総重量:約530g ■付属品:収納袋、張綱(φ2.5mm)/4.5m×1、3.5m×3、1.5m×2 ■Made in China

より軽量でコンパクトになったミニタープ

ウィングタープの一番人気といえば、テンマクデザインムササビウィングだといえます。そのムササビウィングのサイズ感を残しながらより軽量でコンパクトにした「トラベリングライト」は、バイクツーリングなどの旅行用としておすすめです。まるで空中を舞うムササビのようなデザインが特徴的だといえます。生地の素材を丈夫でより薄く仕上げることで重量が大幅に軽減されたといえます。ムササビウィングには、焚火のそばで使用しても燃えにくい「焚き火」や重量が「焚き火」より軽い「山旅」などのバージョンもあります。設営やアレンジが簡単で1人用ミニタープとしてもおすすめです。

ミニタープおすすめ5/6【ポンタシールド】

スノーピーク|タープ STP-380 ライトタープ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

● 材質:本体/75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点) ●セット内容:タープ本体、自在付ロープ(2.5m×8)、ぺグケース、収納ケース、ジュラピンペグ(17.5cm×8) ●ケースサイズ:32×8×20cm ●重量:570g(本体のみ)

シンプルながら多彩に活用できるミニタープ

スノーピークポンタシールドは、四角い形状でポール2本を使って設営するタイプのミニタープです。1人用としては広々とした空間を確保できるでしょう。ポールの高さや位置をアレンジすることで、多彩奈設営バリエーションを楽しむことが可能です。タープ生地には、遮光ピグメントPUコーティング加工が施されているので遮光性が高くテント内の温度を外気よりも低く保ってくれます。耐水圧もミニマムで1,800mmあり雨の日でも安心です。ソロ使用だけでなく複数人でも使用できるミニタープです。

ミニタープおすすめ6/6【ライダーズコンフォートタープ】

ドッペルギャンガーアウトドア| ライダーズコンフォートタープ TT5-282

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ:(約)W4300×D3700×H2000mm 収納サイズ:(約)480×直径100mm 重量(付属品含む):(約)2.6kg 耐水圧:2000mm 材質:生地/75D ポリエステル PUコーティング、メインポール/アルミ合金、サイドポール/グラスファイバー 付属品:ペグ、ストームロープ、キャリーバッグ

バイクツーリングにおすすめのミニタープ

ライダーのために作られたバイクツーリング用ミニタープといっても過言ではないのが、ドッペルギャンガーのライダーズコンフォートタープです。グラスファイバーポールを1本横に入れることで、より広々とした空間を確保することができます。タープの中にバイクを置くこともでき、バイクツーリングの際にはとても便利なタープです。ポールは5本継でコンパクトに収納でき、パッケージサイズは48cmとバイクへの積載にも負担がありません。設営時には、複数で使用しても余裕の広々空間を実感できるでしょう。

ミニタープのデザイン別メリット&デメリット

ヘキサ型のメリット&デメリット

メリット

六角形の形をしたヘキサ型タープは、2本のポールで簡単に立ち上げることができ初心者でも設営が簡単です。風通しもおく、開放的な空間を演出することができます。収納時にはコンパクトにしまえ、アレンジ次第でいろいろな張り方を楽しむことができます。菱型のウィングタイプならペグをうつ数も少なく設営も楽です。ペンタシールドのようにポール1本で設営できるものもあります。

デメリット

ヘキサ型のデメリットは、雨が吹き込みやすい点です。設営スペースも少し広めの場所を必要とします。強い風などが吹くと倒れることもあるので気を付けておきましょう。

レクタ型のメリット&デメリット

メリット

レクタ型のタープとは、タープ生地の形状が四角になっています。ヘキサ型やウィング型に比べると日陰面積を広くとることが可能です。レクタ型の基本的な設営方法は、真ん中にポール2本を4隅に1本ずつの計6本を使いますが、ミニタープなら2本で設営することができます。ポールの高さや張り方を工夫することでいろいろなアレンジを楽しむことができるのもレクタ型タープの魅力です。風通しも良く、使用できる面積も広めにとれる点がメリットだといえます。

デメリット

通常タイプのレクタ型タープには、ポールを6本使うので設営時間がかかるのがデメリットです。ただし、スノーピークのポンタシールドなら2本のポールで設営できるので短い時間で設営できます。

ミニタープの選び方ポイント

軽量かつコンパクトなものを選ぶ

ミニタープは、ソロキャンプやバイクツーリングに使用することが多いアイテムです。バイク積載のことを考えるとできるだけコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。一人でも持ち運びしやすいように重量の軽いものを選ぶことをおすすめします。

様々なシーンに対応できる機能性を重視

ミニタープは、日よけや雨よけとして利用できる便利なアイテムです。そのため、選ぶ際のポイントとしては耐水性や遮光性に優れたものを選びましょう。コンパクトとはいえ、優れた機能性を持ったミニタープも多くあります。仕様の耐水性や遮光性を良く確認したうえで、クォリティの高いものを選んでおくと安心です。

まとめ

ミニタープは軽量でコンパクトなのが魅力

タープの魅力は、日よけや雨よけ、風よけなどに活用できることです。でも通常のタープは、結構かさ張るのでソロキャンプやツーリングには不向きだといえます。そんな時便利なのがミニタープです。1~2本のポールで簡単に設営できるから、ソロキャンプやバイクツーリングにもおすすめです。今回紹介した最も人気の高いモンベルのミニタープHXをはじめとする多種多様なミニタープの中から目的や用途に合わせて自分にあったミニタープをぜひ見つけ出してみてください。

ミニタープが気になる方はこちらをチェック!

今回紹介したミニタープ以外にもいろいろなミニタープがあります。そんなミニタープの情報が紹介されているので、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。多種多様なタープの張り方やタープ選びのポイントなども紹介されているので参考にするとよいでしょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の1」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の1の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは1についてご紹介しています。...

【ショアジギング】根がかりのはずし方完全攻略!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

【ショアジギング】初心者でも安心!ボトムの取り方!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめ!オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方✨【ゆめかわポニー】

今回は親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめの内容です!100均セリアで購入した材料を使って「オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方」をご紹介しました!お子様がお好きな、ゆめかわなポニーとなってい...

【Halloween🎃】セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方✨

今回は100均セリアで購入した材料を使って「セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方」をご紹介しました!ハロウィンデザインでゆめかわな雰囲気にしています♪ 用意するものは下記です。 ...